★ IRON MAIDEN(アイアン・メイデン) ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|メタル・シーンを牽引し続けのヘヴィメタル盟主の座にまで登りつめたNWOBHMの革命児!…必聴アルバムは?

IRON_MAIDEN_logo ◆ H, I, J, K, L

Contents

IRON MAIDEN|DISCOGRAPHY

Iron Maiden|鋼鉄の処女:アイアン・メイデン

IRON_MAIDEN_Iron_Maiden

オリジナルアルバム 1作目 – (1980年)

まさにNWOBHMの肩書きにふさわしい新時代のヘヴィサウンドで、パンク信者さえ一目置いた歴史的名盤。

ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★★★☆|過剰度:★★★★☆
革新度:★★★★★|大作度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 通好み 実験作

Killers|キラーズ

IRON_MAIDEN_Killers

オリジナルアルバム 2作目 – (1981年)

アグレッシヴなスタイルの初代Vo.ポール・ディアノ最後のアルバムで、前作同様メタル史に残る名盤。

ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★★★☆|過剰度:★★★★☆
革新度:★★★★★|大作度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 通好み  実験作

The Number of the Beast|魔力の刻印:ザ・ナンバー・オブ・ザ・ビースト

IRON_MAIDEN_The_Number_of_the_Beast

オリジナルアルバム 3作目 – (1982年)

ブルース・ディッキンソンを迎え様式美路線に踏み出すことになるが、前作の名残も残る過渡期の作品。

ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★★★☆|過剰度:★★★★☆
革新度:★★★★☆|大作度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 実験作

Piece of Mind|頭脳改革:ピース・オブ・マインド

IRON_MAIDEN_Piece_of_Mind

オリジナルアルバム 4作目 – (1983年)

名曲Torooperを含む黄金期の名盤。初期の革新的サウンドとメタル様式がうまくミックスされている。

ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★★★☆|過剰度:★★★★☆
革新度:★★★☆☆|大作度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 実験作

Powerslave|パワースレイヴ

IRON_MAIDEN_Powerslave

オリジナルアルバム 5作目 – (1984年)

名曲Aces Highを含む黄金期の名盤。前作をブラッシュアップした作風で様式美にさらに一歩近づいている。

ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★★★☆|過剰度:★★★★☆
革新度:★★★★☆|大作度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 実験作

Somewhere in Time|サムウェア・イン・タイム

IRON_MAIDEN_Somewhere_in_Time

オリジナルアルバム 6作目 – (1986年)

シンセギターの導入で物議を醸した問題作。冷静に聴けばでは気にするほどではなく質は高いが、突出した曲に欠けるのが難点。

ヘヴィネス:★★☆☆☆|スピード:★★★☆☆|過剰度:★★★☆☆
革新度:★★★☆☆|大作度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

賛否両論 通好み 実験作

Seventh Son of a Seventh Son|第七の予言:セヴンス・サン・オブ・セヴンス・サン

IRON_MAIDEN_Seventh_Son_of_a_Seventh_Son

オリジナルアルバム 7作目 – (1988年)

のちに顕著になるプログレ風大作路線の皮切りだが、ここではそれが成功を収めて傑作に。当初は問題作とされたがのちに再評価が進む。

ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★★☆☆|過剰度:★★★☆☆
革新度:★★★☆☆|大作度:★★★★★|総合評価:★★★★★

殿堂入り 賛否両論 通好み 実験作

No Prayer for the Dying|ノー・プレイヤー・フォー・ダイニング

IRON_MAIDEN_No_Prayer_for_the_Dying

オリジナルアルバム 8作目 – (1990年)

ヘヴィネス:★★☆☆☆|スピード:★★★☆☆|過剰度:★★☆☆☆
革新度:★☆☆☆☆|大作度:★★★☆☆|総合評価:★★☆☆☆

賛否両論 お布施

Fear of the Dark|フィアー・オブ・ザ・ダーク

IRON_MAIDEN_Fear_of_the_Dark

オリジナルアルバム 9作目 – (1992年)

ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★★☆☆|過剰度:★★☆☆☆
革新度:★☆☆☆☆|大作度:★★★☆☆|総合評価:★★★☆☆

賛否両論 スルメ盤

The X Factor|ザ・エックス・ファクター

IRON_MAIDEN_The_X_Factor

オリジナルアルバム 10作目 – (1995年)

ブレイズ・ベイリーを新Voに迎えたことで問題作となったとされるが、それ以前に3,7など佳曲もあるが楽曲が低調過ぎる。

ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★★☆☆|過剰度:★★☆☆☆
革新度:★☆☆☆☆|大作度:★★★☆☆|総合評価:★★☆☆☆

賛否両論 スルメ盤 お布施

Virtual XI|ヴァーチャル・イレヴン

IRON_MAIDEN_Virtual_XI

オリジナルアルバム 11作目 – (1998年)

ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★★☆☆|過剰度:★★☆☆☆
革新度:★☆☆☆☆|大作度:★★★☆☆|総合評価:★★☆☆☆

賛否両論 スルメ盤 お布施

Brave New World|ブレイヴ・ニュー・ワールド

IRON_MAIDEN_Brave_New_World

オリジナルアルバム 12作目 – (2000年)

ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★★☆☆|過剰度:★★☆☆☆
革新度:★☆☆☆☆|大作度:★★★★☆|総合評価:★★★☆☆

賛否両論 スルメ盤 お布施

Dance of Death|ダンス・オブ・デス

IRON_MAIDEN_Dance_of_Death

オリジナルアルバム 13作目 – (2003年)

ブルースのソロ作を想起させる作風で。ややトラッド色も感じさせ、後期作品の中では意欲的。

ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★★☆☆|過剰度:★★☆☆☆
革新度:★☆☆☆☆|大作度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤 賛否両論 通好み スルメ盤

A Matter of Life and Death|ア・マター・オブ・ライフ・アンド・デス

IRON_MAIDEN_A_Matter_of_Life_and_Death

オリジナルアルバム 14作目 – (2006年)

ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★☆☆☆|過剰度:★★★★☆
革新度:★☆☆☆☆|大作度:★★★★☆|総合評価:★★☆☆☆

賛否両論 スルメ盤 お布施

The Final Frontier|ザ・ファイナル・フロンティア

IRON_MAIDEN_The_Final_Frontier

オリジナルアルバム 15作目 – (2010年)

ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★☆☆☆|過剰度:★★★☆☆
革新度:★☆☆☆☆|大作度:★★★★★|総合評価:★☆☆☆☆

賛否両論 お布施

The Book of Souls|ザ・ブック・オブ・ソウルズ

IRON_MAIDEN_The_Book_of_Souls

オリジナルアルバム 16作目 – (2015年)

ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★★☆☆|過剰度:★★☆☆☆
革新度:★☆☆☆☆|大作度:★★★★★|総合評価:★★★☆☆

入門盤 賛否両論 お布施

Senjutsu|戦術:センジュツ

IRON_MAIDEN_Senjutsu

オリジナルアルバム 17作目 – (2021年)

次ページはライターが選ぶIRON MAIDENのおすすめアルバムを紹介!!▼リンクはページ下!▼

Translate »