★ VITAL REMAINS [ヴァイタル・リメインズ] ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|サタニックなメロディックブルータルデスサウンドでUSデスメタルの裏街道を行くアングラレジェンド!!…必聴アルバムは?

◆ U, V, W, X, Y, Z

サタニック&アンチクライストなアメリカン・オールドスクール・デスメタルから、巧みにメロディを導入したブルータル・メロディック・デスメタル完成させたカルトバンド!!

VITAL REMAINSのディスコグラフィ/レビュー、おすすめアルバムだけをチェックしたい方は【記事下部】か【目次】のリンクからも移動できます!!

VITAL REMAINS[ヴァイタル・リメインズ]は、ホラー作家H・P・ラヴクラフトの生地でクトゥルー神話の舞台としても知られる、米国ロードアイランド州プロヴィデンスを拠点とするデスメタルバンド。

◆◇ サタニック・ブルータル・デス!?

VITAL REMAINSの音楽性は、何度かの路線変更が行われています、そのため、その時期によって大きくスタイルが異なっています。

基本的なサウンド自体は、一貫してブルータルデス・メタルと呼べるものですが、アンチキリストだけでなくオカルティックなサタニズムなど、デスメタルバンドとしては比較的少数派に属するブラックメタル的コンセプトと世界観を押し出しています。

◆◇ VITAL REMAINSのデスメタル・サウンド遍歴!?

デビュー当初のVITAL REMAINSは、MORBID ANGELなどにも近いサウンドややエピカルな大仰さを持ちつつも、比較的オーソドックスなデスメタル・サウンドを展開していました。

その後、デスメタルにブラックメタルのエッセンスと、ゴシック的な耽美テイストを取り入れた、いわゆる『ブラッケンド・デスメタル』に類するスタイルを経て、日系マルチミュージシャン、デイヴ・スズキの加入を機に音楽性を一新。

ブルータル・デスメタルの中にメロディアスなフレーズやギターソロなど耽美テイストと、テクニカルな展開を大きく取り入れ、同時に長尺の楽曲が主体として、多彩なアイデアとセンスで聴かせる作風へと以降します。

◆◇ マニアックな通好みバンド!?

VITAL REMAINSは、初期のデスメタルムーヴメントの中でも比較的長いキャリアを持つバンドですが、知名度は現時点でもそれほど高くはありません。

MORBID ANGELやCANNIBAL CORPSEらの超メジャー級、MALEVOLENT CREATIONやSUFFOCATIONなどの準メジャー級に次ぐ存在として、INCANTATIONやMORTA SKULDあたりと並ぶややマニアックで通好みなのポジションにありました。

◆◇ VITAL REMAINSの異色レーベル遍歴!?

同時代のUSデスメタルバンドの中ではレーベル経歴もやや異例で、英国エクストリームの名門ながら、PARADISE LOSTらの存在でゴシック/耽美路線のイメージの強い『ピースヴィル(PEACEVILLE RECORDS)』や、DARK TRANQUILLITYが在籍し、メロディック/耽美系バンドが中心だった、フランスの『オスモース(OSMOSE PRODUCTIONS)』などに在籍していました。

◆◇ バンド体制を変えつつも活動継続中!?

セカンドアルバムリリース以降は、実質的には唯一のオリジナルメンバーとなったトニー・ラザロ(TONY LAZARO)のソロプロジェクトに近い体制となっています。

他のパートはかなり頻繁に入れ替わっており、アンチキリストコンセプトのつながりから、一時期はDEICIDEのグレン・ベントンがヴォーカリストとして在籍していたこともありました。

また、寡作で長いキャリアのわりには作品数が少なく、新作も2007年の6作目を最後にリリースされていません。
しかし、バンド自体は現在も活動継続中ということになっており、2020年には新作レコーディング終了のアナウンスもありましたが、現時点でリリースはされていません。(2021年現在)

次ページはVITAL REMAINSのディスコグラフィ&レビューを紹介!!▼リンクはページ下!▼

Translate »