★ TNT(ティー・エヌ・ティー) ★ このアルバムがスゴイ!?|ノルウェイの森からまれたドリーミーでメロディックなフラワーメタルサウンドで異彩を放つ北欧メタル黎明期の至宝!!…必聴アルバムは?

TNT_Logo ◆ S, T

骨太なロックンメタルサウンドからドリーミーでファンタジックなフラワーメタルサウンドへと変貌を遂げ、80年代の北欧メロディックメタルムーヴメント黎明期を支えたノルウェイの国民的バンド!!

TNT(ティー・エヌ・ティー)は80年代後半に全盛を極めた、ノルウェイのヘヴィメタル/ハードロックバンド。

ノルウェイを含む北欧メタル(スカンジナビアンメタル/ノルディックメタル)シーンのアーティストは、叙情的で哀愁を帯びたメロディやクラシカルなテイストなど日本人ウケする作風から、日本では先んじて固定ファンを獲得していました。
のちに、スウェーデンのEUROPEの代表曲『The Final Countdown』が、全米を含める世界的大ヒットとなったこともあり、アメリカのメインストリームからもさらなる注目を集めるようになります。その中でピックアップされて全米デビューを果たしたグループが、このTNTやSHOTGUN MESSIAHといったグループでした。

TNTはギター+シンセサイザーのロニー・ル・テクロを中心としたグループで、デビュー当初の初代ヴォーカリストのダグ・インゲブリクトセン在籍時は、AC/DCやHANOI ROCKSなどの影響が感じられる、ロックンロールテイストの強い骨太なヘヴィロック/ハードロックサウンドを展開していました。公言はされていませんが、バンド名もAC/DCの代表曲TNTが原点と考えられます。

ヴォーカルがアメリカ人のトニー・ハーネルに変わった2ndアルバムからは、アメリカンメインストリームを意識したポップな作風を志向するようになり、当時の米国メタルシーンで主流となりつつあった、産業ロック的なポップネス重視の音楽性へと移行してゆきます。

グラムメタル(LAメタル)が主流を占める、アメリカのメインストリームメタルシーンの中でメジャーデヴューを果たしたTNTですが、北欧ローカルバンドとしては大いに健闘するもEUROPEに比肩するほどの成功をおさめることはかなわず、またムーヴメントの移り変わりの激しい時代だったこともあって、グラムメタルムーヴメントの収束とともにフェイドアウト。そのまま1992年には活動休止となります。

1996年の活動再開以降も、地元ノルウェイ以外では目立った結果を残せていませんが、新作アルバムのリリースも含めたバンド活動は現在もなおコンスタントに継続されています。

TNT|DISCOGRAPHY

TNT|ティー・エヌ・ティー

TNT_TNT

オリジナルアルバム – 1作目 (1983年)

このデビュー作で聴けるのは、のちに彼らのパブリックイメージとして広がるスイートなハードポップではなく、バンド名の由来と思われるAC/DCを意識したようなヘヴィロックと、HANOI ROCKS系の北欧ロックンロールがミックスされたようなワイルドで骨太なサウンド。
HANOI ROCKSがルーツにあることやグラムメタル黎明期という時代性もあって、グラマラスでポップなエッセンスも濃厚ですが、ヘヴィでメタリックなサウンドと、フェミニン系ハイトーンとは異なるやや“酒焼け系”のハスキーヴォーカルもあって軟弱さや軽薄さは感じさせません。少々地味ながら良質ではあるので、全盛期のTNTサウンドは甘すぎるとお嘆きのリスナーは一聴の価値があります。
ここでノルウェイ語でのヴォーカルをとるのは、のちにバンドの顔となるトニー・ハーネルではなく、初代ヴォーカリストダグ・インゲブリグセン。

メタル度:★★★☆☆|ヘヴィネス:★★★★☆|ポップネス:★★★☆☆
ロッキン度:★★★★☆|骨 太 度:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 賛否両論 通好み スルメ盤
TNT
ロック¥1,935TNT

Knights of the New Thunder|ナイツ・オブ・ザ・ニュー・サンダー

TNT_Knights_of_the_New_Thunder

オリジナルアルバム – 2作目 (1984年)
サウンドのベースが、ヘヴィなロックンロールからオールドスクールなヘヴィメタルへと移行しており、TNTのカタログでは唯一上質な正統派メタルが聴けるアルバムです。
NWOBHMよりはアメリカンスタイルに近いソリッドでヘヴィなメタルサウンドが基本で、この時代の北欧メタルシーンの中ではなかなかにアグレッシヴなものですが、この時点から彼らの持ち味のポップネスは濃厚で4thに近い作風も見られます。
ヴォーカルは、本作以降の黄金期〜再結成後までフロントマンとしてバンドを支え、その伸びやかな4オクターブハイトーンと貴公子的ルックスで、米国でのブレイクや日本でのアイドル人気にも貢献したトニー・ハーネル。技量は前任者を上回っており、スクリームにも対応もできるようになりましたが、中低音域においては線が細さが目立ち力強さには欠けますし、やや類型的なため個性や存在感やおいては前任者に及びません。
ジャケットのグラマラスなメンバーショットとマッチョなイラストにアンバランスさに、ネットのない時代に英米のトレンドを意識しつつも方向性の定まらない彼らの微妙なスタンスがうかがえます。

メタル度:★★★★★|ヘヴィネス:★★★★☆|ポップネス:★★★☆☆
ドリミー度:★☆☆☆☆|チャラい度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 入門盤

Tell No Tales|テル・ノー・テイルズ

TNT_Tell_No_Tales

オリジナルアルバム – 3作目 (1987年)

メタルエッジな質感やヘヴィネスが大幅に後退して、グラムメタルブーム真っ盛りのUSシーンを意識したポップな産業メタル路線へと完全に舵を切りました。
バックグラウンドの違いによるのか、アメリカングラムメタルのポップロックサウンドとはひと味異なる-クールなセンスも感じられるものの、基本的にはスパイスをかけたくなるくら甘々のバブルガム&ロリポップメタル。サウンド面でなまじ前作までのヘヴィメタルサウンドを意識したところが見られるため、余計にアンバランスで軽薄さだけが引き立つ結果となっています。
彼らのキャリアで最もアグレッシヴなスピードメタルナンバーT-11は、名曲に迫る佳曲といった出来えでこのアルバムでは唯一の聴きどころとなっていますが、それだけのためにアルバムを入手すべきかは悩ましいところです。

メタル度:★★☆☆☆|ヘヴィネス:★★☆☆☆|ポップネス:★★★★☆
ドリミー度:★★★☆☆|チャラい度:★★★★★|総合評価:★★★☆☆

代表作 入門盤

Intuition|インテュテイション

TNT_Intuition

オリジナルアルバム – 4作目 (1989年)

一般的にはポップ路線での代表作とされ、オールタイムでの最高傑作に押すファンも多いアルバム。
メタリックな 産業ロック,ハードポップ, AORなどと呼べるスタイルではあるのですが、当時ポピュラーだった米国シーンのそれとは大きく異なります。
あえて言うならば、彼らなりのバックグラウンドも反映し手のアメリカンポップメタルへの追従が極まり過ぎた結果、マーケティングの域を超えたポップサウンドへと奇形化したもの…とでもいったところ。そのドリーミィなポップサウンドは時に“フラワーメタル”などと呼ばれることもありますが、その異名も伊達ではありません。

ヘヴィメタル本来のアグレッションとエクストリミティが前提にあるサウンドとは、完全に異なるベクトルへと移行した結果、前作では欠点でしかなったサウンドやヴォーカルの線の細さや軟弱さまでもが、裏返ってひとつの魅力として昇華されるという奇跡を生んでいます。

同じキラキラしたカラフルでスイートなサウンドとはいえ、これが多くの米国バンドならばドギツい原色がちりばめられた色合いになるところが、ここでは透明感すらあるような淡い色彩を感じさせます。これは、日本でも人気の高いスウェディッシュポップから各地のトラッドポップまで、独自のポップミュージックシーンが背景に存在する北欧だからこそ生まれ得たのかもしれません。
ただし、ここで聴けるサウンドは決して彼らのスタンダードではなく、むしろいい意味で血迷ったイレギュラーなもの。再結成後も含めた他のアルバムを本作を基準に評価するのは不毛でしょう。

メタル度:★★☆☆☆|ヘヴィネス:★☆☆☆☆|ポップネス:★★★★★
ドリミー度:★★★★★|チャラい度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 実験作
Intuition
ロック¥1,935TNT

Realized Fantasies|リアライズド・ファンタジーズ

TNT_Realized_Fantasies

オリジナルアルバム – 5作目 (1992年)

すでにグランジの台頭でハードロックシーンが塗り替えられた時期ということで、新たな一手を模索した結果、前作のフラワーメタルから一転したものとなります。今回は、この時期まだ現役感のあったGUNS N’ ROSES(ガンズ・アンド・ローゼズ)に代表される、ロックンロールをベースとしたオーソドックスなアメリカンハードロックに近い、新世代グラムメタル/産業ポップスタイルに転向しました。
残念ながら、トレンドにうまく乗ったとも言えず、時代性と無縁のサウンドを追求したともいえず、何をやればいいかわからなくなって自分たちの守備範囲にある無難なスタイルに落ち着いたという印象だけが残ります。位置付けとしては、時代の間に取り残されたアルバムといったところで、ある意味ニッチな1枚と言うことはできるかもしれません。

メタル度:★★☆☆☆|ヘヴィネス:★☆☆☆☆|ポップネス:★★★★☆
ドリミー度:★☆☆☆☆|チャラい度:★★★★★|総合評価:★★☆☆☆

代表作 賛否両論

Firefly|ファイアフライ

TNT_Firefly

オリジナルアルバム – 6作目 (1997年)

オーガニックで70年代テイストも漂わせたヘヴィサウンドで、御多分に洩れず“グランジ化”したセルアウトアルバムとのバッシングも飛んだ復帰作。もっとも、最初期は骨太なヘヴィサウンドを展開していた彼らにとっては、かつてのヘヴィネスを取り戻しただけとも言えます。
ドゥームテイストの変則的ヘヴィロックT-01、オリエンタルでちょいサイケなT-07、彼らポップロックを90年代風に焼き付けたT-08、ちょっとU2っぽいT-09、ALICE IN CHAINS風のT-10など作風ななかなか多彩。80年代風のフラッシー路線ではないもののポップな楽曲が半数を占め、十分すぎるほどスイートでメロディアスなサウンドも聴かせる曲もあります。
アベレージは比較的高い水準にありユニークな曲もあるものの、全盛期のファンに色目を使った微妙なポップチューンのおかげで、ただでさえ方向性の定まらない作風がさらに散漫なものになっています。アルバムの軸になる決め曲を欠いているのも難点です。

メタル度:★★☆☆☆|ヘヴィネス:★★★★☆|ポップネス:★★★★☆
ドリミー度:★★☆☆☆|チャラい度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

入門盤 賛否両論 通好み 実験作

Transistor|トランジスター

TNT_Transistor

オリジナルアルバム – 7作目 (1999年)

リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

My Religion|マイ・レリジョン

TNT_My_Religion

オリジナルアルバム – 8作目 (2004年)

All the Way to the Sun|オール・ザ・ウェイ・トゥ・ザ・サン

TNT_All_the_Way_to_the_Sun

オリジナルアルバム – 9作目 (2005年)

The New Territory|ザ・ニュー・テリトリー

TNT_The_New_Territory

オリジナルアルバム – 10作目 (2007年)

Atlantis|アトランティス

TNT_Atlantis

オリジナルアルバム – 11作目 (2008年)

A Farewell To Arms / Engine|フェアウェル・トゥ・アームズ / エンジン

TNT_A_Farewell_To_Arms

オリジナルアルバム – 12作目 (2010年)

XIII|サーティーン

TNT_XIII

オリジナルアルバム – 13作目 (2018年)

XIII
ハードロック¥1,681TNT
Translate »