★ BUDGIE(バッジー)ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|スラッシュメタルの原点でもあるヘヴィなキラーリフが光る!『METALLICA』『人間椅子』が愛した英国ハードロックバンド!!…必聴アルバムは?

BUDGIE_Logo ◆ A, B, C

Contents

個性的リフワークとヘヴィサウンドが通好みなリスナーに愛され続けた続けた個性派ブリティッシュ・ハードロックバンドは、『NWOBHM』『スラッシュメタル』の原点として再評価が繰り返される!?

BUDGIE(バッジー)は、70年代初頭より活動を続ける、英国ウェールズ出身のハードロックバンド。

インコのアートワークが目印!?

BUDGIEのバンド名は“セキセインコ”を意味するワードで、それがバンドのイメージキャラクターにもなっており、ジャケットのアートワークにもインコや鳥がモチーフとして用いられています。

中でもインコの頭を持つ鳥人のキャラクターは、アメリカのRIOTのジャケットを飾るアザラシ頭の“ジョニー”とともに、メタル/ハードロックシーンの名物キャラにもなっていました。

BUDGIEはBLACK SABBATHフォロアー!?

BUDGIEは、デビュー作で見せたBLACK SABBATHの影響を感じさせるヘヴィなサウンドとリフワーク、そして、BLACK SABBATHやの初期作品を手がけたロジャー・ベインのプロデュースで世に出たことから、一般的にはBLACK SABBATHフォロワーと見なされる傾向があります。

しかし、それと同等以上にLED ZEPPELINからの影響も大きく、さらには、プログレッシヴロックなどのエッセンスも取り入れており、それを独自のセンスでクロスオーバーした、多彩な要素を感じさせる個性的なハードロックを展開していました。

NNWOBHMによるメタルブームで再評価!?

歴史的なビッグネームがひしめいていた70年代のハードロックシーンの中では、BUDGIEはそれほど目立った存在ではなく、どちらかというとB級と呼ばれる位置にあってややマニアックなリスナーに愛好されていましたが、NNWOBHMムーヴメントの中でヘヴィメタルのプロトタイプとして再評価されるようになります。

そのため、ATOMIC ROOOSTERなどとともに、当時いくつか存在したNNWOBHMの恩恵によって注目されて再び活動が活性化した、ベテラングループのひとつにも数えられています。

また、BUDGIE自体もその時期には、80年代型のヘヴィメタルに大きく接近したサウンドを展開。同時代のヘヴィメタルファンからも支持されていました。

80年代はメタル路線で活動!?

NNWOBHMムーヴメントの中の再評価で注目を集めた時期には、オリジナルメンバーはフロントマンでベーシストのバーク・シェリーのみとなっていましたが、同時代的なヘヴィメタル寄りのアグレッシヴなサウンドに生まれ変わり、NNWOBHM系のグループと共に活動を続けます。

このように、80年代はヘヴィメタルなどの同時代のトレンドを積極的に作風に反映させており、のちにはアメリカを意識したようないわゆる『産業ロック』寄りのアプローチも試みています。

スラッシュやドゥームからもリスペクト!?

BUDGIEは、特に独自性の強いリフワークに定評があり、特徴的なキラーリフの数々を生み出したことでも知られています。

その影響は、NWOBHMを経てそこから大きな影響を受けたスラッシュメタルにも引き継がれ、特にスラッシュシーンの筆頭格のMETALLICAによってカバーされたことで、改めて再評価されてリバイバル人気も高まりました。

また、日本の和製ドゥームバンド人間椅子もBUDGIEフリークとして知られており、METALLICAもカバーした“Breadfan”は、日本語に置き換えられた『針の山』としてアンセムナンバーにもなっていいるほか、他の曲中にもオマージュ的な引用がされています。

奇跡の復活と新作アルバムリリース!!

再評価の機運の高まるたびに活動を再開したBUDGIEも、作品は既存の音源を用いたベストアルバムやライヴアルバムに終始していましたが、2006年にはついに24年ぶりとなるスタジオフルアルバムの新作もリリースします。

しかし、2010年にメンバーの体調不良もあって活動休止となってからは、活動についてのアナウンスは聞こえてこない状態にあります。

BUDGIE|DISCOGRAPHY|スタジオアルバム

Budgie|バッジー

BUDGIE_Budgie

オリジナルアルバム – 1作目 (1971年)

BLACK SABBATH系のバンドと見なされていたデビューアルバムで、プロデュースもBLACK SABBATHやJUDAS PRIESTの初期作品を手がけたロジャー・ベインによるものです。

確かに、T-01, T-04, T-06などのスローなヘヴィチューンなどにはBLACK SABBATHの影響も感じられますが、いわゆるドゥーム特有の退廃的な陰鬱さはそれほど感じさせない、普遍的なハードロックサウンドを展開しています。むしろLED ZEPPELINに通じるなファンキーなミクスチャーセンスや、プログレを意識した変則的な展開が印象的です。

基本的には6分前後のやや長めのヘヴィチューンの合間に、インタールード的なメロディアスな小曲が挟まる構成。後年にバンドの看板にもなるファストチューンはT-05のソロ部分で確認できる程度ですが、ほぼ捨て曲ナシの充実度で、ヘヴィ路線の代表作なら間違いなくコレと言える最強の1枚。

メタル度:★★☆☆☆|ヘヴィネス:★★★★★|叙情度:★★☆☆☆
グルーヴ:★★★☆☆|ポップ度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★★+

殿堂入り 代表作 入門盤 通好み

Squawk|スクォーク

BUDGIE_Squawk

オリジナルアルバム – 2作目 (1972年)

BUDGIEのキャリアにおいても重要度の高い個性的な2作品に挟まれたことや、過渡期的な作風もあっていまひとつ印象の薄いアルバム。

前作を踏襲しつつも、よりアクやクセを薄めてオーソドックスなハードロックに近づけたような作風で、あえて言えばややプログレ風味が目立ちますが、『プロト・メタル』的な硬質なサウンドやファストチューンはまだ顔をみせておらず、本格的なスタイルの確立は次作を待たねばなりません。

楽曲は概ね及第点はクリアしており、それほど不出来なアルバムではないのですが、本作の目玉となる一応の大表曲T-05やそれに次ぐT-08, T-09といったあたりも、キラーチューンと呼ぶにはややパワー不足です。

巨匠ロジャー・ディーンによるジャケットも印象的ではあるのですが、いつもの“ディーン節”の薄い習作的なアートワークでやや違和感が残ります。

メタル度:★★☆☆☆|ヘヴィネス:★★★★☆|叙情度:★★★☆☆
グルーヴ:★★★★☆|ポップ度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

賛否両論 通好み スルメ盤 実験作

Never Turn Your Back on a Friend|ネヴァー・ターン・ユア・バック・オン・ア・フレンド:友情

BUDGIE_Never_Turn_Your_Back_on_a_Friend

オリジナルアルバム – 3作目 (1973年)

前作に続いてアートワークはロジャー・ディーンよるもので、こちらは精緻さは薄いもののだいぶソレらしい“いかにも”な仕上がり。

何といっても、METALLICAや人間椅子がカバーしたことでメタルファンにも知らしめられ、現在ではBUDGIEの代名詞ともとなった名曲T-01“Breadfan”を収録していることで知られるアルバムです。

ファアストチューンはその1曲のみですが、ブルース・スタンダードのカバーT-02や、メロディアスでドラマティックなこれまた代表曲のT-07など、聴きどころは多いアルバムです。

そのT-02は、AMBOY DUKES & テッド・ニュージェント, AEROSMITH, AC/DC, ヴァン・モリソンなど、多数のビッグネームによってカバーされてきた名曲。

アナログでA面後半〜B面前半にあたる中盤は、駄曲まではいかないものの本作中では明確にグレードが落ちるため、アルバムとしてはややムラのある仕上がり。しかし、他がそれを差し引いてあまりある存在感であり、本格的なBUDGIE流“プロト・メタル”サウンドを提示した重要作として、代表作として挙げらることもあります。

メタル度:★★★☆☆|ヘヴィネス:★★★★☆|叙情度:★★★★☆
グルーヴ:★★☆☆☆|ポップ度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 実験作

In for the Kill!|イン・フォー・ザ・キル

BUDGIE_In_for_the_Kill!

オリジナルアルバム – 4作目 (1974年)

前作と並んで代表作に挙げられる、クリエイティヴ面でも黄金期に位置するアルバム。やはりMETALLICAがカバーしたことで知名度を上げた、ファストチューンT-02を収録しています。

そのT-02と“メタルZEPPELIN”とも表現できそうな、ヘヴィメタリックなグルーヴチューンT-04あたりが看板曲と言えそうですが、本作に限ってはそれらと他の曲とのグレードの開きが極めて少なく、おしなべて高水準なナンバーが並ぶ捨て曲ナシの充実作。
キラーチューンのインパクトでは“Breadfan”収録の前作に譲りますが、総合力ではこちらが上回ってさえいます。

また、BUDGIE流“プロト・メタル”サウンドは本作で極まっており、現在の視点で時系列を考えながら聴いた方が、よりヘヴィメタル史の中でのエポックメイキング的な重要性を実感できるかもしれません。

初代ドラマーのレイ・フィリップスが脱退したため、ここでは本作のみのワンポイントリリーフなったピート・ブートが叩いています。

メタル度:★★★☆☆|ヘヴィネス:★★★☆☆|叙情度:★★☆☆☆
グルーヴ:★★☆☆☆|ポップ度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★+

殿堂入り 代表作 入門盤 通好み 実験作

Bandolier|バンドリアー:反逆の群狼

BUDGIE_Bandolier

オリジナルアルバム – 5作目 (1975年)

再結成後は現在に至るまでドラマーを務めている、スティーブ・ウィリアムズが就任しての1作目。

まだ、前作までの勢いを維持されているものの、ややピークを過ぎたような停滞ムードも感じられ、それをT-05などに顕著なポップネスの強化で打破しようとしているような印象も受けるアルバムです。

アタマとシメに配置されたアップテンポなヘヴィチューンは、本作の看板曲としてインパクト十分な安定の出来栄えですし、それ以外でも、ソウルフルなT-03やLED ZEPPELIN風のグルーヴ曲T-04あたりはナカナカの佳曲なのですが、充実の名盤である前作を聴いた後となっては、全体的にやや精彩を欠いた印象も拭えません。

とはいえ、他の名盤群にはアベレージで一歩及ばないものの、ファンなら必聴盤なのは間違いところです。

メタル度:★★★☆☆|ヘヴィネス:★★★★☆|叙情度:★★★☆☆
グルーヴ:★★★★☆|ポップ度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 通好み スルメ盤

If I Were Brittania I’d Waive the Rules|イフ・アイ・ワー・ブリタニア

BUDGIE_If_I_Were_Brittania_I'd_Waive_the_Rules_b

オリジナルアルバム – 6作目 (1976年)

前作でのポップ傾向を推し進めたような印象のアルバムですが、これまで見られたプログレの影響も受けたと思しき凝った曲展開は影を潜めており、反復リフワーク主体のミニマルな楽曲が目につきます。

全体的にケレン味が薄く、ポップ路線を狙ったわりには地味と言われたら、否定も反論もしようはがありませんが、変則リフが光るT-02やダンサブルとも言えるT-05などはオールタイムベストにに連ねる資格はありますし、全体的に地味と言われても何とも捨てがたい味わいがあります。

ある意味ではLED ZEPPELINによる前年の『Physical Graffiti』を思わせる部分もある、通好みな仕上がりのアルバムとも言えます。

メタル度:★★☆☆☆|ヘヴィネス:★★★★☆|叙情度:★★☆☆☆
グルーヴ:★★★★☆|ポップ度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

賛否両論 通好み スルメ盤 実験作

Impeckable|インペカブル

BUDGIE_Impeckable

オリジナルアルバム – 7作目 (1978年)

大きく方向性を変えた問題作と批判的に扱われることもある作品で、確かにやや明るくポップな傾向に拍車がかかって明朗な曲も増えており、欧州的な翳りを感じる一面が払拭されて、持ち前のヘヴィネスもやや弱まった印象を受けます。

しかし、音楽性やアルバムの構成などについては、基本的にこれまのスタイルが踏襲されています。定番化が進んで焼き直し的な面も見られますが、全体的な水準は高くメリハリの効いて躍動感のある好盤で、少なくとも前作よりはわかりやすいインパクトを持つアルバムです。

ファストチューンのT-01は、人間椅子が名曲『もっと光を!』でわかりやすいオマージュを見せた名曲ですし、T-05は今後のメタル路線への予兆を示すような重要曲。T-06, T-07, T-09あたりも佳曲で聴きどころは豊富なアルバムです。

メタル度:★★★☆☆|ヘヴィネス:★★★★☆|叙情度:★★☆☆☆
グルーヴ:★★★☆☆|ポップ度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

入門盤 賛否両論

Power Supply|パワー・サプライ

BUDGIE_Power_Supply

オリジナルアルバム – 8作目 (1980年)

メタルムーヴメント黎明期の熱量に当てられたか、それともメンバーチェンジの影響か、かなり作風が変わって80年代型ヘヴィメタルに接近したサウンドに変貌を遂げており、バーク・シェリーも曲によってはハイトーンを生かしたスクリーミングも聴くかせています。

ここから数作は、『NWOBHM』ムーヴメントを背景にした“メタルBUDGIE期”とも呼べる時期ですが、サウンドはメタリックであるものの、曲の基本となるのは従来のオーソドックスなハードロックであり、それをメタリックに仕上げたという印象。元来のLED ZEPPELIN色の強さから、“メタルZEPPELIN”と呼べそうな作風でもあります。

独自性はソコソコあり、時折“いかにも”なリフワークも聴かせてくれますが、従来の持ち味は大きく後退しています。かといって、それに変わる革新的なサウンド新たに確立したとも言えません。
また、傑出した曲もT-06, T-12程度とそれほど多くはなく、名盤と呼ぶには少々決め手に欠ける出来栄えですが、アップテンポで勢いのあるノリのいい高水準なヘヴィメタルではあるので、過去作と切り離して受け入れられるクチなら十分に楽しめます。

アートワークのエイドリアン・チェスターマンは、MOTÖRHEADの“Bomber”を手がけた人物ですが、ギャラをケチったかナメられているとしか思えない残念ぶりです。

メタル度:★★★★★|ヘヴィネス:★★★☆☆|叙情度:★★☆☆☆
グルーヴ:★★☆☆☆|ポップ度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 入門盤 賛否両論 実験作

Nightflight|ナイトフライト

BUDGIE_Nightflight

オリジナルアルバム – 9作目 (1981年)

メタルテイストは引き継いで入るものの、前作ほどにはヘヴィメタルに振り切ったサウンドではなく、アグレッションやヘヴィネスは一気に大幅減退。ややUS産業ロックを意識したようなポップ路線に傾いたアルバムとなりました。

楽曲については、同時期のBLUE ÖYSTER CULTなども思わせるT-01はなかなか印象的な佳曲ですが、それ以外は玉石混交……というよりも軒並み及第点もちょっと厳しそうな中途半端で煮え切らないナンバーが並び、ポップなわりには地味でいまひとつ印象に残りません。

80年代のメタル期三部作の中では、方向性もどっちつかずで迷いが感じられますし、それを抜きにしても単純にクオリティ面で一枚以上落ちるのは認めざるを得ません。

アートワークは、IRON MAIDENの“エディジャケ”で売り出し中だったデレク・リッグスによるもので、前作とは打って変わって往年の雰囲気を感じさせるなかなかの出来栄えです

メタル度:★★★☆☆|ヘヴィネス:★★★☆☆|叙情度:★★☆☆☆
グルーヴ:★☆☆☆☆|ポップ度:★★★★☆|総合評価:★★★☆☆

賛否両論 スルメ盤 実験作

Deliver Us from Evil|デリヴァー・アス・フロム・イーヴル

BUDGIE_Deliver_Us_from_Evil

オリジナルアルバム – 10作目 (1982年)

前作と同様に曲によってヘヴィメタルサウンドを残しつつ、産業ロック的なポップチューンが主体となった作風ですが、そのベクトルでさらに踏み込みつつブラッシュアップしたようなアルバムです。

とはいえ、BUDGIE流のツイストを適度に織り込みつつ、前作から格段にブラッシュアップされて完全に別のステージに移っており、キラーチューンは見当たらないにしても、練り込まれた曲はいずれも高水準。。
ポピュラリティを意識しながらも、下世話になりきれない知性と品の良さが漂うという意味では、同時期のBLUE ÖYSTER CULTにも通じる印象があります。

初期のファンからもメタル期のファンからも問題作としてバッシングされる作品ですが、消化不良気味で散漫な前作が嘘のような出来ばえ聴けば過小評価が過ぎるのは明白です。
音楽性の変化とその好き嫌いは置いておいて、クオリティだけ見るなら全盛期の名盤にも引けを取らないレベルにあるといっても、それほど言い過ぎではないでしょう。

メタル度:★★★☆☆|ヘヴィネス:★★★☆☆|叙 情 度:★★★★☆
ファンク度:★☆☆☆☆|ポップ度:★★★★★|総合評価:★★★★★

殿堂入り 賛否両論 通好み 実験作

You’re All Living in Cuckooland|ユアー・オール・リヴィング・イン・クックーランド

BUDGIE_Youre_All_Living_in_Cuckooland

オリジナルアルバム – 11作目 (2006年)

誰が待っていたわけでもなかった24年ぶりのまさかの新作は、70〜80年代の集大成的な作風に加えて、90年代以降のややモダンなエッセンスも取り入れたようなサウンド。

序盤は、初期のヘヴィチューンを80年代的なメタルサウンドで展開するようなナンバーの2連発、そこから中盤は中期のメタリックなヘヴィポップ路線に続き、後半は、90年代のオルタナティヴロック系のプログレサウンドや、近年のモダンプログレシーンでひとつの定型になっている、ニューウェイヴ・リバイバル系のネオプログレをミックスしたような曲が中心となります。

ハードロックのベテランバンドにありがちな、肩の力の抜け過ぎたポップロックやレイドバックしたルーツ系などの“日和り路線”や、無駄に大仰な垂れ流し系の“長尺大作路線”などに陥っていないだけでも賞賛に値します。

荒々しさは薄れたものの、ヘヴィチューンは全盛期に劣らないヘヴィネスを維持していますし、ベテランらしからぬ実験性を見せる、新境地といえるストレンジ・プログレのT-09も、なかなかユニークな上々の出来栄えでサマになっています。

メタル度:★★★☆☆|ヘヴィネス:★★★★☆|叙 情 度:★★★☆☆
ファンク度:★★★☆☆|ポップ度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 賛否両論 通好み 実験作

BUDGIE|DISCOGRAPHY|ライヴ/コンピレーション

Heavier than Air (Rarest Eggs)|ヘヴィアー・ザン・エアー(レアスト・エッグス)

BUDGIE_Heavier_than_Air_Rarest_Eggs

ライヴアルバム (1998年)

We Came, We Saw…|ウィ・カム, ウィ・ソウ…

BUDGIE_We_Came_We_Saw

ライヴアルバム (1998年)

Life in San Antonio|ライフ・イン・サン・アントニオ

BUDGIE_Life_in_San_Antonio

ライヴアルバム (2002年)

Radio Sessions 1974 & 1978|レディオ・セッション 1974 & 1978

BUDGIE_Radio_Sessions_1974_&_1978

ライヴアルバム (2005年)

The BBC Recordings|ザ・BBCレコーディングス

BUDGIE_The_BBC_Recordings

ライヴアルバム (2006年)

British Radio Sessions 1972|ブリティッシュ・レディオ・セッション 1972

BUDGIE_British_Radio_Sessions_1972

ライヴアルバム (2014年)

Translate »