★ THE RED HOT CHILI PEPPERS(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|オルタナティヴなUSミクスチャーの代名詞からメインストリームのアリーナバンドへ!!…必聴アルバムは?

THE_RED_HOT_CHILI_PEPPERS_Logo ◆ O, P, Q, R

激動の“アラウンド1990”にオルタナティヴロック/ミクスチャーロック戦国時代を勝ち抜き覇権を掴み取った先鋭的な変態アングラバンドは、メインストリームのド定番アリーナバンドへ!?

THE RED HOT CHILI PEPPERS(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)は、アメリカ合衆国カリフォルニアを拠点とするロックバンド。
バンド名の長さから、一般的にはチリ・ペッパーズ、日本ではレッチリなどの略称で呼ばれています。

USオルタナティヴロックのアイコン!?

1990年前後に全盛を極めた、アメリカン・オルタナティヴロックの先駆け的存在でであり、その黎明期から黄金時代の先頭を走り続けたことで、シーンの中でも最も高い世界的知名度を誇るビッグネーム。USオルタナを象徴する、アイコン的なグループとして認められています。

ミクスチャーのロッックのパイオニア!!

THE RED HOT CHILI PEPPERSの音楽性は、ファンクを中心としたブラックミュージックをロックとクロスオーバー/ミックスさせたもので、、ファンクロック(メタル)やラップロック(メタル)ジャンルにカテゴライズされています。

日本では“ミクスチャーロック”と呼ばれているそれらのジャンルのバンドの中でも、FAITH NO MOREなどと共に最古参のひとつに数えられています。

ファンクロックの改革者!?

ファンクを取り入れたロック自体は70年代からすでに存在しており、THE RED HOT CHILI PEPPERSがその先駆けというわけではありません。
さらに、80年代になるとファンクは、レゲエやスカなどと同様に、アンダーグラウンドからメインストリームまでの幅広いロックバンドが競って取り入れるようになります。

THE RED HOT CHILI PEPPERSも、当初は80年代のポストパンクの延長といえるようなスタイルからスタートしていました。

しかし、当時最先端のブラックミュージックだったヒップホップのラップを意識したヴォーカルスタイルや、ハードコア/スラッシュメタル以降の現代的なヘヴィネスをも取り入れることで、90年代の幕開けを飾る最新型“ミクスチャーロック”として、シーンを牽引していくポジションに躍り出ます。

ファンクロックの枠を超えて!?

90年代の半ばを過ぎると、90年前後のグランジを含めたアメリカン・オルタナティヴブームも一段落し、RAGE AGAINST MACHINEや初期のニューメタル系ラップメタルのような、さらなるモダンなヘヴィチューニングが施された、最新型“ミクスチャーロック/メタル”が続々と登場する状況になります。

THE RED HOT CHILI PEPPERSは、それら新世代のエクストリミティにガチンコで対抗する道には進まず、メロディとオーソドックスな歌唱をフィーチャーした、オーセンティックで普遍的なアメリカンロックを主軸としたスタイルにシフトします。

結果的には、これによって一般層までも取り込んで幅広いリスナーを獲得し、メインストリームのアリーナバンドと呼ぶべきビッグネームにのし上がることに成功。現在に至るまで、トップバンドとして揺るがない地位を築いています。

THE RED HOT CHILI PEPPERS|DISCOGRAPHY

The Red Hot Chili Peppers|レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

THE_RED_HOT_CHILI_PEPPERS_The_Red_Hot_Chili_Peppers_a

オリジナルアルバム – 1作目 (1984年)

ここで聴けるのは黄金期とはスタイル異なり、ニューウェイヴ/ポストパンクと地続きの作風。時代を考えれば自然なことですが、GANG OF FOUR(ギャング・オブ・フォー)のギタリスト、アンディ・ギルによるプロデュースというのも納得です。

独自のポップセンスはこの頃から健在で、黄金期に用いられるフレーズなども散見されますが、いかにも80年代風アングラテイストの、USインディーズ系のローファイ・ジャンク・ファンクといったスタイルです。

レッチリ流のファンク/ラップメタルとしてはまだ発展途上で、悪い意味でとりとめのない散漫な印象も
拭えないアルバムなので、黄金期のサウンドならまだしも現在のアリーナロックサウンドを期待すると裏切られるのは確実。

とはいえ、ウサン臭さこそ彼らの魅力と感じる通人や、アングラサウンドがイケる口ならそれなりに楽しめるでしょうし、このサウンドでデビュー作にもかかわらず、これがメジャーからリリースされたあたりに、80年代の底知れなさがうかがえます。

ミクスチャ度:★★★☆☆|ファンク度:★★★☆☆|オルタナ度:★★★★☆
メロ/エモ度:★☆☆☆☆|ヘヴィネス:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

通好み スルメ盤 実験作

Freaky Styley|フリーキィ・スタイリィ

THE_RED_HOT_CHILI_PEPPERS_Freaky_Styley

オリジナルアルバム – 2作目 (1985年)

ファンクナンバーのカバー曲も含めて正統派ファンクロックのエッセンスが濃くなり、前作と比較するとよりフィジカルなファンクネスとグルーヴが感じられるようになりました。

プロデュースは。大御所P-FUNK〜FUNKADELIC(ファンカデリック)一派の元締めジョージ・クリントンで、それらを思わせるようなテイストも漂わせています。
同時に、パンキッシュなハードコアテイストが濃厚な曲もあり、ヘヴィネスも強化された印象を受けます。

今にして思えば、この時期にして“アラウンド1990”のヘヴィロック・カンブリア大爆発を予感させるような、前触れて駅な要素も内包されているのが感じられ、変態おバカバンドのイメージとは裏腹に、確かな先鋭性を持っていたこともうかがえます。

ミクスチャ度:★★★☆☆|ファンク度:★★★★★|オルタナ度:★★★☆☆
メロ/エモ度:★☆☆☆☆|ヘヴィネス:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 通好み スルメ盤 実験作

The Uplift Mofo Party Plan|ザ・アップリフト・モーフォ・パーティ・プラン

THE_RED_HOT_CHILI_PEPPERS_The_Uplift_Mofo_Party_Plan_b

オリジナルアルバム – 3作目 (1987年)

オルタナティヴロックを中心にヘヴィメタルまで、骨太系バンドを多く手がけるマイケル・ベインホーンのプロデュースによって、黄金期のレッチリサウンドの基本形はほぼ出来上がったアルバム。

メロディのフィーチャー度合いやフックを織り込んだやつくり込み、ミクスチャーとしての雑食的な多面性などについてはまだまだ過渡期ではあるものの、ボトムの効いたヘヴィ&グルーヴィなファンクロック/メタルとしては、これ以降と比較しても遜色ありません。

今となっては、どちらかというと代表作をひと通り押さえたファン向けのアイテムですが、T-01など現在でもライヴの定番となっている代表曲も含まれており、オールドファンからの支持率が高いアルバムです。

ミクスチャ度:★★★★☆|ファンク度:★★★★★|オルタナ度:★★★★☆
メロ/エモ度:★☆☆☆☆|ヘヴィネス:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

入門盤 通好み スルメ盤 実験作

Mother’s Milk|マザーズ・ミルク:母乳

THE_RED_HOT_CHILI_PEPPERS_Mothers_Milk

オリジナルアルバム – 4作目 (1989年)

功労者マイケル・ベインホーンとの衝突も喧伝されている本作ですが、バンド史的には、レッチリ流のファンク/ラップメタルが本格的な完成を見せ、黄金期の到来を示した重要作。バンドが盟友と認めファン人気高い、ジョン・フルシアンテ(Gt.)の初参加作でもあります。

ミクスチャーロックとしての実験性とポップミュージックとしての洗練が、理想的な拮抗を見せており、バンドのブレイクのみならず、USオルタナティヴロックというジャンルそのもののメジャー化/メインストリーム化をも象徴する、記念碑的な意味合いも持っています。

ポストパンクの名残を払拭して、ハードコア/ハードロック/ヘヴィメタルテイストが強化されたアグレッシヴなサウンドは、強靭ながら柔軟なヘヴィヴルーヴに満ちたもの。
また、ポップネスも強化されメロディの比重もアップして、全編にわたってキャッチーなフック満載。もちろん、カバー曲ながらスマッシュヒットとなったT-02やT-06など、バンド史に残る名曲も収録されています。

これまでもアルバムごとにアップデートを重ねてきたとはいえ、本作での伸び幅は段違いに跳ね上がっており、完全に“化けた”といえるレベル。全く別のステージに到達した名盤です。

ミクスチャ度:★★★★★|ファンク度:★★★★★|オルタナ度:★★★★★
メロ/エモ度:★★☆☆☆|ヘヴィネス:★★★★☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 実験作

Blood Sugar Sex Magik|ブラッド・シュガー・セックス・マジック

THE_RED_HOT_CHILI_PEPPERS_Blood_Sugar_Sex_Magik

オリジナルアルバム – 5作目 (1991年)

前作とともに、レッチリ黄金期のミクスチャー路線の頂点にあたるアルバムで、前作とともにこの時期の代表作として、第1期ミクスチャーロックブームを語るには欠かせない1枚。
プロデュースには本作から10作目まで長きにわたる付き合いとなった、名伯楽リック・ルービンを迎えています。

前作で完成したレッチリ流のミクスチャー/ファンクメタルをブラッシュアップしつつ、大きく作風の幅を広げており、中でも、リカルでエモーショナルなメロディをフィーチャーした、オーソドックスなポップロックやバラードは、今後の定番路線としてアルバムの軸にもなってゆきます。

オールタイムベスト級の名曲も満載で、総合的/多面的に見るならレッチリの最高傑作であることは間違いなく、熱心なファンでなければとりあえずベスト盤…そうでなければ本作1枚だけ押さえておけば十分とも言えるほど。弱点といえば、出足が鈍く冒頭のツカミが弱いことくらいです。

ミクスチャ度:★★★★★|ファンク度:★★★★☆|オルタナ度:★★★★★
メロ/エモ度:★★★☆☆|ヘヴィネス:★★★★☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 実験作

One Hot Minute|ワン・ホット・ミニット

THE_RED_HOT_CHILI_PEPPERS_One_Hot_Minute

オリジナルアルバム – 6作目 (1995年)

フルシアンテの脱退により、解散したJANE’S ADDICTIONのデイヴ・ナヴァロを迎えましたが、結果的にこの編成でのアルバムは本作1枚のみ。
キャリア的にもUSオルタナブームとしてもピークの時期でありながら、オールドファンや評論家からも不評を買って売り上げが一気に落ち込み、一般的には失敗作/駄作と見なされています。

とはいえ、クオリティが前作から格段に劣るわけではありません。オールタイムベストに入るレベルのヒットチューンもあり、聴きどころは少なくありません。
代打のナヴァロはフルシアンテと比較するとメタル/ハード志向で、古典的ギターヒーロー系ともいえますが、サイケな個性も適度な出しつつ無難に仕事をこなしています。

あえて言えば、ほぼ同一路線で3作目にもなるためか、さすがに作中のアイデアの定番化やフレーズの使い回しなどが目立つくらいでしょう。

低評価の理由を探るならば、ミクスチャーシーンの変化の波に飲まれたことや、バンドのメインストリーム化やメタル化への反発なども考えられますが、結局のところ、フルシアンテの存在がバンドとファン双方にとって特別なもので、ライバルバンド出身でスタイルも異なるナヴァロを受け入れ難かったということなのでしょう。

ミクスチャ度:★★★★★|ファンク度:★★★☆☆|オルタナ度:★★★★★
メロ/エモ度:★★★☆☆|ヘヴィネス:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 入門盤 賛否両論

Californication|カリフォルニケーション

THE_RED_HOT_CHILI_PEPPERS_Californication

オリジナルアルバム – 7作目 (1999年)

黄金期のギタリストとしてファン人気の高いジョン・フルシアンテの復帰と、ややマンネリ気味の気配があったファンクメタルからの路線変更がうまく働いて、再び売り上げを伸ばして大ヒットバンドにに返り咲いたアルバム。

黄金期の鉄板だったミクスチャー/ファンクメタルスタイルと、アクセントに近かったメロディアスなアメリカンハードロックスタイルの比率が逆転しており、これによって00年代からのオーソドックスなポップロックサウンドによるアリーナロック路線の幕開けとなりました。

いつものように名曲/佳曲も並んでいるものの、収録曲数が多いわりには及第点どまりの曲が多く、アルバムとしての密度はそれほど高いわけではありませんが、やや肩の力が抜けてリラックスした万人受けしやすい作風となっています。

ミクスチャ度:★★★☆☆|ファンク度:★★★☆☆|オルタナ度:★★★☆☆
メロ/エモ度:★★★★☆|ヘヴィネス:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤 実験作

By the Way|バイ・ザ・ウェイ

THE_RED_HOT_CHILI_PEPPERS_By_the_Way

オリジナルアルバム – 8作目 (2002年)

成功を収めた前作での、オーソドックスなアメリカンロック路線を推し進めており、引き続き力の抜けた自然体風味の音づくりと、よりオーガニックな質感が特徴的です。

おなじみのファンクテイストとミクスチャー展開も見られるものの、全盛期からは大きく後退しており、完全にメロディアスな歌物ポップロックアルバムとなっています。

まだオルタナ時代の匂いを残していますが、音楽的にも立ち位置的にも、新世代のラップメタルと最新ミクスチャー表現を競うのではなく、アリーナロックバンドとしてVAN HALENやBON JOVE、あるいはU2などと同列で語られるグループとなっています。

そのアリーナロック期の中ではセールス面はそれほどでもありませんが、個々の曲のクオリティでは頭ひとつ以上抜きん出ており、アルバムとしての密度もダントツの仕上がりは、後期の名盤と呼ぶにふさわしいものです。

ミクスチャ度:★★☆☆☆|ファンク度:★★☆☆☆|オルタナ度:★★★☆☆
メロ/エモ度:★★★★★|ヘヴィネス:★★☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 通好み 実験作

Stadium Arcadium|スタジアム・アーケディアム

THE_RED_HOT_CHILI_PEPPERS_Stadium_Arcadium_a

オリジナルアルバム – 9作目 (2006年)

I’m with You|アイム・ウィズ・ユー

THE_RED_HOT_CHILI_PEPPERS_Im_with_You

オリジナルアルバム – 10作目 (2011年)

The Getaway|ザ・ゲッタウェイ

THE_RED_HOT_CHILI_PEPPERS_The_Getaway

オリジナルアルバム – 11作目 (2016年)

Translate »