★ RAGING SPEEDHORN(レイジング・スピードホーン) + VIKING SKULL(ヴァイキング・スカル)ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|ニューメタル/メタルコアとドゥーム/スラッジをまたにかけた英国の超重圧メタルバンド!!…必聴アルバムは?

RAGING_SPEEDHORN_Logo ◆ O, P, Q, R

Contents

例外的な英産ニューメタル/メタルコアとして異彩を放った極悪ツインヴォーカルの超重圧檄メタルバンドは、ヴィンテージテイストを強化してドゥームメタル/スラッジコアをもまたにかけたウルトラヘヴィサウンドを追求!!

RAGING SPEEDHORN(レイジング・スピードホーン)は、イギリスのニューメタル/メタリックハードコア系グループ。

米国ヘヴィグルーヴへの英国からの回答ゼロ年代版!?

アメリカ発のムーヴメントには冷淡なイギリスでは珍しく、当時のUSヘヴィミュージックシーンの同行に合わるかのようなサウンドを展開していたグループで、グルーヴメタルなどのヘヴィグルーヴサウンドを独自にエクストリーム進化させたスタイルは、米国のニューメタルやメタルコアに類するもの。

やや先行した活動をスタートしていたニューメタルのONE MINUTE SILENCE(ワン・ミニット・サイレンス)やスラッジコアのIRON MONKY(アイアン・モンキー)などと同様に、それぞれが属するジャンルのバンドとしても、英国ヘヴィミュージックシーンのバンドとしては異色といえるの存在でした。

ありそうで意外にそうでもなかった独自サウンド!?

RAGING SPEEDHORNの基本的な音楽性は、ミッド〜スローテンポ主体のグルーヴにあふれた重圧サウンドに、ダーティーな高音と低音の掛け合いツインヴォーカルがのるスタイルで、これは現在のメタルコアの前身にあたるNSHC(ニュースクール・ハードコア)など、ハードコアシーンではポピュラーなものです。

大きな特色としては、そこに70年代のヘヴィロックに通じるほのかなヴィンテージテイストを漂わせているのがポイントして挙げられますが、のちのそのエッセンスを押し出すようになってゆき、その結果近年ではスラッジコア/スラッジメタルとしてもカテゴライズされるようになっています。

解散と復活!別プロジェクトも同時進行!!

バンドは2008年に一度活動停止となりますが、,2014には活動再開。また、RAGING SPEEDHORNのメンバーはドゥームメタル系のヘヴィロックバンドVIKING SKULL(ヴァイキング・スカル)としても並行して活動を続けており、現在でも創設メンバーのフランク・リーガン(Frank Regan)とゴードン・モリソン(Gordon Morrison)を中心として、両バンドともに活動を続けています。

RAGING SPEEDHORN|DISCOGRAPHY

Raging Speedhorn|レイジング・スピードホーン

RAGING_SPEEDHORN_Raging_Speedhorn

オリジナルアルバム – 1作目 (2000年)

ニューメタルや最初期のメタルコアの登場、そしてさらにさかのぼったグルーヴメタルの存在を背景に登場したことは確実なサウンド。ただし、のちにスラッジメタルの系譜にも加えられるように、ドゥーム/ストーナー/スラッジの“引きずり系”重圧ダウナーサウンドもそこにミックスされており、ほんのりとヴンテージテイストも漂っています。
音づくりは、この時期の重層的で高密度なニューメタルやメタルコアのそれと比較するとかなりシンプル。ギターソロや各種エフェクトなどの加飾が排された、飾り気のない無骨なスタイルです。
しかし、ダウナーなスローパート,とグルーヴィーなミッドパート、それに躍動感あふれるアップテンポパートを重ねて緩急を持たせたサウンドと、前記した各ジャンルのエッセンス、そしてツインヴォーカルの掛け合いを巧みに絡めあわせています。
基本的なスタイルや楽曲の構成要素だけを見るなら、特に目新しさのない既存のものでありながら、この手のジャンルに多々見られる一本調子の平坦なサウンドに陥らずに、独自性を持ったハイレベルな仕上がりに持ち込んでいます。ここまでのセンスは、本場USシーン第一線の中でも比類ないレベルにあります。
プロデュースは、4AD界隈を中心にゴシック, インダストリアル系を多く手掛けるジョン・フライヤーという、意外な人選。

メタル度:★★★☆☆|ハーコー度:★★★★☆|ダウナー度:★★☆☆☆
アイデア:★★★★☆|メロエモ度:☆☆☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 通好み 実験作

We Will Be Dead Tomorrow|ウィ・ウィル・ビー・デッド・トゥモロウ

RAGING_SPEEDHORN_We_Will_Be_Dead_Tomorrow

オリジナルアルバム – 2作目 (2002年)

曲単位で見るなら基本的な作風は前作から大きな変化はなく、音質の変化こそあるものの、前作とシャップルしても気づかないかもしれないレベル。
アルバムとして見るならアップテンポ曲の比率が大きく上がっており、ファストチューンまで見られるのが大きな特徴。さらに、メランコリックなメロディを持った叙情ダウナー曲のT-07のような新機軸も、単発ながら導入されており、アルバムのアクセントとして効果をあげています。
さらに、前作と比較するとややカオティックテイストが薄れて整合感が強まっており、音質も生々しいハードコア的なものから、メタル的なややクリアで重厚ななものとなりました。
曲ごとのフックの効き具合については前作に及びませんが、総合的に見るならメタルリスナーにはこちらの方が馴染みやすいかもしれません。
プロデューサーには、USダウナー界隈で知られるジョー・バレシ(Joe Barresi)を含む4名がクレジットされています。

メタル度:★★★★☆|ハーコー度:★★★★☆|ダウナー度:★★☆☆☆
アイデア:★★★☆☆|メロエモ度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両

Live and Demos|ライヴ・アンド・デモズ

RAGING_SPEEDHORN_Live_and_Demos

コンピレーションアルバム (2004年)

How the Great Have Fallen|ハウ・ザ・グレート・ハヴ・フォロウ

RAGING_SPEEDHORN_How_the_Great_Have_Fallen

オリジナルアルバム – 3作目 (2005年)

アメリカデビューとなったアルバム。基本路線に大きな変化はないものの、アップテンポな前作から一転してスローでダウナーなパートを持つトラックが増えて、アルバムの半数程度を占めるまでになりました。曲によっては、エモ/ゴス的なアトモスフィアも感じられますが、ここではまだ本筋に絡むほどではありません。
これによって、彼らの音楽性の一要素だったドゥーム/ストーナー/スラッジテイストが拡張して、スラッジメタルとして語っても違和感の少ないとスタイルに至りました。曲構成についてはは比較的シンプルなものが多く、特にダウナーチューンはミニマル気味の傾向があります。一方で、T-03のようなほぼパワーメタル/スピードメタルと呼べる曲もあり、多様性は増しています。
音質はジャンク&スカムを狙ったのかプロダクションの問題か(おそらく後者)、かなりローファイな仕上がりです。

メタル度:★★★☆☆|ハーコー度:★★★★☆|ダウナー度:★★★☆☆
アイデア:★★★☆☆|メロエモ度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

賛否両論 通好み スルメ盤 実験作

「”How」リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

”]

Before the Sea Was Built|ビフォア・ザ・シー・ビルト

RAGING_SPEEDHORN_Before_the_Sea_Was_Built

オリジナルアルバム – 4作目 (2007年)

セルフプロデュースによる、一時解散前のラストアルバム。前作とはまた趣向が異なり、“We Will Be Dead Tomorrow(2nd)”でチラッと顔をのぞかせた、メランコリックなメロディが前面に押し出されています。
言ってしまえば、当時のニューメタル/メタルコアシーンを横目で見ながら、さらなる飛躍のために方向性を模索したようなアルバムで、基本路線は維持しつつも、北欧型のメロデステイストやエモ/ゴス系のメロディの導入など、当時のトレンドモードのメソッドの流用が目立ちます。
とはいえ、必ずひと捻り加えて決してそのままの流用に終わっていないあたりに、単なフォロアーには終わるまいという彼らのこだわりや意地は見えます。
決して悪いアルバムではりませんし、初期の作風の繰り返しでは先細りは目に見えているので、新機軸は歓迎すべきなのですが、できればさらに大胆にもう一捻り加えて、明後日方向への換骨奪胎を望みたかったところです。
なおこの時期は、ツインヴォーカル片割れフランク・リーガンからケヴィン・グリーナムに変わっていますが、声質に極端な差異がなさすぎるのが難点。

メタル度:★★★★☆|ハーコー度:★★★☆☆|ダウナー度:★★☆☆☆
アイデア:★★★★☆|メロエモ度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

入門盤 賛否両論 実験作

Lost Ritual|ロスト・リチュアル

RAGING_SPEEDHORN_Lost_Ritual

オリジナルアルバム – 5作目 (2016年)

近年ではNAPALM DEATH番の印象が強いラス・ラッセルを、プロデューサーに迎えた再結成アルバムは、主に初期三作を足したような作風ながら、明確なドゥーム/ストーナー/スラッジ路線の曲が主体となっています。
その意味では、“How the Great Have Fallen(3rd)”がもっとも近いものですが、サウンドはメタリックな整合感のあるものとなり、ロックテイストやヴィンテージテイストも強まりました。USストーナーバンドSLEEPの別ユニットHIGH ON FIREやCOC、フィル・アンセルモのDOWNあたりに近い感覚で聴けるアルバムともいえます。
本作からフランク・リーガンが復帰して再度黄金タッグを結成。しかし、以前はいくつかの歌唱法を使い分けることで、声質に極端な差が見えないながらもツインヴォーカル効果をあげてのが、ここではそのコントラストが完全に薄れています。存在意義がバッキングコーラスレベルになってしまったあたりは、一考が必要でしょう

メタル度:★★★★★|ハーコー度:★★☆☆☆|ダウナー度:★★★★☆
アイデア:★★☆☆☆|メロエモ度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 賛否両論 スルメ盤

20 Year Anniversary Show: Electric Ballroom, London|トウェンティ・イヤーズ・アニンバーサリィ・ショウ:エレクトリック・ボールルーム, ロンドン

RAGING_SPEEDHORN_20_Year_Anniversary_Show_Electric_Ballroom,_London

ライヴアルバム (2018年)

Hard to Kill|ハード・トゥ・キル

RAGING_SPEEDHORN_Hard_to_Kill

オリジナルアルバム – 6作目 (2020年)

引き続きラス・ラッセルをプロデューサーに起用した、ドゥーム/ストーナー/スラッジ路線のアルバム。前作から全くと言っていいほど変化はありませんが、確実にブラッシュアップは行われており、安定感は増しています。
ところが、フランク・リーガンが復帰したと思いきや、今度は長年フロントを守り続けた相方のジョン・ローリンが脱退。若手のダニエル・クックが加入していますが、これについては良くも悪くも大き影響は見られず、これについては根本的なツインヴォーカルスタイルの工夫求められるところです。
前作同様、無難で高品質な作品なのですが、デビュー以来同種他バンドが大量発生してしまっているため、相対的にインパクトを与えることが難しくなっています。

メタル度:★★★★★|ハーコー度:★★☆☆☆|ダウナー度:★★★★☆
アイデア:★★☆☆☆|メロエモ度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

入門盤 賛否両論 スルメ盤

VIKING SKULL

VIKING_SKULL_Logo

VIKING SKULL(ヴァイキング・スカル)は、RAGING SPEEDHORNのオリジナルメンバーによるサイドプロジェクトとしてスタートしたバンド。残っている創設メンバーはフランク・リーガン(Frank Regan)とゴードン・モリソン(Gordon Morrison)のみですが、現在も並行して活動を続けています。
BLACK SABBATHら70年代ヘヴィロックの影響が濃い音楽性はドゥームメタルと呼んでしかるべきものですが、ダウナー重視のサウンドではなくロックンロールをベースにメタリックなグルーヴを持った、2nd以降のCATHERALやデッスンロールにも通じるフィジカルな躍動感を持ったもの。RAGING SPEEDHORNと比較するとハードコアテイストは薄く、NWOBHMなどオールドスクールなヘヴィメタルの影響も感じさせるソリッドでマッシヴなサウンドです。

VIKING SKULL|DISCOGRAPHY

Born in Hell|ボーン・イン・ヘル

VIKING_SKULL_Born_in_Hell

オリジナルアルバム – 1作目 (2005年)

Chapter Two|チャプター・トゥ

VIKING_SKULL_Chapter_Two

オリジナルアルバム – 2作目 (2007年)

Doom Gloom Heartache & Whiskey|ドゥーム・グルーム・ハートエイク & ウイスキィ

VIKING_SKULL_Doom_Gloom_Heartache_&_Whiskey

オリジナルアルバム – 3作目 (2008年)

Cursed by the Sword|カーズド・バイ・ザ・スウォード

VIKING_SKULL_Cursed_by_the_Sword

オリジナルアルバム – 4作目 (2012年)

Viking Skull|ヴィキング・スカル

VIKING_SKULL_Viking_Skull

オリジナルアルバム – 5作目 (2016年)

Translate »