★ IRON MAIDEN(アイアン・メイデン) ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|メタル・シーンを牽引し続けのヘヴィメタル盟主の座にまで登りつめたNWOBHMの革命児!…必聴アルバムは?

IRON_MAIDEN_logo ◆ H, I, J, K, L

Contents

“ニューウェイヴ”の名に相応しい革新的サウンドで、有象無象のNWOBHMシーンを制覇し、世界のヘヴィメタル・シーンをリードし続けた、もうひとつのUKメタル・アイコン!!

IRON MAIDENのディスコグラフィ/レビュー、おすすめアルバムだけをチェックしたい方は【記事下部】か【目次】のリンクからも移動できます!!

IRON MAIDEN(アイアン・メイデン)は、英国イングランドのヘヴィメタル・バンド。

NWOBHMのトップランナーにしてBIG4の一角

IRON MAIDEN(アイアン・メイデン)は、1980年前後に勃発・台頭した英国の新世代グループによるヘヴィメタル/ハードロック・ムーヴメント、NWOBHM(ニュー・ウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィ・メタル)の中から登場したグループ。

現在では、数あるNWOBHM系のグループの中でも、人気,セールス,活動状況,知名度,影響力などから、DEF LEPPARD,VENOM,SAXONと共に、“NWOBHM”のBIG4と一部で称されることもあります。

またIRON MAIDENは、NWOBHMやブリティッシュ・ヘヴィメタル枠を超えて、メタル・シーンを牽引するフラッグシップ的な存在にまで登りつめており、ヘヴィメタル・サウンドの創始者として“メタルゴッド”とも呼ばれ、IRON MAIDENにとっては大先輩にあたるJUDAS PRIESTと双璧といえるまでの、メタルアイコンとなっています。

ドライブするベースが牽引するヘヴィメタル!?

IRON MAIDENは、事実上ベーシストのスティーヴ・ハリスがバンドマスターを務めるグループです。

曲づくりにおいてもハリスが中心となっているほか、サウンド面でもベースラインが前面に押し出されて曲をリードするものとなっています。

他のメンバー構成は最初期を除くと、若干の出入りはあるものの比較的安定していますが、音楽性についてはヴォーカルの交代を機に変化が見られます。

IRON MAIDENの音楽性:ポール・ディアノ時代!!

初代ヴォーカリストのポール・ディアノは初期の2枚のアルバムに参加しており、NWOBHMとしてのIRON MAIDENという意味においては、この時期のことを表すものと言えます。

この時期は、旧来のハードロック/ヘヴィメタルとパンクがクロスオーバーされた、アグレッシヴなサウンドに、ディアノのラフでパンキッシュなヴォーカルがプラスされた、新世代のヘヴィメタルサウンドを展開しています。

玉石混交で泡沫バンドもあふれかえり、質的にも作風でもマニア向けのグループが大半を占めていたNWOBHMの中で、この時期のIRON MAIDENは革新的なオリジナリティあふれたサウンドを確立していました。

そのため、メタルファンのみならずパンクファンや一般のロックファンにも一目置かれるまでになっており、音楽性から立ち位置まで、まさにヘヴィメタルのニューウェイヴと呼ぶにふさわしいものでした。

IRON MAIDENの音楽性:ブルース・ディッッキンソン時代!!

同じNWOBHMシーンのバンド『SAXON』から移籍したブルース・ディッッキンソンは、80年代ヘヴィメタルブームの渦中にあったIRON MAIDENの黄金期を含めた、キャリアの大半に在籍していることもあって、一般的にはディッッキンソンこそがIRON MAIDENの顔として定着しています。

ディッッキンソン加入後のIRON MAIDENは、より整合感とドラマ性を強めた作風へと移行してゆき、ひとつのヘヴィメタル様式美と呼べるようなスタイルを確立しています。

80年代の末期には、現在のIRON MAIDENの基本スタイルとなっている、プログレ的なストーリー性重視の作風や楽曲の長尺化も見られるようになります。

IRON MAIDENの音楽性:ブレイズ・ベイリー時代!!

ディッッキンソンのソロ活動の扱いやバンドの音楽性をめぐって、ディッッキンソンとバンドの間で起こった確執が深刻化したことから、ディッッキンソンは脱退を決意。
バンドは後任としてWOLFSBANEのブレイズ・ベイリーを迎え、ベイリーは1994年〜1999年の間在籍していました。

WOLFSBANEの音楽性が、ロックンロール・テイストのアグレシヴなハードロックだったことから、ある種の原点回帰を期待する向きもありましたが、IRON MAIDENのはプログレ的な大作志向を強めてゆきます。

それによって音楽性とヴォーカル・スタイルのマッチングが悪化したことや、純粋な楽曲クオリティの低下までもをベイリーが負わされるかたちとなり、ベイリー期は5年間アルバム2作のみで終わりを迎え、バンドにはディッッキンソンが復帰することになります。

ディッッキンソン復帰から現在までのIRON MAIDENは!?

ブルース・ディッッキンソンの復帰以降と同時に、80年代のIRON MAIDEN絶頂期にギタリストを務めたエイドリアン・スミスも復帰してトリプルギターとなります。

現在は、JUDAS PRIESTと並ぶヘヴィメタルの重鎮となっており、現在に至るまで常にシーンのトップの位置に常駐しています。

音楽性については、90年代からのプログレ風味で大作志向スタイルをひたすら繰り返しており、オールドファンを中心に賛否両論を集めています。
またトリプルギター体制も、特筆するほどの効果は上げていません。

次ページはIRON MAIDENのディスコグラフィ&レビューを紹介!!▼リンクはページ下!▼

Translate »