★ CYNIC(シニック)ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|フロリダデスメタルシーンが生んだ突然変異!ジャズ/フュージョンをベースにしたテクニカルプログレッシヴメタルの最高峰!!…必聴アルバムは? 

CYNIC_logo ◆ A, B, C

チャック・シュルディナー’s DEATHのテクニカル路線にも大きく貢献し、メタリックフュージョンの騎手へと成長を遂げたデスメタルの聖地フロリダを代表するプログレッシヴデスメタルバンド!!

CYNIC(シニック)は、ポール・マスヴィダル(Paul Masvidal[Gt., Vo. etc])とショーン・レイナート(Sean Reinert[Dr.Key.])を中心に結成され、 アメリカンデスメタルの聖地フロリダを中心に活動していたテクニカルなプログレ系メタルバンド。

80年内の結成時から基本的にはUSデスメタルシーンに属するグループで、メンバーもそこに連なる人脈で形成されており、USテクニカルデスの老舗として知られるPESTILENCE(ペスティレンス)やATHEIST(エイシスト)で活動していたトニー・チョイ(Tony Choy)や、MALEVOLENT CREATION(マルヴォレント・クリエーション), MONSTROSITY(モンストロシティ), SOLSTICE(ソルスティス)といった通好みバンドを渡り歩いたマーク・ファン・エル(Mark Van Erp)なども在籍していました。
マスヴィダルとレイナートはチャック・シュルディナーのDEATH(デス)に在籍経験があり、その四作目Humanでのテクニカル路線の追求に大きく貢献したことによって、ミューシャンズ・ミュージシャン的存在として大きく注目を集めます。

CYNICのサウンドは時代によってテクニカルデスメタルやプログレッシヴメタルなどにカテゴライズされるほか、デスメタルに本格的なメロディをフィーチャーした先駆者でもあることから、北欧メロデスとはルーツが異なるメロディックデスメタルの文脈でも語られるバンドです。
時期によって作風は変われど、基本的にはジャズ/フューションをバックグラウンドに持ち、それを大々的にフィーチャした技巧的なメタリックフュージョン/ジャズメタルサウンドが基本的なスタイル。その作風から、MESHUGGAHと共にヘヴィメタルシーンにジャズロック/ジャズメタルサウンドの再評価をもたらした存在として認知されています。

DEATHでの活動が注目されたこともあってアルバムデビュー前から通好みなリスナー達の注目を集めており、彼らの一作目は当時のデスメタルバンドとしてはかなり大きな扱いを受けていました。そのデビュー作は各シーンで高く評価されますが、時代が早すぎたためか識者の評価ほどの成果はあげられず、その1枚を残して解散してしまいます。

解散後はメンバー個別の活動を続けていましたが、ロックシーンでのジャズ/フュージョンの際評価や、それにともなったMESHUGGAHのブレイクもあって、メタルシーンでもジャズ/フュージョンを取り入れたサウンドがクールなものとして認知されるようになり、それらの後続バンドに影響を与えた存在としてCYNICも再評価されるようになり、その機運が再結成へとつながります。

再始動後は寡作ながらマイペースでコンスタントな活動を続けていましたが、マスヴィダルとレイナートの意見の相違もあって2015年に再度解散、しかし2018年にはマスヴィダル主導で再始動しています。レイナートは2020年に逝去が伝えられました。

CYNIC|DISCOGRAPHY

Focus|フォーカス

CYNIC_Focus

オリジナルアルバム – 1作目 (1993年)

ジャズ…中でも主にフュージョンスタイルのテクニカルな演奏と、ある種サイケデリックでもある浮遊感に満ちたスペーシーでマシーナリーなサウンド、この二つの特徴を日本柱としてスラッシュメタル/デスメタル由来のサウンドに落とし込んだのがこのアルバム。
今でこそ伝説的名盤とて殿堂入りしていますが、当時メタル界隈では、プログレメタルとしてはどちらかというと通好みポジションでした。むしろ、浮遊感のあるメロウなメロディが大きくフィーチャーされていることもあって、どちらかというと、メロディックデスメタルのプロトタイプの一形態を提示したものとして語られていました。
本作が一般層にまで本格的に認められるには、一般ロックシーンでのジャズ/ジャズロック再評価と、MESHUGGAHらのブレイクによる、ジャジーメタル/メタリックフュージョンの認知を待たねばなりませんでした。

デスメタ度:★★★☆☆|プログレ度:★★★☆☆|ジャジー度:★★★☆☆
叙情メロ度:★★★☆☆|オルタナ度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 通好み 実験作

Traced in Air|トレースド・イン・エア

CYNIC_Traced_in_Air

オリジナルアルバム – 2作目 (2008年)

いちおうは前作を踏襲したと言って差し支えない音楽性ですがですが、デスメタルの名残をとどめているのはときおり挿入されるデスヴォーカルのみ。テクニカルな演奏と同じぐらいのウェイトが、メランコリックなメロディと歌にも乗せられた“歌ものプログレ”といった作風。これは、1stリリース直後のサイドプロジェクトのPORTALで(当時)世に出すことが果たせなかった音を、CYNICのサウンドに落とし込んだ結果とも考えられます。
この後、新録によるリテイクを収めたミニアルバムとリミックスアルバムという、二つの別バージョンがリリースされていますが、それがバンドの本作への思い入れの深さと自信からくるのか、本作で叶わなかったことがある不満からくるのかは不明ですが、おそらく後者でしょう。

デスメタ度:★☆☆☆☆|プログレ度:★★★☆☆|ジャジー度:★★★☆☆
叙情メロ度:★★★★☆|オルタナ度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤 賛否両論 通好み 実験作

「Traced In Air」リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

Re-Traced|リ-トレースド

CYNIC_Re_Traced

ミニアルバム:EP (2010年)

Carbon-Based Anatomy|カーボン-ベースド・アナトミィ

CYNIC_Carbon_Based_Anatomy

ミニアルバム:EP (2011年)

The Portal Tapes|ザ・ポータル・テープス

CYNIC_The_Portal_Tapes

コンピレーションアルバム (2012年)

1stリリース後にマスヴィダルを中心としたCYNICメンバーが、PORTAL(ポータル)名義でリリースの予定でレコーディングされた音源が日の目を見たものですが、お蔵入りにしておくには惜しすぎる見事な完成度を持つアルバムですす、ここでの試みがCYNICの2nd以降に大きな影響をもたらしたことは確実。
CYNICとは異なり女性ヴォーカルをメインに据えたデスメタル色皆無の作風は、一部のヨーロピアン系ゴシックメタルにも近い感触をもった仄暗いメランコリックなサウンド。特徴的なスペーシーな浮遊感はCYNICと同様ですが、よりドリーミィなきめ細かい質感でしっとりとしたサイケデリアを漂わせています。
お得意のフュージョン/ジャズテイストに加えて、70年代のプログレッシヴロックや、80年代のゴシック系をはじめとした耽美系ポストパンク/ニューウェイヴなどのエッセンスがブレンドされた作譜は、当時はマイナーだったPORCUPINE TREEなどにも通じるものであり、同様にのちに“薄闇系”プログレと称されてブレイクするスタイルの先駆けとも言えます。

デスメタ度:☆☆☆☆☆|プログレ度:★★★★★|ジャジー度:★★☆☆
叙情メロ度:★★★★★|オルタナ度:★★★★☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作

Kindly Bent to Free Us|カインドリィ・ベント・トゥ・フリー・アス

CYNIC_Kindly_Bent_to_Free_Us

オリジナルアルバム – 3作目 (2014年)

デスメタ度:☆☆☆☆☆|プログレ度:★★★☆☆|ジャジー度:★★★☆☆
叙情メロ度:★★★★★|オルタナ度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤 賛否両論 通好み 実験作

Uroboric Forms – The Complete Demo Recordings|ウロボリック・フォームズ – ザ・コンプリート・デモ・レコーディングス

CYNIC_Uroboric_Forms_The_Complete_Demo_Recordings

デモ+初期音源集 (2017年)

アルバムデビュー以前のデモ音源を集めたコンピレーションアルバム。CYNICがまだ完全なデスメタルの体をなしていた頃の、テクニカルなデスメタルサウンドを聴くことができる唯一の作品です。
盟友チャック・シュルディナーのDEATHを想起させるような、フュージョン/ジャズのバックボーンを活かした複雑な展開のテクニカルデスメタルは、デモとはいえすでに一線級の完成度を持ち合わせています。
ブレイク後や再結成後のサウンドが心地いいだけで物足りないとお嘆きの、デスメタル本来のアグレッションとテクニカルなエクストリミティを味わいたいリスナーは必聴でしょう。

デスメタ度:★★★★★|プログレ度:★★★☆☆|ジャジー度:★★☆☆☆
叙情メロ度:★★☆☆☆|オルタナ度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 入門盤 賛否両論 通好み 実験作
Uroboric Forms: The Complete Demo Recordings
デスメタル / ブラックメタル¥1,528シニック

Humanoid|ヒューマノイド

CYNIC_Humanoid

シングル (2018年)

Traced in Air Rimixd|トレースド・イン・エア・リミックスド

CYNIC_Traced_in_Air_Rimixd

リミックスアルバム (2019年)

Translate »