★ MERAUDER(マローダー)ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|ニューヨークのストリートシーンが生んだストロングスタイルの激烈メタリックハードコア!!…必聴アルバムは?

MERAUDER_Logo ◆ M, N

グルーヴコアとNSHCのはざまに位置するヘヴィメタリックなサウンドで、メタルコア黎明期の90年代NYハードコアシーンを彩ったストロングなグルーヴィー・クロスオーバー!!

MERAUDER(マローダー)は、アメリカンハードコアのメッカのひとつであるニューヨークを拠点とする、チカーノ系メタリックハードコアバンド。

ニュースクール・ハードコアの新世代!!

90年代の半ばのニューヨークのハードコアシーンでも勢力を伸ばしつつあり、現在まで続くメタルコアの原点でシーン丸ごとその母体となったNSHC(ニュースクール・ハードコア)シーンから登場したグループ。
このNSHCは80年代のクロスオーバースラッシュとPANTERA, BIOHAZARDら90年代型のヘヴィグルーヴをベースに、デスメタルやドゥーム/スラッジなどもミックス。さらにメタリックな質感を強化し、叙情的なギターソロの導入で大きくヘヴィメタルに接近した、90年代版のクロスオーバースラッシュというべきジャンル。

グルーヴコアとメタルコアの間に!!

MERAUDERは一般的にメタルコア/メタリックハードコアとして語られていますが、その立ち位置はむしろBIOHAZARDらグルーヴコアの第二世代にあたります。
デビューの時期的にも、グルーヴメタル/グルーヴコアの全盛期と重なるNSHCの初期グループと、ニューメタルや北欧メロデス/デスラッシュからの影響が強いメタルコアムーヴメント世代の間に位置する存在です。

そのため、初期はハードコア系のリスナーやハードコアをも守備範囲とする一部のメタルリスナーに支持されるにとどまっていましたが、のちにヘヴィメタル界隈でもこういったスタイルの認知度が高まったことや、バンド自身もよりヘヴィメタル様式の強い音楽性にシフトしていったことで、ヘヴィメタルクラスタにも知られるようになります。

NYストロングスタイルの伝統を受け継ぐ!!

MERAUDERの音楽性も御多分に洩れずかなりヘヴィメアメタリックなものでしたが、ドゥーム/スラッジばりのスロー&ダウナーなサウンドや、デスメタルに接近したブルタリティを主張するバンドが目立ったNSHCシーンの中で、スラッシュメタルなどを取り入れてメタル要素を強めつつも、BIOHAZARDの直接的な影響下にあるストロングスタイルのニューヨークグルーヴコアを展開していました。

寡作ながら息の長い活動!!

MERAUDERは比較的メンバーの出入りの激しいバンドで、度重なるメンバチェンジを経て現在ではオリジナルメンバーはフロントマンのホルヘ・ロサドのみとなっています。
また、寡作でキャリアのわりに作品リリースは少なく、2009年以来アルバムリリースも行っておらず現在はライヴ活動が中心となっているものの、結成以来明確な解散宣言や長期のブランンクを挟むことなく活動を続けています。

MERAUDER|DISCOGRAPHY

Master Killer|マスター・キラー

MERAUDER_Master_Killer

オリジナルアルバム – 1作目 (1995年)

NSHCがひとつのムーヴメントとして単なるアンダーグラウンドの域を脱しつつあった時期に、メタル専門レーベルとしては大手の“センチュリー・メディア”からリリーされたデビューアルバム。 そのことからもヘヴィメタルに近い立ち位置だったことがわかります。

作風のベースとなるのは、NSHCやメタルコアよりはBIOHAZARDらのニューヨークグルーヴコアに近いスタイルですが、それらの特徴ともいえるラップヴォーカルや、ファンキーなヘヴイグルーヴなどのミクスチャー要素はいくぶん抑え目。その分スラッシーなリフワークやギターソロなどの、ヘヴィメタルテイストが強まっています。

ただし、腐ってもハードコアバンドということで作風に直球一本やりの傾向があり、曲のテンポ自体はいくらか多様性が見られるものの、ハードコアファン以外にはやや一本調子で変化に乏しくに感じられる面は否めません。
それでも、数曲とはいえフックの効いたアンセム級の代表曲が収録されており、荒さはあるものの曲のクオリティ/インパクトともに全カタログ中でも頭ひとつ飛び抜けています。

メタル度:★★★★☆|ハーコー度:★★★★☆|グルーヴ度:★★★☆☆
ニュースク度:★★★☆☆|メロギタ度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤

Five Deadly Venoms|ファイヴ・デッドリィ・ヴェノムス

MERAUDER_Fiv_ Deadly_Venoms

オリジナルアルバム – 2作目 (1999年)

スロー〜ミドル〜ファストを織り交ぜた基本的なスタイルには変化はありませんが、よりヘヴィメタル寄りの作風となって整合感もアップ。ラップヴォーカルなどのミクスチャーテイストはさらに薄まり、叙情的なギターソロも光っているため、メタラーにも聞きやすいサウンドに仕上がっています。

その反面、全体的にフックが弱まってており、前作ほどの際立った曲は見られないという看過できない欠点があるため、総合的には前作から一枚落ちる印象は否めません。

メタル度:★★★★★|ハーコー度:★★★☆☆|グルーヴ度:★★★☆☆
ニュースク度:★★★☆☆|メロギタ度:★★★☆☆|総合評価:★★★☆☆

代表作 入門盤 スルメ盤

Bluetality|ブルタリティ

MERAUDER_Bluetality

オリジナルアルバム – 3作目 (2002年)

メタル度高めのサウンドに変わりはないものの、ギターソロも含めて前作に見られたベタベタなメタル様式はかなり抑えられて、全体的にハードコアテイスト強め曲調が中心。1st時代に時代に戻ったような印象も受けます。

また、ヴォーカルの表現力が向上しており、デスメタリックなスタイルもこなすなど幅が広がっているのもポイントです。1stには及ばないものの、前作よりはアベレージが上がって聴きごたえはなかなかのものです。

メタル度:★★★★★|ハーコー度:★★★★☆|グルーヴ度:★★★☆☆
ニュースク度:★★★☆☆|メロギタ度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

入門盤 賛否両論

Master Killers: A Complete Anthology|マスター・キラーズ:アコンプリート・アンソロジィ

MERAUDER_Master_Killers_A_Complete_Anthology

コンピレーションアルバム (2007年)

God Is I|ゴッド・イズ・アイ

MERAUDER_God_Is_I

オリジナルアルバム – 4作目 (2009年)

再びメタル度がアップしたアルバムで、今回は特にPANTERAを思わせるようなグルーヴメタルテイストが強まっています。
また、これまでになくヘヴィネスが強調されたサウンドとなっており、過去作ではぬぐい去れなかったハードコア的な音の軽さを理由に敬遠していたリスナーも納得の仕上りです。

代表作の“Master Killer(1st)”には及ばないものの完成度は上々で、当時のモダンメタルコアに全く見劣りしない渾身のアルバムと言っていいでしょう。

メタル度:★★★★★|ハーコー度:★★★☆☆|グルーヴ度:★★★★☆
ニュースク度:★★☆☆☆|メロギタ度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

入門盤 実験作
Translate »