★ FREAK KITCHEN(フリーク・キッチン)ディスコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|北欧の変態ギターヒーローが送るポップでテクニカルなストレンジメタル!!…必聴アルバムは?

FREAK_KITCHEN_Logo ◆ D, E, F, G

北欧のラスト・ギターヒーローと呼ばれる鬼才マティアス・エクルンドが世に送る、ストレンジなポップセンスとモダンなヘヴィネス感覚で作り上げたエクスペリメンタルなテクニカル・オルタナメタル!!

FREAK KITCHENのアルバムレビューだけを読みたい方は【記事下部】か【目次】のリンクからも移動できます!!!

FREAK KITCHEN(フリーク・キッチン)は、スウェーデンのテクニカルなハードロック/ヘヴィメタルバンド。

北欧最後のギターヒーローのフリークギターが光る!?

FREAK KITCHENは、かつてMERCYFUL FATEの中心人物ハンク・シャーマンによって結成されたポップメタルバンド、FATE(フェイト)に在籍していたマティアス・”IA”・エクルンドを中心とした、パワートリオ(3人編成)によるグループ。

2000年代初頭にエルクンドを除くメンバーが総入れ替えになっており、これを境に“第一期”と”第二期”に分けらます。なお、第二期突入以降は、現時点ではメンバーチェンジは行われていません。

このメンバーチェンジを境にやや方向性に変化が見られますが、現在に至る全キャリアを通して、エルクンドのテクニカルなギタープレイを目玉に据えた作風であることは変わりありません。

グランジ/オルタナが生んだ北欧ヘヴィポップ!!

第1期は、当時の北欧シーンでも一気に数を増やしつつあった、グランジ/ミクスチャーなどのアメリカン・オルタナティヴ/モダンメタルの影響下にある、USトレンド系バンドとしてスタート。
本場米国のポストグランジバンドにも通じる、ヘヴィながらもキャッチーでポップなオルタナハードロック系サウンドを展開します。

この時点では、エクルンドのテクニカルなギタープレイをフィーチャーしつつも味付け程度にとどめ、トリッキーでストレンジ側面を持ちながらも、比較的ストレートで古典的なハードロックスタイルにおさまっていました。

テクニカルプログレ路線に転向!?

第2期になると、これまでのオルタナハード調のスタイルを基本に置きつつも、同郷のMESHUGGAHが開発した“ジェント”のポリリズム手法をはじめとした、よりテクニカルなプログレエッセンスを取り入れたスタイルへの変化を見せます。

サウンドもよりメタリックな質感を帯びるようになり、部分的ながらニューメタルやエクストリームメタルに通じるヘヴィネスを感じさせるものとなりました。

これらの変化によって、本格的に『プログレッシヴメタル』としてカテゴライズされることも多くなります。

 

順調なバンド活動に加えてソロでも!!

デビュー当時よりは知名度を高めてはいるものの、やや通好みで派手さのない作風から大きなブレイクには至らず、ミュージシャンズ・ミュージシャン的な立ち位置にとどまっています。
しかし、そのキャリアにおいては特にブランクも無く、コンスタントな活動を続けてあアルバムリリースも重ね、今なお活動継続中です。

なお、エルクンドは“FREAK GUITAR(フリーク・ギター)”名義による、ギターソロプロジェクトも並行して展開しており、これまでに3枚のアルバムを残しています。

 

次ページはFREAK KITCHENのディスコグラフィ&レビューを紹介!!▼リンクはページ下!▼

Translate »