★ SHEAVY(シーヴィ)ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|BLACK SABBATHインスパイア系ストーナー!? カナダを代表するドゥーム/ストーナーバンド!!…必聴アルバムは?

SHEAVY_logo ◆ S, T

数少ないカディアンドゥーム/ストーナーとして頭角を現した第2/第3世代の筆頭格バンドは、“BLACK SABBATH・meets・ストーナー”なサウンドがCATHEDRAのリー・ドリアンにも認められる!!

SHEAVY(シーヴィ)は、カナダのドゥームメタル/ストーナーロック系バンド。

アルバムレビューだけを読みたい方は【記事下部】か【目次】のリンクからも移動できます!!
ドゥーム/ストーナー不毛の地カナダを相表するバンド!!

ドゥーム/ストーナー/スラッジなどの、90年代ダウナー系ヘヴィロックが本格的な盛り上がりを見せていた時期に、続々とデビューすることになる第二世代以降のグループを代表するグループのひとつで、ドゥーム/ストーナームーヴメントの拡大とそれらのシーンの層の厚みを増すことに大きく貢献しました。

サバス系ドゥームメタルとストーナーを融合!!

音楽的にはアメリカ系のストーナーロックを基調としつつも、そこに“BLACK SABBATHインスパイア系”のドゥームメタルをミックスしたスタイルが持ち味で、ヴォーカリストのスティーヴ・ヘネシー(Steve Hennessey)もオジー・オズボーンを意識した脱力系ハイトーンヴォーカルにより、BLACK SABBATHテイストがさらに強化されていました。

ドゥームメタルの生き字引が認めた実力派!!

SHEAVYは、アルバム一枚を残して事実上活動を終えたドゥームメタルバンド、AFTERFOREVER(アフターフォーエヴァー)のダン・ムーア(Dan Moore[Gt.])とケヴィン・ドミニク(Kevin Dominic[Dr.])を中心に結成されます。
彼らはUSストーナーの重鎮KYUSS(カイアス)からも多大な影響を受けており、活動当初のバンド名GREEN MACHINEはKYUSSの代表曲がら取られていましたが、同盟のバンドが存在したことからSHEAVYに改名。自主制作に近い形でアルバムデビューを果たしますが、CATHEDRALのリー・ドリアンの目に止まり、ドリアンが運営するドゥーム/ストーナー専門レーベル『Rise Above Records』と契約します。

派手さはないが着実で順調な活動を続ける!!

その後、メンバー交代やレーベルの移籍はありつつも大きなブランクはなく、なぜかストーナー/ドゥーム不毛の地となってるカナダにおいて、随一のストーナーバンドとして現在に至るまで活動を続けています。現在、オリジナルメンバーはスティーヴ・ヘネシーのみとなりましたが、アルバムリリースもフルアルバムだけで10作にものぼる老舗バンドとなっています。

次ページはSHEAVYのディスコグラフィ&ディスクレビュー!!▼リンクはページ下!▼

Translate »