★ SKYCLAD(スカクラッド)ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|NWOBHMシーンから現れた英国の鬼才による元祖トラッドメタル/フォークメタルグループ!!…必聴アルバムは?

SKYCLAD_logo_a エスノメタル

NWOBHMの異端派バンドから出発し個性派スラッシュメタルを経て本格的トラッドメタル/フォークメタルのパイオニアとしてシーンをリードし続けた英国の鬼才スティーヴ・ラムゼイ率いる個性派グループ!!

SKYCLAD(スカクラッド)は、フィドル(ヴァイオリン)をパーマネントメンバーに加えた編成で、ヘヴィメタルシーンで英国のトラッド/フォークミュージックを本格的に取り入れたスタイルを作り上げ、フォークメタルのパイオニアと目されるグループ。

80年代初期のNWOBHM(ニューウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィメタル)ムーヴメントの全盛期に、後のスラッシュメタルにつながるダークなスピード/パワーメタルを演奏していたSATAN(セイタン)、それがリニューアルした発展系の個性派スラッシュメタルのPARIAH(パライア)を母体としたグループで、その中心メンバーだったスティーヴ・ラムゼイ(Steve Ramsey:Gt.)とグレアム・イングリッシュ(Graeme English:Ba.)を中心に、UKスラッシュのSABBAT(サバット)のマーティン・ウォルキーア(Martin Walkyier)をヴォーカルに迎えて結成されました。

当初は、スラッシュ/パワーメタルを基調としてそこにアクセント的にトラッドテイストを加えたスタイルで、マニアックなリスナーのみに愛でられていましたが、のちにアグレッションを抑えトラッド/フォーク色の強を強めたポップでオーガニックな作風で、古くも新しいスタイルを生み出したことから注目を集めるようになります。

彼らの存在は、ブラジルのトライバルサウンドを導入したSEPULTURA(セパルトゥラ)や、フィンランド民謡を取り入れたAMORPHIS(アモーフィス)、やはり北欧のバイキングメタルやそれが欧州全域対応となったペイガンメタル一派などと並んで、00年代以降の新たな方法論の行き詰まりに対する最後の手段として増殖することになる、自国や地域,種族に固有の伝統音楽を取り入れてクロスオーバーさせた“エスノメタル”シーンに対して大きな影響を与えることになります。

なお、2002年のA Semblance of Normality(12th)からは、Martin Walkyierの脱退を受けてギターとバッキングヴォーカルを務めていたKevin Ridleyがメインヴォーカルを務めるようになっています。

SKYCLAD|DISCOGRAPHY

The Wayward Sons of Mother Earth|ザ・ウェイウォード・サンズ・オブ・マザー・アース

SKYCLAD_The Wayward_Sons_of_Mother_Earth

オリジナルアルバム 1作目 – (1991年)

この時点では完全にスラッシュメタルに属するスタイルで、トラッド要素やフィドルの導入ははアクセント程度にとどまっています。ややプログレッシヴロックのテイストも感じさせるなど、スラッシュ末期のグループだけあって類型に収まらない独自性の強いユニークな作風はすでに見ることができます。

スラッシュ度:★★★★|トラッド度:★★☆☆☆|ダーク度:★★★☆☆
ポップ度:★★☆☆☆|マニア度:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

代表作 通好み 実験作

Tracks from the Wilderness|トラックス・フロム・ザ・ウィルダーネス

SKYCLAD_Tracks_from_the_Wilderness

ミニアルバム – (1992年)

Thin Lizzyの名曲カバーEmeraldやライブを収録。日本盤ではJonah’s Ark(3rd)とカップリング。

A Burnt Offering for the Bone Idol|ア・バーント・オフェリング・フォー・ザ・ボーン・アイドル

SKYCLAD_A_Burnt_Offering_for_the_Bone_Idol

オリジナルアルバム 2作目 – (1992年)

スラッシュメタル的なアグレッションにこれまでのキャリアが反映させ、NWOBHMや,パワーメタルに近いオールドスクールな質感を漂わせた作風です。まだまだ発展途上の過渡期サウンドで、トラッド色やフィドルの活用も控えめなせいか何かひと味足りない印象もあるが、代表曲も収録されアベレージは高水準で代表曲も収録されています。。

スラッシュ度:★★★★☆|トラッド度:★★☆☆☆|ダーク度:★★★☆☆
ポップ度:★★★☆☆|マニア度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 入門盤 通好み 実験作

Jonah’s Ark|ヨナズ・アーク:ヨナの箱舟

SKYCLAD_Jonah's_Ark

オリジナルアルバム 3作目 – (1993年)

ややトラッド/フォークのフィーチャー度合いがアップし、スラッシュメタルならではのアグラッションは抑え目になったため、初期作品の中ではもっとも中期以降の作風に近いものです。楽曲の幅は広がり多様性は増したことは評価できる反面やや散漫な印象もあり、アベレージも低いわけではないが突出した楽曲が少ないことも物足りなさにつながっています。

スラッシュ度:★★★☆☆|トラッド度:★★★☆☆|ダーク度:★★☆☆☆
ポップ度:★★★☆☆|マニア度:★★★☆☆|総合評価:★★★☆☆

入門盤 賛否両論 通好み スルメ盤

Prince of the Poverty Line|プリンス・オブ・パヴァティ・ライン

SKYCLAD_Prince_of_the_Poverty_Line

オリジナルアルバム 4作目 – (1994年)

過去最こにアグレッシヴな作風で、スラッシュメタルとしてはキャリア中最高傑作。ダークな作風でトラッド色は薄めだがバイオリンは効果的に活用されています。前半は文句のつけようがないほどの名曲ぞろいだが、後半の作風がやや地味で勢いが落ちたような印象は拭えません。前半でトバして後半はミッドテンポ中心スルメ系という構成は今後もたびたび踏襲されることに。

スラッシュ度:★★★★★|トラッド度:★★☆☆☆|ダーク度:★★★★☆
ポップ度:★★★☆☆|マニア度:★★★★☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 通好み 実験作

The Silent Whales of Lunar Sea|ザ・サイレント・ホエール・オブ・ルナー・シー

SKYCLAD_The_Silent_Whales_of_Lunar_Sea

オリジナルアルバム 5作目 – (1995年)

前作を踏襲したスラッシュ路線で、そこからトラッド色を強めたのはいいがやや消化不良気味。勢いのある前半は悪くないが中盤からがダレ気味。ファストチューン以外の聴かせ方の工夫と楽曲の練り込みが必要でしょう。

スラッシュ度:★★★★☆|トラッド度:★★★★☆|ダーク度:★★★☆☆
ポップ度:★★★★☆|マニア度:★★★★☆|総合評価:★★★☆☆

賛否両論 通好み スルメ盤 実験作

Irrational Anthems|イラショナル・アンセムズ

SKYCLAD_Irrational_Anthems

オリジナルアルバム 6作目 – (1996年)

スラッシュとトラッドのブレンドの塩梅がこなれてきて、楽曲アベレージはやや上がっています。しかし、このあたりからトラッドメタル注目を集めるようになりますが、当面は試行錯誤の段階で過渡期とも停滞期ともいえる時期が続くことになります。

スラッシュ度:★★★★☆|トラッド度:★★★☆☆|ダーク度:★★★☆☆
ポップ度:★★★★☆|マニア度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤 スルメ盤 実験作
Irrational Anthems
フォーク・ロック¥1,528Skyclad

Oui Avant-garde á Chance|ウィ・アヴァン-ギャルド・ア・チャンス

SKYCLAD_Oui_Avantgarde_á_Chance

オリジナルアルバム 7作目 – (1996年)

スラッシーな前半は悪くないのですが、アコースティック色が増した中盤以降は低調になります。馴染みやすいポップさや聴きやすさは増して、トラッドファンやプログレファンなど幅広いリスナーに知られるようになり認知度は大幅に高まりました。

スラッシュ度:★★★☆☆|トラッド度:★★★★☆|ダーク度:★★★☆☆
ポップ度:★★★★☆|マニア度:★★★☆☆|総合評価:★★★☆☆

代表作 入門盤 賛否両論
Oui Avant-Garde A Chance
フォーク・ロック¥1,528Skyclad

The Answer Machine?|ジ・アンサー・マシーン?

SKYCLAD_Oui_The Answer Machine?

オリジナルアルバム 8作目 – (1997年)

アコースティック色強めのソフトな音作りとなりメタルエッジな質感は弱め。ここ数作でのトラッド/フォーク色増量の試みを突き詰めたような作風。スラッシュ調ではないアップテンポの作風も確立するなど楽曲の多様性は増していますが、ヴォーカルの表現力が追いついていません。
この路線で新規リスナーはつかんだものの、あまり資質にあっているとは思えません。

スラッシュ度:★★☆☆☆|トラッド度:★★★★☆|ダーク度:★★☆☆☆
ポップ度:★★★★☆|マニア度:★★☆☆☆|総合評価:★★★☆☆

代表作 入門盤
The Answer Machine?
フォーク・ロック¥1,528Skyclad

Vintage Whine|ヴィンテージ・ワイン

SKYCLAD_Vintage_Whine

オリジナルアルバム 9作目 – (1999年)

初期のスラッシュ路線とは異なりますが、ヘヴィメタリックなエッセンスが増しただけでなく、フォークメタルとして一皮むけた印象を聴き手に与えます。これまでの試行錯誤が実って、メタルとトラッドのブレンドのバランスが向上していますし、フックがあり耳を引く楽曲も多い力作です。

スラッシュ度:★★★★☆|トラッド度:★★★☆☆|ダーク度:★★★☆☆
ポップ度:★★★☆☆|マニア度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤 実験作
Vintage Whine
フォーク・ロック¥1,528Skyclad

Folkémon|フォッケモン

SKYCLAD_Folkémon

オリジナルアルバム 10作目 – (2000年)

ふざけたタイトルに反して完成度は高い充実作です。前作で到達したスタイルをさらに推し進めたことでスラッシュ/メタル色がさらにアップしてヘヴィに作風になっています。楽曲も適度にフックが効いていて粒ぞろい。中期ではトップクラスの仕上がりで第二の黄金期といえるほどです。

スラッシュ度:★★★★☆|トラッド度:★★★★☆|ダーク度:★★★★☆
ポップ度:★★★★☆|マニア度:★★★★☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 実験作
Folkemon
フォーク・ロック¥1,528Skyclad

No Daylights nor Heeltaps|ノー・デイライツ・ノア・ヒールタップス

SKYCLAD_No_Daylights_nor_Heeltaps

オリジナルアルバム 11作目 – (2002年)

このアルバムからヴォーカルがケヴィンに代わります。ソフト&スムースで聴きやすい歌唱で荒々しさは薄れましたが、表現力の無さでは前任者と同程度でしょう。セミアコースティックでのセルフリメイクなの必然的に質は高いのですが、結果的にただのトラッドパンク/ロックと大差なくなってしまいました。スラッシュ曲は意識的にオミットされアレンジも凡庸なので重要性は薄いアルバムです。

スラッシュ度:☆☆☆☆☆|トラッド度:★★★★☆|ダーク度:★☆☆☆☆
ポップ度:★★★★★|マニア度:★★★☆☆|総合評価:★★★☆☆

入門盤 賛否両論

A Semblance of Normality|ア・セムブランス・オブ・ノーマリティ

SKYCLAD_A_Semblance_of_Normality

オリジナルアルバム 12作目 – (2004年)

重厚で重層的なシンフォ系パワーメタル風のモダンな音作りになり、オーガニックな質感はやや薄れました。プログレ色も強まった新境地サウンドはサイケ風味もあり新鮮味はあり歓迎できます。
ケヴィンのヴォーカルはクセが薄れたこともあってメリハリを欠くため、単に下手なだけにも感じられることもあり、新しい作風ではマイナスだけが目立つ結果となりましたが、後半はいくぶん以前の作風に近くなりヴォーカルも違和感は感じられなくなります。

スラッシュ度:★★★☆☆|トラッド度:★★☆☆☆|ダーク度:★★★★☆
ポップ度:★★★★☆|マニア度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤 賛否両論 実験作
A Semblance Of Normality
フォーク・ロック¥1,528Skyclad

In the… All Together|イン・ザ…オール・トゥギャザー

SKYCLAD_In_the_ All_Together

オリジナルアルバム 13作目 – (2009年)

基本的には前作と同路線ですが、以前ほど直接的ではないもののトラッド/フォーク色をとり戻し、さらにはここにきて作風の幅もさらに広がり、完成度も全盛期に匹敵するレベルに達しています。
ドゥーミィ&グルーヴィなT-04などの新境地み見られ、時折入るオリエンタルテイストも効果的です。ケヴィンのヴォーカルもウォルキーアを意識したようなラフなスタイルになって力強さが増し、アラもあまり目立たなくなったことも幸いしています。

スラッシュ度:★★★☆☆|トラッド度:★★★★☆|ダーク度:★★★★☆
ポップ度:★★★☆☆|マニア度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 通好み 実験作

Forward into the Past|フォーワード・イントゥ・ザ・パスト

SKYCLAD_Forward into_the_Past

オリジナルアルバム 14作目 – (2017年)

前作よりややトラッド時代に近づいた作風が中心で、水準以上ではあるものの近作での多様化が頭打ちになり、やや類型的に思える楽曲が多くなりました。エクストリームなT-02は貴重な新機軸なのですが、ケヴィンのヴォーカルがあまりにパワー不足で激しい楽曲に対応しきれていません。

スラッシュ度:★★★★☆|トラッド度:★★★★☆|ダーク度:★★★☆☆
ポップ度:★★★☆☆|マニア度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

入門盤 賛否両論
Translate »