★ THE CROWN(ザ・クラウン)ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|メロディック路線からロッキンハードコア路線まで…北欧ネオスラッシュシーンをリードするカリスマ!…必聴アルバムは? 

THE_CROWN_logo ◆ A, B, C

雨後のタケノコ現象が伝統のスウェディッシュメタルシーンで、独自のこだわりが光るサウンドでパイオニアとしての看板を守り抜いてきた、北欧デスラッシュ/ネオスラッシュの重鎮!!

THE CROWN(ザ・クラウン)はスウェーデンバンドで、デスメタルとスラッシュメタルの特性を持ったいわゆる“デスラッシュ”と呼ばれるスタイル。
デスメタルムーヴメントの収束や2000年代のスラッシュリバイバルブームを背景に脚光を浴びるようになった、“ネオスラッシュ”と呼ばれるデスメタルルーツの新世代スラッシュメタルを代表する存在グループの代表格で、同じくパイオニにあたるTHE HAUNTED(ザ・ホーンテッド)らとともに、これらの新世代デスラッシュ/ネオスラッシュの代表各としてシーンを牽引してきました。

当初はCROWN OF THORNS(クラウン・オブ・ソーンズ)と名乗っており、オールドスクールな北欧デスラッシュをベースにメロデス的な手法で扇情的なメロディをリフに練り込んだ、独自のメロディックデスラッシュ作風を追求していました。
のちに先行した同名バンドの存在から現在のTHE CROWNへと改名。メロディは抑えめにデスメタルほどの過剰なエクストリミティに傾きすぎず、オールドスクールなヘヴィメタル本来の心地よい適度な疾走感と快適な突進力を追求した、“ネオスラッシュ”サウンドで、幅広いリスナー層に好評を持って迎えられ大きく知名度を高め、さらには日本盤デビューも果たしたことにより日本の人気にも火がつきます。

その後、パンキッシュなロックンロールを取り入れたロッキンなデスメタル…いいわゆる“デッスンロール”やハードコアパンクのテイストを強めたことで、ヘヴィメタル特有の美意識からくる様式美にこだわるリスナーからは批判的な評価を受けることになり、2004年には解散してメンバー個別の活動に移行。
しかし、2008年には再結成してヘヴィメタル様式に準じた作風を強めたアルバムのリリースも重ね、現在もコンスタントな活動を続けています。

CROWN OF THORNS|DISCOGRAPHY

キリストの『茨の冠』の意味のバンド名を持っていた、THE CROWNの前身となったグループ。少なくとも英国のハードロックバンドや米国のニューヨークハードコアバンドにも同名のグループが存在したことから、トラブル回避のためにバンド目瑛を新っめることになりました。
この時期は試行錯誤をしつつバンドの独自性を模索していた時期にあたり、オールドスクールなスウェディッシュデスラッシュにメロディックデスメタル融合させつつも、独自のスタイルの模索する試みを行っていました。

The Burning|ザ・ブリーディング

CROWN_OF_THORNS_The_Burning

オリジナルアルバム – 1作目 (1995年)

CROWN OF THORNSを名乗っていた時代のデビューアルバム。
スラッシュメタルやオールドスクールなスウェディッシュデスメタルに加え、メロディックデスメタル、グルーヴメタルなどの当時のエクストリームメタル最新モードを要素を独自に組み立てた、“ネオスラッシュ”のプロトタイプにあたるアルバムのひとつ。
オールドスクールなデスメタルに続くスタイルを確立させようとする試行錯誤の段階で、スウェディッシュデスメタ特有のB級テイストから完全に逃れてはいませんし、まだ荒削りで楽曲の出来にも波がありますがフックの効いた良質なナンバーも多く、それらの楽曲からはメロディワークやリフワークに非凡なセンスが見て取れます。

デスメタ度:★★★★☆|スラッシュ度:★★★☆☆|スピード:★★★★☆
メロディ度:★★★☆☆|ロッキン度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 代表作 賛否両論 実験作
The Burning
デスメタル / ブラックメタル¥1,528The Crown

Eternal Death|エターナル・デス

CROWN_OF_THORNS_Eternal_Death

オリジナルアルバム – 2作目 (1997年)

コンセプト自体は前作の延長線上にあるもので、新たなスウェディッシュデスラッシュサウンドの構築と、メロディックデスメタルの新たなスタイルの模索を徹底して追求した作品ですが、見違えるほどの洗練とクオリティの向上が見られ、楽曲のバリエーションやメロディ導入メソッドのバリエーションも驚くほと豊富になっています。
メロディックデスメタル/デスラッシュとしては後発組に属するグループですが、凡庸なフォロアーが大量発生していた当時のシーンの中では頭三っつも四つも飛び抜け存在で、本作もパイオニア勢の名作に匹敵するほどの衝撃を与えてくれました。今の耳であたらめて聴くと目新しさは薄くアカ抜けなさもありますが、クオリティや独創性についてはについては現在でも突出したレベルにあり、メロディックデスラッシュの名盤と呼ぶことに一切ためらいはありません。

デスメタ度:★★★★☆|スラッシュ度:★★★☆☆|スピード:★★★★★
メロディ度:★★★★★|ロッキン度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 実験作
Eternal Death
デスメタル / ブラックメタル¥1,375The Crown

THE CROWN|DISCOGRAPHY

Hell Is Here|ヘル・イズ・ヒア

THE_CROWN_Hell_Is_Here

オリジナルアルバム – 1作目 (1998年)

前作ではメロディックデスメタルとして様々な作風を試みていましたが、本作からはストロングなデスラッシュ路線に方向性を絞りこまれ、メロディはかなり抑えられ要所で適度に用いるにとどめられています。
前作からさらに一歩踏み込んで新たな方向性を追求した意欲作ですが、頭から尻尾までほぼアンセムになりうるフックが効いて勢いに満ちた完成度の高いデスラッシュが詰まっており、クオリティやでは前作に勝るとも劣らないレベルにあり、これもまた名盤と呼ばれるにふさわいいアルバムです。

デスメタ度:★★★★☆|スラッシュ度:★★★★☆|スピード:★★★★★
メロディ度:★★★★☆|ロッキン度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 実験作

Deathrace King|デスレース・キング

THE_CROWN_Deathrace_King

オリジナルアルバム – 2作目 (2000年)

前々作, 前作と名盤クラスを立て続けに打ち出してきてそろそろ息切れかと思いきや、今回もそれらに劣らない圧倒的なクオチティに強烈な突進力が同居した傑作デスラッシュアルバムに仕上げてきました。ただ出来の良いにとどまらず、過去作の焼き直しに終わらず新しいアプローチをぶち込んでくるのがTHE CROWNがTHE CROWNたる所以で、本作ではさらにスラッシュ濃度を増しつつデッスンロールに通じるロッキンなテイストも織り込んでいます。
THE HAUNTEDのブレイクによる新世代デスラッシュ“ネオススラッシュ”人気の高まりもあって、THE CROWNが本格的に注目を集めたアルバム。本作から日本盤もリリースされプッシュを受るようになっため、日本での認知度も一気に高まりました。

デスメタ度:★★★★☆|スラッシュ度:★★★★☆|スピード:★★★★★
メロディ度:★★☆☆☆|ロッキン度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 実験作

Crowned in Terror|クラウンド・イン・テラー

THE_CROWN_Crowned_in_Terror

オリジナルアルバム – 3作目 (2002年)

アルバムごとに新機軸を取り入れつつ、突進力にあふれたサウンドと美麗でエモーショナルなメロディを同居させたデスラッシュサウンドを追求し、立て続けに名盤の称号に相応しい作品をリリースしてきたTHE CROWN(CROWN OF THORNS)ですが、今回もそれらに匹敵しうる上質なアルバムをドロップしてきました。
アルアムごとにやや方向性を変えて新機軸を押し出してきた前作までと比較すると、過去に試みた要素の霧は理に終始している本作はやや型にはまった感もあり、ネオスラッシュのある種の類型的スタイルに落ち着きつつある印象ですが、メロディックデスラッシュとしてはあらゆる面で最上位に位置することは間違いないので、様式美上等で特に実験性や新鮮味を求めないリスナーであれば大満足でしょう。

デスメタ度:★★★★☆|スラッシュ度:★★★★☆|スピード:★★★★☆
メロディ度:★★★☆☆|ロッキン度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤 賛否両論

Possessed 13|ポゼスド13

THE_CROWN_Possessed_13

オリジナルアルバム – 4作目 (2003年)

Crowned Unholy|クラウンド・アンホリィ

THE_CROWN_Crowned_Unholy

オリジナルアルバム – 5作目 (2004年

Doomsday King|ドゥームズデイ・キング

THE_CROWN_Doomsday_King

オリジナルアルバム – 6作目 (2010年)

Headhunter|ヘッドハンター

THE_CROWN_Headhunter

シングル (2014年)ナパームデスカバー

Death Is Not Dead|デス・イズ・ノット・デッド

THE_CROWN_Death_Is_Not_Dead

オリジナルアルバム – 7作目 (2015年)

Cobra Speed Venom|コブラ・スピード・ヴェノム

THE_CROWN_Cobra_Speed_Venom

オリジナルアルバム – 8作目 (2018年)

Zombiefied!|ゾンビファインド!

THE_CROWN_Zombiefied!

EP (2018年)

Translate »