★ ELECTRIC WIZARD(エレクトリック・ウィザード)ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|英国のカルト・ドゥーム・バンドが燻り出す悪夢のダウナー・サウンド!!…必聴アルバムは?

ELECTRIC_WIZARD_Logo ◆ D, E, F, G

Contents

スモーキー&ダウナーなヘヴィ・サウンドでドゥーム/ストーナー・ムーヴメントの中で独自の地位を確立した英国が誇るアンダーグラウンドのカルトバンド!!

ELECTRIC WIZARDのディスコグラフィ/レビュー、おすすめアルバムだけをチェックしたい方は【記事下部】か【目次】のリンクからも移動できます!!

ELECTRIC WIZARD(エレクトリック・ウィザード)は、英国のドゥーム/ストーナー系ヘヴィロック・グループ。

CATHEDRALクローンから始まった!?

ELECTRIC WIZARDはその名義でデビューする以前から、何度かバンド名を変えながらドゥームデス系のデスメタル・バンドとして活動していました。

その後、エクストリーム・メタルを経由した新解釈の、90年代型ドゥーム・サウンドを確立して、ドゥームメタルムーヴメントを牽引した、CATHEDRALの洗礼を受けます。

それによって、CATHEDRALの影響下にあるスタイルへと移行し、そのスタイルでデビューを果たすことになります。

リー・ドリアンの一番弟子!?

当時、70’sヴィンテージ&サイケデリック路線でブレイクしたCATHEDRALが披露した、明快なロック的ダイナミクスを持つドゥーム・サウンドは、シーンを一新するインパクトを残しました。

そのため、同郷のORANGE GOBLINやスウェーデンのSPIRITUAL BEGGARSら、同時期のドゥーム勢の多くは、CATHEDRALのブレイク後の2nd〜3rdアルバムに近い音楽性を、志す傾向にありました。

それに対して、ELECTRIC WIZARDはCATHEDRAL1stアルバムを踏襲したスロー・ドゥームスタイルからスタートし、ドラァギィでひたすらダウナーなスタイルを追求していきます。

ドゥーム/ストーナー・シーンの人気者に!?

まだマイナーでアンダーグラウンドの存在だった、初期のドゥーム/ストーナー・シーンでは、本格的なドゥーム/ストーナーは一般リスナーに浸透していたわけではありません、

一般層は、よりスタンダードなヘヴィメタル/ハードロックに近く、知名度の高いカリスマ・ミュージシャンが関わっている、SPIRITUAL BEGGARSやDOWNなどを好み、それらが人気の中心となっていました。

しかし、ドゥーム/ストーナーの裾野の広がりと、リスナーのリテラシー向上やマニアック化が進んだ影響もあり、どちらかというと通好みでそれほど目立った存在ではなかったELECTRIC WIZARDも、一気に注目度/知名度を高めてゆきます。

メンバーと音楽性のマイナーチェンジを重ねる!?

2003年には、ジュス・オーボーンを除いた創設メンバーが全て脱退。
その後、ELECTRIC WIZARDはメンバーチェンジを重ねながら、音楽面でもアルバムごとに微妙なマイナーチェンジを試みてゆきます。

ドゥームメタルの本家であるCATHEDRALの解散もあって、シーンではそれに代わる存在も求められましたが、ELECTRIC WIZARDはその最右翼として、CATHEDRALに匹敵するか、リスナーの世代によってはそれ以上の影響を持つ存在となります、

それによって、ドゥーム/ストーナー・シーンのトップグループとしての地位を確立しており、現在も活動を続けています。

次ページはELECTRIC WIZARDのディスコグラフィ&レビューを紹介!!▼リンクはページ下!▼

Translate »