★ SKID ROW(スキッド・ロウ)ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|あのPANTERAとも肩を並べたグラムメタルシーンで最もヘヴィでアグレッシヴなバンド!!…必聴アルバムは?

SKID_ROW_Logo ◆ O, P, Q, R

Contents

グラムメタルムーヴメントが燃え尽きる直前に輝きを放ったアイドルバンドから、ストロングスタイルの90年代型ヘヴィメタルへと変貌を遂げて時代の寵児に!?

SKID ROW(スキッド・ロウ)は、アメリカ合衆国ニュージャージー出身のメタル/ハードロックバンド。

アイドル人気で一躍スターダムに!?

SKID ROWは、中心人物であるレイチェル・ボラン(Ba.)と、ジョン・ボン・ジョビの幼馴染としても知られるデイヴ・スネイク・セイボ(Gt.)が中心となって結成されました。

追って加入したフロントマン、セバスチャン・バックの端整なルックスとパワフルな歌唱が注目を集めされ、アイドル人気とそれにとどまらない評価を獲得。バンド人気のブースターとなります。

グラムメタルの最後の輝き!?

SKID ROWは、グラムメタルムーヴメントとしては終盤にあたる時期にデビューしており、シーンの中でもかなりの後発グループに属しています。

後発のグラムメタルバンドとしては、スラムメタルシーンの主流を“バッドボーイ系ロックンロール”に一新するほどの革命的存在となった『GUNS N’ ROSES』を別格とすれば、異例の人気を獲得した出世頭とも言えるグループです。

同名バンドから権利を買い取る!?

『SKID ROW』を巡るトピックに、1970年前後のアイルランドにも同名のバンドが存在していたことがあります。

この『元祖SKID ROW』は、後年はブルーズマンとして活躍した、アイリッシュ・ギターヒーローのゲイリー・ムーアがでデビューしたバンドとしても著名で、そのアルバムはプログレ/ジャズロックのクラシックとして世に多く流通しています。
そのため、少なくないリスナーが音楽ソフト購入の際に、混乱したり取り違えた経験を持っています。

また『元祖SKID ROW』は名義の権利を持っていることもあり、両陣営の間で名義をめぐって協議が行われており、後発である彼らは名義使用料を払ってSKID ROW名義を使用しています。

最もヘヴィなグラムメタル!?

SKID ROWは、ロックンロールテイストを持つポップなハードホックサウンドとメタリックな質感を持った、典型的なグラムメタルとしてデビューしました。

しかし、当初よりシーンに中では特にヘヴィなサウンドを持ち味としており、グラムメタルに否定的なリスナーからも比較的人気の高いグループとなっていました。

その後、グラムメタルのカウンターと勢力を拡大したスラッシュメタルや、次のヘヴィミュージックのトレンドとして盛り上がりを見せていたグランジやグルーヴメタルの視野に入れ、いち早く90年代型のヘヴィネスをも取り入れたヘヴィでメタリックなサウンドに移行して好評を得ます。

オルタナメタル路線が不評!?

グラムメタルブームの完全な終息を迎えた後、シーンの趨勢を静観しつつアクションを起こす機会を探すためしばらくインターバルを設けますが、95年にはグラムメタルを脱却してグランジ/グルーヴメタルを大幅に取り入れた作品をリリース。

賛否両論で好意的な評価もあったものの、同様のアプローチを取った他の多くグループと同様に、オールドファンの不評を買うこととなって失速します。

ヴォーカリストの交代で解散!?

さらに、フロントマンのセバスチャン・バックが要望したKISSリユニオンの前座を、バンドが拒否したことで関係が悪化。バックはそれを理由に脱退してしまいます。

このため、1996年からはしばらくの間活動休止なり、メンバーは各々が個別の活動を展開していました。

新ヴォーカルを迎えて再始動!!

1999年には、後任のフロントマンとしてジョニー・ソーリンガー迎えて活動再開、2枚のアルバムをリリースしています。

しかし、前任者バックのアイドル人気に支えられた面も大きかっただけに、グラムメタルリバイバルに便乗して完全復活とはなりませんでした。

更なるメンバーチェンジを重ねて活動中!?

活動再開以来、ソーリンガーをフロントマンに活動を続けていましたが、ソーリンガーは2015年に突如解雇されます。

その後、80年代グラムメタルブームの中で脚光を浴びた、ノルウェーの『TNT』のフロントマンとして知られるトニー・ハーネルのスポット参加を経て、2016年からはイギリスの新世代パワーメタルバンド『DRAGONFORCE』を脱退したZPサートをパーマネントなヴォーカリストとして迎えます。

現在もその体勢で活動を継続しており、新作のアナンスもありましたが現時点ではリリースは発表されていません。(2021年現在)

SKID ROW|DISCOGRAPHY|スタジオアルバム

Skid Row|スキッド・ロウ

SKID_ROW_Skid_Row

オリジナルアルバム – 1作目 (1989年)

過去のバンドのノウハウの蓄積を活かすという後発バンドの利点と、バンド本来のセンスが生かした適度にフックの効いたソツのないアルバムに仕上げています。

キャッチーなロッキンなメタリックハードという、グラムメタル類型の枠からは一歩も出ない作風で、取り立てて独自性が感じられないあたりは評価が分かれるところですが、80年代特有のフラッシー路線に傾かない、グラムメタルバンドとしては比較的ヘヴィなサウンドは一応の持ち味となっています。

それに加え、グラマラスなメイクや衣装ではなくストリート系のビジュアルを選択しているあたりは、新世代位らしく時流を見据えている様子も透けて見えます。

メタル度:★★★☆☆|ロッキン度:★★★★☆|オルタナ度:★☆☆☆☆
ヘヴィネス:★★★☆☆|ポップネス:★★★★★|総合評価:★★★☆☆

代表作 入門盤 賛否両論

Slave To The Grind|スレイヴ・トゥ・ザ・グラインド

SKID_ROW_Slave_To_The_Grind

オリジナルアルバム – 2作目 (1991年)

本格的にブレイクを果たし、ヘヴィメタルシーンではこの時代を象徴する1枚にもなった、SKID ROWの代表作。

基本ラインは前作を踏襲しながらも、90年代型のヘヴサウンドへのにマイナーチェンジが進んだアルバムで、当時ヘヴィミュージックの新トレンドとしての萌芽を見せていた、グランジやグルーヴメタルのエッセンスを大胆に導入しつつ、ヘヴィメタリックな質感を強めています。
中でも、パワーメタル/スピードメタルとも呼べそうなファストチューンT-02は、バンドの史上最強のアンセム曲となりました。

そのバランスの良さから、従来のポップメタルファンに加えて、オールドスクールなリスナーやモダン志向の新世代にまでアピールできたことで、幅広い層に支持を得ることに成功しました。

ただ、全体的に適度にフックのあって佳曲も曲多いものの、特に際立った曲は上記のT-02程度であり、またそれと同様のスタイルの曲が他に見られないため、徹頭徹尾ヘヴィ&ファストなストロングスタイルを期待すると肩スカシでしょう。

メタル度:★★★★☆|ロッキン度:★★★★☆|オルタナ度:★★☆☆☆
ヘヴィネス:★★★★☆|ポップネス:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 代表作 入門盤 実験作

Subhuman Race|サブヒューマン・レース

SKID_ROW_Subhuman_Race

オリジナルアルバム – 3作目 (1995年)

80年代のグラムメタルの名残を残したサウンドから、完全に90年代の空気をまとったグランジ&グルーヴメタル路線へと移行を果たし、当然のように賛否両論となったアルバム。

エッセンスとしては【グランジ=8:グルーヴ=2】くらいのバランスで、サウンドの質感はグランジに大きく傾いており、特にALICE IN CHAINSあたりからの影響が濃厚です。

数あるグラムメタルバンドのグランジアプローチの中では、MÖTLEY CRÜEセルフタイトルアルバムとともに数少ない成功例として挙げられ、比較されることも少なくありません。

しかし、グラムメタルのバブルにズブズブな上に、その歴史を背負う立ち位置でもあるMÖTLEY CRÜEらが、そのシガラミからオールドファンの顔色をうかがわずにおれないのに対し、後発組らしいフットアークの軽さで完璧なまでに脱却を果たしています。

クオリティは上々で、キャッチーな冒頭のT-01, T-02をはじめ、パンキッシュなファストチューンのT-03, T-07、ヘヴィでダウナーなT-08など佳曲も多く、アベレージでは前作を上回ってすらいます。

しかし、これだけでは微妙に出遅れたトレンドフォロワー以上ではなく、それを払拭する存在感を確立するには、さらに大きなプラスαが必要なのは確か。前作から間を空けることなく、リリースを重ねていればその中で何かがつかめていたかもしれません、

メタル度:★★★☆☆|ロッキン度:★★★★☆|オルタナ度:★★★★☆
ヘヴィネス:★★★★★|ポップネス:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作

Thickskin|チックスキン

SKID_ROW_Thickskin

オリジナルアルバム – 4作目 (2003年)

バックに代わる後任のフロントマンとして、ジョニー・ソーリンガー(R.I.P)を迎えた復活第一弾アルバム。本作では、レイチェル・ボランがプロジェクト『PRUNELLA SCALES』で組んだ『SAIGON KICK』のフィル・ヴァローネがドラムを担当しています。

ヘヴィなだけではオールドファンはついて来てくれないけれど、グラムメタルに回帰する気はないということなのか、わかりやすいポップネスを強調させながらも、80年代とは異なった『オルタナ・ハードロック』に生まれ変わるという選択を、ここでの落としどころとしています。

本作の軸となるスタイルは、90年代型のオルタナハードロック。『PRUNELLA SCALES』を思わせる部分もありますが、それ以上にスコットランドの『THE ALMIGHTY』に限りなく近い印象を受けます。そのパンキッシュでロッキンなハードロックの合間に、MARILYN MANSON風, ポップパンク調, ポストグランジ風、などの曲が挿入されるという塩梅です。

相変わらず無難でソツのない出来栄えではありますが、90年代の先人の焼き直しに過ぎないのもまた確かです。この時代に替えのきかないポジションを確立するには独自性や新規性に乏しく、傑出した曲が見られないため質で勝負するには強烈な説得力や決め手にも欠きます。

メタル度:★★★☆☆|ロッキン度:★★★★☆|オルタナ度:★★★☆☆
ヘヴィネス:★★★☆☆|ポップネス:★★★★☆|総合評価:★★★☆☆

入門盤 賛否両論 スルメ盤

Revolutions Per Minute|レヴォリューション・パー・ミニッツ

SKID_ROW_Revolutions_Per_Minute

オリジナルアルバム – 5作目 (2006年)

基本的な作風はほぼ前作から変化はなく、スコットランドのTHE ALMIGHTYやレイチェル・ボランのソロプロジェクト『PRUNELLA SCALES』に準じた、パンキッシュでポップなオルタナ・ハードロック。

数曲おいて明確なカントリーサウンドを導入している点が、本作で新たに加わったポイント。曲によってはサーフロックテイストも感じさられます。

本作も、楽曲面ではおおむね及第点には達した無難な出来栄えではあるものの、取り立てて際立った曲が見られない弱点についても同様で、残念ながら前作から大きな向上は感じられません。

メタル度:★★★☆☆|ロッキン度:★★★★☆|オルタナ度:★★★☆☆
ヘヴィネス:★★★☆☆|ポップネス:★★★★☆|総合評価:★★★☆☆

入門盤 賛否両論 スルメ盤

SKID ROW|DISCOGRAPHY|ライヴ/コンピレーション

B-Side Ourselves|Bサイド・アワースリーヴス

SKID ROW__Side_Ourselves

コンピレーションアルバム (1992年)

タイトルどおり、シングルのB麺曲を集めたコンピレーションですが、全曲カバー曲で構成されており、カバーミニアルバムと呼べる体裁です。

取り上げたバンドは、RAMONES, KISS, JUDAS PREAST, RUSH, JIMI HENDRIXらのビッグネーム。 JUDAS PREASTのかバーではロブ・ハルフォードもゲスト参加しています。

アレンジは比較的ストレートですが、マイナス印象には傾かないパワフルでアグレッシヴなな仕上がりで、選曲もナイス。
全5曲という、ヒネリのないアレンジでも飽きのこない適度なボリュームも幸いし、チャート入りを果たしてスマッシュヒットとなりました。

選  曲:★★★★☆|アレンジ:★★★☆☆|意 外 性:★★☆☆☆
メタル度:★★★★☆|ヘヴィネス:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤

耽美派バンドを多く抱える4ADに所属していた『THE BREEDERS』のケリー・ディール、オルタナシーンのトップグループTHE SMASHING PUMPKINSのジミー・チェンバレン、ポップなサウンドで知られるTHE FROGSのジミー・フレミオンという、USオルタナティヴ・ロック・シーンのビッグネームに、セバスチャン・バックを加わえたグループ。
ヴォーカルはバックが専任というわけではなく、各メンバーで曲ごとに分担してています。

ノイジーでパンキッシュなヘヴィロック/ロックンロールや、ローファイでストレンジなポップチューンが入り混じる、オルタナティヴロックのひとつ典型的なスタイルで、ポップなと表現できる作風であるとはいえ、キャッチーでわかりやすいポピュラリティとは無縁のサウンドですし、メタルテイストも希薄。

少なくとも、往年のファンがバックの一人舞台やそのスクリームが活かしたメタルチューン、ポップなグラムメタルを期待して聴くようなものではありません。

アルバムにはアリス・クーパーとSCORPIONSのカバーも含まれており、当初は限定盤としてリリースされましたが、のちに収録曲に変更を加えたものが一般向けに流通されています。

 

Translate »