★ DEFTONES(デフトーンズ)ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|ニューメタルマスター・オブ・エモメタル!メロディアス&メランコリックな耽美ヘヴィネスで異彩を放つ孤高のアート派ニューメタルバンド!!…必聴アルバムは?

DEFTONES_Logo ◆ D, E, F, G

元祖KORNフォロアーとして登場した古参ニューメタルバンドは、エモーシャナルでゴシカルなメロディと耽美サウンド、ドリーミーなサイケデリアを武器に、通好みバンドとして独自の地位を確立!!

DEFTONES(デフトーンズ)は、アメリカのニューメタル/ヘヴィロックバンド。

ニューメタルを代表するトップグループ!!

ニューメタルの始祖のひとつであるKORNの個性的サウンドは、ヘヴィミュージックの新たなトレンドとなり、その影響下にある音楽性のグループが続々と登場。それらが、のちのニューメタルムーヴメントの中核をなす存在となってゆきます。

DEFTONESはKORNフォロアー!?

DEFTONESもそのひとつですが、それらのKORNに追従するバンドの中でも、特に早くから活動を始めたいたフォロアー第一世代に属するグループで、そのデビュー作には、プロデューサーとしてKORNサウンドを作り上げた、ロス・ロビンソンも関わっていました。

その先見性とキャリアの古さによって、DEFTONESもまたKORNらとともに、ニューメタルのパイオニアのひとつに数えられています。

耽美系ニューメタルの頂点!?

KORNを中心としたニューメタルバンドには、CUREなどのゴシック寄りのニューウェイヴ/ポストパンクや、その影響下にありエモコアとも称されるポストハードコアをバックグラウンドに持ったものが多く、それれらのエッセンスが音楽性にも反映されています。

中でも、DEFTONESは特のその傾向が顕著なグループで、実力的にもポジション的にもエモ/ゴス系ニューメタルのひとつの頂点を極めた…と言っても過言ではないだけの、実績と存在感を持ったグループ二成長を遂げています。

ラウドからエモ/ゴスへ!?

そ期の頃からから、エモーショナルな歌メロを大きな持ち味にしてたとはいえ、デビュー当初はKORNを意識したラウドでハードコアな展開も多用しており、アグレッシヴなパートとダーティな歌唱が目立っていました。

その後、エモーショナルなメロディとゴシック的な耽美なにフォーカスするようになり、そこにヘヴィネスとサイケでリアが効果的に入り混じったアプローチを展開してゆきます。

近年では、リバイバルによる再評価で大きなシェアを確立した、シューゲイザーとも交差する形での評価も高まり、ニューメタルの枠を超えて確固たる地位を築いています。

通好みヘヴィロックのポジションを確立!?

ニューメタルのオリジネイターとして確固たるポジションを築いていたKORNと、キャッチーなラップメタルの最新モードで一躍セレブの座に上り詰めたLIMP BIZKIT。この2バンドに前後を挟まれてやや影の薄い時期もあったDEFTONES。

しかし、エモーショナルなメロディ志向のリスナーや、過剰なエンタメ路線に抵抗を感じるやや通好みなリスナーやを中心に熱心なファンを獲得し、他のニューメタルバンドとは一線を画したポジションを確立します。

カルトバンドQUICKSANDのメンバーが参加!?

DEFTONESが音楽性において多大な影響を受けたグループのひとつに、エモコア系ポストハードコアバンドのQUICKSANDがあります。

そのメンバーだったセルジオ・ベガが、2008年に交通事故で昏睡状態に陥ったチ・チェン(2013年に死去)に代わって、後任ベーシストとして加入するというトピックがあり、ポストハードコア・クラスタからの注目を集めました。

QUICKSANDは、2012年に活動再開していますが、ベガはDEFTONESと並行して活動を続けています。

DEFTONES|DISCOGRAPHY

Adrenaline|アドレナリン

DEFTONES_Adrenaline

オリジナルアルバム – 1作目 (1995年)

KORNフォロアーの先駆けとして登場したデビュー作で、アルバム自体はテリー・デイトのプロデュースでありながら、シークレットトラックはロス・ロビンソンが手がけており、音楽性についてもKORN&ロスロビの影響下にあることは明白。
とはいえ、KORNの1stとともにニューメタルの原点にしてマスターピースのひとつとして、後年に語り継がれる挙げれられる重要作です。

いわゆる、“エモコア”系のポストハードコアとその原点であるニューウェイヴ/ポストパンクをルーツにした、メランコリックなエモーションはすでに健在ですが、全体的にはKORN直系のロウでラフな激情型ヘヴィネスと内省的なメロディが渦巻く躁鬱的な展開が中心。
ドリーミーな浮遊感と陰鬱で甘美なサイケデリアという、後年の作風の軸となる要素はまだ希薄です。

スタイルが固まる前の過渡期の作品とはいえ、単なるKORNフォローには収まらないポテンシャルは感じられますし、初期衝動型のエクストリミティが支配した、DEFTONESのキャリア上でも類を見ない1枚として、特異な存在感を示しています。
T-01をはじめ名曲も多く、特にT-06は彼らの全キャリア中で最もハードコアでアグレッシヴな作風で知られるキラーチュン。

ニューメタ度:★★★★☆|ヘヴィネス:★★★★★|耽美度:★★☆☆☆
プログレ度:★☆☆☆☆|トリップ度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 賛否両論 通好み

Around the Fur|アラウンド・ザ・ファー

DEFTONES_Around_the_Fur

オリジナルアルバム – 2作目 (1997年)

初期衝動が他の前作と、ひとつのスタイルの完成を見せた次作をつなくアルバム。
前作から踏襲されたアグレッションとヘヴィネスの比重はまだ高めで、代表曲でもあるT-01やT-06あたりはダーティなシャウトヴォーカルが中心です。

しかし、サウンドが整理されたと同時に複雑化も進んでおり、さらに彼らの代名詞となる浮遊感のあるメロディーやメロウなエモーションが強調されて、曲によってはダークなサイケデリアとプログレ的な変則性も目立つようになり、初期のTOOLなども想起させます。

メロディ重視のエモ路線に傾きながらも、まだ完全に方向性が固定しきれていないあたりに、方向性を模索している過渡期の作品であることを実感させますが、KORNフォロアーからは完全に脱却しており、現在につながるスタイルの基礎は固まりつつあります。

ニューメタ度:★★★★★|ヘヴィネス:★★★☆☆|耽美度:★★☆☆☆
プログレ度:★★☆☆☆|トリップ度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤 通好み スルメ盤 実験作

White Pony|ホワイト・ポニー

DEFTONES_White_Pony

オリジナルアルバム – 3作目 (2000年)

本作は、エモーショナル/メロディアスな面が強調された2ndの作風をさらに推し進めたアルバム。
DEFTONESキャリアの頂点にあたる、名実ともにバンドの代表作と呼べるアルバムであり、ニューメタムーヴメントを代表する名盤とした確実に挙げられる1枚です。

これまでのダーティな歌唱を聴かせるアグレッシヴな曲はそのままに、エモーショナルなメロディや浮遊感のあるサイケデリアを持つ曲はそれに特化してブラッシュアップされており、曲を構成する要素に変化は無いものの、各曲ごとの方向性が明瞭に際立ったと同時に、アルバムとしても多様性が印象付けられています。

1stの“激情”や2ndの“混沌”を好んでそれぞれをベストとするリスナーもおり、そういった層からの評価が別れるのも必然ですが、デビュー作からの流れのひとつの到達点にあって、それに見合うだけの完成度と存在感を提示したという事実は揺るぎません。。

なお、T-04ではではStone Temple Pilotsのスコット・ウェイランド、T-10ではTOOLのメイナード・ジェームズ・キーナンをフィーチャーしているます。T-07の女性ヴォーカルは、俳優でもあるロドリーン・ゲツィック。

ニューメタ度:★★★★★|ヘヴィネス:★★★☆☆|耽美度:★★★★☆
プログレ度:★★☆☆☆|トリップ度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤

Deftones|デフトーンズ

DEFTONES_Deftones

オリジナルアルバム – 4作目 (2003年)

“Around the Fur(2nd)”で方向性が定まったDEFTONESサウンドは、前作でいちおうの完成を見せており、ここでも踏襲されたている定番スタイルの曲は、様式化が進んでやや行き詰まりを感じさせます。

そこで、本作からは定番のスタイルを維持しつつも新たな要素の導入を試みており、そこに、さらなる発展系と次の一手を模索している様子はうかがえますが、再び発展途上な空気が漂う過渡期アルバムとなっています。

ここでの新機軸と言える作風が確認できる曲は、ややテクニカルで変則的なリズムや展開を見せるT-01や、エレクトロニックなダブ風味を取り入れたトリップホップ的なT-08や、ヘヴィサウンドを排除した緩やかなネオサイケ風のT-10といったところ。
これらは、これ以降に顕著となるモダンプログレ/ポストロック的な作風や、アグレッションを抑えたドリーミーでアトモスフェリックな作風につながってゆきます。

ブームとしてのニューメタルムーヴメントのピークだけあって、セールス的にもここが絶頂期。しかし、本作は新機軸には注目すべき聴きどころがあるものの、定番路線を含めたアルバム全体では及第点がせいぜいというところ。DEFTONESのカタログの中ではアピール要素を欠いた1枚です。

ニューメタ度:★★★☆☆|ヘヴィネス:★★★☆☆|耽美度:★★★★☆
プログレ度:★★★☆☆|トリップ度:★★★☆☆|総合評価:★★★☆☆

賛否両論 スルメ盤 実験作

Saturday Night Wrist|サタデイ・ナイト・リスト

DEFTONES_Saturday_Night_Wrist

オリジナルアルバム – 5作目 (2006年)

DEFTONESサウンドの需要なエッセンスでもある、メロウでドリーミーな耽美路線を極め他アルバム。

当時リバイバル傾向にあった“シューゲイザー”の影響が取りざたされがちですが、実際に背景にあるのはそれに限ったものではありません。
“シューゲイザー”が一派閥として席を置いていた、ニューウェイヴ/オルタナティヴロック系の“ネオ-サイケデリック”全般から、ストーナーロックやモダンプログレ/ポストロックにまで及ぶ、80年代から90年代にかけてのアトモスフェリックなサイケデリックサウンド全般が、DEFTONESの蓄積として本作に織り込まれています。

全体的にヘヴィネスが減退気味で、おなじみのエモテイストも抑制が効いており、どちらのベクトルでも過剰さは薄め。
その、ドリーミーな耽美サイケ路線が多くを占める中でも、曲によって異なる多彩な表情が現れますし、定番のヘヴィグルーヴナンバーやプログレ風の展開を見せる曲もあり、画一的な仕上がりには陥っていません。
この方向性での頂点に位置するだけでなく、好みは分かれるものの、全キャリア中でも一二を争う名盤と言っていいでしょう。

ニューメタ度:★★☆☆☆|ヘヴィネス:★★★☆☆|耽美度:★★★★☆
プログレ度:★★★★☆|トリップ度:★★★★☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 賛否両論 通好み 実験作

Diamond Eyes|ダイヤモンド・アイズ

DEFTONES_Diamond_Eyes

オリジナルアルバム – 6作目 (2010年)

ベーシストのチ・チェンに代わって、DEFTONESが影響を受けたQUICKSANDセルジオ・ベガが加入した第一弾の本作は、前作からは一転、ドリーミーなサイケデリアはよりも、ヘヴィでアグレッシヴな面が押し出されたアルバムに。
とは言っても、単に以前のニューメタルに回帰したというわけではなく、曲によっては90年代のヘヴィグルーヴ黄金期を思わせるような硬質なヘヴィサウンドも繰り出してきます。

また、本家のメンバーの加入という、ある意味でのお墨付きをいただいたことで、これまでも時折控えめに見せていたQUICKSAND風リフワークも全面的に解放しており、これも90年代の匂いをブーストさせます。

近年の、ジェント風味のややテクニカルな路線や、耽美なアトモスフィア漂うゴシックプログレ/ポストロック路線のアップデートも見られ、現在進行形のであることは確認できますが、90年代のグルーヴメタルを時代を経て積み上げたメソッドで再構築しているようなサウンドからは、懐かしさと新しさが同居したような空気を感じさせます。

ニューメタ度:★★☆☆☆|ヘヴィネス:★★★★☆|耽美度:★★★★☆
プログレ度:★★★☆☆|トリップ度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 賛否両論 通好み 実験作

Koi No Yokan|コイ・ノ・ヨカン:恋の予感

DEFTONES_Koi_No_Yokan

オリジナルアルバム – 7作目 (2012年)

“ホワポ”こと“White Pony(3rd)”でひとつのスタイルの完成を見て以来、新機軸を試みながら模索してきた集大成としての“DEFTONES バージョン2”の基本形が、ようやく結実しいてきたといった印象のアルバム。

ヘヴィネスとメロディのせめぎ合いは、どちらにも傾き過ぎない無難なバランスを落とし所に選んでいますが、同じヘヴィチューンでもニューメタル風, グルーヴメタル風, ドゥーム/ストーナー風, ジェント風など、曲によってやや毛色の異なるヘヴィサウンドに仕立てられ、画一的にはなっていません。

スタンダードであるだけに本作独自のカラーといったものは希薄で、「優等生アルバム」といった安定感重視の作風は評価が分かれる面もありますが、その枠の中で適度な実験も交えつつ高いレベルにまとめた良作ではあります。

ニューメタ度:★★☆☆☆|ヘヴィネス:★★★★☆|耽美度:★★★☆☆
プログレ度:★★★☆☆|トリップ度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

入門盤

Gore|ゴア

DEFTONES_Gore

オリジナルアルバム – 8作目 (2016年)

“ホワポ”こと“White Pony(3rd)”でひとつのスタイルの完成を見て以来、新機軸を試みながら模索してきた集大成としての“DEFTONES バージョン2”の基本形が、ようやく結実しいてきたといった印象のアルバム。

ヘヴィネスとメロディのせめぎ合いは、どちらにも傾き過ぎない無難なバランスを落とし所に選んでいますが、同じヘヴィチューンでもニューメタル風, グルーヴメタル風, ドゥーム/ストーナー風, ジェント風など、曲によってやや毛色の異なるヘヴィサウンドに仕立てられ、画一的にはなっていません。

スタンダードであるだけに本作独自のカラーといったものは希薄で、「優等生アルバム」といった安定感重視の作風は評価が分かれる面もありますが、その枠の中で適度な実験も交えつつ高いレベルにまとめた良作ではあります。

ニューメタ度:★★☆☆☆|ヘヴィネス:★★★★☆|耽美度:★★★☆☆
プログレ度:★★★☆☆|トリップ度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

入門盤
Gore
ハードロック¥1,630デフトーンズ

Ohms|オームズ

DEFTONES_Ohms

オリジナルアルバム – 9作目 (2020年)

若干のマイナーチェンジが施されてはいるものの、基本的には“Koi No Yokan(7th)”にも通じるような、現在のDEFTONESのスタンダードとも言えるようなオーソドックスな作風。
あえて言えば、ここでは剥き出しの“激情”を最初期を思わせる、生々しく荒々しいアグレッションを部分的な味付けに用いており、そこは、オールドファンにはやや懐かしく、新規ファンには新鮮に感じられるかもしれません。

熱心なファンにとっては安定感があって安心できる、そうでない者にとってはやや代わり映えのしないアルバムとも言えますが、ひとつのアルバムとしての明確な個性は希薄でやや無難な印象は拭えないものの、非常に高いレベルで安定しつつ高品質な作品なのは揺らがない事実。
全作コンプリートしてきたリスナーでも、本作が入り口となるご新規でも、相応の満足度が得られる安心作です。

基本スタイルを繰り返すグループの後期/末期作品につきものの、ネタ切れや手癖に任せた曲づくりが重なったことによる“劣化”をがそれほど見えないのは、自力の強さを感じさせるものでもありますし、真の頂点を極めないまま模索を続ける“万年発展途上バンド”ならではの一面かもしれません。

ニューメタ度:★★☆☆☆|ヘヴィネス:★★★★☆|耽美度:★★★☆☆
プログレ度:★★★☆☆|トリップ度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

入門盤
Ohms
ハードロック¥1,630デフトーンズ

 

DEFTONES|DISCOGRAPHY

B-Sides & Rarities |Bサイド・アンド・レアリティーズ

DEFTONES_B_Sides_&_Raritie

コンピレーションアルバム (2005年)

Covers|カバーズ

DEFTONES_Covers

コンピレーションアルバム (2011年)

カバー曲を集めたアルバムですが、既発曲が中心で半数の5曲は“B-Sides & Rarities”に収録されていたもの。

どの曲もシッカリとDEFTONESサウンドにアレンジされてされていますが、それに適した曲調のものが選ばれており、また、仕上がりもやや画一的で、カバーアルバムの醍醐味力のひとつである意外性には欠けます。

選  曲:★★★☆☆|アレンジ:★★★☆☆|ユニーク度:★★★★☆
耽 美 度:★★★★☆|ヘヴィネス:★★☆☆☆|総合評価:★★★☆☆

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作 お布施
Covers
ハードロック¥1,630デフトーンズ
Translate »