★ EARTH CRISIS(アース・クライシス)ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|ニューヨークシーンが生んだヘヴィメタリックなN.S.H.C.(ニュースクールハードコア)の代名詞的レジェンド!!…必聴アルバムは?

EARTH_CRISIS__Logo ◆ D, E, F, G

ニューヨークN.S.H.C.シーンを代表するバンドとしてメタルコアへと続くメタリックハードコアを牽引したパイオニア!モダンなヘヴィミュージックのトレンドを導入しつつも独自性を失わない地力の強さが光る!!

EARTH CRISIS(アース・クライシス)は、アメリカ合衆国はニューヨークのメタリックハードコアバンド。

80年代よりハードコアとヘヴィメタルのクロスオーバーが盛んな傾向があった、ニューヨークのハードコアシーンから登場したグループで、N.S.H.C.(ニュースクールハードコア)を代表するバンドのひとつです。

N.S.H.C.は90年代中盤頃からアンダーグラウンドで活性化してきた、ハードコアとヘヴィメタルのクロッスオーバーのいち形態。80年代からのクロスオーバーサウンドとや当時主流だったグルーヴコア/グルーヴメタルベースにしつつ、デスメタル, ドゥームメタル/スラッジメタルなどのエクストリームメタルなどをミックスした新世代ハードコア。
ミッド〜スロー主体でヘヴィネス重視のサウンドと、泣きのメロディやギターソロの多用など、歴代クロスーバー以上に濃厚なメタルテイストが大きな特徴で、近年ヘヴィミュージックメインストリームとなっている“メタルコア”の原型として直接的ルーツにあたるジャンルです。

EARTH CRISISは、このN.S.H.C.シーンの黎明期より活動を続けるグループで、特にニューヨークシーンにおいては、シーンの顔としてN.S.H.C.のムーヴメントを牽引し、N.S.H.C.の代名詞的存在といえる位置にいたバンドでした。なお、近年では彼らを含むN.S.H.C.黎明期のバンドは、現在“メタルコア”に含まれているメロデス化した次世代N.S.H.C.バンドとの明確な区別のため、“ヘヴィハードコア”と称されることもあります。

EARTH CRISISのバンド名は、ポリティカルなアティチュードで知られるUKレゲエバンド、STEEL PULSEのアルバムタイトルにちなんでおり、彼ら自身も“ストレート・エッジ”を標榜しており、ある種の禁欲主義や動物愛護, ヴィーガニズムなどの思想性を押し出しています。

彼らは、メタルサウンドを導入しつつもヘヴィメタルと比較/同一視されることを嫌い、メタルシーン無関係というポーズをとったり、ヘヴィメタルを仮想敵するグループ少なくなかった当時のハードコアシーンの中で、例外的にヘヴィメタルからの影響とリスペクトを公言していたグループでもありました。
インタビューでも、影響を受けたバンドとしてメタルバンドを多くを挙げることで知られており、ある意味では、ハードコアシーンとメタルクラスタの架け橋になっていた存在とも言えます。

アルバムリリースごとにヘヴィメタル的な整合感を強めてゆき、一時はニューメタルに接近してメジャーデビューも果たしましたが、2001年にはメンバーの事情により解散。メンバーはFREYAやISOLATEDなど個別のバンドを始動し活動を続けていましたが、2007年のリユニオンを機に活動を再開。ややストレートな作風への回帰やメタルコアのトレンドの導入も試みつつ、新作リリースも重ねながら活動継続中です。

EARTH CRISIS|DISCOGRAPHY

All Out War|オール・アウト・ウォー

EARTH_CRISIS_All_Out_War

ミニアルバム:EP – (1992年)

このデビューEPの時点で、グルーウコア/グルーヴメタルを基により重厚なヘヴィネスを追求した、彼らの基本スタイルは決定づけられています。曲によってはBIOHAZARDにも近いラップヴォーカル風のパーカッシヴなヴォーカルスタイルも聴けます。タイトルトラックのT-01はライヴにも欠かせない代表曲。

メタル度:★★★★☆|ハーコー度:★★★★☆|グルーヴ:★★★★☆
ヘヴィネス:★★★☆☆|トレンド度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤

Firestorm|ファイアストーム

EARTH_CRISIS_Firestorm

ミニアルバム:EP – (1993年)

“All Out War”EPと大差はありませんが、方向性が明確になり1stアルバムにつながるスタイルが確立されました。パーカッシヴなヴォーカルも聴けるものの、BIOHAZARDに感じられるある種の軽快さは後退して、重圧的でストイックなヘヴィネスが強化されており、サウンドもよりヘヴィメタリックで重厚なものになっています。

メタル度:★★★★☆|ハーコー度:★★★★☆|グルーヴ:★★★★☆
ヘヴィネス:★★★☆☆|トレンド度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤

Destroy the Machines|デストロイ・ザ・マシーンズ

EARTH_CRISIS_Destroy_the_Machines

オリジナルアルバム – 1作目 (1994年)

BIOHAZARDなどのグルーヴコア系のヘヴィグルーヴを基調としているのは、これまでのEPと同様ですが、強い印象を残すドゥーム/スラッジ風の引きずるようなスロー&ダウナーなパートが本作を特徴的なものとしています。曲によっては、フラッシーな早弾きではないもののメロディアスなギターソロも導入しています。
一作目ということもあってやや荒削りなところはあるものの、彼らの代表作にしてN.S.H.C.ムーヴメントを代表する一枚として語り継がれている重要作です。マイナーレーベルからですが、日本盤もリリースされていました。

メタル度:★★★★☆|ハーコー度:★★★★☆|グルーヴ:★★★☆☆
ヘヴィネス:★★★★★|トレンド度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 スルメ盤 実験作

Gomorrah’s Season Ends|ゴモラズ・シーズン・エンズ

EARTH_CRISIS_Gomorrahs_Season_Ends

オリジナルアルバム – 2作目 (1996年)

ミッド〜スロー主体な作風に変化はありませんが、前作の引きずり系サウンドはかなり後退しており、アップテンポなパートが増えています。
重圧感がやや薄れたヘヴィグルーヴサウンドが時にやや軽快な躍動感すら感じさせるほか、リフワークやフレージングがいくぶん凝ったものとなり、ある意味テクニカルとも呼べるようになったサウンドは、独自のカラーとしてアピールできるものです。
前作ほどの強烈なインパクトは感じられず、やや通好みな仕上がりとなってはいるものの、こともまたEARTH CRISISとN.S.H.C.ムーヴメントを語る上で欠かせない重要作であることは確かです。

メタル度:★★★★☆|ハーコー度:★★★★☆|グルーヴ:★★★★☆
ヘヴィネス:★★★☆☆|トレンド度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 通好み 実験作

Breed the Killers|ブリード・ザ・キラーズ

EARTH_CRISIS_Breed_the_Killers

オリジナルアルバム – 3作目 (1998年)

メタル専門レーベルの最大手、“ロードランナー”からリリースされた唯一のアルバム。プロデュースは元UKスラッシュバンドSABBATのメンバーで、主にエンジニアやフニッシュワークで活躍しているアンディ・スニープ。
基本路線はそのままにメジャー感を漂わせた仕上がりとなり、メタル的整合感と洗練度が大幅アップ。前作以上に多用される躍動的なアップテンポパートと、ヘヴィグルーヴと交差するメリハリの効いた作風で、印象的なフレーズも増えて、聴きやすく間口の広いものになりました。
ニューメタルが勢いを増していた時代で、時にその影響も感じられますが、あくまでごく一部であって次作ほど大胆に反映されているわけではありません。
クオリティ自体は向上しているのですが良くも悪くもやや無難な作風で、過去作のようなアクの強さや独自性が薄まっています。また、メジャー移籍の弊害か収録曲数が5割程度もアップしたのを完全に持て余しており、後半になるとダレ気味になのもネックで印象を下げています。

メタル度:★★★★★|ハーコー度:★★★★☆|グルーヴ:★★★★★
ヘヴィネス:★★★★☆|トレンド度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

入門盤 賛否両論

Slither|スリザー

EARTH_CRISIS_Slither

オリジナルアルバム – 4作目 (2000年)

ロードランナーをドロップして、古巣の“ビクトリー・レコーズ”からのリリースとなりましたが、音楽性まで原点回帰というわけではなく、前作に見られたニューメタル路線を大胆に推し進めたアルバムとなりました。
特に大きな影響を与えているのはFEAR FACTORYで、マシーナリーな質感や空間的な音作り、クリーンヴォーカルの導入パターンにそれが顕著で、曲によってはダンスメタルと呼べそうなものもあります。
逆にニューメタルサウンドを支配していたKORNの影響はそれほど感じられませんし、SLIPKNOTに至ってはこの時まだ本格デビュー前でした。
古参ファンからは、ニューメタルへの追従からセルアウトアルバムとバッシングされがちですが、かなり取り入れるエッセンスを吟味/消化しており、安易な模倣に終わっているわけではありませんし、ベーシックな部分に大きなブレはありません。“ニューメタ堕ち”の代名詞とされるチャグリフ(単音で細かく刻むリフ)やラップ風ヴォーカルにしても、実際は以前から導入されていたものです。
クオリティ自体はカタログ中でもトップクラスなので、作風の変化さえ抵抗がなければ極上のなメタリックハードコアとして楽しめます。

メタル度:★★★★★|ハーコー度:★★★☆☆|グルーヴ:★★☆☆☆
ヘヴィネス:★★★☆☆|トレンド度:★★★★★|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 実験作

Last of the Sane|ラスト・オブ・ザ・セイン

EARTH_CRISIS_Lastof_the_Sane

オリジナルアルバム – 5作目 (2001年)

解散前の最後の作品で、オリジナルフルアルバムとして扱われていますが、カバー曲が半数以上を占めて残りが新曲という、変則的な構成のイレギュラーな立ち位置にあります。
カバー曲のアレンジは、ほぼ原曲に準じたものから完全に自分たちのスタイルに落とし込んだものまで様々ですが、取り上げたアーティストや選曲の意外性はそれほどでもありません。
【ピップアップ・アーティスト】SLAYER / LED ZEPPELIN / BLACK SABBATH / ROLLING STONES / DEAD KENNEDYS, DYS / THE MISFITS

メタル度:★★★★☆|ハーコー度:★★★★☆|トレンド度:★★☆☆☆
選 曲:★★★☆☆|アレンジ:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

賛否両論 通好み 実験作

To The Death|トゥ・ザ・デス

EARTH_CRISIS_To_The_Death

オリジナルアルバム – 6作目 (2009年)

メタルレーベルとしては準大手の“センチュリーメディア・レコーズ”からのリリースとなる、再結成後の第一弾アルバム。さすがにピークを過ぎたニューメタルテイストは払拭され、比較的シンプルでストレートなスタイルのメタリックハードコアとなりました。
メロディアスなギターソロなどは少なめながら、メタル度はカタログ中でもトップクラス。ファストパートも多く、グルーヴスラッシュ/ネオスラッシュ的でもあります。
ある意味ではHATEBREEDなどにも通じる部分がありますが、それらよりはツイスト効いていて緩急も効果的に働いています。

メタル度:★★★★★|ハーコー度:★★★☆☆|グルーヴ:★★☆☆☆
ヘヴィネス:★★★★☆|トレンド度:★★★★☆|総合評価:★★★☆☆

入門盤 賛否両論 実験作

Neutralize the Threat|ニュートライズ・ザ・スロート

EARTH_CRISIS_Neutralize_the_Threat

オリジナルアルバム – 7作目 (2011年)

初期と比較すると確実に安定感や整合感が増していますが、前作以上にストレートな作風のストロングスタイルなメタリックハードコアで、再結成後のアルバムの中ではもっとも初期に近い感覚で聴けるアルバムです。
実験性がほぼ皆無な分だけ安定感はあるのは確かですが、かといって特にクオリティが際立っているわけでもアンセムになりうる名曲があるわけでもないので、過去にそれなりに作風の変遷も重ねてきた上で、この時期にリリースするにはあまりにヒネリが無いさすぎます。良くも悪くも無難なところに落ち着いて面白みの無いアルバムで、彼らのカタログからあえてこの1枚をセレクトする意義は見出せません。

メタル度:★★★★☆|ハーコー度:★★★★☆|グルーヴ:★★★☆☆
ヘヴィネス:★★★☆☆|トレンド度:★★☆☆☆|総合評価:★★★☆☆

賛否両論 スルメ盤

Salvation of Innocents |サルヴェイション・オブ・イノセンツ

EARTH_CRISIS_Salvation_of_Innocent

オリジナルアルバム – 8作目 (2014年)

メロデス, ゴシックメタル, ブラックメタルなど、耽美系のエクストリームメタルに強い“キャンドルライト・レコード”へ移籍しての第一弾となるアルバム。ここでは、動物の生体解剖批判をテーマに、三部構成のコンセプトアルバムというアプローチをとっています。
取り立てて新しい試みも見られず、かなりストレートでヒネリの無い作風だった前作から一転して、現在でもメタルコアシーンの主流サウンドを取り入れつつ、新機軸を模索しています。
具体的には、00年代からメタルコアの主流となっている、北欧メロデス/デスラッシュを原型としたスタイル。今や“プログレ”と同意義になった、ポストハードコアなど所謂“ポスト系”のドラマ性や技巧性。様々なシーンに流用されているゴシック的な耽美エッセンス。現在ではスラッジメタルとラベリングされている、90年代ドゥームの系スロー&ダウナーサウンド。…など。
彼ららしく、トレンドに傾き過ぎ流ことなくそれらを取捨選択して咀嚼した上で、それを従来のスタイルに散りばめつつ絶妙な手際でバランスを維持しており、再結成後ではベストの出来栄えの意欲作です。

メタル度:★★★★★|ハーコー度:★★★☆☆|グルーヴ:★★★☆☆
ヘヴィネス:★★★★☆|トレンド度:★★★★★|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 実験作

EARTH CRISIS|LIVE ALBUM|DISCOGRAPHY

The Oath That Keeps Me Free|ザ・オース・ザット・キープ・ミー・フリー

EARTH_CRISIS_The_Oath_That_Keeps_Me_Free

ライヴアルバム (1998年)

The Oath That Keeps Me Free|ザ・オース・ザット・キープ・ミー・フリー

EARTH_CRISIS_Forever_True_1991_2001

ライヴアルバム (1998年)

Translate »