★ RAGE(レイジ)ディスコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|ジャーマン・メロディック・パワーメタルシーン最強の超個性派グループ!……必聴のオススメアルバムは?

Ragen_logo ◆ O, P, Q, R

Contents

ストレンジなメロディーセンスで類型的なジャーマンメタルの枠を超えた、オンリーワンの個性派メロディック・パワーメタルサウンドと、同期バンド中で最多作品数を誇るハードワーカーぶりで異彩を放つドイツの重鎮!

RAGE(レイジ)は、ベース&ヴォーカルのピーヴィー・ワグナー率いる、ドイツのパワーメタルバンド。80年代のジャーマンパワーメタルムーヴメントの中で頭角を現し、現在ではシーンの顔役的ポジションに上りつめています。

個性的なセンスで独自のポジションを確立!

RAGEいわゆるメロパワ(メロデッィック・パワーメタル)/メロスピ(メロデッィック・スピードメタル)の原点である、ジャーマンパワーメタルの中でも、特に突出してオリジナリティの高いサウンドを持つことで知られているグループです。

デビュー当初はスラッシュメタルに近いアグレッシヴなサウンドを聴かせていましたが、次第に彼らの持ち味であるヘヴィメタルの定型におさまらない独創的な曲展開とメロディを押し出すスタイルへと移行して、ベタなメロディックパワーメタルに飽き足らない通好みなリスナーに支持されます。

メンバーチェンジによる迷走期に突入!

その後全盛期を支えた主要メンバーの脱退もあって、ヘヴィなダークパワーメタル路線やシンフォニック路線など実験的な試みを経て、類型的とも言えるオーソドックスなメロディックパワーメタルにテクニカルなギターをフィーチャーしたスタイルに収まり、オールドファンからは賛否両論を集めます。
しかし、結果的にはそれが彼らのクセの強いサウンドに拒否感を持っていた一般メタラーには好評となり、怪我の功名とはいえリスナー層を拡大することとなります。

試行錯誤の行き着く果ては原点回帰?

しかし、音楽性の変更を続けた結果たどり着いたオーソドックスなパワーメタルが、より幅広いリスナーに受け入れられた反面、それまでのRAGEならでは持ち味や独自性が全く感じられないサウンドとなったことから、全盛期の個性的サウンドを知るリスナーからは距離を置かれることとなります。
近年では初期メンバーによる別ユニットREFUGEを経て、RAGE本体でも初期のサウンドに立ち返るなど、RAGEが最も光り輝いていた時期の彼ら本来のサウンドに回帰しようという動きも見せています。

RAGE|DISCOGRAPHY

Reign of Fear|レイン・オブ・フィアー

RAGE_Reign_of_Fear

オリジナルアルバム – 1作目 (1986年)

AVENGERから改名したこのデビュー作は、限りなくスラッシュメタルに近い疾走感とアグレッションを持った楽曲も多く、当時はときおりスラッシュメタルとしても扱われてていました。
RAGE特有のメロディセンスが反映された曲もありますが、黄金期以降のイメージを期待するとやや肩透かし気味かもしれません。とはいえ、名曲T-08をはじめとして充実度は高く熱量に満ちた快作です。

ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★★★☆|メロディ:★★☆☆☆
独自性:★★★★☆|マニア度:★★★★☆|総合評価:★★★★☆
殿堂入り 通好み スルメ盤 実験作

Execution Guaranteed|エクスキューション・ギャランティード

RAGE_Execution_Guaranteed

オリジナルアルバム – 2作目 (1987年)

前作と比較すると楽曲の幅が大きく広がりましたが、全体的に練り込みは甘く散漫な印象もあることから発展途上感が漂っており、過渡期の1枚という結論に落ち着くしかありません。
しかし黄金時代の萌芽も端々に感じられますし、何より前作に匹敵するほどスラッシーでスピーディーな名曲T-01存在は見逃せません。

ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★★☆☆|メロディ:★★☆☆☆
独自性:★★★★☆|マニア度:★★★★☆|総合評価:★★★☆☆
賛否両論 通好み スルメ盤 実験作

Perfect Man|パーフェクト・マン

RAGE_Perfect_Man

オリジナルアルバム – 3作目 (1988年)

変則的で個性的なメロディにやや素っ頓狂なヴォーカルが乗る、RAGE流のパワーメタルスタイルひとつのが完成を見せており、最初のターニングポイントとなったアルバムです。
バンド史上でも屈指の名曲T-07の存在にとどまらず、全体的な完成度/充実度でもRAGEのキャリア中かなり高い位置につけており、オールドファンからの人気も高い最初期の代表作。

ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★★★★|メロディ:★★★☆☆
独自性:★★★★☆|マニア度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆
代表作 入門盤 通好み 実験作

Secrets in a Weird World|シークレット・イン・ア・ウィアード・ワールド

RAGE_Secrets_in_a_Weird_World

オリジナルアルバム – 4作目 (1989年)

“Perfect Man”や“The Missing Link”などの代表作に比べるとやや影の薄い作品ですが、RAGE特有のツイストの効いたストレンジなメロディセンスが極まっていおり、さらに全作品でも一二を争う楽曲の充実度を誇る隠れた名盤。
全キャリアを見渡しても音楽性が多様化が著しく、クセの強い楽曲が並ぶものの、散漫にはならずその全てが高いレベル結実していますし、名曲ランキング上位のT-06の存在があるのみならず、それに比肩しうるレベルの楽曲が目白押し。全カタログ中で唯一ジャケットがメンバーショットなのも伊達ではありません。

ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★★☆☆|メロディ:★★★★★
独自性:★★★★★|マニア度:★★★★☆|総合評価:★★★★★
殿堂入り 代表作 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作

Reflections of a Shadow|リフレクション・オブ・ア・シャドウ

RAGE_Reflections_of_a_Shadow

オリジナルアルバム – 5作目 (1990年)

ヘヴィネス&グルーヴ全盛時代を迎えつつある時期で、スラッシュ系を含めたメタルバンドもそこへ舵を切っていた状況が反映されてか、ヘヴィなミドルテンポ中心の作風となっています。
数少ない疾走曲はなんとか水準には達しているものの、ミッドテンポは鈍重なだけで新しい魅力を開拓するには至っていません。なにより、過去には1枚に1曲は必ずあったアンセム級の曲が見当たらないのが痛恨です。
聴き手によっては、要聴き込みの遅効性アルバム…いわゆる“スルメ盤”として機能する可能性もゼロではありませんが、ゼロでないだけでその確率は極めて低いと思われます。

ヘヴィネス:★★★★☆|スピード:★☆☆☆☆|メロディ:★★☆☆☆
独自性:★★★☆☆|マニア度:★★★★☆|総合評価:★★☆☆☆
賛否両論 通好み スルメ盤 実験作

Trapped!|トラップド!

RAGE_Trapped!

オリジナルアルバム – 6作目 (1992年)

オリジナルアルバム – 6作目 (1992年)
再び疾走曲を中心とした王道ともいえるRAGEサウンドに回帰したアルバムで、名曲T-02をはじめとして充実度の高い1作。ベストに挙げるリスナー多いアルバムですが、それも納得の脂の乗り切った全盛期の名盤です。

ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★★★☆|メロディ:★★★★☆
独自性:★★★★☆|マニア度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆
代表作 入門盤 通好み スルメ盤 実験作

The Missing Link|ザ・ミッシング・リンク

RAGE_The_Missing_Link

オリジナルアルバム – 7作目 (1993年)

RAGEのキャリアのピークにあたる作品で、本作を持って通好みバンドから一般リスナーも知るジャーマンパワーメタルの代表格になりました。前作に続いて、名曲T-03を中心に高品質な曲が並んでおり、本作もまたそのポジションに恥じない充実の名盤です。

ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★★★☆|メロディ:★★★★★
独自性:★★★★★|マニア度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★
殿堂入り 代表作 入門盤 通好み

10 Years in Rage: The Anniversary Album|10イヤー・イン・レイジ:ジ・アニバーサリー・アルバム

RAGE_10_Years_in_Rage

オリジナルアルバム – 8作目 (1994年)

10周年記念アルバムですが、特別な内容の企画盤というわけではなく、いつもと変わらぬフルレンジのスタジオフルアルバムです。その適当すぎるタイトルのおかげで微妙な立ち位置に追いやられ、スルーされがちですが、前作には及ばないものの水準以上の佳曲が並んだ良作です。

ヘヴィネス:★★★★☆|スピード:★★★★☆|メロディ:★★★☆☆
独自性:★★★☆☆|マニア度:★★★★★|総合評価:★★★☆☆
賛否両論 通好み 実験作 お布施

Black in Mind|ブラック・イン・マインド

RAGE_Black_in_Mind

オリジナルアルバム – 9作目 (1995年)

マンニ・シュミット(Gt.)脱退を機にツインギターの4人編成へとなったアルバム。ゴシックメタルテイストを取り入れたダークでヘヴィな作風となっており、いわゆるダークメタルの先駆け的なサウンドも聴かせるなど、新機軸を導入した意欲作ですが、楽曲の充実ぶりはカタログ中でもトップクラスです。

ヘヴィネス:★★★★★|スピード:★★★☆☆|メロディ:★★★★☆
独自性:★★★★☆|マニア度:★★★★☆|総合評価:★★★★★
殿堂入り 代表作 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作

Lingua Mortis|リングア・モーティス

RAGE_Lingua_Mortis

セルフカバーアルバム (1996年)

オーケストラとの共演によるセルフカバーアルバム。“Black in Mind(9th)”の曲を中心的に取り上げていますが、アレンジは極めて凡庸で、原曲の良さだけで持っている印象です。

ヘヴィネス:★☆☆☆☆|スピード:★★☆☆☆|メロディ:★★☆☆☆
独自性:★★☆☆☆|マニア度:★★★★★|総合評価:★★☆☆☆
賛否両論 実験作 お布施

End of All Days|エンド・オブ・オール・デイズ

RAGE_End_of_All_Days

オリジナルアルバム – 10作目 (1996年)

前作で見せたダークメタル的なエッセンスも残っていますが、メロディックパワーメタル主体の通常運転に戻っています。この時点では、RAGEらしい独創的なメロディも完全には失われておらず、全盛期から続く高いクオリティを保ったなアルバムでに仕上がっています。

ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★★★☆|メロディ:★★★★☆
独自性:★★★☆☆|マニア度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆
入門盤 賛否両論 実験作

XIII|サーティーン

RAGE_XIII

オリジナルアルバム – 11作目 (1998年)

再びある種のゴシックメタル風味を漂わせたスタイルとなりましたが、“Black in Mind|(9th)”で見せたヘヴィなサウンドではなく、当時勢いを増していたゴシック系シンフォニックメタルに近いな作風。残念あがら、前作のような秀逸な楽曲も、彼ら本来のユニークな音楽性も見られない凡庸な仕上がりです。

ヘヴィネス:★★☆☆☆|スピード:★★★☆☆|メロディ:★★★☆☆
独自性:★★★☆☆|マニア度:★★★★☆|総合評価:★★★☆☆
賛否両論 実験作 お布施

Ghosts|ゴースツ

RAGE_Ghosts

オリジナルアルバム – 12作目 (1999年)

やはりゴシック的なダークネスを意識した作風で、前作よりはヘヴィな作風に回帰していますが、シンフォニックメタル寄りの作風との音づくりは踏襲されています。残念ながらこれはRAGEの持ち味にもピーヴィーの資質にも全くマッチしておらず、シンフォサウンドとの相乗効果も見られません。

ヘヴィネス:★★☆☆☆|スピード:★★☆☆☆|メロディ:★★★☆☆
独自性:★★★☆☆|マニア度:★★★★☆|総合評価:★★★☆☆
賛否両論 通好み スルメ盤 実験作

Welcome to the Other Side|ウェルカム・トゥ・ジ・アザー・サイド

RAGE_Welcome_to_the_Other_Side

オリジナルアルバム – 13作目 (2001年)

ヘヴィネス:★★☆☆☆|スピード:★★☆☆☆|メロディ:★★★☆☆
独自性:★★★☆☆|マニア度:★★☆☆☆|総合評価:★★☆☆☆
賛否両論 お布施

Unity|ユニティ

RAGE_Unity

オリジナルアルバム – 14作目 (2002年)

ヘヴィネス:★★★★☆|スピード:★★★★☆|メロディ:★★★★☆
独自性:★★★★☆|マニア度:★★★★☆|総合評価:★★★★☆
殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作 お布施

Soundchaser|サウンドチェイサー

RAGE_Soundchaser

オリジナルアルバム – 15作目 (2003年)

ヘヴィネス:★★★★☆|スピード:★★★★☆|メロディ:★★★★☆
独自性:★★★★☆|マニア度:★★★★☆|総合評価:★★★★☆
殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作 お布施

Speak of the Dead|スピーク・オブ・ザ・デッド

RAGE_Speak_of_the_Dead

オリジナルアルバム – 16作目 (2006年)

ヘヴィネス:★★☆☆☆|スピード:★★☆☆☆|メロディ:★★★☆☆
独自性:★★☆☆☆|マニア度:★★★★☆|総合評価:★☆☆☆☆
賛否両論 実験作 お布施

「Speak Of The Dead」リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

Carved in Stone|カーヴド・イン・ストーン

RAGE_Carved_in_Stone

オリジナルアルバム – 17作目 (2008年)

ヘヴィネス:★★★★☆|スピード:★★★☆☆|メロディ:★★☆☆☆
独自性:★★☆☆☆|マニア度:★★☆☆☆|総合評価:★★☆☆☆
入門盤 お布施

「Carved In Stone」リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

Strings to a Web|ストリング・トゥ・ア・ウェブ

RAGE_Strings_to_a_Web

オリジナルアルバム – 18作目 (2010年)

ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★★☆☆|メロディ:★★★☆☆
独自性:★★☆☆☆|マニア度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★☆☆
入門盤 賛否両論 実験作 お布施

「Strings To A Web」リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

21|トゥウェンティワン

RAGE_21

オリジナルアルバム – 19作目 (2012年)

ヘヴィネス:★★★★☆|スピード:★★★☆☆|メロディ:★☆☆☆☆
独自性:★★☆☆☆|マニア度:★★★★☆|総合評価:★★☆☆☆
賛否両論 お布施
21
メタル¥1,681レイジ

The Devil Strikes Again|ザ・デヴィル・ストライクス・アゲイン

RAGE_The_Devil_Strikes_Again

オリジナルアルバム – 20作目 (2016年)

ヘヴィネス:★★★★☆|スピード:★★★☆☆|メロディ:★★☆☆☆
独自性:★★★☆☆|マニア度:★★☆☆☆|総合評価:★★★☆☆
入門盤 賛否両論 実験作 お布施

Seasons of the Black|シーズン・オブ・ザ・ブラック

RAGE_Seasons_of_the_Black

オリジナルアルバム – 21作目 (2017年)

ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★★☆☆|メロディ:★★☆☆☆
独自性:★★★☆☆|マニア度:★★★☆☆|総合評価:★★★☆☆
入門盤 賛否両論 実験作 お布施

Wings of Rage|ウィング・オブ・レイジ

RAGE_Wings_of_Rage

オリジナルアルバム – 22作目 (2020年)

ヘヴィネス:★★★★☆|スピード:★★★☆☆|メロディ:★★★☆☆
独自性:★★★☆☆|マニア度:★★★☆☆|総合評価:★★★☆☆
入門盤 賛否両論 通好み

AVENGER|アベンジャー

Prayers of Steel|プレイヤーズ・オブ・エンジェル

AVENGERS_Prayers_of_Steel

オリジナルアルバム – 1作目 (2020年)

ヘヴィネス:★★☆☆☆|スピード:★★★☆☆|メロディ:★☆☆☆☆
独自性:★★☆☆☆|マニア度:★★★★★|総合評価:★★★☆☆
通好み お布施

REFUGE|レフュージ

Solitary Men|ソリタリー・マン

REFUGE_Solitary_Men

オリジナルアルバム – 1作目 (2018年)

ヘヴィネス:★★☆☆☆|スピード:★★★☆☆|メロディ:★★☆☆☆
独自性:★★★☆☆|マニア度:★★★☆☆|総合評価:★★★☆☆
入門盤 賛否両論 通好み
◎ RAGEはコレを聴け!! ライターおすすめアルバム!

メタルシーンでも多作家で知られるRAGE、最近は中期以降の無難なパワーメタルを支持するリスナーも増えましたが、それなら他にもいくらでも選択肢があります。あえてRAGE聴くならアクの強い個性派サウンドの前期〜中期からセレクトすべきですね!
意見は割れがちですが、“Perfect Man(3rd)”,“Trapped!(6th)”“The Missing Link(7th)”の3作はどれも彼らの個性がいかんなく発揮されていて、高品質で代表曲も収録されているのでどれを選んでもハズレ無しでしょう。
あえて定番をハズすなら、スラッシーな作風で激しさではダントツの“Reign of Fear(1st)”、多彩な作風で通好みながら総合力では最上級の“Secrets in a Weird World(4th)”、現代的なヘヴィを持ったダークメタルに近い質感もある“Black in Mind(9th)”もすべて必聴盤です。

 Amazon Music UnlimitedでRAGEの名盤が聴き放題!  

Translate »