Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

AT THE GATES(アット・ザ・ゲイツ)ディコグラフィー|このアルバムがスゴイ!?|北欧メロディック・デスラッシュのカリスマ…必聴アルバムはどれ?

AT_THE_GATES_logo スラッシュ

メロデス/デスラッシュ/メタルコア…世界のエクストリームメタルシーンの新基準を生み出した北欧メロディック・デスラッシュのレジェンド!

AT THE GATES(アット・ザ・ゲイツ)はデビュー当初からメロディの導入やプログレ的なアプローチを積極的に行っていたことで、北欧デスメタルシーンでも先鋭的リスナーの注目を集めていました。

プログレ路線よりもデスメタルにメロディとエモーションを導入するメソッドを追求する道を選ぶことになりますが、ギターソロや部分的なフレーズの導入に頼った既存のメロディ導入方法ではなく、DARK TRANQUILLITY(ダーク・トランキュリティ)が開発した短いメロディをリフとして利用する“メロリフ”スタイルを発展させ、メロディを刻んでリフ化することで情感/哀感を演出する“泣きリフ”・“エモリフ”とでも呼ぶべきスタイルを生み出します。

活動期間は短かったものの、そのサウンドは北欧メロディックデスメタル/デスラッシュのひとつの定型となっただけではなく、休眠中には米国をはじめとしたメタルコアなどの新世代クロスオーバーバンドのネタ元として大いに活用され、知らずにそれらの曲を聴いた本人たちが「AT THE GATESにこんな曲あった!?」と驚いたという笑い話も生まれたほどです。

1996年に解散しますが、中心メンバーでTHE HAUNTED(ホーンテッド)を立ち上げ、CROWN OF THORNS(クラウン・オブ・ソーンズ)から改名したTHE CROWN(クラウン)とともに、北欧のネオスラッシュ/ネオデスラッシュをリードする存在となります。

2010年には再結成を果たし新作もリリースして活動継続中。

The Red in the Sky Is Ours|ザ・レッド・イン・ザ・スカイ・イズ・アワーズ

AT_THE_GATES_TheRedInTheSkyIsOurs

オリジナルアルバム – 1作目 (1992)

総合評価:☆☆☆★★|ブルータル度:☆☆☆★★|メロディ度:☆☆★★★
賛否両論 通好み 実験作

With Fear I Kiss the Burning Darkness|ウィズ・フィアー・アイ・キス・ザ・バーニング・ダークネス

AT_THE_GATES_WithFearIKissTheBurningDarkness

オリジナルアルバム – 2作目 (1993)

総合評価:☆☆☆★★|ブルータル度:☆☆☆★★|メロディ度:☆☆☆★★
通好み スルメ盤 実験作

Terminal Spirit Disease|ターミナル・スピリット・ディジーズ

AT_THE_GATES_TerminalSpiritDisease

コンピレーション – 新録+ライヴ (1994)

総合評価:☆☆☆☆☆|ブルータル度:☆☆☆☆★|メロディ度:☆☆☆☆★
殿堂入り 代表作 入門盤 スルメ盤 実験作

Slaughter of the Soul|スローター・オブ・ザ・ソウル

AT_THE_GATES_SlaughterOfTheSoul

オリジナルアルバム – 3作目 (1995)

総合評価:☆☆☆☆☆|ブルータル度:☆☆☆☆★|メロディ度:☆☆☆☆☆
殿堂入り 代表作 入門盤

At War with Reality|アット・ウォー・ウィズ・リアリティ

AT_THE_GATES_AtWarwithReality

オリジナルアルバム – 4作目 (2014)

総合評価:☆☆☆☆★|ブルータル度:☆☆☆☆★|メロディ度:☆☆☆☆★
入門盤

To Drink from the Night Itself|トゥ・ドリンク・フロム・ザ・ナイト・イットセルフ

AT_THE_GATES_ToDrinkFromTheNight

総合評価:☆☆☆☆★|ブルータル度:☆☆☆☆★|メロディ度:☆☆☆☆★
入門盤

Amazon Music UnlimitedでAT THE GATESの名盤が聴き放題!