★ GARY MOORE(ゲイリー・ムーア)ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|ジャズ/プログレ/トラッド/メタル/ブルーズを縦断したアイルランドの元祖ギターヒーロー!!…必聴アルバムは?

GARY_MOORE_Logo_a ◆ A, B, C

Contents

アイルランドの英雄THIN LIZZYに抜擢されて名を挙げた若き天才ギタリストは、ヘヴィメタルのギターヒーローを経て本場のウルサ方をもをうならす本格的なブルーズマンへ!!

GARY MOOREのディスコグラフィ/レビュー、おすすめアルバムだけをチェックしたい方は【記事下部】か【目次】のリンクからも移動できます!!

ゲイリー・ムーア(GARY MOORE)は、アイルランド出身のギタリスト兼ソロ・ミュージシャン。

ソロ・プロジェクトを中心に、いくつものバンド/プロジェクトでの活動経験があり、ギターソロを押し出した“ギターヒーロー・ブーム”の先駆け的存在としても知られています。

ギターヒーローのパイオニア!?

80年代ヘヴィメタル・シーンで盛り上がりを見せたギターヒーロー・ブームは、パイオニアであるリッチー・ブラックモア(DEEP PURPLE. RAINBOW)らに始まり、イングヴェイ・マルムスティーンを筆頭とする“早弾き系”の続出でピークを迎えます。

その中でゲイリー・ムーアは、マイケル・シェンカーらとともに、そのふたつの世代の間に位置する存在であり、ギターヒーロー・ブーム創成期の中核として高い人気を誇った人物でもあります。

演歌/歌謡曲にも通じる哀愁を感じさせる叙情的メロディセンスから、日本では特に人気の高いギタリストのひとりです。

ゲイリー・ムーアの音楽遍歴は!?

ゲイリー・ムーアの主なバックグラウンドは、ロック, ブルース, トラッド, ジャズなど。

プレイしていた音楽性は時期によって異なり、プログレ/ジャズロック・バンドを渡り歩いた70年代、ハードロックやヘヴィメタルを中心としていた80年代、本格的なブルースにルーツ回帰した90年代以降に大きく分けられます。

ゲイリー・ムーア:プログレ渡り鳥時代!!

ムーアは、1970年にわずか16歳にしてジャズロック/アートロック・バンドのSKID ROW(アメリカのグラムメタルバンドとは別物)でギタリスト・デビューを飾ります。

これを機にその界隈で名が知れ渡って、KID ROW脱退後にはいくつかのバンド/プロジェクトを渡り歩くことになります。
ジャズロック/プログレッシヴロック・バンドCOLOSSEUM II(COLOSSEUMのメンバーが結成)や、グレッグ・レイク(KING CRIMSON/EL & P)のソロ作品などにも参加していました。

ゲイリー・ムーア:THIN LIZZY参加でブレイク!?

ムーアが知名度を高めるきっかけとなったブレイクスルーは、同郷の人気バンドTHIN LIZZYに何度か参加したこと。

関わったアルバムは2作のみでしたが、1979年の9作目“Black Rose”は名盤として名高く、これによって注目を集め、日本を含めて広く知られる存在となりました。

ゲイリー・ムーア:ハードロック時代!!

ムーアは、SKID ROW脱退の直後から、自身のソロ・プロジェクトもスタートさせていましたが、70年代の末期から本格的にソロ・プロジェクトを主体とした活動へとシフトしてゆきます。

80年代はムーアの“ハードロック時代”と呼ばれ、ヘヴィメタル・ブームを背景にしたメタル/ハードロック色の強いスタイルで活動を続けていました。

ただし、洋式美的なハードロック一本やりではなく、ニューウェイヴ系のサウンドも取り入れていたあたりには、キャリア末期にも見られるムーアの柔軟性がうかがえます。また、アルバムによっては、アイリッシュ・トラッドを取り入れる試みも行っていました。

この時期はセールス面でも比較的好調で、イギリス・ヨーロッパ圏ではチャート上位にも名を連ねていました。

ゲイリー・ムーア:ブルーズ回帰時代!!

90年代に入るとムーアは、自身のルーツと趣味性に根ざした、本格的なブルース/ブルーズロックを志向するようになります。

その最初のブルーズ・アルバムが、キャリア初のゴールドディスクを獲得するほどのスマッシュヒット。この好評を受けて90年代以降は、基本的にブルーズ/ブルースロックをベースとした活動を展開することとなりました。

このブルーズ展開は初期こそ好評だったものの、変化に乏しいままに長く続いたことで、次第に飽きるリスナーが増えたのか、イギリスやヨーロッバでは目に見えて失速していきます。

しかし、その一方で、アメリカでは好評を得てブルーズ・チャートに食い込むほどになり、固定人気を獲得することに成功しま。

ハードロックへの回帰を求める声は尽きなかったものの、ムーアはこのブルーズ路線に余生を捧げることとなり、それは20年あまりも続くことになりました。

コラボレーションにも積極的!?

ムーア2011年に心臓発作で他界しますが、それまではブルーズ路線でコンスタントなアルバム・リリースを続けていました。

しかし、一時は短期的にエレクロニック・サウンドや、同時代的ヘヴィネスを取り入れる試みも行っていましたし、並行して、CREAM, SKUNK ANANSIE, PRIMAL SCREAMといった新旧のビッグネームとのプロジェクトも展開しており、それぞれアルバムもリリースしています。

次ページはGARY MOOREのディスコグラフィ&レビューを紹介!!▼リンクはページ下!▼

Translate »