★ DISCHARGE(ディスチャージ) ディスコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|あらゆるエクストリーム・ミュージックの原点でもあるUKハードコアのカリスマ!…必聴アルバムは?

DISCHARGE_logo_b ◆ D, E, F, G

Contents

スラッシュメタル,デスメタル,ブラックメタル…名実ともに全エクストリーム・ミュージックの原点としてVENOMと並び立ち、世界中に遺伝子を拡散させ続けるUKハードコアの最重要バンド!!

DISCHARGEのディスコグラフィ/レビュー、おすすめアルバムだけをチェックしたい方は【記事下部】か【目次】のリンクからも移動できます!!

DISCHARGE(ディスチャージ)は、イギリスを代表するハードコア・パンク・バンド。

ハードコアの基礎を確立した英国のパイオニア!!

DISCHARGEは、ロックンロールをベースとした初期パンクに近いスタイルでデビューしていますが、それをより一層加速させより過激に発展させ、ヴォーカルもダーティで過剰なものとした、“エクストリーム進化系”としてのジャンルである『ハードコア・パンク』を確立させます。

パンク・ムーヴメントの最中の1977年に結成されて、キャリアは40年を超えており、シーンの中でも最古参にあたり、名実ともに英国のハードコア・シーンのトップに位置する、ハードコアの代名詞とも言えるグループです。

後世の影響力の大きさでも知られており、特徴的なサウンドを踏襲したフォロアーや、影響下にあるグループは無数にのぼり今も後を絶ちません。

DISCHARGEの直系のフォロアーは、オールド・リスナーからは“ディスコア”と、近年では“Dビート”とも呼ばれ、ハードコア・シーンにひとつジャンルを形成するまでになっています。

現代エクストリーム・ミュージックの始祖!?

DISCHARGEの存在は、多岐にわたる後年のエクストリーム・ミュージックの原点として現在に至るまで絶大な影響を及ぼしています。

その影響下にあるジャンルは、スラッシュメタル,デスメタル,クラストコア,グラインドコアはもちろんのこと、スピードメタル/パワーメタル,ブラックメタル.グルーヴメタル,ドゥームメタル、メタルコアなど多岐にわたります。

その影響力の大きさと範囲の広さにおいては、同時期のN.W.O.B.H.M.(ニュー・ウェイヴ・オブ・ブリティシュ・ヘヴィ・メタル)シーンのカルト・バンド、VENOM(ヴェノム)と双璧とも呼べる位置にあります。

DISCHARGEは北欧デスメタルへの影響大!?

スウェーデンには、DISCHARGEの影響下にあるクラスト(コア)のシーンが存在し、英国に次ぐほどの人気を持っていたこともあり、同国のデスメタル/ブラックメタルの多くがディスコアやクラスト(コア)を音楽性のベースとしていました。

近年のメタル界隈では、スカンジナビアン(北欧)・デスメタル/メロデスを基調としたメタルコアが、ヘヴィメタルのメインストリーム広い人気を得ていることもあり、そのメタルコアの間接的なルーツとして、DISCHARGEもクラスト(コア)と共に再評価の機運が高まり、新規リスナーの間でも広く知られるようになっています。

DISCHARGEの存在価値は初期だけ!?

DISCHARGEの音楽性や後続シーンへの貢献に対する栄誉は、多くのハードコア・バンドと道央にEPとシングル中心の作品展開を行っていたキャリアの初期に集中しており、それ以降の作品展開は賛否が分かれ、おおむね否定的に捉えられています。

これは、フロントマンのケルビン・カル・モリスとドラムのガリー・マロニー以外の主要メンバーが脱退したことに端を発しています。

その後、1986年の2ndアルバム以降は、ヘヴィメタルにも接近しつつ、ヘヴィミュージックのトレンドを視野に入れた実験的なアプローチを試み、初期とは大きく異なるスタイルを展開したことでファンの不評を買う結果にを招きます。
そのため、非常に毀誉褒貶の激しい存在となり、保守的なハードコアファンの間では「DISCHARGEは初期以外は価値が無い」という見方が主流です。

一方で、その実験的展開も、単に時流に乗っただけにとどまらないユニークな音楽性に結実していたことも事実で、DISCHARGEが硬直化した様式美ハードコアとは異なり、ヘヴィメタルなど他ジャンルへのリスペクトと柔軟で実験的な精神を持っている証でもあり、それを正当に評価する声もあります。

初期のファストなハードコアへ回帰!?

90年代まではアルバムごとに異なる音楽性を試みていたDISCHARGですが、2000年以降は初期のメンバーが再集結したのを機に、再び初期に近いファストチューン主体の、ストレートなハードコア・サウンドへと回帰しています。

現在は、長年バンドを支えたモリスとマロニーが脱退しており、他の初期メンバーによって活動を系毒中。
ファストチューンを主体とした原点回帰路線のスタイルを展開していますが、ヘヴィメタリックなサウンドな音づくりから、それ以前と同様に保守的なハードコア・リスナーからの評価も割れています。

次ページはDISCHARGEのディスコグラフィ&レビューを紹介!!▼リンクはページ下!▼

Translate »