★ JOURNEY(ジャーニー)ディスコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|ポップなメロディックロックで覇権を握り80年代のアイコンとなったアメリカン・プログレバンド!!…必聴アルバムは?

JOURNEY__Logo_a ◆ H, I, J, K, L

ハードロック生まれプログレ育ちのアメリカン・プログレバンドはプロデューサーの手で産業ロックシーンのトップバンドに成り上がり、80年代を象徴するキラーチューンを連発しまくったレジェンドグループに!!

JOURNEY(ジャーニー)は、アメリカ合衆国のサンフランシスコで結成されたロックバンド。

JOURNEYはアメリカ版プログレッシヴロック!?

デビュー当初の音楽性は、英国を中心に栄えたプログレッシヴ・ロック影響下にあり、それにアメリカン・ハードロックやルーツミュージックをと組み合わせるなどして、アメリカンなローカライズが施されたものでした。

同時期に栄えたそれらのグループは、近年では新世代プログレ全般を指す“ネオプログレ”として扱われていますが、日本ではその音楽性から/特性から“アメリカン・プログレハード”というジャンル名で通っています。初期のJOURNEYは、その一派を代表するグループのひとつに数えられていました。

プログレから産業ロックへ!?

80年代中期に盛り上がりを見せた“アメリカン・プログレハード”のムーヴメントは、70年代末期には終息を迎えます。
その渦中にあったグループの多くは、アリーナロックや産業ロックなどと称される、一般大衆をターゲットとしてレコード会社のマーケティング主導でつくられた、コンパクトで耳なじみの良いポップロック/ロックバラード主体のサウンドへと移行してゆきますが、JOURNEYも例外ではありませんでした。

キャッチーなポップロックサウンドで時代の顔に!?

アリーナロック/産業ロックへの転向には批判もありましたが、セールスだけに限ってはこれが功を奏します。

楽曲がラジオだけでなくケーブルテレビでの音楽番組でもヘヴィローテーションされたキャッチーなポップチューンが人気を博し、80年代の米国メインストリームロックを象徴する、時代の顔ともいえるグループのひとつとして、後年の80年代アンソロジーなどにも確実に顔を並べる存在になりました。

敵はグランジ/オルタナティヴ!?

JOURNEYは、80年代にはメインストリームの第一線で活躍し、ヒットチャート上位の常連となっていました。

しかしアンチ商業主義のオルタナティヴロックやグランジにの台頭により、彼らを含む80年代のポップロックバンドに逆風が吹いたことで失速。オルタナティヴロックが全盛を極めた1990年前後、1987年〜1005年までの間は活動休止状態にありました。

ユーチューバーをメンバーに迎えて仕切り直し!?

活動再開後は比較的高尚な再スタートを切ったものの、ヴォーカリストが負傷や病気で相次いで脱退するというトラブルに見舞われます。

しかし、2007年にはJOURNEYのカバー曲を配信していたフィリピンのユーチューバー・ヴォーカリスト、アーネル・ピネダをメンバーに迎えるという大胆なアクションを見せてちまたの話題をさらいます。

近年でも、メンバーの個人的問題やメンバー間の対立、マネージメントとの対立などのトラブルも相次ぎ、2011年以降は新作アルバムのリリースも行われていませんが、バンド活動自体は現在も継続されています。

JOURNEY|DISCOGRAPHY

Journey|ジャーニー:宇宙への旅立ち

JOURNEY_Journey

オリジナルアルバム – 1作目 (1975年)

イギリスを中心としたヨーロッパ系のプログレッシヴロックを、アメリカンハードロックとクロスオーバーさせた、いわゆる“アメリカン・プログレ・ハード”を代表するアルバムのひとつ。

ドラマティック&テクニカルでスリリングなプログレ様式と、ヘヴィ&ハードで適度にポップな骨太のアメリカンロックを融合したサウンドは、まさにプログレ・ハードの名にふさわしいもの。産業ロック/AORに転じてヒットを飛ばした80年代とは、全く別バンドと考えた方がいいでしょう。

80年代の産業ロック路線で名を成したJOURNEYにとって、ブレイク前のこの時期の作品はあまり取り上げられることはありませんが、むしろ80年代のポピュラリティ路線に悪印象を持っているリスナーにこそオススメしたい作品です。

プログレ度:★★★★★|産業度:★☆☆☆☆|叙情度:★★★☆☆
ハード度:★★★★☆|ポップ度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★★+

殿堂入り 賛否両論 通好み 実験作

Look into the Future|ルック・イントゥ・ザ・フューチャー:未来への招待状

JOURNEY_Look_into_the_Future

オリジナルアルバム – 2作目 (1976年)

引き続きプログレ・ハード路線を踏襲したアルバムですが、よりローカライズが進んでポップネスが大きく強化されており、普通のポップなアメリカンハードロックに近いものとなりました。

プログレ系のスケール感の大きなテクニカル展開も、どちらかというとプログレ的な緻密さよりも、“ジャムロック”に近いフリーフォームな印象を残すものです。

プログレとしてみるなら、初期のプログレ・ハード三部作ではややインパクトは弱めですが、品質では負けず劣らずで誤差の範囲内なので後は作風のお好み次第。ということで、とりあえず3作とも押さえておきたいところです。

プログレ度:★★★★☆|産業度:★★☆☆☆|叙情度:★★★☆☆
ハード度:★★★☆☆|ポップ度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 賛否両論 通好み 実験作

Next|ネクスト

JOURNEY_Next

オリジナルアルバム – 3作目 (1977年)

デビュー作から本作までの3枚のアルバムについては、どれも聴き逃すには惜しいUSヘヴィプログレハードな作品ぞろいですが、その中でも本作はとりわけヘヴィで重厚な仕上がりで、彼らのカタログ中では最もヘヴィでアグラッシヴな印象を与えるアルバムです。

プログレ/ジャムロックテイストが強い、ハイテンションでスリリングな演奏が聴ける曲だけでなく、ヘヴィメタルのプロトタイプ的なヘヴィネスを持つ曲も見られるので、黄金期の軽薄なイメージで敬遠しているプログレメタルやハード&ヘヴィ系リスナーこそ要チェックです。

残念ながら、本作が本格的なプログレハード路線の最終作となり、これ以降は明確にセールスとチャートを最優先させた“産業ロック”へと移行してゆき、AORやハードポップとして語られるグループになってしまいます。

プログレ度:★★★★★|産業度:★☆☆☆☆|叙情度:★★☆☆☆
ハード度:★★★★★|ポップ度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★★+

殿堂入り 入門盤 賛否両論 通好み 実験作

Infinity|インフィニティ

JOURNEY_Infinity

オリジナルアルバム – 4作目 (1978年)

前作までのプログレテイストやハードロックテイストは、まだいくらか名残をとどめているものの、産業ロック化が大幅に進行しており、ポピュラリティの沼にズブズブに浸かっています。事実、ここから順調にヒットチャートを駆け上がってゆくことになります。

前作までとは完全に別バンドの有様となってしまいまったとはいえ、ドラマティックなT-06はオールタイムベスト級の名曲ですし、産業ソウルのT-01や適度にハード&ヘヴィでダイナミズムを持ったT-04, T-09はなかなかの佳曲。

また、歴代ウエストコーストサウンドの空気を、ほんのり漂わせているのもポイントで、その流れを汲むメロディックハードとして割り切れるなら、メタル/ハード系クラスタにも楽しめるリスナーは多いかもしれまん。

プログレ度:★★★☆☆|産業度:★★★★☆|叙情度:★★★★☆
ハード度:★★★☆☆|ポップ度:★★★★★|総合評価:★★★★☆

入門盤

Evolution|エヴォリューション

JOURNEY_Evolution

オリジナルアルバム – 5作目 (1979年)

前作からの、産業ロック路線をさらに押し進めたのアルバム。ロック本来のダイナミクスは大幅に後退して、ポピュリズム主体のソフトロック/AORに変貌を遂げています。

かろうじてメロディックハードとして聴けそうな曲もわずかにありますが、ミッド〜スローのバラードチューンの比率が上がり、プログレ/ハードロックとしてのカタルシスが感じられるような見られません。

JOURNEYのキャリアの中でも最もソフトで、アグレッションにかける作風なので、完全に頭を切り替えて聴く心構えが必要となります。

プログレ度:★☆☆☆☆|産業度:★★★★★|叙情度:★★★☆☆
ハード度:★☆☆☆☆|ポップ度:★★★★★|総合評価:★★☆☆☆

入門盤 お布施

Departure|ディパーチャー

JOURNEY_Departure

オリジナルアルバム – 6作目 (1980年)

引き続き、産業ロックでメインストリームへの階段を駆け上がっていく、上り調子の時期のアルバム。JOURNEYのイメージキャラクターとなる“翼のスカラベ”がジャケットに初登場しています。

代表曲でもある典型的なチャラキラ・ナンバーのT-01は、完全にバブリーなポップソングですが、それ以降は全体的に派手さは控えめで、ブルーズやカントリーなどルーツミュージックテイストも感じさせる、やや落ち着いたサウンドが目立ちます。

相変わらず、ハードロック/プログレハードとして聴ける曲はほぼ皆無ながらも、サウンド面では軽薄は印象はやや抑えられているので、この前後のアルバムよりはロックファンにも抵抗少なく聴けるかもしれません。

プログレ度:★☆☆☆☆|産業度:★★★★☆|叙情度:★★★☆☆
ハード度:★★★☆☆|ポップ度:★★★★★|総合評価:★★★☆☆

代表作 通好み スルメ盤
Departure
アリーナロック¥1,833ジャーニー

Escape|エスケイプ

JOURNEY_Escape

オリジナルアルバム – 7作目 (1981年)

基本的には近作同様のAOR/産業ロック路線ですが、バラード一辺倒でなく適度にハードでヘヴィな曲も増えており、グラムメタルやメロディックハードとしても聴けるサウンドです。むしろグラムメタル勢の一部もここから影響を与えていると言えます。

メランコリックな哀愁漂うT-03、アップテンポなロックンロールのT-08の、叙情的でドラマティックなT-09といったナンバーは、ハードロック/プログレの延長感覚で聴けます。

チャートやセールスでは、キャリアの頂点にあたるアルバムで、作風のそのものの評価は置いておいても、ポップロックとしてのクオリティは認めざるを得ないでしょう。

プログレ度:★☆☆☆☆|産業度:★★★★☆|叙情度:★★★☆☆
ハード度:★★☆☆☆|ポップ度:★★★★★|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤 賛否両論

Frontiers|フロンティアーズ

JOURNEY_Frontiers

オリジナルアルバム – 8作目 (1983年)

チャートの記録的には前作に及ばないものの、それに次ぐ大ヒットを記録した本作は、産業ロック路線突入後の作品の中では、最もハードロック/ヘヴィメタルに接近したとも言える作品。

もっとも、それは完全に80年代のポップメタル/メロディックハード的なベクトルであって、70年代風のヘヴィネスやストロングスタイルなヘヴィメタルの方向は向いていません。
とはいえ、彼らにしては異例ともいえる哀感漂うドラマティックな作風も相まって、メタル/ハードロック系のリスナーからは特に人気の高いアルバムです。

MTVでもヘヴィローテーションだった、ドラマティックなハードロックチューンT-01は、JOURNEYの黄金期のどころか80年代を代表する最も知名度が高いナンバー。また、ややプログレハードに回帰したかのような一面も見せる曲もあります。

プログレ度:★★☆☆☆|産業度:★★★★★|叙情度:★★★☆☆
ハード度:★★★☆☆|ポップ度:★★★★★|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 実験作

Raised on Radio|ライジング・オン・レディオ:〜時を駆けて〜

JOURNEY_Raised_on_Radio

オリジナルアルバム – 9作目 (1986年)

Trial by Fire|トライアル・バイ・ファイアー

JOURNEY_Trial_by_Fire

オリジナルアルバム – 10作目 (1996年)

Arrival|アライヴァル

JOURNEY_Arrival

オリジナルアルバム – 11作目 (2000年)

Generations|ジェネレーションズ

JOURNEY_Generations

オリジナルアルバム – 12作目 (2005年)

リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

Revelation|レヴェレイション

JOURNEY_Revelation

オリジナルアルバム – 13作目 (2008年)

Eclipse|エクリプス

JOURNEY_Eclipse

オリジナルアルバム – 14作目 (2011年)

Translate »