★ ACCU§ER(アキューザー)ディスコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|ハードコアなストリート感覚とテクニカルなセンスが同居した異色のジャーマンスラッシュ!!…必聴アルバムは?

ACCU§ER_Logo ◆ A, B, C

ヘヴィグルーヴの本場アメリカに先駆けて本格的なグルーヴスラッシュの先鞭をつけた、ポリティカルでハードコアでテクニカルな異色のジャーマンスラッシュバンド!!

ACCU§ER(アキューザー)は、ドイツのスラッシュメタルバンド。ジャーマンBIG#らパイオニア勢に次ぐ第2世代を代表するグループのひとつです。

ジャーマンスラッシュムーヴメント終盤の立役者!?

ACCU§ERは、シーンの中ではではやや遅れてデビューした後発グループだっただけに、先駆者たちのサウンドからの影響も反映させつつ、それらにはない独自のアプローチを試みてきたグループとして知られています。

一般的には、かのSEPULTURAにも先駆けてUSヘヴィミュージックシーンのヘヴィグルーヴサウンドを取り入れ、、本格的に独自の90年代型グルーヴスラッシュへと移行したことで知られています。

これは当時の段階では、ジャーマンメタルシーンに限らず、スラッシュメタルシーン全体の中でもかなり先行した、意欲的なアクションといえるものでした。

アメリカンスラッシュの影響大!?

ACCU§ERサウンドの大きな特徴で彼らの要因となっているポイントは、ジャーマンテイストとアメリカンテイストをミクスチャーしたスタイルが基調となっている点。

彼らの初期のサウンドは、DESTRUCTION(デストラクション)らのジャーマンスラッシュをベースにしつつも、MATALLICA(メタリカ)やTESTAMENT(テスタメント)に類するベイエリアスラッシュテイストを大幅に取り入れたサウンドを展開していました。

ACCU§ERは意外にもテクニカル!?

比較的ヘヴィメタルのオーソドックスな美意識を受け継ぐ傾向にあるジャーマンスラッシュバンドの中で、ハードコア的なストリート感覚とポリティカルなアティチュードを持つことでも異彩を放っていました。

その一方で、プログレ的な複雑で長尺な楽曲や適度にテクニカルなアプローチなども追求していることも、大きな特徴となっています。

長いブランクを経て満を持しての復活!?

ACCU§ERは2004年に一度活動停止し、メンバーはそのままSCARTRIBE(スカートライブ)というバンド名で仕切り直しのアクションを起こしデモ音源も製作しますが、2008年にはスラッシュメタルリバイバルの機運もあって再びACCU§ER名義で活動開始。

解散前のハードコアなヘヴィスラッシュサウンドはそのままに、ファストチューンを中心とした作風でとなり、精力的なアルバムリリースを重ねつつコンスタントな活動を続けています。

ACCU§ER|DISCOGRAPHY

The Conviction|ザ・コンヴィクション

ACCU§ER_The_Conviction

オリジナルアルバム – 1作目 (1987年)

簡単に言えば、ジャーマンスラッシュとベイエリア系アメリカンスラッシュの“イイトコ取り”といったところで、ここではUSスラッシュに多いパワーメタル寄りのややテクニカルなスラッシュを展開しており、特に初期のMATALLICAやTESTAMENTの影響も濃厚です。

ついでにベイエリア系に多く見られる、“曲がダラダラと無駄に長い”という欠点まで取り入れてしまっているのが難点で、曲が長くても構成力やセンス次第では気にならないのですが、これが効果を上げていないどころか完全に持て余しています。
とにかく、未整理でシェイプが足りないまま垂れ流すだけにおり、アルバムを通して聴くのが苦痛に感じられることもあります。

全部が悪いというわけではなく、T-03 T-04は比較的健闘している方ですし、その他の曲にしても既聴感こそ多々あるものの、部分的には印象に残るパートもあるのですが、とにかく構成力を欠いて魅力的に仕上げることができていません。

スラッシュ度:★★★★☆|グルーヴ度:★☆☆☆☆|独自性:★★☆☆☆
ファスト度:★★★★☆|テクニカル度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★☆☆

賛否両論 スルメ盤

Experimental Errors|エクスペリメンタル・エラーズ

ACCU§ER_Experimental_Errors

ミニアルバム:EP (1988年)

Who Dominates Who?|フー・ドミネイツ・フー?

ACCU§ER_Who_Dominates_Who?

オリジナルアルバム – 2作目 (1989年)

基本的には前作と同路線で、ベイエリアスラッシュの影響を受けた、パワーメタルテイストが濃厚なスラッシュメタルを展開しています。
ついでに、MATALLICAやTESTAMENTに加えて、おまけにEXODUSあたりからの影響の大きなスタイルや、構成力など力量不足がたたって無意味に長尺傾向と、その長尺曲を持たせる力量がないのも同様なので、途中でダレてしまうという欠点まで踏襲されています。

アルバムとしてみるとシェイプ不足は明らかですが、フックの効いたパートが増えて曲の長さも気持ち程度短くなったりと一応の改善面も見られ、前作よりは飽きずに聴くかせるが曲も多くなりましたし、ヴォーカルもパワーアップしています。

スラッシュ度:★★★★☆|グルーヴ度:★☆☆☆☆|独自性:★★☆☆☆
ファスト度:★★★★☆|テクニカル度:★★☆☆☆|総合評価:★★★☆☆

賛否両論 スルメ盤

Double Talk|ダブル・トーク

ACCU§ER_Double_Talk

オリジナルアルバム – 3作目 (1991年)

ベイエリア風味が濃厚な作風は相変わらずですが、もろに“〇〇風”とアタリがつくような要素はいくらか薄められ、多少なりとも独自性が強まっています。

次作ほどではないものの、スピード控えめでミッドテンポのヘヴィグルーヴパートが確認できますし、ラップ/ファンクメタル風味を含めたクロスオーバー風味が感じられるます。

曲の長尺傾向も変化はないものの、これまでよりも構成力が向上してアイデアも多彩になり、無駄に感じられる部分は改善された印象で、テクニカルなパートもアクセントとして交えながら、さほどダレること無く聴きとおせます。

これまでに無くストリート感が強めでテンポもダウン気味でなためか、オールドファンからの不評も見らますが、少なくともこれまでの作品中ではベストの出来栄えと言っていいでしょう。

スラッシュ度:★★★★☆|グルーヴ度:★★☆☆☆|独自性:★★★☆☆
ファスト度:★★★☆☆|テクニカル度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤 賛否両論

Metal Machine Music|メタル・マシーン・ミュージック

ACCU§ER_Metal_Machine_Music

コンピレーションアルバム (1992年)

ジャーマン・インダストリアルの老舗DIE KRUPPSSと、ACCU§ERのメンバーのコラボレーションによるインダストリアル・メタル・ナンバーのオリジナルやリミックスなどのバリエーションを集めたEP。

DIE KRUPPSSのメタルギター担当というとHEATHENやEXODUSのリー・アルタスが有名ですが、それ以前に初のインダストリアル・メタル・ナンバーとなる本作で起用されたのが、ACCU§ERののレネ・シュッツとフランク・トーマスでした。

純メタラーから評価はかんばしくないものの、DIE KRUPPSSのインダストリアルメタル時代の幕開けを飾り、代表曲にも挙げられる名曲で、“Repent(4th)”アルバムにはこの曲のACCU§ERバージョン収録されています。

メタル度:★☆☆☆☆|エレポプ度:★★★★☆|EDM度:★★★☆☆
ファスト度:★★★☆☆|ヘヴィネス:★★☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 賛否両論 通好み 実験作

Repent|リペント

ACCU§ER_Repent

オリジナルアルバム – 4作目 (1992年)

フロントマンで中心人物でもあったエーベルハルド・ヴェイエルの脱退を機に、バンド体制だけでなく音楽性もヘヴィに一新した新生ACCU§ERの第1弾アルバム。

いわゆるヘヴィグルーヴ…当時で言うところの“モダンヘヴィネス”に鞍替えしたことから、“転びスラッシュ”と否定的に見る向きもあります。
しかし、何ぶんこれ以前が個性も出来栄えも微妙だったこともあり、一般的にはようやく独自のサウンドを人様にお出しできるレベルに高めたことでおおむね好意的に評価されており、代表作としても認められています。

SEPULTURAの『Chaos A.D.』のリリースが翌年。その成功でグルーヴスラッシュ革命の旋風が巻き起こったこと考えると、それに先駆けたというだけでもかなり先進的で意欲的なアプローチと言えます。

ただし、『Chaos A.D.』以降のグルーヴスラッシュとは異なり、あくまでもスラッシュメタルの延長線上のものとして作り出されたサウンドです。
ファストなスラッシュとヘヴィグルーヴ双方の利点が活きた、高品質なハイブリッドサウンドであり、PANTERAら先例の安易や模倣には陥っていませんし、十分にスラッシュメタルとして聴ける仕上がりです。

すでにMETAKKICAやTESTAMENTなどが、80年代の早い段階でミッドテンポ/グルーヴ路線を展開していたとはいえ、独自のメソッドでこれだけハイレベルな作品を作り上げたことは、もっと評価されてしかるべきでしょう。

スラッシュ度:★★★★☆|グルーヴ度:★★★★☆|独自性:★★★★☆
ファスト度:★★★☆☆|テクニカル度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 実験作

Reflections|リフレクション

ACCU§ER_Reflections

オリジナルアルバム – 5作目 (1994年)

前作と同じく、90年代型にアップデートされたグルーヴスラッシュ路線ですが、いろいろと小さな失点が重なって、全体のグレードを引き下げる結果となっています。

音楽性の幅が狭まって、ファストパートを交えたテンポチェンジでの緩急や、アクセントになるようなテクニカルなヒネリも減ったため、ひとつの曲としても全編通してでも変化に乏しく今ひとつ冴えやキレがありません。

軸になるT-03やT-08といったあたりは、佳曲ではあるもののやや小ぶりでキラーチューンには届きませんし、その他も曲単体で見ればそれほど悪くないと感じられるものの、アルバム全体で見るとメリハリの無い平板な仕上がりとなっています。

スラッシュ度:★★★☆☆|グルーヴ度:★★★★☆|独自性:★★★☆☆
ファスト度:★★☆☆☆|テクニカル度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★☆☆

賛否両論 スルメ盤 実験作

Confusion / Romance|コンフュージョン/ロマンス

ACCU§ER_Confusion_Romance

ミニアルバム:EP (1994年)

かのNINE INCH NAILSが、インダストリアルメタルの新鋭として名を上げる前の名曲『Head Like a Hole』と、 映画『ブギーナイツ』のサントラにも収録された、英国のポップロックバンドSNIFF ‘N’ THE TEARSのヒット曲『Driver’s Seat』のカバー曲を含むミニアルバム。

Taken by the Throat|テイクン・バイ・ザ・スロート

ACCU§ER_Taken_by_the_Throat

オリジナルアルバム – 6作目 (1995年)

一旦解散を前にしたこの時点でのラストアルバムの本作も、おおむね前作と変わらないグルーヴスラッシュ路線。

前作ほどではないにしても、彼らの持ち味であるテクニカルな小技や変則的なツイストなどの小難しい要素を極力抑え込んで、頭を使わなくていいフィジカルに直接的に響くストリート的サウンドを追求したはいいけれど、そちらのセンスが今ひとつでなんとも煮え切らない仕上がりになってしまったといった印象です。

それでも、前作よりはいくらかはコナれた仕上がりで、いくらかは工夫の跡も見受けられますが、前作の欠点の根本的な解消には全く届いていません。
これで幕引きとするにはあまりに締まりの無いアルバムですが、そういう結果になるのも致し方なしというところでしょう。

スラッシュ度:★★★☆☆|グルーヴ度:★★★★☆|独自性:★★★☆☆
ファスト度:★★☆☆☆|テクニカル度:★★☆☆☆|総合評価:★★★☆☆

賛否両論 スルメ盤 実験作

Agitation|アジテーション

ACCU§ER_Agitation

オリジナルアルバム – 8作目 (2010年)

スラッシュリバイバル華やかなりし時期に、ビッグウェーヴにも乗るべくリリースされたACCU§ER再結成アルバムの第一弾。

再結成組に往年のスピードスラッシュ以外求められていないのは承知しているけれど、現在のメタル/スラッシュのトレンドも押さえておきたいようで、オールドスクールなスラッシュメタルと、北欧型のネオスラッシュ=メロディックデスラッシュ、その発展系であるメタルコアなどを織り交ぜて現代的なサウンドで仕上げています。

というように要素は多いものの、組み合わせが単調な上に独自のカラーやアレンジが見られず、軸になる決め曲もないため、無難に聴けて悪くはないという程度で印象に残るものがありません。
ただし、解散前と比較すると曲は長過ぎずいくぶんコンパクトにまとめられており、ダレること無く聴きとおせます。

疾い曲中心作でメロディアスなギターソロも入っていればそれだけで満足…という向きにはいいかもしれませんが、それ以上を求めるリスナーはあまり聴き応えを感じられないでしょう。

スラッシュ度:★★★★☆|グルーヴ度:★★★☆☆|独自性:★★★☆☆
ファスト度:★★★★☆|テクニカル度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

入門盤 賛否両論

Dependent Domination|デペンデント・ドミネーション

ACCU§ER_Dependent_Dominatio

オリジナルアルバム – 9作目 (2011年)

全体の音づくりは、前作のゼロ年代型スラッシュサウンドを踏襲しつつも、徹頭徹尾スピード・チューンに特化した方向へとブラッシュアップしたアルバム。

北欧型ネオスラッシュ的なリフワークを用いた曲も、オールドスクール風のアレンジが施されており、その面では露骨な借りモノ臭さはやや薄れています。

疾走感重視のオールド・スラッシュ・フリークには涙ものかもしれませんが、正直なところ楽曲はかなり一本調子で変化に乏しく、聴き込まないと自分が何曲目を聴いているかわからなくなることさえあります。

聴いている間は心地よいけれど、そのあとに何も残らないアルバムの典型例ですが、それを割り切れば思い切りよく迷いのなさすぎる振り切ったスピード・スラッシュを堪能できます。

スラッシュ度:★★★★★|グルーヴ度:★★☆☆☆|独自性:★★☆☆☆
ファスト度:★★★★★|テクニカル度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 入門盤

Diabolic|ディアボリック

ACCU§ER_Diabolic

オリジナルアルバム – 10作目 (2013年)

ほぼ前作を踏襲した上でさらにアクセルを踏み込んだようなアルバムで、ほぼ頭から尻尾まで一時たりとも勢いが止まらない、まさにスピード・チューンのつるべ打ち状態。

しかし、復活後は抑え目だったかつての無意味な長尺傾向が頭をもたげており、実質的には前作と同じ曲数ながらランニングタイムは10分以上も長くなっています。そして、予想どおりそれに見合うだけのアイデアや構成力を駆使した曲は提供できていません。
まるで、味は微妙なのにボリュームだけは凄まじい。ガチ盛りのラーメンや丼モノといった趣です。

再結成後の2作品が、一本調子でフックに欠けるとはいえスンナリと聴けたのは、ACCU§ERとしてはコンパクトな尺と比較的無駄のない構成によるところが大きかっただけに、こうなるとかなりの集中力と根気を要するようになり、途中からは極めてストレスフルな状況になります。

再結成後では世間的には好評を得ているアルバムですが、“早いスラッシュ”に惹かれるビギナーであれば、まず前作“Dependent Domination(9th)”がら試してみることをオススメします。

スラッシュ度:★★★★★|グルーヴ度:★☆☆☆☆|独自性:★★☆☆☆
ファスト度:★★★★★|テクニカル度:★★☆☆☆|総合評価:★★★☆☆

代表作 賛否両論 スルメ盤

The Forlorn Divide|ザ・フォーローン・ディヴァイド

ACCU§ER_The_Forlorn_Divide

オリジナルアルバム – 11作目 (2016年)

再結成後からの基本路線については、ここでも大きな軌道修正はありませんが、スラッシュリバイバルが一息ついた時期だけあってか、勢い任せのスピード勝負だけのスタイルからは脱却しようという意志も感じられるようになりました。また、冗長すぎた前作の反省かどうかはともかく、曲が再びシェイプされているのも歓迎すべき傾向です。

聴いている間は心地よいけれど、そのあとに何も残らないスラッシュアルバムの典型例のひとつですが、そこさえを割り切ることができるなら、迷いのなさ過ぎる思い切りよく振り切ったスピード・スラッシュを堪能できます。

スラッシュ度:★★★★★|グルーヴ度:★★☆☆☆|独自性:★★★☆☆
ファスト度:★★★★☆|テクニカル度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 入門盤

The Mastery|ザ・ミザリィ

ACCU§ER_The_Mastery

オリジナルアルバム – 12作目 (2018年)

基本路線は相変わらずで、前作と同様に比較的コンパクトな構成のファストなモダンスラッシュでによって、大半を占められたアルバムです。
前作と比較するとややストレートな作風となっており、北欧デスラッシュ=ネオスラッシュの影響下にあるナンバーが目立つあたりが特徴といえますが、メロデス寄りの方ではないストロングスタイルに近いものです。

取り立てて特徴的な新機軸や要素の上乗せは見られず、手堅く無難にまとめ過ぎのキライはありますが、キラーチューンこそ無いものの適度なアクセントとフッをの効かせた曲が並んで、心地よく完聴することのできる安定感のある出来栄えです。
オールドスクールなリスナーはともかく、モダンスラッシャーであれば多少なりとも引っかかるところでしょう。

スラッシュ度:★★★★★|グルーヴ度:★★☆☆☆|独自性:★★★☆☆
ファスト度:★★★★★|テクニカル度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

入門盤

Accuser|アキューザー

ACCU§ER_Accuser

オリジナルアルバム – 13作目 (2020年)

「MATALLICAがスラッシュを続けていたらこんな音に…」、というのはメタル界隈で“MATALLICAインスパイア系”のスラッシュを好意的に評価する際によく用いられる表現ですが、本作はまさにそれに当てはまるもの。

MATALLICA、そしてTESTAMENTがACCU§ERサウンドに与えた影響については、ジェイムズ・ヘットフィールド+チャック・ビリー風ヴォーカルスタイルや過去作品を聴けば語るまでもなく明白です。

本作のサウンドも“MATALLICA風”という意味では同じですが、デビュー最初期に見せたMATALLICAのフレーズやリフワークをそのまま取り込んだ雑で稚拙なアプローチとは全く異なり、一旦全てのエッセンスを咀嚼/消化した上で自分たちのメソッドで再構築したものです。その意味では、最初期のMESHUGGAHに近いものとも言えます。

結果的に、MATALLICA風味との対比で、自分たちのカラーもこれまで以上にあぶり出されるという副産物も生んでいますし、イロモノ的とはいえそのアプローチがハマったのか、総合的な出来栄えでは再結成後でもベストに近いものとなりました。
曲も引き続きコンパクトにまとまっており、ファスト一辺倒ではなくミッドのグルーヴナンバーや、メロディアスな曲まで多彩で飽きさせません。

しかし、一聴して非常にキャッチーでフック満載のアルバムと感じられるにも関わらず、見事なほどに後に何も残らないのはここ数作と変わらず。ここまでくるとそれもひとつの個性とも思えますし、「現在の空洞化したMATALLICAに対する皮肉」では?とまで勘ぐれてしまいます。

 

スラッシュ度:★★★★☆|グルーヴ度:★★★☆☆|独自性:★★★☆☆
ファスト度:★★★☆☆|テクニカル度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 実験作
Translate »