★ SICK OF IT ALL(シック・オブ・イット・オール)ディスコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|ニューヨークのオールドスクール・ハードコアを今に伝えるストロングスタイルのレジェンド!!…必聴アルバムは?

SICK_OF_IT_ALL_Logo ◆ M, N

Contents

SICK OF IT ALL|DISCOGRAPHY

Sick of It All|シック・オブ・イット・オール

SICK_OF_IT_ALL_Sick_of_It_All

ミニアルバム:EP (1987年)

クラストにも近いリズムのファストパートに、米国的なグルーヴを感じさせるダウンテンポを織り交ぜた作風のデビューEP。
彼らの特徴的な要素の多くは既にここに詰め込まれており、その基本スタイルについて現在に至るまで大きな変化は見られません。

10曲のうちの8曲はデビューアルバム“Blood, Sweat and No Tears(1st)”に収録されていますが、そちらは再録バージョンとなるため、荒々しいヘヴィネスを持ったこの盤にこだわるファンも少なくありません。

メタル度:★★☆☆☆|ハーコー度:★★★★★|パンク度:★★★★☆
ヘヴィネス:★★☆☆☆|キャッチー度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 代表作 通好み

Blood, Sweat and No Tears|ブラッド, スウェット・アンド・ノー・ティアーズ

SICK_OF_IT_ALL_Blood_Sweat_and_No_Tears

オリジナルアルバム – 1作目 (1989年)

“Sick of It All(EP)”収録曲の大半を、再録して収録した含むデビューアルバム。

どストレート過ぎるくらいのストロング・スタイルですが、アイデアはなかなか多彩でキャッチーなフックが効いて印象を残すため、ただのダメな金太郎飴には陥っておらず、途中でテンション落ちることなもなく最後まで飽きさせません。

中には現在も代表曲に挙げられるアンセム・ナンバーも収録されていますし、楽曲スタイルの幅の広さということであれば、全盛期の名盤とされる次作“Just Look Around(2nd)”や“Scratch the Surface(3rd)”さえをも上回っています。

メタル度:★★★☆☆|ハーコー度:★★★★★|パンク度:★★★★☆
ヘヴィネス:★★★☆☆|キャッチー度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤

Just Look Around|ジャスト・ルック・アラウンド

SICK_OF_IT_ALL_Just_Look_Around

オリジナルアルバム – 2作目 (1992年)

日本盤もリリースされて彼らの名を知らしめたアルバムで、ここからの数作が、SICK OF IT ALLキャリアの黄金時代と言っていいでしょう。

基本的な作風に変化はないものの、パンキッシュな軽さやポップ感が払拭されたサウンドは格段にヘヴィ&ソリッドでメタリックなものへと変化。
楽曲はファストチューンを中心にヘヴィグルーヴを導入したミッドチューンも織り交ぜており、曲の長さもハードコアとしては若干長めの傾向。そこからは、シャープな整合感/構築感をも感じさせるようにもなりました。

作風の幅の狭さが気になるかどうかが、評価が分かれるひとつのポイントにもなりえますが、曲は絶妙なフックが効いたのも多く適度な緩急もついており、また曲数も多すぎず少なすぎず。
このスタイルの中で飽きさせない、ギリギリのバランスで上手く収められています。

アブラの乗り切った時期の熱量の高い充実度したアルバム、という意味では次作と双璧で代表作と呼ぶにふさわしい1枚です。

メタル度:★★★★☆|ハーコー度:★★★★★|パンク度:★★★☆☆
ヘヴィネス:★★★★☆|キャッチー度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 実験作
Just Look Around
オルタナティブ¥1,528Sick Of It All

Scratch the Surface|スクラッチ・ザ・サーフェイス

SICK_OF_IT_ALL_Scratch_the_Surface

オリジナルアルバム – 3作目 (1994年)

SICK OF IT ALLのカタログ中でも、最もヘヴィなアルバムと呼ばれている1枚。確かに、基本的な作風については前作から変化はないものの、前作以上にヘヴィネスが強調されたサウンドに仕上がっています。

ミッド〜スローのヘヴィグルーヴ・パートも目立つようになり、それらはBIAHAZARDなどのグルーヴコアにも比肩するほどのヘヴィネスとグルーヴを感じさせ、本作の印象的なポイントとなっています。
代表曲でもあるタイトルトラックT-08を頂点に、T-07, T-10などはそれを象徴するようなヘヴィチューンです。

もちろんファストチューンも健在ですが、こちらも前作に増してヘヴィな音作りが特徴的で、中でもエクストリームなT-02は目を見張ります。また、ときおり挿入されるヘヴィながらキャッチーな楽曲もアクセントとして効果的です。

最高傑作に挙げるファンも少なくない反面、パンキッシュなサウンドを好む層からは不評だったりと、評価が割れがちな傾向がありますが、前作に続いて楽曲は粒ぞろいで全編にわたってテンションがみなぎった充実作。前作とともに名盤として並び称される資格は十分すぎるほどです。

メタル度:★★★★★|ハーコー度:★★★★☆|パンク度:★★★☆☆
ヘヴィネス:★★★★★|キャッチー度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 実験作

Built to Last|ビルト・トゥ・ラスト:最後の闘志

SICK_OF_IT_ALL_Built_to_Last

オリジナルアルバム – 4作目 (1997年)

長期化するメロコア(メロディック・パンク)ブームやガレージロック・リバイバルなど、ロッキン&パンキッシュなサウンドが流行した世相を反映されたと思きアルバム。

ヘヴィネスやメタリックな質感がいくらか払拭され、名曲T-01, T-05をはじめとして、パンキッシュなロックンロールをベースとした、キャッチーでで陽的なナンバーが目につく仕上がりとなりました。

一方で、ドラマティックな展開や凝ったフレーズ/リズムワークを持った曲も聴かせるなど、アイデアとセンスの面では懐の深さも感じさせ、メロコアの一部に見られるただのポップなノリと勢いだけのスタイルと同列には語ることはできません。

しかし、聴き手の嗜好で評価が分かれる面を差し引いたとしても、前作までの勢いは感じられなくなっいるには確か。
本作を最後にメジャーレーベル『イースト・ウェスト』をドロップしたことも含め、彼らがひとつのピークを超えてしまったことの象徴にも見えます。

メタル度:★★★☆☆|ハーコー度:★★★★☆|パンク度:★★★★☆
ヘヴィネス:★★★☆☆|キャッチー度:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤 賛否両論 実験作

Call to Arms|コール・トゥ・アームズ

SICK_OF_IT_ALL_Call_to_Arms

オリジナルアルバム – 5作目 (1999年)

大手メジャーレーベル『イースト・ウェスト』から、メロディックパンク/ハードコアブームで知名度を上げた、インディーズ大手『ファット(Fat Wreck Chords)』への移籍第一弾。

レーベルカラーが反映されたのか、ややポップに傾いていた前作以上にメタル色が薄まったポップパンク的な展開を見せ、メロコアそのものと呼べるようなナンバーも目につきます。

良くも悪くも余裕を感じさせるアルバムで、2nd〜3rdの圧倒的な熱量は感じられませんし、作風の変化もあって評価は分かれがちですが、楽曲の多様性についてだけならば大きく向上しています。

過去作と比べるといくらか間口の広い作風なので、ビギナーやライトファンにもとっつきやすいアルバムかもしれません。

メタル度:★★☆☆☆|ハーコー度:★★★☆☆|パンク度:★★★★★
ヘヴィネス:★★★☆☆|キャッチー度:★★★★★|総合評価:★★★★☆

入門盤 賛否両論 実験作
Call to Arms
オルタナティブ¥1,528Sick Of It All

Yours Truly|ユース・トゥルーリィ

SICK_OF_IT_ALL_Yours_Truly

オリジナルアルバム – 6作目 (2000年)

引き続き、従来のヘヴィ・ハードコアに加えて、いくらかのポップなメロコア風味を交えた作風。

このスタイルでも、やり方次第ではユニークな作品ができたはずなのですが、残念ながらなんとも中途半端で煮え切らない凡庸なアルバムに終わっています。

前作以上に悪い意味での余裕のようなものを感じさせ、手癖感だけが全編にみなぎる仕上がりとなっており、楽曲には微塵も冴えが見られません。

往年の作品と比較するまでもなく低調で、間違いなくキャリア中でもどん底に位置するアルバムと言えるでしょう。

メタル度:★★★☆☆|ハーコー度:★★★☆☆|パンク度:★★★★☆
ヘヴィネス:★★★☆☆|キャッチー度:★★★★☆|総合評価:★★★☆☆

賛否両論  スルメ盤 お布施
Yours Truly
オルタナティブ¥1,528Sick Of It All

Life on the Ropes|ライフ・オン・ザ・ロープス

SICK_OF_IT_ALL_Life_on_the_Ropes

オリジナルアルバム – 7作目 (2003年)

メロコアの名門『ファット・レック』からは、最後のリリースとなったアルバムで、引き続き、従来のヘヴィハードコアに加えて、ときおりポップなメロコア風味を交えてくる作風です。

ここではT-01, T-11で見せた往年にも見られなかった、ジャンク風味とも言えそうなヘヴィでノイジーなアプローチで新機軸と言ってもいいでしょう。

ヘヴィなT-03なども、これまでとはひと味違ったユニークな佳曲で可能性も感じさせ、『ファット・レック』在籍時では最も意欲的なアルバムで、出来栄えにおいてもここまでの3作ではベストと言えます。

メタル度:★★★☆☆|ハーコー度:★★★☆☆|パンク度:★★☆☆☆
ヘヴィネス:★★★★☆|キャッチー度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

入門盤 賛否両論 通好み 実験作

Death to Tyrants|デス・トゥ・タイランツ

SICK_OF_IT_ALL_Death_to_Tyrants

オリジナルアルバム – 8作目 (2006年)

疾走感あふれるファスト・チューン主体のスタイルへと、原点回帰を見せたアルバム。

メタル専門レーベル『センチュリーメディア』のサブレーベル『アバカス』からのリリースで、プロデューサーもメタル畑のチュー・マドセン。
それらが影響してか、以前にも増してメタリックな音づくりで、曲調こそハードコアのそれですが、サウンドだけならほぼメタルと呼べるほど。メタルコアとしても十分に対応可能な仕上がりです。

曲のバリエーションには乏しく、“一本調子の金太郎飴”と言われれば否定のしようはないのですが、有無を言わせぬ勢いと説得力に満ちており、久々に爽快なハードコア・アルバムと言えます。

メタル度:★★★★☆|ハーコー度:★★★★☆|パンク度:★★☆☆☆
ヘヴィネス:★★★★☆|キャッチー度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤

Based on a True Story|ボーズド・オン・ア・トゥルー・ストーリィ

SICK_OF_IT_ALL_Based_on_a_True_Story

オリジナルアルバム – 9作目 (2010年)

引き続きヘヴィメタリックな音づくりですが、前作と比較するとかなり表情豊かで緩急のついた作風とへと変化しています。

ファストチューンが主体の構成は変化ありませんが、剛直なハードコアだけでなく、キャッチーでパンキッシュなナンバーが多くなり、曲調の幅が広がったと同時に聴きやすさも増しました。

中にはメロコア風味の曲まで見られますが、ヘヴィなハードコアとの捏ね合わせ方が巧みになっており、メロコアの名門『ファット・レック』在籍時よりもはるかに上手く処理しされいます。

本作からは、前作の『アバカス』からではなく、その親会社『センチュリーメディア』から直のリリースとなります。

メタル度:★★★★☆|ハーコー度:★★★★★|パンク度:★★★★☆
ヘヴィネス:★★★☆☆|キャッチー度:★★★★☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤

XXV Nonstop|XXV ノンストップ

SICK_OF_IT_ALL_XXV_Nonstop

オリジナルアルバム – 10作目 (2011年)

The Last Act of Defiance|ザ・ラスト・アクト・オブ・ディファイアンス

SICK_OF_IT_ALL_The_Last_Act_of_Defiance

オリジナルアルバム – 11作目 (2014年)

イレギュラーな前作を別にすれば、『センチュリーメディア』移籍後は毎度おなじみとなったメタル度高めなサウンドによるハードコア・アルバム。

あえて言えば、作風は『Death to Tyrants(8th)』と『Based on a True Story(9th)』の間に位置するもの。どちらかというと『Based〜(9th)』寄りで、パンキッシュな曲調が目立ちます。

クオリティは高水準で安定していますが、前2作の間をとったという以上のものではなく、新機軸も上積みも見られないので、単にアルバムとしての特色が弱まって、さらに1枚落ちるという印象しか残りません。

メタル度:★★★★☆|ハーコー度:★★★★★|パンク度:★★★☆☆
ヘヴィネス:★★★☆☆|キャッチー度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

入門盤 スルメ盤

Wake the Sleeping Dragon!|ウェイク・ザ・スリーピング・ドラゴン!

SICK_OF_IT_ALL_Wake_the_leeping_Dragon

オリジナルアルバム – 12作目 (2018年)

再び、メロコア/メロパンの名門『ファット(Fat Wreck Chords)』へと移籍しての第一弾。

それに合わせて、音づくりも『センチュリーメディア』時代のヘヴィメタリックなエッジの立った構築感のあるサウンドから、やや生っぽい荒さを持ったものへと変化しています。

とは言っても、本気のローファイでプリミティヴなサウンドというわけではなく、あくまでもテクスチャーをソレっぽく作り込んだという印象です。

楽曲はパンク色強めのものもあれば、メタル色と強めのものもあるといった塩梅で、“Based on a True Story(9th)”や“The Last Act of Defiance(11th)”あたりを、ラフ&ロウな音で仕上げたといったところ。

及第点以上のアベレージながらもやや波が荒く、トップクオリティまではあと一歩という意味では、“The Last Act〜(11th)”により近いとも言えます。

メタル度:★★★☆☆|ハーコー度:★★★★★|パンク度:★★★★☆
ヘヴィネス:★★★☆☆|キャッチー度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

入門盤
次ページはライターが選ぶSICK OF IT ALL(のおすすめアルバムを紹介!!▼リンクはページ下!▼

Translate »