★ HELLOWEEN(ハロウィン)ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|!メロパワ/メロスピの元祖にして頂点!世界に轟くジャーマン・パワーメタル・バンド!!…必聴アルバムは?

HELLOWEEN_Logo ◆ H, I, J, K, L

Contents

現代ジャーマン・メタル・シーンの代名詞となったバンドは、メロディック・パワーメタル/スピードメタルを完成させ、そのスタイルを世界中に波及させたレジェンドに!!

HELLOWEENのディスコグラフィ/レビュー、おすすめアルバムだけをチェックしたい方は【記事下部】か【目次】のリンクからも移動できます!!

HELLOWEEN(ハロウィン)は、ドイツのパワーメタル/ヘヴィメタルバンド。

ジャーマン・パワーメタルのパイオニア!?

80年代後半に世界的なブームとなって各国のメタルシーンに影響を及ぼした、いわゆる「ジャーマン・パワーメタル」のパイオニアとして知られるグループ。

祝祭ハロウィンでおなじみのカボチャマスク、『ジャック・オー・ランタン』をイメージキャラクターとしていることから、“カボチャ”の異名で呼ばれることもあります。

『ジャーマン・パワーメタル』は、現在では『メロディック・パワーメタル(メロパワ)』『メロディック・スピードメタル(メロスピ)』の名称で世界中に広がっており、HELLOWEENは当時よりそのシーンを代表するトップグループの地位にあります。

続々多様化するジャーマン・パワーメタル!?

現在でも、『ジャーマン・パワーメタル=メロディック・パワーメタル/メロディック・スピードメタル』は、ヘヴィメタルの主流ジャンルのひとつとして大きなシェアを誇り、いくつもの派生ジャンルを生んでいます。

この『ジャーマン・パワーメタル』からは、現在様々な派生ジャンルを産んでおり、ネオクラシカル系, シンフォニック系, ゴシック系, トラッド系など、その流れをくむ様々な回ジャンルが登場しています。

HELLOWEENとGAMMA RAYに分裂!?

当初は創始者のカイ・ハンセン(Gt.+Vo.)と初期メンバーのマイケル・ヴァイカート(Gt.)の二頭体制でしたが、のちにハンセンが健康上の理由で脱退したことから、実質的にはヴァイカート主導のバンドとなります。

その後ハンセンはシーンにカムバックするも、新たに自身がリーダーとなる新バンドGAMMA RAY(ガンマ・レイ)を結成。現在に至るまで、HELLOWEENとジャーマン・パワーメタル人気を二分するライバル的存在として活動を続けています。

アグレッシヴからポップ&キャッチーへ!?

デビュー当初のHELLOWEENは、初期のヘヴィメタルやNEOBHMなどのオールドスクールなヘヴィメタルに、スラッシュメタルのアグレッションを加えたサウンドを展開。この時期は、スラッシュメタルにカテゴライズされることもありました。

そこに、古典的なポップミュージックをはじめ、トラッド・ミュージックやローカル・ポップスなどに由来すると思しき、耳なじみのいいメロディをフィーチャーすることで、アメリカンパワーメタルとも全く異なる魅力を持つ、スピーディーなパワーメタルを確立します。

この、アニメソングにも例えられる、口ずさめるようなポップで勇ましいメロディを主体とした、疾走感あふれるパワーメタルは、欧州や南米を中心に人気を獲得します。

日本でもパワーメタルの本場アメリカのバンド以上の人気を獲得し、80年代〜90年代にはヘヴィメタルの新たなスタンダードとみなされるまでになっていました。

メロディック・パワーメタルの現役リーダー!?

メンバーチェンジの影響やバンドの意識の変化もあって、一時期は実験的なポップ・メタルを試みていた時期もありましたが、こういったサウンドのマイナーチェンジはあれど、現在に至るまで大きなブランクもなくコンスタントな活動を続けて、常に第一線でシーンを牽引してきました。

現在のシーンにおいては全盛期ほどの存在感は感じられませんが、各国のメタルシーンにHELLOWEENの影響が広がっていることは見て取ることできます。

次ページはHELLOWEENのディスコグラフィ&レビューを紹介!!▼リンクはページ下!▼
Translate »