★ MACHINE HEAD(マシーン・ヘッド)ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|初代PANTERA, 二代目SEPULTURAに次ぐ第三の“純メタル系”ヘヴィグルーヴバンド!!…必聴アルバムは?

MACHINE_HEAD_Logo ◆ M, N

スラッシュメタルからヘヴィグルーヴサウンドへと奇跡の転身を果たし、メタルファンの期待を一心に集めたグルーヴメタルのブライテストホープは、なぜハイプなポーザーバンドとしてバッシングを浴びるまでになったのか?!

MACHINE HEAD(マシーン・ヘッド)は、フロントマン兼ギタリストのロブ・フリン(Robb Flynn)にとって結成され、アメリカ合衆国はカリフォルニアを拠点とするグルーヴメタルバンド。

フリンは10代の頃から本場ベイエリアのスラッシュメタルシーンに身を置き、FORBIDDENの前身であるFORBIDDEN EVILにも在籍していました。のちに、スラッシュムーヴメントの末期に登場したVIO-LENCEのギタリストとしてメジャーデビューします。
衰退するスラッシュメタルシーンの中で活動を続けていましたが、音楽性の相違からVIO-LENCEでの活動に見切りをつけて脱退し、MACHINE HEADを結成します。

MACHINE HEADの音楽性は、PANTERAによって確立されSEPULTURAによってスラッシャー向けのメソッドが開発された、一般に“グルーヴメタル/ヘヴィグルーヴ”と呼ばれるもの。のちに続出するスラッシュメタルから転向したバンドによるグルーヴメタル、あるいはスラッシュ色の強いグルーヴメタルを意味する、“ポストスラッシュ”としてカテゴライズされこともあります。

本来が、ハードコアシーンやオルタナティヴロックなど、広義的なヘヴィミュージック全域にわたる同時発生的ムーヴメントだったグルーヴメタル/ヘヴィグルーヴシーンの中、MACHINE HEADは例外的にPANTERA, SEPULTURAに次ぐ第三の純メタルバンドだったこともあり、シーンの中では特にメタルクラスタからの支持の高いバンドでした。

ただし、MACHINE HEADのはいわゆる「時代と寝る」タイプのバンドで、グルーヴメタルを皮切りにラップメタル, インダストリアルメタル, ニューメタル, スラッシュリバイバルなど、アルバムリリース時期によって異なる注目のトレンドを取り入れて音楽性をシフトしてきました。

そのあまりのフットワークの軽さと清々しいまでの主体性の無さ、ビッグウェーブにうまく乗るためのあざといアピールなどから、次第に先鋭的なリスナーを中心に“ポーザー”, “ハイプ”という評価が定着するようになってゆきます。しかし、一定のサポーターは獲得しているようで、デビュー以来メンバーチェンジはありつつも大きなブランクは無く活動を続け、コンスタントなアルバムリリースを重ねています。

MACHINE HEAD|DISCOGRAPHY

Burn My Eyes|バーン・マイ・アイズ

MACHINE_HEAD_Burn_My_Eyes

オリジナルアルバム – 1作目 (1994年)

当時のヘヴィグルーヴシーンの中で、パイオニアのひとつであるPANTERAと異なる独自性と、水準以上のクオリティ持ったグルーヴサウンドを提示できていた純メタルバンドは、唯一SEPULTURAのみでしたが、そこにMACHINE HEADが第三勢力として認められる契機となったのがこのアルバムです。
本作での音楽性は、元祖のPANTERAよりもむしろ同じスラッシュメタル上がりの先輩SEPULTURAに近いもので、それと同様にスラッシュメタルバンドによるヘヴィグルーヴアプローチとしては、ひとつの最適解と呼べるものでした。
アルバムとしては、アンセム曲が立て続けに繰り出される序盤の流れは完璧で、それ以降はコレといった決め曲を欠くものの高水準な曲が並ぶスキの無い充実ぶりです。スラッシュ上がりならではファストパートも充実しており、スラッシュを駆逐したグルーヴメタルに否定的だったスラッシャーまでも取り込むことに成功します。
クロスオーバーバンドATTITUDE ADJUSTMENTに在籍していた、クリス・コントスのドラミングもサウンドのキモとなっており、これによって名を挙げすことになりますが、脱退後は目立った活躍が無いのか惜しまれます。プロデュースはソリッドで緻密な音づくりに定評のあり、デスメタルからニューメタルまで手がける重鎮コリン・リチャードソン(Colin Richardson)。

スラッシュ度:★★★★☆|グルメタ度:★★★★☆|ヌーメタ度:★☆☆☆☆
ラプメタ度:★☆☆☆☆|あざとい度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 実験作

The More Things Change…|ザ・モア・シングス・チェンジ…

MACHINE_HEAD_The_More_Things_Change

オリジナルアルバム – 2作目 (1997年)

KORNをはじめWHITE ZOMBIE, FEAR FACTROYなどの、シーンを一変させたニューメタルのパイオニア勢が注目を集めた途端、早速それらの革新的個性派サウンドを取り入れるという、フリンのトレンド察知の嗅覚とフットワークの軽さが光るアルバム。
本来が明確に音楽的な主軸を確立したバンドではないため、それらの劇薬的インパクトを持つアクの強いサウンドを制御しきれていないものの、基本の音楽性が前作を踏襲されていることや、続投となるコリン・リチャードソンによるソリッドなサウンドもあって、それに完全に飲み込まれないギリギリのバランスを保っています。
前作を支持したリスナーからは賛否両論で、特に疾走パートが大きく減退したことから、スラッシャーからは低評化の傾向はあります。確かにそれを許容したとしても前作のようなアンセム曲も無く、アベレージ面でも一枚落ちることは否めませんが、それでも彼らのカタログ中では1stに次ぐほどには突出した位置にあり、一聴の価値はある作品です。

スラッシュ度:★★★☆☆|グルメタ度:★★★★☆|ヌーメタ度:★★★☆☆
ラプメタ度:★★☆☆☆|あざとい度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤 賛否両論 スルメ盤

The Burning Red|バーニング・レッド

MACHINE_HEAD_The_Burning_Red

オリジナルアルバム – 3作目 (1999年)

KORNを世に出しニューメタルの基礎を築いたカリスマプロデューサー、ロス・ロビンソンを起用してさらなるメジャー路線を狙ったアルバム。
ダイレクトにKORNに寄せたサウンド、パーカッシヴなラップメタル風のヴォーカルの導入、あざと過ぎるプロデューサー人選、フリンのトラウマロックブームを意識した唐突な少年期トラウマカミングアウト…などなど。前作で「あれあれ?!」と思いつつもスルーしていたリスナーでさえ、「これはダメなヤツだ…」とポーザー認定するにやぶさかではありませんでした。
前作で脱退したコントスの後任に、SACRED REICHのデイヴ・マクレーン(Dave McClain)が加入したというトピックもあるのですが、もろもろのノイズにかき消されてしまいました。
このアルバムから、ミュージシャンとしての信頼性を失い、半笑いの生暖かい目で見られるバンドとなってゆきますが、それでも準メタラーでも聴ける貴重なニューメタルとしての価値はあり、泡沫バンドよりはいくらか聴く価値はあります。最大の聴きどころはTHE POLICEの名曲カバーT-08で、原曲の素晴らしさもあってアルバムの中では突出しています。

スラッシュ度:★★☆☆☆|グルメタ度:★★★☆☆|ヌーメタ度:★★★★☆
ラプメタ度:★★★☆☆|あざとい度:★★★★★|総合評価:★★★☆☆

入門盤 賛否両論

Supercharger|スーパーチャージャー

MACHINE_HEAD_Supercharger

オリジナルアルバム – 4作目 (2001年)

ニューメタルポーザー時代の第二弾で、プロデュースは、MEGADETHのアルバムを手がけ、現在はディー・スタイダー(Dee Snider)のバンドでギタリストを務めるジョニーK。
前作のニューメタル路線を維持しつつ、やや初期のテイストを取り入れた折衷的なサウンドとなり、ややこなれた印象もあって前作よりは様になっています。
“雨後のタケノコ”&“玉石混交”状態だったニューメタルシーンの中で水準は高い方ではあるのですが、フリンはどうアピールしようが根本的に“メタルの人”でしかないため、引き出しの少なさと懐の浅さ、センスのダサさが足を引っ張って突き抜けることができていません。

スラッシュ度:★★☆☆☆|グルメタ度:★★★★☆|ヌーメタ度:★★★★☆
ラプメタ度:★★★☆☆|あざとい度:★★★★★|総合評価:★★★☆☆

入門盤 賛否両論

Through the Ashes of Empires|スルー・ジ・アッシュズ・オブ・エンパイアーズ

MACHINE_HEAD_Through_the_Ashes_of_Empires

オリジナルアルバム – 5作目 (2003年)

本作以降はロブ・フリン名義のセルフプロデュースとなり、「プロデューサーのせい」という言い訳は使えなくなります。
ラップメタルやニューメタルのテイストがやや薄れ、初期のグルーヴスラッシュ路線へと大きく回帰した作風ですが、残念ながら初期作品と比較するとクオリティでは遠く及びません。
トレンドチェックは忘れてはおらず、メロデス風のフレーズやメタルコア系のサウンドを意識した面もありますが、それらの使い方は相変わらずかなりベタで、ただ型をなぞってやってみたという印象だかが残ります。

スラッシュ度:★★★☆☆|グルメタ度:★★★★☆|ヌーメタ度:★★☆☆☆
ラプメタ度:★★☆☆☆|あざとい度:★★☆☆☆|総合評価:★★★☆☆

賛否両論 スルメ盤

The Blackening|ザ・ブラッケニング

MACHINE_HEAD_The_Blackening

オリジナルアルバム – 6作目 (2007年)

トレンドに寄り添って生きてきたロブ・フリンが、オールドスクールスラッシュのリバイバルやネオスラッシュ/デスラッシュのメジャー化など、スラッシュメタル再評価ブームを見逃すわけはなく、それを打ち出したスラッシュ回帰アルバムが本作。その甲斐あってか、彼らを見放していた一般メタラーを呼び戻すことにも成功しました。
タイトルがメタリカの代表曲“Blackend”を想起させますが、長尺でミッド&ファストで複雑な展開を織り交ぜたややテクニカルなスタイルの楽曲からして、その“Blackend”収録アルバム“メタルジャスティス”に対するオマージュであることは否定できないでしょう。
あえて“ジャスティス・インスパイア”を選んだのは、その作風が彼ら本来のヘヴィグルーヴや、ニュ−メタル, ジェントなどの当世風トレンドとの食い合わせがいいとの判断なのでしょう。
しかし、元になったアルバムもバンド自体もハイプ気味で実が伴っていないため、仕上がった作品は単に上長なだけのものとなりました。

スラッシュ度:★★★★☆|グルメタ度:★★★☆☆|ヌーメタ度:★★☆☆☆
ラプメタ度:★☆☆☆☆|あざとい度:★★★★☆|総合評価:★★★☆☆

代表作 入門盤 賛否両論 スルメ盤

Unto the Locust|アントゥ・ザ・ローカスト

MACHINE_HEAD_Unto_the_Locust

オリジナルアルバム – 7作目 (2011年)

スラッシュ度:★★★★☆|グルメタ度:★★★☆☆|ヌーメタ度:★★☆☆☆
ラプメタ度:★☆☆☆☆|あざとい度:★★★★☆|総合評価:★★★☆☆

代表作 入門盤 賛否両論 スルメ盤

Bloodstone & Diamonds|ブラッドストーン・アンド・ダイアモンズ

MACHINE_HEAD_Bloodstone_&_Diamonds

オリジナルアルバム – 8作目 (2014年)

スラッシュ度:★★★☆☆|グルメタ度:★★★★☆|ヌーメタ度:★★★☆☆
ラプメタ度:★☆☆☆☆|あざとい度:★★★★☆|総合評価:★★☆☆☆

入門盤 賛否両論 スルメ盤

Catharsis|カタルシス

MACHINE_HEAD_Catharsis

オリジナルアルバム – 9作目 (2018年)

スラッシュ度:★★☆☆☆|グルメタ度:★★★☆☆|ヌーメタ度:★★☆☆☆
メタコア度:★★★☆☆|あざとい度:★★★★☆|総合評価:★★★☆☆

入門盤 賛否両論 実験作
Translate »