Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

EDGE OF SANITY(エッジ・オブ・サニティ)ディコグラフィー|このアルバムがスゴイ!?|スウェーディッシュ・メロディック・デスラッシュシーンの鬼才…必聴アルバムはどれ?

EDGE_OF_SANITY_logo ゴシックメタル

北欧のエクストリームシーンをリードするカリスマプロデューサー、鬼才ダン・スウォノ率いるプログレッシヴ・メロディック・デスラッシュ!

EDGE OF SANITY(エッジ・オブ・サニティ)は北欧を中心に数多くのエクストリームメタルバンドのプロデュース/エンジニアリングを手がけ、自らもミュージシャンとしていくつものプロジェクトやゲスト/サポート参加をこなすカリスマプロデューサー兼アーティストダン・スウォノ(Dan Swanö)のパーマネントバンド。

古くからメロディや耽美パートの導入やプログレ的な作風を積極的に試みていたことで知られ、メロディックデスメタル黎明期の代表格にも数えられる存在です。

スウォノとギタリストのドレッド(Dread)ことアンドレアス・エクセルソン(Andreas Axelsson)の二枚看板体制でそれぞれがマテリアルを持ち寄ることで、ハードコアなデスラッシュ,メロディックデスメタル,ゴシックメタル,プログレッシヴメタルなど様々な表情を見せるバンドでしたが、両者の対立もあって2003年のラストアルバムを最後に完全解散。

スウォノはプログレゴシック風のソロプロジェクトのNIGHTINGALE(ナイティンゲイル)を中心に、ドレッドはオールドスクールな北欧デスラッシュスタイルのTORMENTED(トーメンテッド)などで活動を続けています。

Nothing but Death Remains|ナッシング・バット・デス・リメインズ

EDGE_OF_SANITY_NothingButDeathRemains

オリジナルアルバム – 1作目 (1991)

総合評価:☆☆★★★|ブルータル度:☆☆☆★★|メロディ度:☆★★★★
賛否両論 通好み スルメ盤

Unorthodox|アンオーソドックス

EDGE_OF_SANITY_Unorthodox

オリジナルアルバム – 2作目 (1992)

総合評価:☆☆☆★★|ブルータル度:☆☆☆★★|メロディ度:☆☆★★★
賛否両論 通好み スルメ盤 実験作

The Spectral Sorrows|ザ・スペクトラル・ソロウズ

EDGE_OF_SANITY_TheSpectralSorrows

オリジナルアルバム – 3作目 (1993)

総合評価:☆☆☆☆☆|ブルータル度:☆☆☆☆★|メロディ度:☆☆☆☆★
殿堂入り 代表作 入門盤 通好み スルメ盤 実験作

Purgatory Afterglow|パーガトリィ・アフターグロウ

EDGE_OF_SANITY_PurgatoryAfterglow

オリジナルアルバム – 4作目 (1994)

総合評価:☆☆☆☆★|ブルータル度:☆☆☆★★|メロディ度:☆☆☆☆★
代表作 入門盤

Crimson|クリムゾン

EDGE_OF_SANITY_Crimson

オリジナルアルバム – 5作目 (1996)

総合評価:☆☆☆★★|ブルータル度:☆☆☆★★|メロディ度:☆☆☆☆★
賛否両論 通好み スルメ盤 実験作

Infernal|インフェルナル

EDGE_OF_SANITY_Infernal

オリジナルアルバム – 6作目 (1997)

総合評価:☆☆☆☆★|ブルータル度:☆☆☆☆★|メロディ度:☆☆☆☆★
入門盤 賛否両論 通好み スルメ盤

Cryptic|クリプティック

EDGE_OF_SANITY_Cryptic

オリジナルアルバム – 7作目 (1997)

総合評価:☆☆☆★★|ブルータル度:☆☆☆☆★|メロディ度:☆☆★★★
賛否両論 通好み スルメ盤

Crimson II|クリムゾンII

EDGE_OF_SANITY_CrimsonII

オリジナルアルバム – 8作目 (2003)

総合評価:☆☆☆★★|ブルータル度:☆☆★★★|メロディ度:☆☆☆☆★
賛否両論 通好み スルメ盤 実験作

Amazon Music UnlimitedでEDGE OF SANITYの名盤が聴き放題!