★ EUROPE(ヨーロッパ) ★ このアルバムがスゴイ!?|名曲『The Final Countdown』で世界を制!北欧メロディック・メタルの知らしめたスウェーデンの80年代メタルレジェンド!!…必聴アルバムは?

EUROPE_Logo ◆ D, E, F, G

Contents

世界規模の爆発的ヒットで北欧で最も有名なメタル・ナンバーとして知られる名曲『The Final Countdown』を生んだ、スウェーデンの国民的メタル・レジェンドに第二の黄金期は訪れる?

EUROPEのディスコグラフィ/レビュー、おすすめアルバムだけをチェックしたい方は【記事下部】か【目次】のリンクからも移動できます!!

EUROPE(ヨーロッパ)は、80年最初期にデビューしたスウェーデンのヘヴィメタルバンド。

北欧メタル世界進出の功労者!?

EUROPEは、スカンジナビアン・メタルやノルディック・メタルとも呼ばれる、“北欧メタル”ブームの火付け役/パイオニアと呼べるグループのひとつ。

ネオクラシカル系早弾きギタリストのイングヴェイ・マルムスティーンや、ダークなカルトバンドMERCYFUL FATEなどとともに、いち早く世界進出を果たして、北欧メタルのシーンの存在を世界に知らしめた存在です。

それによって80年代には、“北欧メタル=メロディック/ネオクラシカル”といった図式さえも一般化することにもなります。

ビッグ・イン・ジャパンから世界的バンドへ!?

当初EUROPEは、華美なメロディとスピーディなメタルサウンドが、日本リスナー嗜好にマッチしたことで先行人気に火がついた、いわゆる“ビッグ・イン・ジャパン”的な存在でした。

しかし、アメリカ進出を果たしたのちに、80年代を代表するポップチューンのひとつである、代表曲『The Final Countdown』のブレイクにより世界的な知名度を手に入れます。

『The Final Countdown』の大ヒット!!

この『The Final Countdown』は、各国でメインストリームのトップチャートに食い込む、“社会現象級”の超ビッグヒットとなりました。

ヘヴィメタルの主要マーケットとなっていたアメリカでも、ビルボードチャートでTOP10入りをはじめとして、大ヒット映画『トップガン』の挿入歌にまで起用されています。

先行して人気が高まっていた日本でも一般層を巻き込んだ大ヒットとなり、CMソングやプロレスラー武藤敬司のテーマ曲にも起用されていました。

また、クラブ向けにアッパーなEDMにリミックス/サンプリングされたり、旧ユーゴのインダストリアル・バンドLAIBACHまでもがカバー曲として取り上げており、その波及範囲の広さがうかがえます。

偉大な“開拓者”か単なる“一発屋”か!?

この『The Final Countdown』の大ヒットは、EUROPEの名を歴史に刻んだ反面、いわゆる“一発屋”の称号も授かることにもなりましたが、これはヘヴィメタルとしては異例のもので、JUDAS PRIESTやIRON MAIDEN、のちのMETALLICAでさえもなしえないものでした。

これにより、米国でも北欧メタル・シーンへの注目が高まり、ノルウェイのTNTやスウェーデンのSHOTGUN MESSIAHといったポッでメロディックなメタルバンドが全米デビューを果たし、チャート入りほどの状況を招きました。

失速〜解散からの再始動!!

EUROPEはポップメタル路線で米国メインストリームを舞台に活動を続けますが、80年代のグラムメタル・ブームが衰退するとともに失速してゆき、“一発屋”のイメージだけを残して1992年には解散を迎えます。

その後、2003年のリユニオンを経て本格的に再始動し、翌年には新作スタジオアルバムもリリース。

それ以降も全盛期と変わらぬメンバーで活動を続けて、アルバムも定期的なリリースを重ねます。
本国スウェーデンでは、往年と変わらぬビッグネームとしてトップチャートに食い込んでおり、欧州各国でもある程度の結果を残しています。

次ページはEUROPEのディスコグラフィ&レビューを紹介!!▼リンクはページ下!▼

Translate »