★ ANGEL WITCH(エンジェル・ウィッチ) ★ このアルバムがスゴイ!?|独自の暗鬱系暗黒ヘヴィメタルサウンドがNWOBHMシーン異彩を放った元祖ダークメタル!!…必聴アルバムは?

ANGEL_WITCH_logo ◆ A, B, C

百花繚乱!玉石混交!のNWOBHMシーンの中で個性的な暗黒メタルサウンドで独自の存在感を示し、後世に語り継がれる存在となったダークメタルサウンドのパイオニア!

ANGEL WITCH(エンジェル・ウィッチ)はイギリスのヘヴィメタルバンドで、今や伝説となった80年代英国の新世代ハードロック/ヘヴィメタルムーヴメント、NWOBHM(ニュー・ウェイヴ・オブ・ブリティシュ・ヘヴィ・メタル)から登場しました。

語り続ける価値のある数少ないNWOBHMバンド!?

NWOBHMムーヴメントはムーヴメントの知名度と重要性のわり、後年まで残る名を成したバンドは少なく、メインストリームにまで上り詰めたトップグループを除くと、そのほとんど瞬く間にが時代の波に飲まれて消えてゆき影も形も無くなります。また、NWOBHMシーンには単なる70年代ハードロックの焼き直しに過ぎないバンドも少なくありませんでした。

そんな中で、スラッシュメタル文脈でのVENOM(ヴェノム)やDIAMOND HEAD(ダイアモンド・ヘッド)、ドゥームメタル文脈でのWITCHFINDER GENERAL(ウィッチファインダー・ジェネラル)らのように、後年になってその存在が、特定のスタイルに先駆けたルーツに位置するパイオニアとしてカルト的に評価されるケースがあります。
ANGEL WITCHもまたダークながらアップテンでポップネスも持った独自のサウンドで、カルトNWOBHMバンドのひとつと呼べる存在となっています。

陰鬱なサウンドを持つ元祖ダークメタル!?

のちのダークメタルと呼ばれるジャンルとは音楽性は異なりますが、メタリックなヘヴィサウンドと叙情性や陰鬱なダークネスの同居したサウンドという共通する特徴を考えるなら、バンド間でメンバーの域芋あった盟友的バンドのSATANなどともに、その広義的な意味での原点のひとつと言えるでしょう。

これらの次世代に影響を残したバンドや時代を超越した個性派など一部のグループは、細々と生き延びたりファンの間で語り継がれていますが、ANGEL WITCHもまたムーヴメントを超えて語る価値のあるバンドとして、一部のリスナーから高い評価を受けています。

数多くのバンドに密かに影響を及ぼす

伝統と先鋭的が同居したANGEL WITCHのサウンドは、基本的には疾走感を持ったオーソドックスなハードロックベースのヘヴィメタルですが、ダウナーなドゥーム系サウンドとは全く異なる英国的な翳りと憂いに満ちたダークな作風が、NWOBHMシーンの中でも特異な魅力を放っていました。シーンの中では共通点の多く近い距離にあるSATAN(セイタン)とともに、今もなお時代を経ても風化しない存在感を示しています。

ヘヴィメタル最前線の米国への移動や、スラッシュメタル/パワーメタルなど革新的な新世代ヘヴィメタル登場といったシーンの移り変わりによって、NWOBHMムーヴメントの全盛期には時代の寵児ともてはやされ第一線にいた人気グループさえも時代の仇花と化していく中でも、常に一部のリスナーによって支持され続け時に再評価を受けて新たなファンを獲得していきました。

不安定な活動と本格的再始動!!

バンドは、唯一のオリジナルメンバーとなったケビン・ヘイボーンを中心に度々の活動休止と再開を繰り返すも、90年代からはリユニオン的な活動とライヴ音源/コンピレーション音源リリースにとどまっていましたが、2010年代からは新作フルアルバムもリリースするようになり、現在も活動は継続中です。

ANGEL WITCH|DISCOGRAPHY

Angel Witch|エンジェル・ウィッチ

ANGEL_WITCH_Angel_Witch

オリジナルアルバム 1作目 – (1980年)

第一期のオリジナルANGEL WITCH唯一のアルバムは、長期的キャリアを築いたトップグループや革新的なスタイルを築いたグループを別にすれば、語り継がれるべき名盤として次世代にまで知れ渡る稀有なアルバムのひとつ。

ドゥーム系とはまた異なるダークネスとでヘヴィネスを持ちつつ疾走曲も展開するサウンドは、純粋ヘヴィメタルというよりもブリティッシュハードロックに近い、湿度の高いややヴィンテージ感のあるもの。あるある種のゴシックテイストも漂っており、元祖ダークメタルの称号も伊達ではありません。

未聴のリスナーが前記の事前情報やバンドイメージやから想像する音とは、ややギャップがあるかもしれませんが、スラッシュバンドを中心にミュージシャン人気も高く、多方面に静かな影響を及ぼした重要な1枚です。

全キャリアを通して本作だけが突出した扱いを受けているのは、NWOBHMを代表する1曲でもあるキラーチューンT-01の存在もさることながら、他の曲もつぶそろいで捨て曲なしというスキの見当たらない完成度の高さに尽きるでしょう。なお、本作リリースの翌年には一度活動を停止しています。

王道メタル度:★★★☆☆|ダーク度:★★★☆☆|叙情度:★★★☆☆
アングラ度:★★★★☆|ヘヴィネス:★★★★☆|総合評価:★★★★★+

殿堂入り 代表作 入門盤 通好み 実験作

Screamin’ n’ Bleedin’|スクリーミン・ブリーディン

ANGEL_WITCH_Screamin_n_Bleedin

オリジナルアルバム 2作目 – (1985年)

解散後、短期的な活動再開を挟んでの本格的な復活アルバムの本作は、かなり微妙なプロダクションながらも、より一般的なヘヴィメタルサウンドに接近しており、マニア人気が高く熱心なファンも多いアルバム。

疾走曲が軸になっているものの、第二期BLACK SABBATHを想起させるドゥームテイストもあり、また、音質も相まってアングラ感やパンキッシュテイスト強く、良くも悪くもB級スレーバーが増しています。
さすがに、比較対象が前作となると残念ながら一枚落ちますし、名曲“Angel Witch”に比肩するほどのキラーチューンもなく決め手に欠ける印象は否めません。

しかし、 T-05を目玉にT-01, T-03と佳曲は多く、その他も水準を超えた仕上がりなので、音質にに抵抗がなければ一聴の値打ちはあります。

王道メタル度:★★★★☆|ダーク度:★★★☆☆|叙情度:★★☆☆☆
アングラ度:★★★☆☆|ヘヴィネス:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

入門盤 賛否両論

Frontal Assault|フロンタル・アサルト

ANGEL_WITCH_Frontal_Assault

オリジナルアルバム 3作目 – (1986年)

前作を踏襲しつつ、さらにオーソドックスなメタルサウンドに接近。時にMERCYFUL FATEをも想起させるダークメタルに、80年代的なシンセサウンドをもフィーチャーしポップネスが混じり合ったスタイルとなりました。

そのマッチングを考えるとチグハグにも思えますし、ダークなサウンドではあるものの持ち前の怪しさが薄れ多面もあります。事実、前2作と比較すると評価もかんばしくありませんが、持ち前のセンスでダーク&ポップによるミスマッチの妙を醸し出しており、独特の味わい深さと捨てがたい魅力をたたえています。

やや完成度にムラもあってトータルでは1stには及ばないものの、“Angel Witch”に次ぐ名曲と言ってもいいT-07を始め佳曲はそれなりにそろっており、聴きどころは少なくありません。。

王道メタル度:★★★★☆|ダーク度:★★★☆☆|叙情度:★★☆☆☆
アングラ度:★★★☆☆|ヘヴィネス:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

賛否両論 通好み 実験作

’82 Revisited|’82・リヴィジテッド

ANGEL_WITCH_82_Revisited

ライヴアルバム (1996年)

As Above, So Below|アズ・アバヴ, ソー・ビロウ

ANGEL_WITCH_As_Above,_So_Below

オリジナルアルバム 4作目 – (2012年)

90年代前半にもMETALLICAの大ブレイクの影響で、ちょっとしたNWOBHMリバイバルが起こりましたが、この時期はそれ以来のリバイバルブームの真っ最中。伝説のカルトバンドとなっていた彼らも、いよいよ復活のはこびとなります。

ここで聴けるのは、初期の彼らのサウンドの再現というよりは、それを90年代以降のドゥーム/ストーナー/スラッジ, ゴシックメタル, ダークメタル, ヴィンテージヘヴィネスなどを経た、同時代的なサウンドにブラッシュアップしたようなサウンド。

キラーチューンもなければアゲレージも突き抜けたものではありませんが、当時のシーンを横目で見つつ、リスナーがイメージし望むであろう、マイナー集漂うダークサウンドをつくり上げています。“無難”の枠を超えない作風なりに、それを越えようとする意欲もある程度の感じされる仕上がりです。

王道メタル度:★★★☆☆|ダーク度:★★★★☆|叙情度:★★★☆☆
アングラ度:★★★☆☆|ヘヴィネス:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

代表作 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作

Angel of Light|エンジェル・オブ・ライト

ANGEL_WITCH_Angel_of_Light

オリジナルアルバム 5作目 – (2019年)

ダークなヘヴィメタルという体をなしてはいるのですが、ただそれだけ。“良くも悪くも”ではなく、明確に悪い意味で普通すぎるアルバムで、炭酸抜きのコーラか香辛料抜きのカレーといった味わいです。T-01をはじめ数曲には光るものも見えますが、トータルではかろうじて及第点レベルで、前作にも大きく劣る凡庸なアルバムです。

長年にわたってコンスタントなリリースを続けたバンドであれば、たまにこういったアルバムが混じることも目をつぶれるかもしれません。
しかし、奇跡の復活を果たした伝説のカルトバンドの手による7年越しの新作に対して、さすがにそういう割り切った気持ちを保つことは難しいでしょう。これでは、“昔の名前”だけで勝負しているアルバムと評価されても何も言えません。

王道メタル度:★★★★☆|ダーク度:★★☆☆☆|叙情度:★★★★☆
アングラ度:★★☆☆☆|ヘヴィネス:★★★☆☆|総合評価:★★☆☆☆

賛否両論 お布施
Translate »