★ GARY MOORE(ゲイリー・ムーア)ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|ジャズ/プログレ/トラッド/メタル/ブルーズを縦断したアイルランドの元祖ギターヒーロー!!…必聴アルバムは?

GARY_MOORE_Logo_a ◆ A, B, C

Contents

Still Got the Blues|スティル・ゴット・ザ・ブルーズ

GARY_MOORE_Still_Got_the_Blues

オリジナルアルバム – 10作目 (1990年)

レコード会社とのアルバムリリース契約のノルマ稼ぎのために、適当につくった趣味性の高い企画ものアルバムと公言していますが、これが予想外にバカ売れ。

アメリカでは過去最高のセールス/チャート記録をはじき出し、その余生の大半をハードロック回帰を待望されながら固定リスナー対象のブルースアルバムのリリースだけに費やすことにつながる、大きなターニングポイントになりました。

ブルース・スタンダードとオリジナル曲が混在する構成で、ムーアお得意の哀愁のバラッドチューンT-04や、ハードロッキンなT-05、ダークでメランコリックなT-08, T-09、SANTANAの名曲“Black Magic Woman”の元ネタでもあるBT-11など、ブルースの枠の中で比較的多様性に富んだラインナップとなっています。

ブルーズ度:★★★★★|ロック度:★★★☆☆|モダン度:★★★☆☆
ルーツ度:★★★★☆|叙 情 度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 賛否両論 通好み スルメ盤

After Hours|アフター・アワーズ

GARY_MOORE_After_Hours

オリジナルアルバム – 11作目 (1992年)

前作の大ヒットで気を良くしたのか、前作と全く同じブルースロック路線を繰り返していますが、BBキング, アルバート・コリンズら大物ゲストの参加も追い風になってか、これが前作以上のチャート結果を記録。ブルースの固定ファンの多さに驚かされます。
ムーアはこれ以降は、ブルースギタリストとしてのイメージを強め、その筋で名を上げていくことになります。

前作に続いて今回もオリジナル曲とカバーが混在しており、それなりにアイデアを凝らして多彩なスタイルを並べていますが、前作よりもハードロックから遠ざかってルーツに寄った印象です。

及第点以上の手堅い仕上がりではあるものの、単なる古典を基にしたホワイトブルースの典型例に過ぎないのも事実で、当時の新世代によるルーツミュージックリバイバルや、表舞台にも台頭しつつあったオルタナブルースと比べると、あまりにも守りに入りすぎて刺激に欠けます。

無難な出来栄えであり根強い人気があるのも確かでしょうが、原点である数多のブルーズクラシックやブルーズロックの先人たちの名盤でなく、あえて本作をチョイスするだけの意義を提示できているかは大いに疑問で、ムーア熱心なファンかブルーズなら何でもいいというリスナー向けにとどまっています。

ブルーズ度:★★★★★|ロック度:★★☆☆☆|モダン度:★★☆☆☆
ルーツ度:★★★☆☆|叙 情 度:★★☆☆☆|総合評価:★★★☆☆

代表作 賛否両論 スルメ盤
After Hours (Deluxe Edition)
コンテンポラリー・ブルース¥1,935ゲイリー・ムーア

Blues for Greeny|ブルーズ・フォー・グリーニー

GARY_MOORE_Blues_for_Greeny

オリジナルアルバム – 12作目 (1995年)

Dark Days in Paradise|ダーク・デイズ・イン・パラダイス

GARY_MOORE_Dark_Days_in_Paradise

オリジナルアルバム – 13作目 (1997年)

EDMを含めたエレクトロニック要素を導入して、同時代的なサウンドを意識したサンドで物議を醸した問題作。

こういったアプローチは80年代からの英国お家芸のひとつで、ベテランのU2などもすでに試みていたとはいえ、RADIOHEADの“OK Computer”と、THE PRODIGYが“The Fat of the Land”のリリースがほぼ同時期。
隆盛を誇ったビッグビートや電子系ポストロックに火がつくのはまだこれからで、この変化は当時のの恋人の影響という話もありますが、それを考慮してもなかなかシャープな目の付け方と言えるでしょう。

ここでは、T-07でドラムンベースのリズムも使用していますが、中心となるのは、すでにブームに火が付いていたトリップホップの影響を受けたと思しき、メランコリックでダークなサウンドで、先鋭的なオルタナ系ゴシックメタルに通じる部分もあります。

意欲は買うものの、全体を見るとそれを十分に咀嚼できているとはとても言えず、デジタルブルース風のT-02はそれなりですが、いくつかの曲は単なるメロウなAORバラードに過ぎない仕上がりです。

ハードロック、ブルース、オルタナティヴのどのベクトルでも煮え切らない、全方向的に厳しいアルバムで、むしろ“ゼロコープ系”のメロディック嗜好のリスナーの方が楽しめるかもしれません。

ブルーズ度:★★☆☆☆|ロック度:★★★☆☆|モダン度:★★★☆☆
ルーツ度:★★☆☆☆|叙 情 度:★★★★☆|総合評価:★★★☆☆

賛否両論 スルメ盤 実験作

A Different Beat|ディファレント・ビート

GARY_MOORE_A_Different_Beat

オリジナルアルバム – 14作目 (1999年)

前作が消化不良に終わったこともあってか、エレクトロニックサウンドがベースなのは同じですが、今回は大きくアプローチを変えてきました。

EDM調のデジタルビートを含めたエレクトロニック要素を導入しつつも、あくまでも基本となるスタイルは毎度おなじみのブルーズロック。前作から一転してムーアも全編派手に弾き倒しているので、“ギターヒーロー・ムーア”のファンも納得の仕上がり。

ここで選んだスタイルは特に実験的な試みもなければ、デジタルなロックとしての新奇性なくややチープでさえありますが、ムーアの従来の持ち味を活かしてひと味加えたものとしては、手堅く無難にまとまっています。
エレクトロニックサウンドさえ受け入れられるのなら、ブルーズ/ハードロックファンも問題なく楽しめますし、代わり映えしないブルース路線に辟易しているリスナーにもいい意味での刺激になることでしょう。

ブルーズ度:★★★★☆|ロック度:★★★★☆|モダン度:★★★☆☆
ルーツ度:★★★☆☆|叙 情 度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

賛否両論 通好み 実験作

Back to the Blues|バック・トゥ・ザ・ブルース

GARY_MOORE_Back_to_the_Blues

オリジナルアルバム – 15作目 (2001年)

Scars|スカーズ~ゲイリー・ムーア キャス・ルイス&ダリン・ムーニー

GARY_MOORE_Scars

オリジナルアルバム – 16作目 (2002年)

英国では異色のヘヴィミクスチャーバンドSKUNK ANANSIEのキャス・ルイス(Ba.)、ルーツロック, サイケ, ハウス, ダブなどアルバムごとにスタイルを変えてきたPRIMAL SCREAMのエレクトロニック時代に在籍したダリン・ムーニー(Dr.)。
この、90年代UKロックのメインストリームで最新モードを極めた2人が曲作りにも大きく関わった、BBM以来のビッグネームとのプロジェクトです。特にPRIMAL SCREAMはかつてはトレンド最前線を定位置にしていたバンドで、久々にムーアの意外な人脈をうかがわせるマッチング。

アルバム全体でみると、モダンなサウンドでブルースロックを展開するという意味では、“A Different Beat(14th)”が最も本作に近いアプローチ、
しかし、冒頭のジミ・ヘンドリックス風のT-01や続くSKUNK ANANSIEそのもののT-02といった、ファンキーなヘヴィロックチューンでもわかるように、古典的なハードロックに現代的なヘヴィサウンドとセンスで活力を与えt、モダンハードロック寄りの作風です。

ルイスとムーニーが関わった曲以外の多くは、定番のブルース路線で取り立てて新鮮味はありませんが、それでも二人に刺激を受けてT-03は現代的なオルタナブルースにを聴かせますし、T-06, T-07, T-09などもヘヴィなサウンドで張り切っています。

ただ長くて冗長なだけのT-08が完全な蛇足でアルバムの唯一の傷ですが、ブルース作品の中では例外的な傑作アルバムで、少なくとも90年代以降ではベストと言える出来栄え。完全にブルース自家中毒に陥っていたムーアにとって、ルイスとムーニーの新参二人の存在は強烈なカンフル剤として作用しています。

ブルーズ度:★★★★☆|ロック度:★★★☆☆|モダン度:★★★☆☆
ルーツ度:★★★☆☆|叙 情 度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 実験作

Power to the Blues|パワー・オブ・ザ・ブルーズ

GARY_MOORE_Power_to_the_Blues

オリジナルアルバム – 17作目 (2004年)

Old New Ballads Blues|オールド・ニュー・バラッズ・ブルース

GARY_MOORE_Old_New_Ballads_Blues

オリジナルアルバム – 18作目 (2006年)

Close as You Get|クローズ・アズ・ユー・ゲット

GARY_MOORE_Close_as_Yo_ Get

オリジナルアルバム – 19作目 (2007年)

Bad for You Baby|バッド・フォー・ユー・ベイビー

GARY_MOORE_Bad_for_You_Baby

オリジナルアルバム – 20作目 (2008年)

GARY MOORE|DISCOGRAPHY|ライヴ/コンピレーション

Rockin’ Every Night – Live in Japan|ロッキン・エヴリ・ナイト (ライヴ・イン・ジャパン)

GARY_MOORE_Rockin'_Every_Night_Live_in_Japan

ライヴアルバム (1983年)

Live at the Marquee|ライヴ・アット・ザ・マーキー

GARY_MOORE_Live_at_the_Marquee

ライヴアルバム (1983年)

We Want Moore!|ウィ・ウォント・ムーア! (ライヴ)

GARY_MOORE_We_Want_Moore

ライヴアルバム (1984年)

Blues Alive|ブルース・アライヴ

GARY_MOORE_Blues_Alive

ライヴアルバム (1993年)

次ページではゲイリー・ムーアが参加したバンド/プロジェクトを紹介!▼リンクはページ下!▼

Translate »