★ OPETH(オーパス)ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|次世代プログレ・メタルとして世界的な成功を収めたスウェーデンの耽美派デスメタル!!…必聴アルバムは?

OPETH_LOGO ◆ O, P, Q, R

OPETH|オーパス|DISCOGRAPHY

Orchid|オーキッド

OPETH_Orchid

オリジナル・アルバム – 1作目 (1995年)

以前は好事家のみに愛でられていた、メロデスとゴシックメタルという耽美派/叙情派デスメタルの二大ジャンルのシーンが徐々に拡大し、じわじわと一般層にまで浸透して認知度を高めていった時期にリリースされたデビュー作。

それら異端デスメタル界隈ではちょっとしたブランドにもなっていた、「アングラの巨匠ダン・スウォノ」プロデュース作ということもあって、輸入盤店でもプッシュされ、リスナー/メディアの注目度も比較的高い作品でした。

大作プログレ志向のスタイルは、この頃からブレイク後まで変化はなく、収録色は、全7曲中インタールード的なインスト2曲を除くと、3曲が13分超で残り2曲も10分前後、と、全キャリア中でも楽曲の長尺度合いはトップに近いものです。

スウェディッシュ耽美デスの王道とも言える、メロデスとゴシックメタルの双方の特徴を併せ持ったサウンドと長尺プログレ趣味に加え、ダン・スウォノのプロデュースというと、どうしても同郷の〈KATATONIA〉が思い浮かびますが、OPETHは方向性がやや異なり、よりメロデスとプログレメタルに比重が置かれています。

プログレ要素については、変態的な技巧性や先鋭的な実験性といったものは希薄で、大仰なドラマ性と複雑に凝った展開を押し出したスタイル。
当時の「スウォノ」関連のプログレデスの中では、変態度や実験性は比較的薄めで、オーソドックスなプログレメタルに近くメタル様式美が強く、その点では、プログレメタルやメタル一般のリスナーの覚えがめでたく、一歩抜きんでることができなのも納得です。

ブレイク後のファンからは、注目度が高いとは言えないアルバムですが、まだ複数のメンバーが作曲を手がけており、メソッドが固まっていない時期ならではの試行錯誤が見えることもあってか、これ以降のミカエル・アケルフェルト主導でルーチン化が進んだ作品と比較すると、多少なりとも面白味を感じることができます。

デスメタ度:★★★★☆|ゴシック度:★★★☆☆|プログレ度:★★★☆☆
オルタナ度:★☆☆☆☆|レトロ度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 スルメ盤 実験作

Morningrise|モーニング・ライズ

OPETH_Morningrise

オリジナル・アルバム – 2作目 (1996年)

ダン・スウォノの手によってプロデュースされた最後のアルバムとなった本作は、1年遅れがらも日本デビュー作でもあり、強気の価格設定で悪名高いプログレ系インディーレーベル、「マーキー」傘下の「アヴァロン」からリリースされていました。

デビュー作での長尺プログレ路線はそのままに、ゴシカルな耽美志向とサウンドのソフト化を推し進めており、ドゥームデス・ベースの初期ゴシックメタルを基調としながらも、アコースティックでオーガニックな要素を強めたマイルドな耽美デス作品となっています。

正直なところ、ゴシックメタル界隈では、この当時においても既に散々やり尽くされたアプローチで、新鮮味などは微塵も無く、明確な差別化や独自性の確立に成功しているとは言えません。
しかし、よりラジカルなアプローチに移行したゴシックメタル先人たちのとは逆に、非常に無難で保守的なメタル/ロック様式の枠にとどまっていたことが、結果的に後年ファンの裾野を広げる結果につながったとも考えられます。

ただし、ひとつの音楽作品としてみるならば、強化されたテクニカルなパートをはじめ、部分的にはフレーズやリスワークなどが耳を引く部分も見られるものの、長尺曲を構成する能力/センスが圧倒的に欠けているという、OPETHが逃れられない欠点についてはこの頃から変わりありません。

デスメタ度:★★☆☆☆|ゴシック度:★★★★★|プログレ度:★★★★☆
オルタナ度:★★☆☆☆|レトロ度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★☆☆
入門盤 賛否両論 スルメ盤

My Arms, Your Hearse|マイ・アームス、ユア・ハース

OPETH_My_Arms_Your_Hearse

オリジナル・アルバム – 3作目 (1998年)

Still Life|スティル・ライフ

OPETH_Still_Life

オリジナル・アルバム – 4作目 (1999年)

Blackwater Park|ブラックウォーター・パーク

OPETH_Blackwater_Park

オリジナル・アルバム – 5作目 (2001年)

OPETH躍進の契機となった、“00年代スティーヴ・ウィルソン3部作”の第1弾。

本作から続く3作品は、 90年代以降のモダンプログレ界隈の顔役スティーヴン・ウィルソンが、プロデュースから演奏/ヴォーカルまで、ほぼ影のメンバー状態で全面的にバックアップしています。

その影響からか、この時期はニューウェイヴやオルタナティヴロック、〈RADIOHEAD〉系のポストロックなどの影響も反映させるなど、従来作品よりもバックグラウンドの多様性が感じられますが、第1弾の本作ではまだ控えめで、従来のサウンドと大きな差は見れられせん。

演奏技術の面だけを見れば特に文句無しで、この手のサウンドに必要十分のレベルにあり、また、オーカーフェルトのヴォーカルも表現の幅を広げており、なかなか堂に入っています。

しかし、明らかにセンスが無いにも関わらず、OPETOPETH=ミカエル・オーカーフェルトが執拗に固執する長尺プログレ路線の品質向上と独自性の確立には、残念ながら不十分ですし、ウィルソンのサポート力もまだ十分に発揮できていません。

とはいえ、本作を含む“ウィルソン3部作”は、構成要素や曲調の幅が広がった分だけ、以前よりは飽きずに聴き通し易い仕上がりと言えるでしょう。

デスメタ度:★★☆☆☆|ゴシック度:★★★★★|プログレ度:★★★☆☆
オルタナ度:★★★☆☆|レトロ度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤 スルメ盤

Deliverance|デリヴァランス

OPETH_Deliverance

オリジナル・アルバム – 6作目 (2002年)

“00年代スティーヴ・ウィルソン3部作”の第2弾。

ややメタル/デスメタル色が強目という以外や作風に大きな変化は無く、曲が長尺であることの必要性が薄く構成力センスも弱いため、尺を持て余し気味…という点でもこれまでと同様。

しかし、T-01などは例外的に佳曲と呼べる出来栄えですし、耳を引く冴えたパートが比較的多く、各所でテクニカルな小技も効果を発揮しているため、あまりダレずにストレス無く聴き通せるという意味では、メタル色の強いアルバムに限るならばベストの出来栄えと言えるかもしれません。

デスメタ度:★★★☆☆|ゴシック度:★★★★☆|プログレ度:★★★☆☆
オルタナ度:★★☆☆☆|レトロ度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤 スルメ盤

Damnation|ダムネイション

OPETH_Damnation

オリジナル・アルバム – 7作目 (2003年)

“00年代スティーヴ・ウィルソン3部作”の第3弾。

前作から一転して、メタル色は希薄でデスヴォイスも封印したソフトな作風となり、ややサイケデリックな空気も漂わせたサウンドに。
楽曲の雰囲気は、スティーヴ・ウィルソンの〈PORCUPINE TREE〉やダン・スウォノのソロプロジェクト〈NIGHTINGALE〉なども想起させます。

オーカーフェルトのクリーン・ヴォーカルもいくぶん表現の幅を広げており、スタイルが近いことも相まって、時にはそのダン・スウォノのようにも聴こえます。

ややフラットな仕上がりで多様性や変化に乏しい面はありますが、楽曲は比較的高水準にまとまっており、アトモスフィア頼りではありながらそれほどダレません。
その中でも特筆すべきはT-01で、これは90年代USモダンプログレの第一人者〈TOOL〉を思わせる、トリッキーな変速リズムを生かしたテクニカルなナンバーですが、本作中では異色曲ながらも出色の出来栄えを見せています。

デスメタ度:★☆☆☆☆|ゴシック度:★★★★☆|プログレ度:★★★★★
オルタナ度:★★★☆☆|レトロ度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 スルメ盤 実験作

Ghost Reveries|ゴースト・レヴァリーズ

OPETH_Ghost_Reveries

オリジナル・アルバム – 8作目 (2005年)

Watershed|ウォーターシェッド

OPETH_Watershed

オリジナル・アルバム – 9作目 (2008年)

Heritage|ヘリテイジ

OPETH_Watershed

オリジナル・アルバム – 10作目 (2011年)

60〜70年代のハードロックやプログレッシヴロックから、音楽性を取り入れるのみならず、雰囲気や音づくりに至るまで意図的に模倣した、いわゆる“ヴィンテージ系”のレトロなサウンドへと本格的にシフトした最初のアルバム。

また、本作からは楽曲の無駄な長尺傾向も改善され、ヘヴィメタルの水準としては十分長めとはいえ、5分を切る曲も目立つようになりました。
OPETH=オーカーフェルトの資質を考えれば、これは間違いなく妥当な判断で、実際にこれ以降の作品では、個々の楽曲のクオリティは確実な向上を見せたと言えるでしょう。

ここでは前作の延長上と呼べそうな曲もありますが、フォンランドの〈KINGSTON WALL〉を思わせるオリエンタルなT-02や、〈DEEP PURPLE〉そのもののインスパイア曲T-04など、メロトロン風キーボードをフィーチャーしたレトロなナンバーが強烈な印象を残します。

しかし、この方向性の変化により、ヘヴィでエッジのあるデスメタル要素の堅持にこだわる古参ファンはもちろん、ゴシカルな美意識とアトモスフィアに満ちたスタイリッシュ・プログレに魅了されたリスナーまでも敵に回す結果に。
直近でデスメタル/メタル要素を強めていた反動もあってか、大方の予想どおり批判も吹き上がりました。

とはいえ評価は賛否両論であり、一方ではおの変化を好ましいものと捉えるリスナーも少なくはなく、事実チャート面では後退するどころが、多くの地域では勢いを増してさえいます。

デスメタ度:★★☆☆☆|ゴシック度:★★★☆☆|プログレ度:★★★★☆
オルタナ度:★★☆☆☆|レトロ度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤 賛否両論 実験作

Pale Communion|ペイル・コミュニオン

OPETH_Pale_Communion

オリジナル・アルバム – 11作目 (2014年)

UKプログレ・レジェンド〈ELP(Emerson, Lake & Palmer)〉のアルバム、『展覧会の絵(Pictures at an Exhibition)』のジャケットを模したとおぼしきアートワークが印象的な、ヴィンテージプログレ第二弾。

後にミカエル・オーカーフェルト共にプロジェクト〈STORM CORROSION〉を結成し、2012年にアルバムもリリースしていたスティーヴン・ウィルソンが、ミキシングとバッキング・ヴォーカルのみながら再び参加。
ウィルソンがオーカーフェルトの何をそれほど買っているのかは依然として謎ですが、本作はウィルソンのネームバリューも後押ししてか、ヴィインテージ路線では比較的人気の高いアルバムとなっています。

前作よりもさらにトラディショナル・プログレ意識したレトロなサウンドとなっており、前後の作品と比較するとやや長尺傾向にあります。
個々の楽曲を見ると、T-01,T-02などはそれなりのフックを持った佳曲もあり、全体的に安定感もあって明確な穴は目立ちませんが、キラーチューンや強烈な印象を残す曲は存在せず、全体的に雰囲気先行で表情にも乏しいため、アルバムとしては平坦な仕上がりですが、好意的に目には上品と映るかもしれません。

デスメタ度:★☆☆☆☆|ゴシック度:★★★☆☆|プログレ度:★★★★★
オルタナ度:★☆☆☆☆|レトロ度:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤 賛否両論 スルメ盤

Sorceress|ソーサレス

OPETH_Sorceress

オリジナル・アルバム – 12作目 (2016年)

ヴィンテージプログレ第三弾の本作は、ヴィンテージ路線突入後ならば暫定トップで、OPETHの全カタログ中でも上位争い間違いなしの出来栄えとなりました。

全体的には、ヴィンテージ路線で多様性を増した前々作、『Heritage(11th)』のスタイルを押し進めた作風という印象で、ソフト&マイルド一辺倒な前作とは打って変わって、ヘヴィネスとメタリックな質感さえも取り戻したており、それらを織り交ぜたことでさらに曲調が多彩で表情豊かなもものとなっています。

個々の楽曲を見ても、珍しく無駄なく練られた展開とキャッチーでフッキーなサウンドを実現しており、OPETH基準では名曲と呼び得るの曲が目白押しで、彼らの過去作を聴いてきたリスナーならば「何があった?」と唖然とするほどの、奇跡とさえ思える出来栄えです。

デスメタ度:★★★☆☆|ゴシック度:★★★☆☆|プログレ度:★★★★★
オルタナ度:★★☆☆☆|レトロ度:★★★★☆|総合評価:★★★★★+

殿堂入り 入門盤 賛否両論 実験作

In Cauda Venenum |イン・カウダ・ヴェネノム

OPETH_In_Cauda_Venenum

オリジナル・アルバム – 13作目 (2019年)

Translate »