【Wikiに無い!】フィメイル・メタル(ガールズバンド / 歌姫系 / 嬢メタル)紹介:基礎知識&代表的必聴バンド:25選【ビギナー必見・必聴|ヘヴィメタルジャンル徹底解説】

ヘヴィメタルライヴ中にメロイックサインを掲げるオーディエンスのイメージ ゴシックメタル

Contents

ムーヴメント渦中系バンド:12選 編

最後に女性ヴォーカリスト/アーティストを第一線で活躍できるまでに押し上げたバンドや、それ以降に登場したフォロアーたちを紹介します!

THE GATHERING|ザ・ギャザリング

band_THE_GATHERING_02

楽曲への女性ヴォーカル/女性コーラス導入が。一般的な手法として認知されていたゴシックメタルシーンでも、女性ヴォーカリストをパーマネントメンバーに起用してその歌唱を前面に押し出したスタイルでは、パイオニアにあたるバンドのひとつ。

ゴシックメタルリスナーや一般メタラーのみならず、80年代のALL ABOUT EVEのようにフィメイル系プログレファンなども含めた幅広いリスナーを獲得して、歌姫メタルブームの火付け役となりました。

ゴシックメタルリスナーや一般メタラーのみならず、80年代のALL ABOUT EVEのようにフィメイル系プログレファンなども含めた幅広いリスナーを獲得して、歌姫メタルブームの火付け役となりました。

The Gathering -strange machines (official video clip)

SKEW SISKIN|スキュー・シスキン

band_SKEW_SISKIN_01

ヴォーカリストのニナ(Nina C. Alice)を中心に、90年代からドイツで活動を続けるジャーマンハードロックバンド。

MORTORHEAD系のハードロックンロールから、ストーナー風味もあるサイケデリックなヘヴィロックまで音楽性は多岐にわたりますが、常に高品質な作品をリリースし続けています。

日本では知名度こそ伸びなかったものの、世界に通じる本格的なロックサウンドと熱量の高いヴォーカルはMOTORHEADレミーのお墨付きで、コラボレーションも実現している実力派です。

SKEW SISKIN Riding with the Devil feat. Lemmy Kilmister

FEAR OF GOD|フィアー・オブ・ゴッド

band_FEAR_OF _OD

FEAR OF GODは甘くアンニュイな歌声とデス寄りのダーティなシャウト行き来する女性ヴォーカリスト、ドーン(Dawn Crosby)をフィーチャーしたグループ。

知名度こそ低いもののPARADISE LOSTにも先駆けて『ニューウェイヴ系ゴシックロックmeetsエクストリームメタル』というスタイルを確立していた、知る人ぞ知る米国ゴシックメタルの先駆け的存在の“早すぎたバンド”です。

ゴシックロックをベースにグランジ,スラッシュメタル,ハードコアがクロスオーバーされたサウンドは一時期のCELTIC FROSTにも通じるものですが、オルタナティヴロックとしてはメタル過ぎ、メタルとしてはオルタナティヴ過ぎて中途半端なポジションにとどまらざるをえませんでした。

そのアプローチは後のCRISISにも受け継がれています。

Fear Of God Beyond The Veil full version

CRISIS|クライシス

band_CRISIS_02

個性派ヴォーカリストのカリン・クライシス(Karyn Crisis)を中心とした、ニューヨークのオルタナティヴなエクストリームメタルバンド。

スラッシュ/デスメタル,ハードコア,グルーヴメタルなどのクロスオーバーサウンドで、後のニューメタル/メタルコアのハシリのようなサウンドを完成させていました。

カリンのヴォーカルスタイルはのちに増えるデスヴォイトレしたような類型的なものではなく、もっと生々しさを残したデス寄りのダーティな声とキュートで女性的な声を忙しく行き来する、分裂症的な独自のスタイル。

カリンは、CRISIS解散後アバンギャルドなポスト・ブラックメタルバンドEphel Duath(エッフェル・デウス)に加入。現在はその中心メンバーDavide Tisoと、Karyn Crisis’ Gospel of the Witchesで活動しています。

CRISIS – different ways of decay

SKUNK ANANSIE|スカンク・アナンシー

band_SKUNK ANANSIE_a

90年代英国ロックシーンのトップフロントマンのひとりである、黒人女性シンガーのスキンを擁し、さらに腕利きミュージシャンぞろいという、イギリスのハード/ヘヴィロックバンド。かのデヴィッド・ボウイが認めてフェイバリットにも挙げる、実力派としても知られています。

USメインストリームのラップメタルやグルーヴメタルも視野に入れ、英国伝統のデジタルロック/ビックビートなど幅広いバックグラウンドを反映したサウンドが特徴ですが、やはり看板となるのはスキン卓越したヴォーカル。そのソウルフルでエモーショナルな歌唱を活かし、ヘヴィチューンからソフィスティケートされたサウンドまでも持ち味としていました、

「Paranoid and Sunburnt」リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

Skunk Anansie – Selling Jesus

MY RUIN|マイ・ルーイン

band_MY_RUIN_02

エミネム,エヴァーラスト,ヴァニラアイスと並んで白人ラッパー四天王(笑)に数えられる、女性ラッパーのテリー・B(Tairrie B)率いるニューメタルバンド。

テリー・Bはニューメタルの黎明期に、HIPHOP界に背を向けメタルシーンに参入。MANHOLE(マンホール)TURA SATANA(トゥラ・サタナ)とメンバーとバンド名を変えつつ活動を続けていましたが、その最終形としてパーマネントバンドになっているのが、MY RUINです。

デビュー当初と比較すると音楽性もヴォーカルスタイルもさらに豊かになった、個性的なエクストリームメタルサウンドを聴かせています。

My Ruin – Stick It to Me – Crowdsurfers Magnet

THE CRANBERRIES|クランベリーズ

band_THE-CRANBERRIES

90年代最強の歌姫ドロレス(Dolores O’Riordan)率いるアイルランドのトラッドロックグループ。

UKシーンのみならず世界的な存在となったバンドで、特にドロレスの独特なこぶし回しによるヴォーカルスタイルはメインストリームのHIPHOPやR&Bシーンにまでも影響を及ぼし、フィメイルヴォーカルの典型的スタイルのひとつにまでなっています。

ポップ寄りの作風ながら、ヘヴィメタルに匹敵するヘヴィナンバーやゴシックメタルに通じるエッセンスも持ち合わせた革新的トラッドロックスタイルで、のちのエスニック系ゴシックメタルやトラッドメタルにも多大な影響を与えています。

近年では、ニューメタルバンドBAD WOLVES(バッド・ウルヴス)が彼らの代表曲Zombie(ゾンビ)をカバーしたことでメタラーからも注目を集めました。

The Cranberries – Zombie (Official Music Video)

ARCH ENEMY|アーチ・エネミィ

band_ARCH_ENEMY_01

ARCH ENEMYは、初期のスウェディシュデスメタルバンドCARNAGE(カーネイジ)マイケル・アモットが、その解散後に参加していたCARCASSを脱退して立ち上げたバンド。CARCASSでのノウハウをそのままスウェーディシュスタイルに置き換えたサウンドでブレイクして、メロデス初期の代表格に数えられます。

その後、THE GATHERINGなどの歌姫路線の成功に目をつけ、初代ヴォーカルのヨハン・リーヴァを解雇して女性デスヴォーカリストのアンジェラ・ゴソウを抜擢。これが功を奏してバンドは世界的なヒットとなり一気にメジャー化します。

これに味をしめ、アンジェラ脱退時にも再度女性ヴォーカリストのアリッサ・ホワイトを迎えますが、個性的なスタイルを持つヨハン復帰を望む声は尽きず、後にヨハンとの別ユニットBLACK EARTHも始動させています。

AMARANTHE – 'Do Or Die' Feat. Angela Gossow (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

KITTIE|キティー

band_KITTIE_01

KITTIEは“ニューメタル世代のTHE RUNAWAYS”,“早すぎたBABYMETAL”などと呼ばれる、カナダのガールズ/レディースエクストリームメタルバンド。

当時はニューメタルムーヴメントに乗っかったアイドル路線狙いのキワモノバンドというイメージが強く、すぐに消えるだろうというのが大方の見方でした。

しかし、予想に反してギター&ヴォーカルのモーガン(Morgan Lander),ドラムのメルセデス(Mercedes Lander)以外は流動的なものの、現在に至るまで女性メンバーのみの構成で活動を続けて20周年を迎えており、確かな実力と本気度の高さを証明しています。

Kittie – Brackish Official Music Video HD
Spit
ハードロック¥1,222Kittie

「Oracle」リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

EVANESCENCE|エヴァネッセンス

band_EVANESCENCE_03

EVANESCENCEは女性ヴォーカリストのエイミィ・リー(Amy Lee)を中心として、欧州系のゴシックメタル/シンフォニックメタルを米国メインストリームサウンドにチューニングした作風で一気にブレイク。

デアデビルの映画テーマ曲にも起用されたほか、毎年のようにグラミー賞などの各種音楽賞にもノミネート/受賞を重ねて一世を風靡します。

米国メインストリームならではのポップネスを持った、US歌姫メタルの旗手/歌モノ系ニューメタルの草分け的存在として、現在もニューメタルシーンの重要バンドのひとつに数えられています。

Evanescence – Going Under (Official Music Video)

SUPER JUNKY MONKEY|スーパー・ジャンキー・モンキー

SUPER_JUNKY_MONKEY

女性4人によるフルレディースバンドにして、90年代ジャパニーズ・ヘヴィロックシーン最強の座を争ったトップグループのひとつ。

ファンキーなミクスチャー、グルーヴメタル、ハードコアなど多岐に渡った音楽性を飲み込んだ世界基準のサウンドは、ガールズ/レディースバンドで捉える必要性を感じさせない圧倒的クオリティで、シーンの中でも孤高の地位を築いていましたが、惜しくもヴォーカリストの死により過活動停止となります。

SUPER JUNKY MONKEY "Buckin' the Bolts" LIVE(with lyrics)
SCREW UP
オルタナティブ¥2,139SUPER JUNKY MONKEY

YELLOW MACHINEGUN|イエローマシンガン

YELLOW_MACHINEGUN

ハードコアブームの最中に登場した、パワートリオ編成の実力派ガールズ・メタリックハードコアバンド。ソリッドでミニマムな、疾走感あふれるファストチューンが持ち味としてました。

カジュアルでナチュラルなビジュアル/キャラクターや立ち居振る舞いと、それと相反するストロングスタイルのメタリックハードコアサウンドの落差が、強烈なインパクトを残すバンドです。現在も細々とながら、現役で活動中のようです。

Yellow Machinegun イエローマシンガン- Vanishing Your Being&Again

BABYMETAL|ベビーメタル

BABYMETAL

BABYMETALは、歌姫メタルブームに便乗したヘヴィメタルギミックの日本のアイドルユニット。
日式の“アイドルカルチャー”、“カワイイカルチャー”の世界的な広がりを背景に海外でも注目を集めて、各国のメタルフェティバルに招聘されたりオープニングアクトに起用されるなど、ビジネス的には成功しています。

デビュー当初より賛否両論は尽きないものの、ヘヴィメタルの認知度アップ/リスナー層拡大には貢献した存在ではあります。

BABYMETAL – イジメ、ダメ、ゼッタイ – Ijime,Dame,Zettai (OFFICIAL)

Amazon Music Unlimitedでフィメイル/歌姫メタルの名盤が聴き放題!

Translate »