★ MARILLION(マリリオン)ディスコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|80年代から唯一止まることなく進化を続けてきたUKネオ・プログレッシヴ/ポンプロックの筆頭格!!…必聴アルバムは?

MARILLION_Logo ◆ M, N

Contents

シアトリカルなカリスマフロントマンを失いつつも、休むことなく精力的な活動を続け、現在進行形のバンンドとして第一線に返り咲いた、UKネオプログレ(ポンプロック)シーンを代表する職人バンド!!

MARILLION(マリリオン)は、イギリスのプログレッシヴ・ロックバンド。

英国ポンプ・ロックの筆頭格!?

MARILLIONは、プログレッシヴ・ロックといってもオリジナル世代ではなく、80年代のリバイバルムーヴメントの中で登場して、『ネオ・プログレッシヴロック』と呼ばれることもあった新世代グループに属します。

単なるリバイバルであってプログレッシヴ(進歩的)要素が皆無なことで、“華美なロック”を意味する『ポンプ・ロック』というジャンル名が与えられた、これらのグループの代表格のひとつがこのMARILLIONで、そのシーンの中でも最も高い知名度を持つバンドといえます。

フロントマンによって二つの時代に分かれる!?

MARILLIONは、バンドの顔でもあるヴォーカリストが80年代末に交代したのを機に、初代『フィッシュ』時代の“第一期/フィッシュ期”と、現在に至る二代目『スティーヴ・ホガース』時代である“第二期/ホガース期”に分けれています。
ヴォーカリスト交代のタイミングでバンド名の改名を考えたというだけあって、ヴォーカルのスタイルはもとより基本的な音楽性にも変化が見られます。

第1期/フィッシュ時代

初代ヴォーカリストのフィッシュは、ヴォーカルスタイルやグラム風のメイクやコスプレを施してのシアトリカルなステージングから、UKプログレバンドGENESISのヴォーカリストであるピーター・ガブリエルからの影響を受けています。

ヴォーカルパフォーマンスだけでなく音楽性自体もGENESISの影響下にあるもので、コンセプトアルバムを中心として、叙情的でドラマ性の強いサウンドを展開していたこともあり、フィッシュ在籍時の“第一期”は一般に“GENESISインスパイア時代”と見なされています。

ビジュアル/サウンドのいずれもが、名実ともにGENESISチルドレンの称号に違わぬものと言えます。

第2期/ホガース時代

フィッシュからスティーヴ・ホガースに交代した“第二期”は、従来のプログレ色の強いコンセプトアルバム以外にもいくつかの試みを行っており、それによって新世代リスナーを含む、より幅広い層アピールすることに成功しました。
一般に、コンパクトなポップロックチューンを中心により普遍的でオーソドックスな作風を追求したの“ポップ路線”と、エレクトロニックサウンドやポストロックなどの同時代的なプログレサウンドを導入した“モダン路線”で知られています。

業界初のクラウド・ファンディングバンド!?

スティーヴ・ホガースが加入してからのMARILLIONは、作品自体は高評価を得るものの商業的な成功には結びつかない傾向がありましたが、それが音楽業界初のクラウド・ファンディングによるアルバムリリースを成功させて注目を集めるという宣伝効果もありました。

交代一切なし!黄金の布陣による現行体制!!

ホガース加入後のMARILLIONは、キャリアの長いバンドとしては例外的に、一切のメンバーはの交代はなく完全固定の体制で活動を続けており、現在に至るまで大きなブランクなしにコンスタントなアルバムリリースを続けています。

MARILLION|マリリオン

Script For A Jester’s Tear|スクリプト・フォー・ジェスターズ・ティアー:独り芝居の道化師

MARILLION_Script_For_A_Jesters_Tear

オリジナルアルバム – 1作目 (1983年)

ネオプログレとも呼ばれる彼らですが、プログレの実験性や鮮新世の部分はニューウェイヴ/ポストパンクに流れ、叙情性とドラマ性という様式美だけを受け継いでおり、ポンプロックというラベルはそれを正確に表しているとも言えます。
大作主義と長尺曲の多さもまたプログレ譲りですが、変態的曲構成や変態的技巧、異ジャンルとの交配などは追求していません。

適度なハードロックテイストとドラマティックなサウンドは、ヴォーカルのクドさ込みでメタラーにも馴染みやすいものですし、手堅く真面目なつくりの高水準な作品であるのは確かで、聴いていてストレスを感じることはありません。
反面、良く悪くも尖った部分や破綻がなくややスリルには欠けるため、トータルでの印象はやや淡白でフラットです。

プログレ度:★★★☆☆|ドラマ性:★★★☆☆|ポップネス:★★★☆☆
ハドロク度:★★★★☆|オルタナ度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤 スルメ盤

Fugazi|フガジ:破滅の形容詞

MARILLION_Fugazi

オリジナルアルバム – 2作目 (1984年)

ほぼ前作を踏襲した作風ですが、ヘヴィネスを増したよりハードなサウンドとなり、アグレッシヴな展開も見せるなど、ロック的な躍動感とダイナミクスが増したメリハリの効いた仕上がりです。
メタル/ハードロック色が濃厚な曲も多く、NWOBHMと同列に語られてファンが重なっていたというのも納得。

時折ニューウェイヴからの影響も感じられるものの、ポンプロックとしての叙情プログレの様式遵守が前提にあるため、音楽的な広がりはあまり期待できません。それでも、このジャンルの枠の中ではトップレベルに位置するアルバムなのは確かでしょう。

プログレ度:★★★★☆|ドラマ性:★★★☆☆|ポップネス:★★★☆☆
ハドロク度:★★★★★|オルタナ度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 入門盤 通好み スルメ盤

「Fugazi」リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

Misplaced Childhood|ミスプレイスド・チャイルドフッド:過ち色の記憶

MARILLION_Misplaced_Childhood

オリジナルアルバム – 3作目 (1985年)

フィッシュの幼少期の体験をテーマにした、ストーリー仕立てのコンセプトアルバムで、フィッシュ在籍時の第1期の中では代表作とされています。

少年時代というテーマの影響か、ややノスタルジーを誘うような牧歌的ともいえる叙情性が押し出されており、ロック的なダイナミズムやアグレッシヴな展開は、クライマックス的なパートに見られる程度でかなり控えめ。

組曲的な展開も見せるアルバムオリエンテッドなつくりで、単体で強烈な印象を残す曲はありませんが、そういう意味では初期でも最もプログレらしいアルバムとも言えます。また、フィッシュの歌唱もややクドさ控え目ということもあって、ホガース期のファンにも入りやすいかもしれません。

プログレ度:★★★★☆|ドラマ性:★★★★☆|ポップネス:★★☆☆☆
ハドロク度:★★☆☆☆|オルタナ度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤

「”Misplaced」リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

”]

Clutching At Straws|クラッチング・アット・ストロウズ:旅路の果て

MARILLION_Clutching_At_Straws

オリジナルアルバム – 4作目 (1987年)

前作同様に、ストーリー仕立てのコンセプトアルバムで、最初期と比較するとハードロックテイストは薄めの叙情派プログレですが、ときおりアートロック系ニューウェイヴの空気も感じさせます。

曲は比較的コンパクトなものが中心で、最長でも6分台。これまでに以上にポップでキャッチーな展開も見られますし、個々にフックがあってメリハリが効いた曲が多く、曲単体としての完成度では前作を上回ります。

コンセプトアルバムながら比較的聴きやすい仕上がりは、「プログレは大作路線こそ至高」と考える向きには物足りないかもしれませんが、大仰なだけでポップロックに過ぎないことを考えれば、洗練に向かうのも間違いではないでしょう。

プログレ度:★★★★☆|ドラマ性:★★★★☆|ポップネス:★★★★★
ハドロク度:★★★☆☆|オルタナ度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 入門盤 通好み スルメ盤

Seasons End|シーズンズ・エンド:美しき季節の終焉

MARILLION_Seasons_End

オリジナルアルバム – 5作目 (1989年)

フィッシュが脱退してホガースを迎えた、第2期MARILLIOの幕開けとなるアルバム。
前作の時点ですでに足を踏み入れていた、プログレ的な過剰さや複雑さを抑えた作風で、コンパクトでポップなアプローチを押し進めて、それを軸にした展開を見せています。

とはいえ、根本にあるのはオールドスクールなハードロック/プログレで、結局のところ盛り上がりどころはそれに由来するドラマティックなパートというあたりは、少々皮肉にも思えるところ。
それでも、ある種の普遍性を持ったサウンドを持ったメロディック・ロックとしては良質なものであり、楽曲アベレージについても上々です。

プログレ度:★★☆☆☆|ドラマ性:★★☆☆☆|ポップネス:★★★★★
ハドロク度:★★☆☆☆|オルタナ度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★★☆

入門盤 賛否両論 スルメ盤

Holidays In Eden|ホリデイズ・イン・エデン:楽園への憧憬

MARILLION_Holidays_In_Eden

オリジナルアルバム – 6作目 (1991年)

前作で試みた、より普遍的でコンパクトなポップロック路の追求がひとつのピークを迎えたアルバム。
前作ではまだ目立っていた、プログレ/ハードロック的な複雑さや過剰さを抜いて、ややソフィスティケートさせたようなスタイルです。

実験性や先進性/同時代性などは希薄で、同時代的アップグレードも全くなされていない80年代を引きずったサウンドは、JOURNEYらUSプログレハード勢の産業ロック/AOR路線の英国仕様ともいえるもの。
その一方で、『U2』などのニューウェイヴ系UKポップロックサウンドを思わせる、フレーズや展開もときおり飛び出します。

US産業ロック勢のようなポピュラリティ全振りではないため、一般にアピールするにはキャッチネスやフックが脆弱で、突き抜けないUKロック的な煮え切らなさが拭い去れないものの、堅実さと品の良さが感じられる上質なポップロックではあります。

プログレ度:★☆☆☆☆|ドラマ性:★★☆☆☆|ポップネス:★★★★★
ハドロク度:★☆☆☆☆|オルタナ度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★★☆

賛否両論 スルメ盤 実験作

Brave|ブレイヴ

MARILLION_Brave_b

オリジナルアルバム – 7作目 (1994年)

少なくとも日本のメタルクラスタの中では、最も高い知名度と人気を持つMARILLIONの作品でありポンプロックアルバム。
それはプログレメタルブームの余波というよりは、主に一声で輸入盤店の売り上げくらいはを左右すると言われる某音楽評論家のプッシュによるもので、結果的にこのタイミングで来日公演まで実現していますが、それでも本作がMARILLIONの全キャリア中でも屈指の名盤であるという事実は揺らぎません。

プログレゴシックメタルの登場を機に一気に増加した、それに類する陰鬱さを持ついわゆるダークロックやダークプログレに近い仄暗いメランコリアをまとっており、彼らの作品の中でも特にシリアスな作風が特徴的です。
その意味では、彼らも影響を受けることになる後のRADIOHEADに通じますが、本作はそのターニングポイントとなった“OK Computer”アルバムにも数年先駆けていました。本作で目指したポンプロックのアップグレードを、新世代ならではのセンスで完全に成功させたのが、RADIOHEADと考えることもできます。

いずれにしても、フィッシュ時代には完全にとらわれていた70年代プログレ様式美から抜け出したと同時に、そのフィッシュの呪縛を断ち切って現在進行形のバンドとしての評価を確かなものとした作品です。

プログレ度:★★★★★|ドラマ性:★★★★☆|ポップネス:★★★☆☆
ハドロク度:★★☆☆☆|オルタナ度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 スルメ盤 実験作

Afraid Of Sunlight|アフレイド・オブ・サンライト

MARILLION_Afraid_Of_Sunlight_a

オリジナルアルバム – 8作目 (1995年)

ジャケットからイメージされるような、前作Braveに続くゴシック/ダークメタル的な陰鬱さは、佳曲のT-05T-07などで感じられますが、トータルで見ると明るい雰囲気の曲が目立地、前作とそれ以前のホガース期の作風をプラスしたような印象です。

7分台の2曲を含てめ曲は長めですが、構成力もあっては比較的ポップでコンパクトにまとまった印象があり、それほど長さは気になりません。

イギリス本国でもそれなりの結果は残せたようですが、圧倒的なインパクトではさすがに前作に及ばないこともあり、ここでさらに大きくステップアップすることは叶いませんでした。

前作の重厚でドラマティックなサウンドを期待するとやや肩スカしかもしれませんが、いつも通り丁寧に作られて良作ですし、良くも悪くも時代を超えた普遍性と聴きやすさを持った間口の広いアルバムです。

プログレ度:★★★☆☆|ドラマ性:★★☆☆☆|ポップネス:★★★★☆
ハドロク度:★★☆☆☆|オルタナ度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

入門盤 賛否両論 スルメ盤

This Strange Engine|ディス・ストレンジ・エンジン -遠い記憶に-

MARILLION_This_Strange_Engine

オリジナルアルバム – 9作目 (1997年)

前作とほど同路線ですが、ゴシック/ガークメタル的な陰鬱さはさらに希薄になりました。全体的にほの明るいポップネスが支配的なアルバムで、コントラストの少ない穏やかな作風は、陽だまりのような心地良さを感じさせる反面、やや各曲の印象が弱くぼんやりした印象が残ります。

そんな中、躍動感を持ったアップテンポチューンのT-06は、THE POLICEをヴィンテージフレーバーをまぶしたような印象ですが、キャッチーなフックを持った佳曲。またT-07はプログレ調のドラマティックなT-08もナカナカの力作です。

プログレ度:★★★☆☆|ドラマ性:★★★☆☆|ポップネス:★★★★☆
ハドロク度:★★☆☆☆|オルタナ度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

入門盤 スルメ盤

リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

Radiation|レディエーション

MARILLION_Radiation

オリジナルアルバム – 10作目 (1998年)

“Brave”で息を吹き返した後に、レーベルとアルバム3枚契約を結んだのラスト作品。これらは三部作というわけではないですが、音楽性の傾向はほぼ似通ったもので、比較的シンプルでコンパクトにまとまった普遍的なポップロックアルバムを狙っています。

この三作の中で本作は特にコンパクトな短い曲が多く、唯一3〜4分台のが中心となっており、これらのポップロックチューンには佳曲も少なくありません。
その反面プログレ的な様式美も三作中では最も強めで、アルバムの随所に随所にそれが見られるという、ややアンビバレントな作風となっています。

ところが、プログレ色を強めた割には終盤の長尺曲などは今ひとつで盛り上がりに欠け、全体的にはこの三作の中では特に印象の薄い仕上がりとなっています。

プログレ度:★★★★☆|ドラマ性:★★★☆☆|ポップネス:★★★★☆
ハドロク度:★★☆☆☆|オルタナ度:★★☆☆☆|総合評価:★★★☆☆

入門盤 賛否両論 スルメ盤

Marillion.com|マリリオン・コム

MARILLION_Marillion_com

オリジナルアルバム – 11作目 (1999年)

RADIOHEADが大ブレイク作Ok Computerで提示した、ポストロック系の新世代プログレ/ポンプロックサウンドは、ダークな作風のプログレバンドやゴシックメタルなども含め、ロックシーンに幅広く影響を及ぼしました。

オーソドックスなポップ/ソフトロックに路線に限界が感じられたMARILLIONも、そこに可能性を見出したようでで、インディー落ちした本作からは、同時代的なモダンテイストを取り入れた作風を志すようになります。

ここではまだ、これまでのポップロック路線が基本にありますが、ポストロック系のサウンドや、ブリットポップ系のエッセンス、トリップホップ系のエレクトリニックなトリップサウンドなどを取り入れ、全体の印象はかなりモダンな印象受けるものとなりました。

これを“ベテランの冷水”と見る向きもありますが、キャッチーなT-02は秀逸なポップチューンで後期を代表曲といえる仕上がりですし、その他も、普遍性と同時代性を持った佳曲ぞろい。やり方次第では一般層にも受け入れられ得る可能性を持っています。

プログレ度:★★★☆☆|ドラマ性:★★☆☆☆|ポップネス:★★★★★
ハドロク度:★☆☆☆☆|オルタナ度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤 スルメ盤 実験作

Anoraknophobia|アノラクノフォビア

MARILLION_Anoraknophobia

オリジナルアルバム – 12作目 (2001年)

世界初のクラウドファンディングによって製作された音楽アルバムと見なされており、その過去に例のないトピックが大きな話題にもなったことで、一気に知名度を上げることにもつながりました。

作風は前作をさらに一歩推し進めたもので、エレクロクトロニック色が強まった以外は大きな変化はありませんが、導入した同時代的要素もより多彩なものとなり、そのポストロック/オルタナティヴロックのエッセンスと本来のポップロックスタイルとの融合も、かなりこなれたものとなっています。
ややアトモスフェリックに寄った作風で、シングル向きなフックの効いたキラーチューンなどは無いものの、楽曲は軒並み高水準。

タイトルは、「アラクノフォビア=蜘蛛恐怖症」と「アノラック=英国のレインジャケット」をもじったもの。アノラックを着たコミカルなキャラクターを用いたジャケットも、低予算ながら彼らのアートワークとしては異色なインパクトを残しています。

プログレ度:★★★☆☆|ドラマ性:★★☆☆☆|ポップネス:★★★★☆
ハドロク度:★☆☆☆☆|オルタナ度:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤 賛否両論 スルメ盤 実験作

Marbles|マーブルス

MARILLION_Marbles_b

オリジナルアルバム – 13作目 (2004年)

前々作からスタートした、“アフターRADIOHEAD”なポストロック系プログレ路線でのピークとも言えるアルバム。“Brave”以来模索し続けて自力ではたどり着けなかった領域に、RADIOHEADの方法論をヒントにようやく到達した作品とも言えます。

エレクトロニックテイストが強化された、アトモスフェリックでPINK FROIDを想起させるようなサイケデリックテイストも漂わせたサウンドは、COLDPLAYあたりと同列以上に語れる程度には、見事な同時代的アップデートが施されています。
過去の、ヴォーカルが前面に出すぎて過剰主張しがちな音づくりのバランスが、解消されたこともプラスに働いています。

同時期にRADIOHEADによって方向性を変えたプログレ系グループの中では、PORCUPINE TREEやANEKDOTEN、ゴシックメタルのANATHEMAやなどとともに最も成功を収めた作品と呼べるものです。

当初は、1枚組の通常盤と限定の2枚組が存在していましたが、近年では一般向けに再リリースされた2枚組が中心に流通しています。

プログレ度:★★★★★|ドラマ性:★★★☆☆|ポップネス:★★★☆☆
ハドロク度:★☆☆☆☆|オルタナ度:★★★★★|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作

Somewhere Else|サムホウェアー・エルス

MARILLION_Somewhere_Else

オリジナルアルバム – 14作目 (2007年)

Happiness is the Road|ハピネス・イズ・ザ・ロード

MARILLION_Happiness_is_the_Road

オリジナルアルバム – 15作目 (2008年)

Less Is More|レス・イズ・モア

MARILLION_Less_Is_More

オリジナルアルバム – 16作目 (2009年)

Sounds That Can’t Be Made|サウンズ・ザット・キャント・ビー・メイド – 創られざる音律

MARILLION_Sounds_That_Can't_Be_Made

オリジナルアルバム – 17作目 (2012年)

Fuck Everyone and Run (F E A R)|ファック・エヴリワン・アンド・ラン:F E A R

MARILLION_Fuck_Everyone_and_Run_FEAR

オリジナルアルバム – 18作目 (2016年)

「F E A R」リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

With Friends from the Orchestra|ウィズ・フレンズ・フロム・ザ・オーケストラ

MARILLION_With_Friends_from_the_Orchestra

オリジナルアルバム – 19作目 (2019年)

Translate »