★ CLUTCH(クラッチ)ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|サイケからブルーズ, ジャズ, ファンクまで懐の深さは随一!アメリカンストーナー影の実力者!…必聴アルバムは?

CLUTCH_logo ◆ A, B, C

Contents

幅広い音楽的バックグラウンドを生かした個性的なヘヴィサウンドで、アメリカンストーナーシーンのBIG4に匹敵する存在としてとしてムーヴメントを支え続ける老舗の実力派グループ!!

CLUTCH(クラッチ)は、アメリカはルイジアナを拠点としたヘヴィロックバンドで、ストーナーロックシーンのパイオニア的存在のひとつとして語られています。

ひと味違う個性の古参ストーナーバンド!!

ストーナーロックのパイオニアであるKYUSS(カイアス),SLEEP(スリープ),MONSTER MAGNET(モンスター・マグネット),COC:CORROSION OF CONFORMITY(コロージジョン・オブ・コンフォーミティ)のストーナーBIG4の活躍でストーナームーヴメントが勃発し、それに続く第2世代以降のグループも続出しシーンをにぎわするようになります。

その多くは、クオリティの差こそあれどBIG4の影響下にあるフォロアーに過ぎない有象無象でしたが、中にはそれらと一線を画した新たなオリジナリティを持ったグループが登場することもあり、CLUTCH(はその稀有な存在といえる個性派勢力のひとつつです。

ヘヴィなオルタナティヴロックとして登場!?

CLUTCHはキャリア的にはBIG4に近いものですが、当初はストーナーというよりもニューヨーク系のポストハードコアやオルタネティヴヘヴィネス系に近い幅広いバックボーンを感じさせる作風を、南部テイストにチューニングしたようなスタイルでした。

70年代のハードロック/ヘヴィロックやガレージロックのみならず、ブルーズ, ファンク, ジャズなど様々なバックボーンが反映され、それが独自のバランスで巧みにブレンドされたサウンドでは、ストーナーロックシーンでも異彩を放つものでした。

サザンストーナーサウンドでブレイク!!

その後、サザングルーヴ一派にも通じるレイドバックしたヘヴィロックサウンドを強めたことで、ストーナーロックとカテゴライズできるスタイルを確立。

ストーナームーヴメントの波に乗って知名度を高めたことで、シーンの代表するトップグループのひとつに数えられる存在になります。

アルバムごとにマイナーチェンジ!?

その後は、ブルーズロック,サザンロック,サイケデリックロック,ファンクロックなどの、70年代のルーツロックを独自に脱構築される作風でアルバムごとに微妙に変えつつ作品を重ねてきました。

近年ではよりルーツに根ざしてそれをダイレクトに反映させたヴィンテージ風味のヘヴィロックとなり、ストーナーロックの特徴的な要素はやや薄れています。

CLUTCH|DISCOGRAPHY|スタジオアルバム

Impetus|インピタス

CLUTCH_Impetus

ミニアルバム:EP (1997年)

1992年にリリースされたEP“Passive Restraints”に追加曲を加え、タイトルを改めて再リリースしたもの。

ヘヴィネス:★☆☆☆☆|スピード:★☆☆☆☆|メロディ:★☆☆☆☆
革新度:★☆☆☆☆|過剰度:★☆☆☆☆|総合評価:★☆☆☆☆
通好み 実験作
Impetus - EP
ハードロック¥1,020クラッチ

Transnational Speedway League|トランスナショナル・スピードウェイ・リーグ

CLUTCH_Transnational_Speedway_League

オリジナルアルバム (1993年)

このデビューアルバムの段階では、ヘヴィナグルーヴ/グルーヴメタルの一環としても語られる、HELMETやORANGE 9mm, ジーザスリザードなどの、ジャンク/ノイズロック系のヘヴィロルタナティヴの影響が強く、サウンドの質感やヴォーカルのスタイルから、リフワークのセンスに至るまでそれが反映されたものです。

これ以降の作品とはやや質感の異なるサウンドを展開していますが、本格的にブレイクを果たした3rd以降のルーツアメリカンテイスト濃厚なヘヴィロックは、本作の根底にも明確に存在しており、楽曲の基盤となっています。アレンジや音づくりを変えれば、黄金期の曲としても通用するでしょう。

上記のヘヴィオルタなとは異なるサザンテイストや、今後のストーナー路線につながる部分も確認できますし、ここからすでに彼ら特有の持ち味となっている、体温の低そうなクールなヘヴィネス&アグレッションも堪能できます。
上記バンドが好きなら要チェックですし、近年スラッジメタルと呼ばれる音を嗜むリスナーも一聴の価値ありです。

ストーナー度:★★☆☆☆|ルーツ度:★★☆☆☆|ジャム度:★☆☆☆☆
ロッキン度:★★★☆☆|ファンク度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 賛否両論 通好み 実験作

Clutch|クラッチ

CLUTCH_Clutch

オリジナルアルバム – 2作目 (1995年)

全盛期のから現在に至る、ルーツロック賞が濃厚なストーナーサウンドを本格的に確立したのが次の3rdということもあって、前作とともに過渡期の作品としてややイレギュラーな位置付けになりがりなアルバム。
日本のメディアに注目されるのも次作を待たなければいけませんが、実は本作こそが知る人ぞ知る日本デビュー作でもあります。

作品が内包する要素はこれ以降と変わりはありませんが、ここで聴けるのは前作ともこれ以降のCLUTCHサウンドとも一線を隠したもの。ジャズやファンクのエッセンスが強めで、またそれらが個別に主張せず渾然一体となっているため、“ミクスチャー・ストーナー”とも呼べそうなオルタナティヴなサウンドとなっています。

次作以降聴けるような作風も見られるものの、そのデザートロックに通じる大陸的な開放感はここでは希薄で、むしろやや都会的な印象さえ受けます。その夜を地下室を思わせるようなディープな空気が漂う、スペーシーでダウナーなサイケデリアを持ったグルーヴサウンドは、“漆黒の密室ジャムロック”とでもいった趣もあります。

CLUTCHに何を求めるかで評価が分かれそうな面はありますが、やや異色作でありながら初期の隠れた名盤と呼ぶべき1枚です。

ストーナー度:★★★★☆|ルーツ度:★★☆☆☆|ジャム度:★★★★☆
ロッキン度:★★☆☆☆|ファンク度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★+

殿堂入り 賛否両論 通好み 実験作
Clutch
ハードロック¥1,630クラッチ

The Elephant Riders|ザ・エレファント・ライダース

CLUTCH_The_Elephant_Riders

オリジナルアルバム – 3作目 (1998年)

日本でがマスコミのストーナロックプッシュ記事が増えた時期で、一般層の認知度が広がったことを背景に、彼らがブレイクするきっかけとなったアルバム。

アメリカンロック, ブルーズ, ジャズ. ファンクなど、多彩な要素が内包されたスタイルという点では前作同様ですが、ディープなアングラテイストが濃厚だったスモーキー&トリッピーな前作と比較すると、いくぶんオーソドックスでメジャー感を漂わせたポップなヘヴィロックとなっています。

C.O.C.などのメジャーなストーナーロックファンだけでなく、日本のメタルクラスタにもアピールできるサウンドで、事実、日本でも通好みなヘヴィロックファンに支持されストーナーの新たな入り口として、クラスタの拡大にひと役買うことになりました。

ストーナー度:★★★☆☆|ルーツ度:★★★☆☆|ジャム度:★☆☆☆☆
ロッキン度:★★★☆☆|ファンク度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 通好み 実験作

Jam Room|ジャム・ルーム

CLUTCH_Jam_Room

オリジナルアルバム – 4作目 (1999年)

大手レーベル『コロンビア』との契約満了から、バンド自身のレーベル“River RoadRecords”からリリースされたアルバム。
前作とほぼ同路線ですが、セルフリリースということもあってかリラックスした雰囲気も漂い、全体的にルーズでフリーなよりレイドバックした空気が濃厚です。

彼ら音楽を構成するアメリカン・ルーツミュージック要素の中でも、カントリーテイストがやや目立ち、同時に再びジャジーなテイストも強まった印象で、T-03やT-08ような、タイトルのどおりUSヴィンテージ/ルーツ系のジャムロックにも通じるようなフリーフォーム気味な作風も目立ちます。

CLUTCH作品なので、当たり前のようにレベルは高く、聴きどころも多く魅力的な作品ではありますが、
ストーナー的なヘヴィネスはやや控えめで、フックを効かせた決め曲も見られないため、前作での勢いを維持してさらにブーストをかけるには、ややシブ好み/通好みが過ぎるきらいはあります。

ストーナー度:★☆☆☆☆|ルーツ度:★★★★☆|ジャム度:★★★☆☆
ロッキン度:★★★☆☆|ファンク度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

賛否両論 通好み スルメ盤 実験作
Jam Room
ハードロック¥1,528クラッチ

Pure Rock Fury|ピュア・ロック・フューリィ

CLUTCH_Pure_Rock_Fury

オリジナルアルバム – 5作目 (2001年)

大手レーベル『アトランティック』からのリリースとなった唯一のアルバム。

作風に大きな変化はなく、あえて言えば“The Elephant Riders(3rd)”と前作“Jam Room(4th)”の間をといったところで、主力であるファンキーでブルージーなCLUTCH流ヘヴィロックから、前作でのジャムロック的な曲まで網羅しています。

相変わらず、やや通好みな音楽性ではありますが、再びメジャー入りしてこともあってか、一般のリスナーを意識したようなわかりやすいケレン味やフックが強化されています。また、再びヘヴィネスも強調されたほか、ジャムロック路線も一般にアピールするテクニカル傾向が強まり、ストーナー/ヘヴィミュージック界隈にも受け入れやすいものとなっています。

ストーナー度:★★☆☆☆|ルーツ度:★★★☆☆|ジャム度:★★★★☆
ロッキン度:★★☆☆☆|ファンク度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

入門盤

Blast Tyrant|ブラスト・タイラント

CLUTCH_Blast_Tyrant

オリジナルアルバム – 6作目 (2004年)

GENTLE GIANTでの活動で知られるデレク・シャルマンらのレーベル、『DRT』に移籍しての第1弾。

これ以降の本格的に楽曲の主軸となってゆく、ガレージテイストを感じさせるラウドでヘヴィなハード・ロックンロールが初お目見えとなった記念すべき作品です。

この変化もあって、この時点では過去最高にアップテンポで躍動感にあふれた、明快なダイナミズムを持ったヘヴィロックアルバムとなりましたが、新機軸はそれだけにとどまらず、サイドプロゲクトの『BAKERTON GROUP』の活動が反映されたような、ハモンドオルガンを織り交ぜたサイケデリックナンバーなども聴くかせます。

同時に、近作でのジャムロック的なアプローチなども活かされており、新機軸だけでなくこれまでの総決算的な意味合いも持っており、さらには、今後の基本的な方向性/音楽性を決定付けることにもなった需要作です。

ストーナー度:★★☆☆☆|ルーツ度:★★★☆☆|ジャム度:★★☆☆☆
ロッキン度:★★★★☆|ファンク度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★+

殿堂入り 代表作 入門盤 実験作

Robot Hive/Exodus|ロボット・ハイヴ/エグゾダス

CLUTCH_Robot_Hive_Exodus

オリジナルアルバム – 7作目 (2005年)

キャッチーでアップテンポなハードロックナンバーを主軸に、比較的変化に富んだ多彩な楽曲が並ぶという、おおむね前作を踏襲した作風。

ここでは、ある種プログレ的ともいえるテクニカルで変則的な展開も絡めてくるほか、ファンク, ソウル, ジャズなどの要素の濃い曲も交えるなど、多様性はさらにその幅を広げています。

再び少々通好みな作風となりましたが、完成度/充実度は折り紙付きで文句のつけようがありません。

ストーナー度:★★★☆☆|ルーツ度:★★☆☆☆|ジャム度:★★★☆☆
ロッキン度:★★★★☆|ファンク度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 賛否両論 通好み 実験作

「Robot Hive/Exodus (Bonus Track Version)」リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

From Beale Street to Oblivion|フロム・ビール・ストリート・オブリヴィオン

CLUTCH_From_Beale_Street_to_Oblivion

オリジナルアルバム – 8作目 (2007年)

基本的には前作の延長線上にある作風ですが、ヴィンテージなサイケデリックテイストとガレージロック的な質感が強まっており、これまで以上にギアを上げて疾走感を増したノリノリのロックンロールナンバーには、ある種スペースロック風味を感じさせるものもあります。

また、MONSTER MAGNETを思わせるようなサイケデリアを漂わせた、王道のストーナーチューンも聴かせるなど、キャッチーなわかりやすさではこれまででも特に際立っています。

もちろん、本作も申し分なしの出来栄えで、さらにT-01, T-02, T-06, T-07,とキラーチューンも豊富です。

ストーナー度:★★★☆☆|ルーツ度:★★★☆☆|ジャム度:★★★☆☆
ロッキン度:★★★★★|ファンク度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★★+

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論

Strange Cousins from the West|ストレンジ・カズンズ・フロム・ザ・ウェスト

CLUTCH_Strange_Cousins_from_the_West

オリジナルアルバム – 9作目 (2009年)

CLUTCHとその関連作品をリリースするために設立された、『ウェザーメイカー』からリリースされるようになった第1弾アルバム。

過去数作でアルバムの主軸となっていた、アップテンポなロックンロールがやや影を潜め、以前のようなミッドテンポの曲が主体となっています。

また、ややサザンロックテイストも強めになっており、近作と比較するとやや地味で渋目といった印象も受けがちですが、それに反して曲は粒ぞろい。

キャッチーなキラーリフが印象的なT-01、グルーヴストーナーのT-02、ジャジーなサザンテイストのT-06、本作では希少なファストチューンのT-09など、テクニカルな小技をも隠し味にしたキャッチーなナンバーが並び、満足度については高値安定の充実作です。

ストーナー度:★★★☆☆|ルーツ度:★★★☆☆|ジャム度:★★★☆☆
ロッキン度:★★★☆☆|ファンク度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 賛否両論 通好み

Earth Rocker|アース・ロッカー

CLUTCH_Earth_Rocker

オリジナルアルバム – 10作目 (2013年)

前作からは一転、再びガレージテイストのファストなロックンロールを持ち込んだアルバム。ただし、単にネタ切れの手詰まりで開き直ったというわけでもなく、これまで以上にアグレッシヴにパワーアップされて、イメージを一新するほどの仕上がりです。

ファストチューンの比重もアップして、全曲中半数以上はアップテンポなロックンロールで占めらるという塩梅。
疾走曲はスピードもより一層強化されていますが、そういった作風なりがちな金太郎飴状態になることもなく、アイデアを凝らし小技を効かせた上質なものとなっています。もちろんファストチューン以外も、多彩な佳曲ぞろいで手抜きナシ。

サイケテイストはやや控えめですが、キャッチーでフック効いた疾走感ああふえるロックンロールアルバムとしては極上の仕上がりで、本作も名盤と言ってもいいでしょう。

ストーナー度:★★☆☆☆|ルーツ度:★★★☆☆|ジャム度:★★☆☆☆
ロッキン度:★★★★★|ファンク度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 実験作
Earth Rocker
ハードロック¥1,528クラッチ

Psychic Warfare|サイキック・ウォーフィア

CLUTCH_Psychic_Warfare

オリジナルアルバム – 11作目 (2015年)

引き続き、スピーディーなロックンロールナンバーを目玉にしたラインナップですが、前作ほどそちらに振り切ったわけではなく、より幅広い作風の曲が並んだバリエーション豊富なアルバムです。

ストーナーチューンも前作以上にストレートなサイケデリアを漂わせていますし、T-07〜T-08の流れなどは『16 HORSEPOWOR』のゴシックカントリーやドゥームカントリーに近いものです。

インパクトについては前作に譲りますが、それに勝るとも劣らない安定の出来栄えです。

ストーナー度:★★★☆☆|ルーツ度:★★★★☆|ジャム度:★★★☆☆
ロッキン度:★★★★★|ファンク度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 入門盤 賛否両論 実験作

Book of Bad Decisions|ブック・オブ・バッド・ディシジョンズ

CLUTCH_Book_of_Bad_Decisions_a

オリジナルアルバム – 12作目 (2018年)

基本的には従来の作風と変わりなく、近作で見られたスピーディーなロックンロールも健在。

ただし、ジミ・ヘンドリックスなどを思わせるようなファンキーなハードロックナンバーが目立つようになったほか、がBLUE CHEER版のThe Hunterを思わせるヘヴィロック曲も見られるなど、全体的にはよりオーソドックスなハードロック/ヘヴィロックサウンドに近づいています。

これを新機軸と考えるならやや無難過ぎる印象もあり、もう少し攻めて踏み込んだアプローチを期待したいところですが、毎度のように捨て曲なしのスキの無い仕上がりなのは間違いありません。

ストーナー度:★★★☆☆|ルーツ度:★★★★☆|ジャム度:★★☆☆☆
ロッキン度:★★★★★|ファンク度:★★★★☆|総合評価:★★★★★

入門盤 賛否両論

CLUTCH|DISCOGRAPHY|ライヴ/コンピレーション

Live at the Googolplex|ライヴ・アット・ザ・グーグルプレックス

CLUTCH_Live_at_the_Googolplex

ライヴアルバム (2002年)

Live in Flint, Michigan|ライヴ・イン・フリント, マシンガン

CLUTCH_Live_in_Flint_Michigan

ライヴアルバム (2004年)

Heard It All Before: Live at the HiFi Bar|ハード・イット・オール・ビフォア:ライヴ・アット・ハイファイ・バー

CLUTCH_Heard_It_All_Before

ライヴアルバム (2007年)

Live at the Corner Hotel|ライヴ・アット・ザ・コーナー・ホテル

CLUTCH_Live_at_the_Corner_Hotel

ライヴアルバム (2008年)

Full Fathom Five: Audio Field Recordings (2007–2008)|フル・ファゾム・ファイヴ:オーディオ・フィールド・レコーディングス(2007-2008)

CLUTCH_Full_Fathom_Five_Audio_Field_Recordings

ライヴアルバム (2008年)

Strange Cousins at the Prince|ストレンジ・コウシンズ・アット・ザ・プリインス

CLUTCH_Strange_Cousins_at_the_Prince

ライヴアルバム (2010年)

Slow Hole to China: Rare and Unreleased|スロウ・ホール・トゥ・チャイナ:レア・アンド・アンリリースド

CLUTCH_Slow_Hole_to_China_Rare_and_Unreleased

レアトラックス (2003年)

Pitchfork & Lost Needles|ピッチフォーク&ロスト・ニードルス

CLUTCH_Pitchfork_&_Lost_Needles

シングルトラック集 (2005年)

THE BAKERTON GROUP|ベイカートン・グループ|DISCOGRAPHY

THE BAKERTON GROUPは、CLUTCHの別名義のサイドプロジェクトで、ここではヴォーカル抜きのインストゥルメンタルサウンドを展開しています。

CLUTCHのテクニカルなジャムバンド的な側面を拡大してようなスタイルで、一般的にはジャムロックと定義されていますが、アートロックやプログレッシヴロック、ジャズロックともカテゴライズ可能なサウンドです。

CLUTCH同様に、ハードロック, サイケデリック, ブルーズ, ジャズ, ソウル,などの要素を下敷きにしており、ややジャズテイスト強めですが、曲によってはCLUTCのアルバムに収録されていていても、違和感を感じないようなものも見られます。

Space Guitars EP|スペース・ギターズ EP

THE_BAKERTON_GROUP_Space_Guitars_EP

ミニアルバム:EP (2001年)

サイケ度:★★★☆☆|ルーツ度:★★★☆☆|ジャム度:★★★★☆
ロッキン度:★★★☆☆|ジャズ度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

入門盤 賛否両論 通好み
Impetus - EP
ハードロック¥1,020クラッチ

The Bakerton Group|ザ・ベイカートン・グループ

THE_BAKERTON_GROUP_The_Bakerton_Group

オリジナルアルバム – 1作目 (2007年)

Impetus - EP
ハードロック¥1,020クラッチ

El Rojo|エル・ロホ

THE_BAKERTON_GROUP_El_Rojo

オリジナルアルバム – 2作目 (2009年)

サイケ度:★★★☆☆|ルーツ度:★★★☆☆|ジャム度:★★★★★
ロッキン度:★★☆☆☆|ジャズ度:★★★★☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作
Impetus - EP
ハードロック¥1,020クラッチ
Translate »