★ SLIPKNOT(スリップノット)ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|エクストリームなハイブリッドヘヴィサウンドでシーンを塗り替えたを破壊的覆面軍団!!…必聴アルバムは?

SLIPKNOT_logo デス

グルーヴメタル,ミクスチャー,デスメタル全てを飲み込んだスーパーハイブリッドサウンドを武器にロス・ロビンソンの最終兵器として新世紀ニューメタルシーンに新たな波を起こしたマスクマンユニット!!

SLIPKNOT(スリップノット)は、KORN(コーン)をはじめLIMP BIZKIT(リンプ・ビズキット),DAFTONES(デフトーンズ)など、ニューメタルシーンの基礎をつくったいくつもの名バンドを送り出してきたロス・ロビンソンの最終兵器という触れ込みで登場し、過去のヘヴィミュージックのいいとこ取りともいえるハイブリッドサウンドと、メンバー全員がホラーキャラクター風のマスクを身につけたキャッチーなギミックが受けて一躍スターダムにのし上がりました。

SLIPKNOT(スリップノット)は、ローカルシーンのデスコア/メタルコアバンドとしてアルバムもリリースして活動していたところを、ロス・ロビンソンの目に止まったことによりメジャーデビューを果たします。
当時はほぼ無名のどマイナー新人バンドだったこともあって、正体不明の仮面軍団という匿名性と、初めて聴いたとは思えない様々なヘヴィサウンドの集合体だったことから、有名バンドのメンバーによる覆面プロジェクトではないかとの噂もまことしやかに囁かれていたほどです。

SLIPKNOTが生み出した、エクストリームメタルを基調として様々なエッセンスを詰め込んだ情報量の多い高密度サウンドは、ニューメタルの新たなモードとなり、同様のフォーマットに則ったサウンドを続々と生み出しますが、それによって一般層によるオーバーグラウンドシーンを耕し、これまでマニアックな音楽とされていたデスメタルなどのエクストリームミュージックがもメインストリームでも受け入れられる土壌を作ることとなります。

結果的に、メロデス勢とともに一般リスナー層へのエクストリームミュージックの広がりに貢献したことになりますし、やはりデスメタル/メロディックデスメタルを音楽性の柱としていたメタルコア勢のブレイクも、彼らの存在なくしてはあり得なかったかこれほどスムーズではなかったことでしょう。

また彼らやMARILYN MANSON(マリリン・マンソン),ビジュアル系ブラックメタル勢の活躍は、コスプレの一般化も相まってかつてはイロモノ扱いだったコスプレ系メタルバンドに市民権を与え、数々のフォロアーをシーンに登場させたほか、コスプレメタルのルーツ的存在だったGwarなどにも再びスポットを当てるという副産物も産みました。

SLIPKNOT|DISCOGRAPHY

Slipknot|スリップノット

SLIPKNOT_Slipknot

オリジナルアルバム 1作目 – (1999年)

エクストリームな究極のハイブリッドニューメタルサウンドで新時代の扉を開き大ヒット。

メタル度:★★★☆☆|デス度:★★☆☆☆|ヘヴィ度:★★★★★
カオス度:★★★★★|独自性:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 実験作

Iowa|アイオワ

SLIPKNOT_Iowa

オリジナルアルバム 2作目 – (2001年)

彼ら本来のデスメタル/デスコア志向を押し出してメタル色を強めさらなるブレイク。

メタル度:★★★★★|デス度:★★★★★|ヘヴィ度:★★★★★
カオス度:★★☆☆☆|独自性:★★☆☆☆|総合評価:★★★☆☆

代表作 入門盤 賛否両論

Vol. 3: (The Subliminal Verses)|Vol. 3:(ザ・サブリミナル・ヴァーサス)

SLIPKNOT_Vol3_(The_Subliminal_Verses)b

オリジナルアルバム 3作目 – (2004年)

メタル色を強めつつエモな歌モノ路線を取り入れ賛否両論。

メタル度:★★★★☆|デス度:★★★☆☆|ヘヴィ度:★★★☆☆
カオス度:★★★☆☆|独自性:★★☆☆☆|総合評価:★★★☆☆

入門盤 賛否両論

All Hope Is Gone|オール・ホープ・イズ・ゴーン

SLIPKNOT_All_Hope_Is_Gone

オリジナルアルバム 4作目 – (2008年)

デスメタルに加えスラッシュメタル的なエッセンスも見せ、よりメロディを強調した作風に。

メタル度:★★★★☆|デス度:★★★☆☆|ヘヴィ度:★★★☆☆
カオス度:★★★☆☆|独自性:★★☆☆☆|総合評価:★★★☆☆

入門盤 賛否両論 実験作

.5: The Gray Chapter|.5:ザ・グレイ・チャプター

SLIPKNOT_5_The_Gray_Chapter

オリジナルアルバム 5作目 – (2014年)

前作同様オーソドックスなヘヴィメタルを意識した作風だが、メタルコアを意識した部分も。

メタル度:★★★★★|デス度:★★★☆☆|ヘヴィ度:★★★☆☆
カオス度:★☆☆☆☆|独自性:★★☆☆☆|総合評価:★★★☆☆

入門盤 賛否両論

We Are Not Your Kind|ウィ・アー・ノット・ユア・カインド

SLIPKNOT_We_Are_Not_Your_Kind

オリジナルアルバム 6作目 – (2019年)

これまでのメタル路線と初期のニューメタルをミックスした独自路線を目指す。

メタル度:★★★★☆|デス度:★★☆☆☆|ヘヴィ度:★★★☆☆
カオス度:★☆☆☆☆|独自性:★★★☆☆|総合評価:★★★☆☆

代表作 入門盤 賛否両論 実験作
Translate »