★ KISS(キッス)ディスコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|キッズからマニアにまで愛されるエンタメ精神あふれるアメリカのハードロックアイコン!!…必聴アルバムは?

KISS_Logo ◆ H, I, J, K, L

Contents

技術とセンスに裏打ちされたエンターテインメント精神あふれるスタイルとショーアップされたステージでロックキッズの絶大な支持を集め、トップアリーナバンドとして地位を築いたアメリカンハードロックを象徴するロックアイコン!!

KISS(キッス)は、アメリカ合衆国はニューヨークのロックバンド。

ギミックロック最大の成功者!?

KISSの大きな特徴は、派手なメイクや衣装とショーアップされたステージングといった、エンターテインメントに特化したバンドコンセプト。

各メンバーに「デーモン(ジーン・シモンズ)」「スターチャイルド(ポール・スタンレー)」「スペースマン(エース・フレーリー)」「キャットマン(ピーター・クリス)」といったコミックキャラクター的な設定があてがわれ、それをイメージしたメイクを施しています。

これは、ある種のアート性や社会的なメッセージ性が含まれていた初期のグラムロックのと比較すると、完全にエンタメ方向に振り切ったもので、その徹底度合いについてはシーンの中でもした一線を画したレベルにありました。

KISS音楽性とジャンルは!?

KISSはヘヴィな曲からポップソングやバラードまで比較的幅が広く、また時代によって音楽性の変化も見られます。

大枠では主に初期から根幹をなす音楽性から『ハードロック』や、ショーアップされたステージやマーケティング重視な面から『アリーナロック/産業ロック』と見なされています。

また、グラムロックの流れをくむビジュアルから『グラムロック』『グラムメタル』、ある種のホラーテイストや過激なパフォーマンスから『ショックロック』にもカテゴライズされます。

さらに、70年代からヘヴィメタルのプロトタイプとも言えるヘヴィサウンドをも展開していたことから、ヘヴィメタルとしても語られており、実際に80年代からはヘヴィメタル的な作風が中心になっています。

それ以外にも時期やアルバムによって、『ポップロック』『メロディックロック』『バラード』『ディスコ』『プログレッシヴロック』なども試みていました。

 

KISSのギミックの影響は!?

KISSはメイクや衣装をなどのビジュアルから、主にメタル/ハードロック系のメイクアップバンドの直系のルーツとして名を挙げられます。

決してメイクバンド/ギミックバンドの元祖と呼べる存在ではありませんが、そのスタイルをメインストリーム第一線に押し上げた存在として、多岐にわたって影響を及ぼしています。

主に、80年代アメリカのグラムメタルや、『聖飢魔II』などに代表される日本のハードロックやヘヴィメタルの“お化粧系バンド”に大きな影響を及ぼしており、これは現在のビジュアル系の源流のひとつにもなっています。

ノーメイクで活動していた時代も!?

やや人気に停滞が見られた80年代には、素顔を公開することを逆ギミックとして大きな話題作りにも活用して盛り上がります。

このノーメーク時代は短期間では終わらず、しばらくの間は素顔で活動する期間が続いています。ただし、80年代突入以来バンドの中核であるシモンズとスタンレー以外は流動的であり、何度かのメンバーチェンジが行われています。

再びメイクで仕切り直し!?

10年以上にわたってノーメイクで活動していた彼らですが、90年代末には再びオリジナルメンバーが結集してメイクを施してのリユニオンを、心機一転のための一大イベントとして完全復活を目論みます。

そこに加えて、1999年に公開された“キッス・アーミー(熱心なKISSファン)”のキッズを主役にした映画、『デトロイト・ロック・シティ』のスマッシュヒットとの相乗効果もあって、新世代ファンも取り込んで再び第一線に返り咲くことに成功。

それ以降は、現在に至るまで黄金期同様のメイクを施した本来のスタイルで活動を続けていますが、再びオリジナルメンバーはシモンズとスタンレーのみとなっています。また、スタジオアルバムのリリースは2012年以来行われていません。(2021年現在)

KISS|DISCOGRAPHY|スタジオ・アルバム

Kiss|キッス・ファースト:地獄からの使者

KISS_Kiss

オリジナルアルバム – 1作目 (1974年)

ブルース, ロックンロール, ブギーなど、ルーツミュージックに根ざした、オーソドックスなアメリカンハードロック。

この時点ですでに十分にポップではありますが、どちらかというとヘヴィで無骨なイメージが勝っており過剰に媚びたような印象はありません。特にラストの2曲T-09とT−10はプロト-メタル的なヘヴィチューン。

一般的には、黄金期のヒットアルバムと比較すると注目度はやや低いものの、上記の曲に加えてT-04, T-07などライヴの定番曲や代表曲も多い重要作です。

メタル度:★★☆☆☆|ヘヴィネス:★★★☆☆|ポップネス:★★★☆☆
アッパー度:★★★☆☆|異 色 度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 通好み
Kiss
ハードロック¥2,546キッス

Hotter Than Hell|ホッター・ザン・ヘル:地獄のさけび

KISS_Hotter_Than_Hell

オリジナルアルバム – 2作目 (1974年)

横尾忠則を思わせるようなアートワークが特徴的な本作は、ほぼ前作を踏襲しつつ一段と楽曲の幅を広げています。ヘヴィな曲ももちろん健在ですが、ポップな曲はよりポップになった一方で、ダークな曲も印象に残るなど、バラエティにに富んだアルバムに仕上がっています。

全体的に高水準ですがヘヴィチューンは特に粒ぞろい。前作同様のアッパーな躍動感のあるT-02、BLUE CHEERなどを想起させる豪快なT-07、ドゥーミィとも表現できるT-10など聴きどころは満載。

近年ではベスト判やライヴでも取りこぼしされがちなので、アルバムとして押さえておいても損のない、初期ヘヴィロック時代の隠れた名盤と言えるでしょう。

メタル度:★★★☆☆|ヘヴィネス:★★★★☆|ポップネス:★★★☆☆
アッパー度:★☆☆☆☆|異 色 度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 通好み 実験作
Hotter Than Hell
ハードロック¥2,139キッス

Dressed to Kill|地獄への接吻

KISS_Dressed_to_Kill

オリジナルアルバム – 3作目 (1975年)

KISSの代表曲の中でも特に知名度の高いナンバー、T-10″Rock and Roll All Nite”の存在で知られるアルバム。
ポップ度が増してアップテンポの曲が中心となったアルバムで、本格的なヘヴィチューンはT-08程度で、全体的で見るとヘヴィネスはほどほどに抑えられています。

どの曲も及第点には達しており、目立った穴のない作品ですが、彼らにしては作風の幅が狭くフラットな仕上がりで、キラーチューンも上記のT-10程度でやや決め手に欠いた印象が残る、優等生的なハードロックアルバムです。

メタル度:★★★☆☆|ヘヴィネス:★★★☆☆|ポップネス:★★★★☆
アッパー度:★★★★☆|異 色 度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★★☆

スルメ盤
Dressed to Kill
ハードロック¥2,139キッス

Destroyer|デストロイヤー:地獄の軍団

KISS_Destroyer_a

オリジナルアルバム – 4作目 (1976年)

ショックロックの先輩アリス・クーパーとの仕事で知られる、ボブ・エズリンを迎えたアルバム。

KISSの代名詞といえるほどの知名度を誇るT-01″Detroit Rock City”と、メタルバンドからも度々カバーされるヘヴィなT-03″God of Thunder”という、歴史的な超名曲2曲を収録していることから、メタルクラシックのベストランキング常連になっているだけでなく、一般的にも全キャリアを通しての代表作とみなされています。

ただし、上記2曲のようなヘヴィチューンのつるべ打ちを期待すると肩透かし、基本的にはこれまで以上にポップネスを追求した産業ロック寄りの曲が中心となっています。
さらにはドラマティックなシンフォ調のT-04から、バラードのT-08までを取りそろえた過去最高にバラエテイ豊かな内容で、本気で売りにきた感はビンビンに伝わります。

しかし、そのわりには出来不出来の波がかなり激しく、特に蛇足的なバラードを含める後半は全く冴えが見られません。
それでも上記2曲のヘヴィチューンの圧倒的な存在感で、十分に元が取れるレベルにはある……のですが、本格的にKISSをコンプリートするつもりのないリスナーが、代表作だからと本作を手にするのであれば、むしろベスト盤かライヴ盤を選んだほうがいいかもしれません。

メタル度:★★★☆☆|ヘヴィネス:★★★☆☆|ポップネス:★★★★☆
アッパー度:★★★★☆|異 色 度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤

Rock and Roll Over|ロックンロール・オーヴァー:地獄のロックファイアー

KISS_Rock_and_Roll_Over

オリジナルアルバム – 5作目 (1976年)

比較的オーソドックスでアップテンポなハードロックが中心となっており、全体的なイメージとしては前々作『Dressed to Kill(3rd)』に近いものがあります。それをやや産業ロック的なポップ路線に寄せつつ、グレードを落としたたような印象です。

明確なアラはないものの、おおむね及第点ギリギリの無難な出来栄えで、全盛期ではありながらジャケットほどにはインパクトは残せていません。

ポップなハードチューンT-03は代表曲とされており、ライヴでもピックアップされますが、一聴しただけで響くような強烈な存在感はなく、前作の名曲を聴いた後だと色褪せてしまいます。
一般には、ロッド・スチュワートのために書かれたというメロウなT-09の方が知られているくらいですし、ハードな曲としてはむしろT-10の方が健闘しており、同傾向の平均的な曲が並ぶ中で頭ひとつ以上抜きん出ています。

メタル度:★★☆☆|ヘヴィネス:★★☆☆☆|ポップネス:★★★★☆
アッパー度:★★★☆☆|異 色 度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★☆☆

スルメ盤

Love Gun|ラヴ・ガン

KISS_Love_Gun

オリジナルアルバム – 6作目 (1977年)

代表作『Destroyer(4th)』に通じるコンセプトのジャケットが象徴するように、作風としてもその再現を狙ったような部分がイメージある作品。

ハード&ヘヴィな曲からポップチューンまで、幅広く多彩な楽曲が並んでいますが軒並み高水準。ボンヤリした印象の前作とは打って変わってどれも粒が立っており、ヘヴィなタイトルトラックT-06は、4thも名曲にも匹敵しうる出来栄えです。

十分にポップでキャッチーではあるものの、へヴィネスとポップネスのバランスが良い塩梅で、また、産業ロック的な狙いすぎたイヤらしさ上手く押さえ込めているのも大きなポイント。アルバムトータルとしての完成度で見るならば、4thをも上回ると言っても過言ではありません。

メタル度:★★★★☆|ヘヴィネス:★★★★☆|ポップネス:★★★★☆
アッパー度:★★★☆☆|異 色 度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★★★+

殿堂入り 代表作 入門盤
Love Gun
ハードロック¥1,528キッス

Dynasty|ダイナスティ:地獄からの脱出

KISS_Dynasty

オリジナルアルバム – 7作目 (1979年)

ディスコチューンのT-01で度肝を抜いた本作は、吹っ切れたほど完全なポップ路線に舵を切ったアルバム。
オールドファンからは否に傾いた賛否両論なのは予想に難くありませんが、一般的にはヒット作で人気も知名度も抜群というなかなかにアンビバレントな一枚です。

実際のところクオリティは極めて高く、ポール・スタンレーが本作のプロデューサーのヴィニ・ポンシアと、ヒットメイカーのデズモンド・チャイルドとの共作で生み出した上記のT-01は、異色曲ながらもまごうごとなきバンド史上に残る名曲で世界的なヒットとなっていますし、それ以外も高水準な曲が並ぶスキのない仕上がりです。

徹底してポップに振り切ってそれを追求したことで、逆に産業ロック特有の媚びたあざとい印象を回避することに成功しており、従来のヘヴィ/ハードロック路線と切り離すことができれば、高品質なポップアルバムとして楽しむことができます。

メタル度:★☆☆☆☆|ヘヴィネス:★☆☆☆☆|ポップネス:★★★★★
アッパー度:★★★★☆|異 色 度:★★★★★|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 実験作
Dynasty
ハードロック¥1,222キッス

Unmasked|アンマスクド:仮面の正体

KISS_Unmasked

オリジナルアルバム – 8作目 (1980年)

完全にポップ路線に振り切っているという点では前作同様ながら、前作と比較するとならそれ以前のロック路線に近いスタイル。

結果的に、単なる産業ロックテイストのハードポップポップとなっており、前作ほどのユニークさもなければ、オールタイムベスト級の傑出した曲も見当たらないため、いまひとつ聴きどころを欠いたアルバムとなっています。

本作でピーター・クリスが脱落。

メタル度:★★☆☆☆|ヘヴィネス:★☆☆☆☆|ポップネス:★☆☆☆☆
アッパー度:★★★☆☆|異 色 度:★★☆☆☆|総合評価:★★☆☆☆

お布施
Unmasked
ハードロック¥2,139キッス

Music from “The Elder”|ミュージック・フロム・ザ・エルダー:〜エルダー〜 魔界大決戦

KISS_Music_from_The_Elder

オリジナルアルバム – 9作目 (1981年)

クリスに続いてフレーリーも脱退して、シモンズとスタンレーのみなった本作は、一般にKISS史上最大の問題作とされる異色のアルバム。何が異色かというと、ひとことで言うならばいわゆる“プログレ”路線です。

とはいえ、あくまでもストーリー仕立てのコンンセプトアルバムというだけのことであって、それほど技巧や実験にはしっているわけでもなければ、エピックメタルのような演出過剰に陥っているわけでもありません。
また、大作長編志向に囚われているわけでもなく、楽曲は比較的幅が広くそれぞれがコンパクトにまとまっています。

問題があるとすれば、アルバムの核となる傑出したキラーチューンが無く、すべてが良くも悪くもないレベルにとどまっていることと、プログレ風のコンセプトアルバムという形式がKISSファンの嗜好にそぐわないことでしょう。

メタル度:★★☆☆☆|ヘヴィネス:★★☆☆☆|ポップネス:★★☆☆☆
アッパー度:★★☆☆☆|異 色 度:★★★★★|総合評価:★★★☆☆

賛否両論 通好み スルメ盤 実験作

Creatures of the Night|クリーチャー・オブ・ザ・ナイト:暗黒の神話

KISS_Creatures_of_the_Night

オリジナルアルバム – 10作目 (1982年)

前作から一転、ストレートなつくりのヘヴィ&ハードな曲が並んでおり、KISSのカタログ中でも最もヘヴィメタリックでストロングスタイルのアルバム。
本作から参加となる80年代メタルギターヒーローのひとり、ヴィニー・ヴィンセントもそこに貢献しています。

まだメタルのステレオタイプが完成していなかった70年代の、実験的なプロト-メタルサウンドとは異なり、当時ひとつの完成を見せたヘヴィメタルスタイルに則ったものとなっており、バラードもヘヴィなメタルバラードに仕上げられています。

独自性という点では既聴感が気になる曲もあり、KISSアルバムとしては賛否両論も致し方ないところですが、キラーリフが詰まった一級品のメタルアルバムであることは確か。
彼らを子供向けのコミックバンドと侮っているリメタラーが聴くと、卒倒することになるかもしれません。

リフがインパクト抜群のT-06は、プロレスラーの殺人魚雷コンビ(テリー・ゴディ&スティーヴ・ウィリアムス)が入場曲として知られています。

メタル度:★★★★★|ヘヴィネス:★★★★★|ポップネス:★★★☆☆
アッパー度:★★★☆☆|異 色 度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★+

殿堂入り 入門盤 賛否両論 実験作

Lick It Up|リック・イット・アップ:地獄の回想

KISS_Lick_It_Up_b

オリジナルアルバム – 11作目 (1983年)

トレードマークのメイクと衣装を封印した、80年代ノーメイク時代の第一弾となるアルバム。
ジャケットでも素顔をさらすという話題性でセールスが上向いたと公言されており、マーケティングの巧さが取りざたされますが、中身は前作に続いて高品質なヘヴィメタルアルバムです。

引き続きヴィニー・ヴィンセントの参加しており、ストロングスタイルのヘヴィメタルながら、よりオーソドックスなスタイルへとマイナーチェンジして作風も前作よりも多彩になりました。

T-05のようなスピードメタルも聴かせると同時に、ポップネスも大きく強化されており、後のグラムメタルほどにはノーテンキな軽薄さは感じさせないものの、前作の重厚なヘヴィネスを評価する向きには好みが分かれるとことでしょう。

T-01では、ジョニー&エドガーのウィンター兄弟との活動で知られる、ブルーズロックギタリストのリック・デリンジャーもゲストとして色を添えています。

メタル度:★★★★★|ヘヴィネス:★★★★★|ポップネス:★★★★☆
アッパー度:★★★★☆|異 色 度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

代表作 入門盤 賛否両論
Lick It Up
ハードロック¥1,935キッス

Animalize|アニマライズ

KISS_Animalize

オリジナルアルバム – 12作目 (1983年)

ヴィンセントに代わって、スポット参加となるマーク・セント・ジョンをギターに迎えた本作も、引き続きアメリカン・ヘヴィメタル路線。
ただし、ここではT-01やT-06のような比較的ストロングスタイルのメタルチューンも聴けるものの、グラムメタル系のポップメタルナンバーが大半を占めるようになっています。

もっとも、これはKISSの特性を考えれば、起こるべくして起こった前の変化であって、あたり前のようにに想定しうることなので特に意外性はありません。

凡百のグラムメタルに比較すれば、クオリティも数段上回っていますし、事実ヒットアルバムにもなっていますが、好みが分かれるのは間違い無く、評価が二分されるのもやむなしと言えます。

メタル度:★★★☆☆|ヘヴィネス:★★★☆☆|ポップネス:★★★★★
アッパー度:★★★★☆|異 色 度:★★☆☆☆|総合評価:★★★☆☆

代表作 入門盤 賛否両論
Animalize
ハードロック¥917キッス

Asylum|アサイラム

KISS_Asylum

オリジナルアルバム – 13作目 (1985年)

前作でサポート参加していた職人ブルース・キューリックを、あらたに正式なギタリストとして迎えたアルバムで、キューリックはここからリユニオンまで固定メンバーとして在籍することになります。

作風は前作同様で、グラムメタル系のポップチューンの合間に、比較的オーソドックスなメタルナンバーが数曲配置されたスタイルです。

前作よりもアグレッシヴ曲や印象的な曲が目立つこともあり、メタラーにとっては前作よりもなじみやすいかもしれません。

メタル度:★★★★☆|ヘヴィネス:★★★☆☆|ポップネス:★★★★★
アッパー度:★★★★☆|異 色 度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

入門盤 賛否両論
Asylum
ハードロック¥2,139キッス

Crazy Nights|クレイジー・ナイト

KISS_Crazy_Nights

オリジナルアルバム – 14作目 (1987年)

前作から、さらにグラムメタルの主流サウンドに接近して、キラキラ系の産業ロック/AOR系のポップチューンで締められたアルバム。

ヘヴィメタル/ハードロックとしてのヘヴィミュージック的カタルシスは皆無に近く、唯一気を吐いているのはファストロックンロールのT-04くらいですが、これもグラムメタル的なアレンジでアグレッシヴな魅力を活かし損なっています。

メタル度:★★☆☆☆|ヘヴィネス:★★☆☆☆|ポップネス:★★★★★
アッパー度:★★☆☆☆|異 色 度:★★☆☆☆|総合評価:★★☆☆☆

賛否両論 お布施
Crazy Nights
ハードロック¥1,222キッス

Hot in the Shade|ホット・イン・ザ・シェイド

KISS_Hot_in_the_Shade

オリジナルアルバム – 15作目 (1989年)

Hot In the Shade
ハードロック¥2,139キッス

Revenge|リヴェンジ

KISS_Revenge

オリジナルアルバム – 16作目 (1992年)

Revenge
ハードロック¥1,528キッス

Carnival of Souls: The Final Sessions|カーニバル・オブ・ソウルズ:ザ・ファイナル・セッション

KISS_Carnival_of_Souls_The_Final_Sessions

オリジナルアルバム – 17作目 (1997年)

Psycho Circus|サイコ・サーカス

KISS_Psycho_Circus

オリジナルアルバム – 18作目 (1998年)

「”Psycho」リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

Monster|モンスター:地獄の獣神

KISS_Monster

オリジナルアルバム – 20作目 (2012年)

Translate »