★ DIZZY MIZZ LIZZY(ディジーミズ・リジー)ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?| ポップネスとヘヴィネスが絡み合う!デンマークが生んだ90年代レトロモダン・ハードロックの奇跡!!…必聴アルバムは?

DIZZY_MIZZ_LIZZY_Logo_a ◆ D, E, F, G

混迷を極めた90年代半ばのヘヴィ/ハードシーンにデンマークから彗星の如く現れて消え去ったた奇跡のハードポップロック・バンドは、20年を経てヘヴィなヴィンテージ・ドゥームポップとして蘇る!!

DIZZY MIZZ LIZZY(ディジーミズ・リジー)はデンマークのロックバンドで、ギター兼ヴォーカルのティム・クリステンセンを中心に、マーティン・ニールセン(Ba.)、ソレン・フリス(Dr.)で構成されたパワートリオ(3ピースバンド)です。

ダーク・ヘヴィメタルのKING DIAMOND(キング・ダイアモンド)やサイコビリーのNEKROMANTIX(ネクロマンティクス)といった、ときおり登場するインパクトの強いキワモノ的バンドの印象が強いデンマークですが、そんな中で、ヘヴィメタル/ハードロックのフィールドで語られているバンドとしては、もっともポピュラーな音楽性と知名度を持ったグループで。特に、本国と日本においては幅広い層からの熱心な支持を得ています。
ただし日本においては、メタルメディアが率先してマーケティングをかけていたこともあり、一般性のある音楽性と高いクオリティに反して、それ以外のリスナー層への広がりはあまり見られません。

90年代前半にメインストリームのロックシーンを席巻したグランジやブリットポップに加え、北欧ポップなどをバックグラウンドにもった新世代バンドで、それらのエッセンスを巧みに融合することで生まれたヴィンエージ感覚とモダンなセンスを持ったスタイルが特徴。

BEATLES(ビートルズ)を引き合いに出されることもあるポップネスと適度なヘヴィネスが同居したハードなポップロックサウンドで、英米進出こそ叶わなかったものの、デンマーク本国とその周辺国そして日本で圧倒的な支持を持って迎えられ、ブライテストホープとして期待を集め一躍人気バンドとなりました。
しかし、バンドの中核であるクリステンセンとあのメンバーの間に溝だ生まれたことから、2枚のアルバムを残して惜しまれつつも解散となり、クリステンセンはソロでの活動へと移行します。

しかし2009年から約一年間リユニオン活動を経たのち、2014年には本格復帰を果たします。その後は新作アルバムもリリースしつつ活動を続けています。

DIZZY MIZZ LIZZY|DISCOGRAPHY

Dizzy Mizz Lizzy|ディジー・ミズ・リジー

DIZZY_MIZZ_LIZZY_Dizzy_Mizz_Lizzy

オリジナルアルバム – 1作目 (1994年)

同時代の英米のメインストリームロック、グランジとブリットポップに影響を受けた70年代ロックの再構築サウンドに、北欧のポップミュージックの要素をも加えたようなポップロックサウンド。
メタルファンが嫌悪する90年代トレンドが大きく反映されたものながら、業界の重鎮やメディアの大プッシュと、何より超名曲“Glory”の存在がメタル/ハードロック・クラスタにも衝撃を与え、デンマークのバンドとしては異例の大ヒットとなりました。
他の曲もおしなべて高い完成度を持った、どこを切ってもフックに引っかかるというスキのないアルバムで、手放しで褒められるのも納得の名盤です。しかし、これだけ傑作を生み出した結果、“名盤の呪い”とも いえる代償とも今後付き合っていくことになります。

ポップネス:★★★★★|レトロ度:★★★☆☆|メロディ:★★★★★
オルタナ度:★★★★☆|メタル度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 実験作

Rotator|ローテイター

DIZZY_MIZZ_LIZZY_Rotator

オリジナルアルバム – 2作目 (1996年)

よく練られて適度なツイストも効いた曲がつまった上質なポップロックアルバムであり、前作ほどの作品を出した後でもしぼりカスにならず、これだけのアルバムをドロップできたことは評価すべきですし、前作に匹敵するセールスをあげたことからも期待のほどがうかがえます。実際、それなりに人気もあるアルバムなのですが、さすがに前作を耳にした後では“一枚落ち”の印象は拭えません。
全体的にややフックが弱めなため“要聴き込み”なスルメ系アルバムになっていますし、何よりガッツリと聴き手をつかむ名曲“Glory”に匹敵するキラーチューンをの不在から、作風に大きな変化は無いにもかかわらずインパクトを欠いて、全体の印象を弱めています。

ポップネス:★★★★☆|レトロ度:★★☆☆☆|メロディ:★★★☆☆
オルタナ度:★★★★☆|メタル度:★★☆☆☆|総合評価:★★★☆☆

賛否両論 通好み スルメ盤

「”Rotator」リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

”]

Forward in Reverse|フォワード・イン・リヴァース

DIZZY_MIZZ_LIZZY_Forward_in_Reverse

オリジナルアルバム – 3作目 (2016年)

20年越しとなったファン待望の復帰作は、やや評価が分かれる作風。クリステンセンの得意とするメロディを武器にしていることは変わりませんが、ヘヴィ/ハード志向なニールセン&フリスの二人のカラーが強く出たのか、かなりヘヴィでメタリックなサウンドへと変化を遂げた意欲作です。
インストのT-01やT-09など、CATHEDRALやKYUSSを思わせるような、ヴィンテージテイストのドゥームメタル/ストーナーロックそのものな曲も見られます。
叙情的な歌メロに惚れ込んでいたファンに不評気味ですが、ソロ作も含む1st以来の展開を見る限りでは、クリステンセンのメロディセンスはすり減ってきており、もはやそれだけで1stの牙城に迫ることは難しくなっています。
それを考えれば、歌メロを贅沢に使った作風からリフワークや曲展開の妙で聴かせる作風に移行したのは正解でしょう。結果的に、十分歌メロに対抗しうる存在感を持つヘヴィリフとプログレ的な凝った曲展開とのケミストリーで、メロディをより効果的に輝かせる“省メロ”手法に確立してます。

ポップネス:★★★☆☆|レトロ度:★★★☆☆|メロディ:★★★☆☆
オルタナ度:★★☆☆☆|メタル度:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 入門盤 賛否両論 通好み 実験作

Alter Echo|オルター・エコー

DIZZY_MIZZ_LIZZY_Alter_Echo

オリジナルアルバム – 4作目 (2020年)

ドゥーム/ストーナー的ヘヴィネスの効いたメタリックリフ主体の曲に、クリステンセンの歌メロが絡むスタイルに変化はありませんが、ストレートなドゥーム/ストーナーテイストはやや薄まり、結果的に曲によってはニューメタル系のポストグランジに近づいた印象もあります。その一方で、時にはプログレテイストを感じさせる展開も見せてくれます。
メロディはやや手クセ感が否めないものの前作に増して主張しており、ヘヴィサウンドとの絡みも良くなったことで、その相乗効果で新しい魅力が生まれています。オールドファンにとっては前作よりもなじみやすいかもしれません。
T-06からT-10まではワンテーマでの連作となっていますが、長編の組曲系ではなく完全に独立した異なる作風の楽曲が並んだだもので、曲単位でも違和感なく楽しめます。前作同様に作風こそ変わったものの、1stに挑めるだけのポテンシャルは感じられる力作です。

ポップネス:★★★★☆|レトロ度:★★★☆☆|メロディ:★★★★☆
オルタナ度:★★☆☆☆|メタル度:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 入門盤 賛否両論

Live In Japan|ライヴ・イン・ジャパン

DIZZY_MIZZ_LIZZY_LiveIn_Japan

ライヴアルバム (1995年)

TIM CHRISTENSEN [ティム・クリステンセン]|DISCOGRAPHY

DIZZY MIZZ LIZZYの中心人物で、ギター兼ヴォーカルのティム・クリステンセンによるソロプロジェクト、他のメンバーは関係していません。
ニールセンとフリスの二人がヘヴィ&ハードなサウンドを志向する一方で、クリステンセンはBEATLESなどをルーツにしたポップでメロディアスな作風を好み、DIZZY MIZZ LIZZYではそれが組み合わさったサウンドを聴かせていました。クリステンセンのソロ作では、その繊細なメロディと歌唱を最大限に押し出した作風となり、弾き語りを前提としたようなアコースティック色の強い楽曲が主体となっています。

Secrets On Parade|シークレッツ・オン・パレード

TIM_CHRISTENSEN_Secrets_On_Parade

オリジナルアルバム – 1作目 (2000年)

ヘヴィ目の曲や比較的凝ったアレンジの曲も見られるものの、アコースティック系のシンプルでおとなし目な楽曲が大半を占めています。
上質なポップロックアルバムですがスルメ系の地味目な作風なので、DIZZY MIZZ LIZZY未聴のリスナーがそれに優先して聴くべき作品とは言えません。どちらかというと、DIZZY MIZZ LIZZYを全作押さえた上でのクリステンセンの熱心なファンか、しっとり系の弾き語りが大好物の人向け。

ポップネス:★★★☆☆|レトロ度:★★☆☆☆|メロディ:★★★☆☆
オルタナ度:★★★☆☆|メタル度:☆☆☆☆☆|総合評価:★★★☆☆

賛否両論 通好み スルメ盤

Honeyburst|ハニーバースト

TIM_CHRISTENSEN_Honeyburst

オリジナルアルバム – 2作目 (2003年)

アコースティック色が強まっていますが、ヘヴィなメタルギターをフィーチャーした曲なもあるなど、比較的作風に多様性は見られます。が、基本的には前作と同じく熱心なファンか、全てのDIZZY MIZZ LIZZY関連作品を押さえておきたいマニア用です。むしろ、ハード/ヘヴィロックファン以外のリスナーよりも、弾き語りSSW(シンガー・ソングライター)系を嗜むリスナーの方が楽しめると思われますが、なかなかそれらの耳には届きにくいジレンマもあります。T-05は良曲。

ポップネス:★★★☆☆|レトロ度:★★☆☆☆|メロディ:★★★☆☆
オルタナ度:★★★☆☆|メタル度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★☆☆

代表作 入門盤 賛否両論 通好み スルメ盤

Superior|スーペリア

TIM_CHRISTENSEN_Superior

オリジナルアルバム – 3作目 (2008年)

さらにアコースティカルになった作品で、水準以上ではあるものの突出した曲が少ない上に変化に乏しくメリハリに欠けるため、SSW(シンガー・ソングライター)系がOKなリスナーにとってもさすがに辛い仕上がり。T-06は名曲で、このレベルの曲がもう数曲あって作風がもっと多彩であれば印象も変わったと思われますが、さすがに現状のままではこれまで以上に熱心なファン以外には辛いアルバムです。

ポップネス:★★★☆☆|レトロ度:★★☆☆☆|メロディ:★★★☆☆
オルタナ度:★★★☆☆|メタル度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★☆☆

賛否両論 通好み スルメ盤

TIM CHRISTENSEN AND THE DAMN CRYSTALS [ティム・クリステンセン & ダムン・クリスタルズ]|DISCOGRAPHY

基本的にはTHE DAMN CRYSTALSのソロですが、バックバンドであるTHE DAMN CRYSTALSが本格的にソングライティングに関わっていることで音楽性の幅は大きく広がっており、いつもの歌メロ頼りの楽曲だけでなくバンドサウンド主体の楽曲も聴けるようになっています。

Tim Christensen And The Damn Crystals|ティム・クリステンセン アンド ダムン・クリスタルズ

TIM_CHRISTENSEN_AND_THE_DAMN_CRYSTALS_Tim_Christensen_And_The_Damn_Crystals

オリジナルアルバム – 1作目 (2012)

ポップネス:★★★☆☆|レトロ度:★★☆☆☆|メロディ:★★★☆☆
オルタナ度:★★★★☆|メタル度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤 実験作

Pure McCartney|ピュア・マッカートニー

TIM_CHRISTENSEN_AND_THE_DAMN_CRYSTALS_Pure McCartney_

ライヴアルバム (2013)

MADS LANGER [マッズ・ランガー]|DISCOGRAPHY

デンマークのSSW(シンガー・ソングライター)マッズ・ランンガーとクリステンセンによるユニットで、DIZZY MIZZ LIZZYのセルフカバーを含むミニアルバム1枚のみを残しています。
クリステンセンのソロと同様に、歌とメロディを主軸に据えたアコースティック寄りの上質なサウンドですが、カバー曲以外は二人の共作となっています。両者のセンスが拮抗したことによって、ソロとは異なる印象を与える仕上がりとなっており、クリステンセン主体の作品にはない新鮮味が感じられます。

Side Effects|サイド・エフェクツ

MADS_LANGER_Side_Effects

ミニアルバム:EP (2014年)

ポップネス:★★★★☆|レトロ度:★★☆☆☆|メロディ:★★★★☆
オルタナ度:★★★★☆|メタル度:☆☆☆☆☆|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 代表作 入門盤 スルメ盤 実験作
Translate »