★ SUICIDAL TENDENCIES(スイサイダル・テンデンシーズ)ディスコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|スラッシュメタルと縁の深いLAクロスオーバーを代表するテクニカル&ファンキーな実力派!!…必聴アルバムは?

SUICIDAL_TENDENCIES_Logo ◆ S, T

Contents

現METALLICAのロバート・トゥルージロをはじめMEGADETH, SLAYERの腕利きメンバーも在籍した、80年代LAクロスオーバー・スラッシュを代表するカリスマバンド!!

SUICIDAL TENDENCIES(スイサイダル・テンデンシーズ)はアメリカ合衆国はロスアンゼルスを拠点とするハードコアバンド。一般に、ハードコアとスラッシュメタルの折衷的なジャンルである『クロスオーバースラッシュ』に分類されています。

METALLICAのメンバーも輩出!!

SUICIDAL TENDENCIESは、スラッシュメタルの本場ベイエリア近郊のロスアンゼルスが拠点ということもあってか、『クロスオーバースラッシュ』の中でも特にスラッシュメタルとも密接なグループとして知られています。
かつては、METALLICAのベーシストとして名を挙げたロバート・トゥルージロや、MEGADETHに参加経験のあるドラマーのジミー・デグラッソが在籍していたほか、2021年現在は元SLAYERのデイヴ・ロンバードがドラムスをつとめています。

独自のクロスオーバーサウンドを追求!?

SUICIDAL TENDENCIESは、80年代のハードコアバンドの中ではどちらかというと楽曲主義的な傾向が強く、同時に幅広いバックグラウンドを感じさせる多様性と、トレンドに合わせて変化を見せるの柔軟な作風でも知られています。

そのため、ハードコアの枠に収まるの音楽性中で時代ごとにスタイルを変化させる傾向がありますが、特にのブレイクのきっかけとして重要な変化要素が、ヘヴィメタル/スラッシュメタルへの接近による『クロスオーバースラッシュ』化と、主にプロジェクトで顕著だったファンクメタル系のミクスチャー志向です。

 

スラッシュメタル路線で人気爆

SUICIDAL TENDENCIESは、デビュー以来アルバムごとに次第にヘヴィメタルテイストを強めてゆきますが、本格的なスラッシュメタル路線が当時のスラッシュブーム人に乗って保守的な日本のメタルメディアでも高評価されたことでメタル界隈でも人気と知名度が大きく高まりました。

また、全盛期の頃からアメリカ本国よりもイギリスやドイツなどのヨーロッパ各地の方で高いチャートを記録しており、特にドイツで高い人気を誇っています。

音楽性については、その後もファンキーなミクスチャーテイストを増したり、パンキッシュなハードコア回帰やメロディックハードコアへの接近を見せるなど変化を見せています。

唯一のオリジナルメンバーを中心に活動中!!

SUICIDAL TENDENCIESは比較的メンバーの出入りの激しいバンドでしたが、1995年から1996年の短期的な解散期間を経た後の再結成時にもメンバーが一新されており、現在は唯一の結成以来のオリジナルメンバーとなったマイク・ミューアを中心に現在も活動を続けています。

サイドプロジェクトでも活躍!!

マイク・ミューアはSUICIDAL TENDENCIESのほかにも、ストレンジなファンクメタルのINFECTIOUS GROOVES(インフェクシャス・グルーヴス)や、ポップでパンキッシュなメロコア路線のCYCO MIKO(サイコ・マイコ)などのサイドプロジェクトも並行して展開しています。

これらもアクティブなバンドとして活動を続けており、特にINFECTIOUS GROOVESではSUICIDAL TENDENCIESに匹敵する成功を見せています。

SUICIDAL TENDENCIES|DISCOGRAPHY

Suicidal Tendencies|スイサイダル・テンデンシーズ

SUICIDAL_TENDENCIES_Suicidal_Tendencies

オリジナルアルバム – 1作目 (1983年)

純ハードコアに近いテイストから、ハードコアファンからの支持の高いデビュー作。この時点においてはごくわずかなものですが、のちに顕著となるファンクテイストの兆しも確認できます。

ハードコア特有の素っ気なさはあるものの、比較的整合感や曲調の多様性もある方ですし、1分台のミニマルな曲が20曲といった“金太郎飴”スタイルでもありません。
3rdでのスラッシュメタルから入ったリスナーにはとっつきづらいところはありますし、好みは分かれるところですが、メタラーでもスラッシュの延長上としてギリギリ楽しめるかもしれません。

ヘヴィ度:★★★★☆|ハード度:★★★★☆|メロディ:★★★★☆
大作度:★★★★☆|マニア度:★★★★☆|総合評価:★★★★☆
代表作 入門盤 通好み

Join the Army|ジョイン・ザ・アーミー:軍団宣言

SUICIDAL_TENDENCIES_Join_the_Army

オリジナルアルバム – 2作目 (1987年)

まだまだハードコア色の強い作風ではありながらも、前作からグッとヘヴィメタリックなサウンドとなったアルバム。
メタル度ではターニングポイントとなった次作ほどではありませんが、ハードコアとスラッシュメタルがどちらかに傾き過ぎず両方の個性が生きているという意味では、本作がベストのバランスかもしれません。

事実、スラッシャーにも好意的に迎えられただけでなく、メタル色やオルタナ色が強めてゆく次作からの展開に否定的なハードコアフリークでも本作まではOKとする傾向があり、パンキッシュな突進力とメタリックな整合感を兼ね備えた“クロスオーバースラッシュ”としては、全キャリア中でもここがひとつの頂点と言っていいでしょう。

メタル度:★★★★☆|ハーコー度:★★★★★|ミクスチャ度:★☆☆☆☆
メロコア度:★☆☆☆☆|ファスト度:★★★★☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 通好み

How Will I Laugh Tomorrow When I Can’t Even Smile Today|ハウ・ウィル・アイ・ラフ・トゥモロウ

SUICIDAL_TENDENCIES_How_Will_I_Laugh_Tomorrow_When_I_Cant_Even_Smile_Today

オリジナルアルバム – 3作目 (1988年)

整合感を強めた凝った構成と曲展開に加え、メロディアスなギターソロを多用するなど大きくヘヴィメタルマナーを取り入れた一方で、ハードコア色は大きく後退しました。

スラッシュメタルどころかパワーメタルとも呼べそうな曲もあり、日本の保守派メタル雑誌のレビューでも異例の高得点を獲得したことで知られており、これを機にスラッシャーに限らないメタルクラスタにもその名を知られるようになります。
そういう流れから、本作についてはスラッシュメタルの枠内で語られる傾向にあり、“スラッシュ名盤〇〇選”の常連にもなっています。

ハードコアフリークを中心に否定論者も少なくありませんが、メタル系“クロスオーバースラッシュ”としては一級品であることは保証つきです。

メタル度:★★★★★|ハーコー度:★★★☆☆|ミクスチャ度:★☆☆☆☆
メロコア度:★☆☆☆☆|ファスト度:★★★★☆|総合評価:★★★★★
殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 実験作

Lights…Camera…Revolution|ライツ…カメラ…レボリューション

SUICIDAL_TENDENCIES_Lights_Camera_Revolut_on

オリジナルアルバム – 4作目 (1990年)

現METALLICAのベーシストとして知られ、SUICIDAL TENDENCIESのファンクネス強化にも貢献した、ロバート・トゥルージロの初参加アルバム。
トゥルージロ加入効果か、これまで以上にファンクテイストが目立つようになったほか、曲調も多彩で変化に富んでおり、ポップチューンのT-07などは異色曲ながらオールタイムアンセムのひとつに数えられています。

ただし、あくまでも基調となるのはヘヴィメタル様式が濃厚な“クロスオーバースラッシュ”であり、前作のスタイルを踏襲したその延長線上にあるものです。
ミッド〜スローパートを織り込むようになったことでメリハリは生まれましたが、反面、勢いと突進力が削がれてしまった面もあり、一長一短というところでしょう。

メタル度:★★★★☆|ハーコー度:★★★☆☆|ミクスチャ度:★★☆☆☆
メロコア度:★☆☆☆☆|ファスト度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

入門盤 賛否両論 実験作

The Art of Rebellion|ジ・アート・オブ・リベリオン

SUICIDAL_TENDENCIES_The_Art_of_Rebellion

オリジナルアルバム – 5作目 (1992年)

前作までの流れから一転して、ミッド〜スローがアルバムの大半を占め、同時代のUSオルタナティヴロックに傾倒したようなサウンド。
ファストチューンはもはや申し訳程度となっており、音像もハードコアやスラッシュメタルと呼びうるものではありません。メタルテイストやファンクテイストを持っているとはいえ、普遍的なヘヴィメタル接近したわけでもなければ、明快なミクスチャー/ファンクメタルというわけでもありません。

時期を考えれば、METALLICAやMEGADETHらが脱スラッシュを果たしていたタイミングであり、ときおりそれらを想起させるアプローチも見られます。シーンの変遷にも目ざとい彼らとしては、この変化は当然の成り行きだったともいえます。

チャート的には過去最高を叩き出したアルバムで、アイデアもクオリティもそれに見合った水準は維持しています。しかし、わかりやすいカタルシスを感じさせないスルメ系の通好みな作風で、彼らのカタログ中でも完全な異色作で聴き手を選ぶ面は否定できません。
キャッチーで聴きやすいという意味では、むしろ作風に重なる部分がある同時期のINFECTIOUS GROOVESのアルバムの方がビギナーフレンドリーといえるでしょう。

メタル度:★★★☆☆|ハーコー度:★★☆☆☆|ミクスチャ度:★★★★☆
メロコア度:★☆☆☆☆|ファスト度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作

Still Cyco After All These Years|スティル・サイコ・アフター・ジーズ・イヤーズ

SUICIDAL_TENDENCIES_Still_Cyco_After_All_These_Years

オリジナルアルバム – 6作目 (1993年)

レーベルとのゴタゴタがもとで再発することができなかった、1stの再録を含む企画盤に近いアルバム。再録ものにはつきものですが、オリジナルを愛する初期ファンからはあまり評判が良くありません。
アレンジは奇をてらったものではなくシンプルかつ無難、原曲が台無しになるようなものではありません。しかし、逆に言えばあえてオリジナルでなくこちらをを選ぶ積極的な理由もないということなので、アルバムとしてはどうしても微妙な立ち位置に追いやられることは避けられません。

メタル度:★★★★☆|ハーコー度:★★★★★|ミクスチャ度:★☆☆☆☆
メロコア度:★☆☆☆☆|ファスト度:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

入門盤 賛否両論 お布施

Suicidal for Life|スイサイダル・フォー・ライフ

SUICIDAL_TENDENCIES_Suicidal_for_Life

オリジナルアルバム – 7作目 (1994年)

前作がスラッシャーには不評だったのか、近作で見せてきたファンクテイストを強めつつも、メタルエッジなヘヴィネスを取り戻しており、トゥルージロ加入時の総決算的な作風となりました。
ラップメタルのテイストも見られますが、BIOHAZARDなどのグルーヴコアに移行したわけではなく、あくまでも80年代のクロスオーバースラッシュとファンクメタルを基調としたものです。

セールスも評価もドン底だったというアルバムで、本作リリース後後一時解散となりメンバーを総入れ替えして再起を図るわけですが、確かに当時のシーンを見渡せば、過去のスタイルに収まらない新世代ミクスチャーサウンドが注目を集めてにぎわわっていた時期であり、旬を逃してしまった印象は否めません。

しかし、そんなマイナスイメージに反して出来栄えは総決算にふさわしい充実ぶりで、完成度ではキャリア中でも上位に位置すると言っていいでしょう。
メロメロなギターソロが払拭されたるあたりはメタラーには不評かもしませんが、ツイストの効いたテクニカな展開も見せる変化に富んだ楽曲が並び、ダレることなく聴きとおせる快作です。

メタル度:★★★★☆|ハーコー度:★★★☆☆|ミクスチャ度:★★★☆☆
メロコア度:★☆☆☆☆|ファスト度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 入門盤 賛否両論

Freedumb|フリーダム

SUICIDAL_TENDENCIES_Freedumb

オリジナルアルバム – 8作目 (1999年)

初期のハードコア路線に回帰したアルバムと言われていますが、1stで聴ける80年代風のソリッドで無骨なスタイルとは異なります。ここでは、いくぶん時代性を意識したアップデートも行われており、メロコアに近いポップテイストや、ドライヴ感のあるファンクメタルテイストも取り入れつつ、多様性と柔軟さを持ったパンキッシュでロッキンなサウンドに仕上げられています。

90年前後のスラッシュ路線ではなくメタラー好みの作風とは言いかねますが、ドライヴィンなベースがうなりまくるスピードチューンのT-03は名曲ですし、その他も、やはり代表曲のT-12をはじめ多彩なアイデアを凝らした曲は軒並み高水準。彼ららしいテクニカルなスパイスも効いており、キャパの広いリスナーなら問題なく楽しめるでしょう。

メタル度:★★★☆☆|ハーコー度:★★★★☆|ミクスチャ度:★★☆☆☆
メロコア度:★★★☆☆|ファスト度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

入門盤 賛否両論 実験作

Free Your Soul… and Save My Mind|フリー・ユア・ソウル…アンド・セイヴ・マイ・マインド

SUICIDAL_TENDENCIES_Free_Your_Soul_and_Save_My_Mind

オリジナルアルバム – 9作目 (2000年)

基本的には、前作の延長線上にあるポップでパンキッシュなテイストを押し出したスタイルで、ファストチューン中心のアップテンポな作風。
ただしここでは、ストレートでロッキンなパンキッシュハードコアに中に、サイドプロジェクトの『INFECTIOUS GROOVES』にも通じる、お得意のストレンジでテクニカルなファンクテイストを織り交ぜた、一筋縄ではいかない個性派サウンドに仕上がっています。

前作同様、ハードコアクラスタから好評な反面メタルクラスタからの人気はいまいちですが、サウンドの質感はメタリックですし楽曲も高水準です。

メタル度:★★★☆☆|ハーコー度:★★★☆☆|ミクスチャ度:★★★☆☆
メロコア度:★★★☆☆|ファスト度:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

入門盤 賛否両論 通好み 実験作

13|サーティーン

SUICIDAL_TENDENCIES_13

オリジナルアルバム – 10作目 (2013年)

World Gone Mad|ワールド・ゴーン・マッド

SUICIDAL_TENDENCIES_World_Gone_Mad

オリジナルアルバム – 11作目 (2016年)

Still Cyco Punk After All These Years|スティル・サイコ・アフター・オール・ジーズ・イヤー

SUICIDAL_TENDENCIES_Still_Cyco_Punk_After_All_These_Years

オリジナルアルバム – 12作目 (2018年)

次ページではS.T,本隊に匹敵する魅力に溢れるサイドプロジェクト紹介!▼リンクはページ下!▼

Translate »