★ TOURNIQUET(ターニクイット )ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|アーティスティックな凄腕天才ドラマーが織り成すテクニカル&プログレッシヴなポスト・スラッシュメタル!…必聴アルバムは?

TOURNIQUET_logo ◆ S, T

Contents

シーン有数のバカテク・ドラマーを中心にクリスチャン・バンドの枠にとどまらない活動を続け、通好みな支持を集める個性派テクニカル・スラッシュメタル・バンドのブレイクあるのか!?

TOURNIQUETのディスコグラフィ/レビュー、おすすめアルバムだけをチェックしたい方は【記事下部】か【目次】のリンクからも移動できます!!

TOURNIQUET(ターニクイット)は、アメリカ合衆国はカリフォルニア州ロスアンゼルスのスラッシュメタル_ヘヴィメタル・グループ。

ムーヴメント収束後のスラッシュメタル!?

TOURNIQUETは、すでにスラッシュメタル・ムーヴメントが終息を迎えていた、1990年になってデビューを果たした、“遅れて来たスラッシュメタル・バンド”。
逆に捉えるならば、『ネオスラッシュ/ポストスラッシュ』の第1世代とも言えるグループのひとつです。

スラッシュメタル・ムーヴメントの恩恵には預かっていませんが、クラシカルな要素も持ったテクニカルなサウンドがマニアの注目を集め、日本でも国内盤がリリースされたことはないにもかかわらず、輸入盤店ではそれなりのプッシュも受けていました。

TOURNIQUETはクリスチャンメタル!?

TOURNIQUETは、デビュー当初より『クリスチャンメタル』のバンドとして、活動を展開しています。

『クリスチャンメタル』はその名のとおり、キルスト教やその団体をバックグラウンドに持っていたり、キリスト教の教義や神話をテーマとして散りあげるバンドとジャンルを指し、悪魔を崇めるという設定の『ブラックメタル』とは対になるジャンルとなります。

『クリスチャンメタル』には、布教による信者の獲得という目的に限らず、ヘヴィメタルを禁じられている信者が、一般のヘヴィメタルやブラックメタルに傾倒する事態を避けるための、代替音楽という目的などもあります。

一般には、グラムメタルのSTRYPERや、オルタナ・プログレメタルのKING’S Xが、『クリスチャンメタル』代表格としてイメージされますが、『クリスチャンメタル』は、様々なニーズに対応するために、スラッシュメタルからミクスチャー,ニューメタル,ドゥームメタル,デスメタル,ブラックメタルまでと、音楽性に限れば多岐にわたるスタイルが存在しています。

良心派クリスチャン・バンド!?

『クリスチャンメタル』を含めた『CCM(Contemporary Christian music:コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック)』ジャンルの、クリスチャン・バンドには、そのアティチュードの点で賛否が分かれがちな面があり、また、その特殊性から一般的にはリスナー層が限られがちです。

これは、カルト教団の広告塔や、信者の勧誘ツールとしての目的が最優先となったもの、稚拙な啓蒙のみが歌詞のテーマになっているもの、楽曲が異教の戦争捕虜への拷問に使用されることを良しとするバンド…などのように、好意的に捉え難いケースが少なくないことも影響しています。

TOURNIQUETは、それらの中ではそれほどハードコアな思想を持っているわけでも、悪質なスタンスでもない、良心的なグループと見なされており、シーンの第一線には浮上することはありませんでしたが、信者でもクリスチャンでもない一般のヘヴィメタルリスナーからも、比較的広く支持されています。

ドラマーを中心としたテクニカル・バンド!?

TOURNIQUETは、技巧派のバカテク・ドラマーとしての玄人筋からの評価も高い、テッド・カークパトリック(Ted Kirkpatrick)を中心としたグループです。

初期メンバーによる第1期TOURNIQUETでは、メンバーの全てが曲づくりに携わっていましたが、初期メンバーが脱退してからはカークパトリックのプロジェクトという色合いを強めています。

現在では、パーマネントなメンバーはカークパトリックとギタリストのアーロン・ゲラーのみとなっており、それ以外はセッション・ミュージシャンを迎えるという体制となっています。

またアルバムリリースについては2003年からは長いブランクもあったものの、2012年には新作のリリースも再開しており、現在至るまで息の長い活動を続けています。

TOURNIQUETの音楽性は!?:第1期

TOURNIQUETの音楽性は、主にジャズ,クラシック,民族音楽など多彩や要素を取り入れた、プログレ的ともいえるスタイルを持ち味としています。

初期メンバーによる第1期では、プログレ要素やクラシカルなギタープレイなどを織り交ぜつつ、カークパトリックのトリッキーで手数の多いドラムを核として、緻密につくり込まれたテクニカルなスラッシュメタルを展開。
その作風は、初期MEGADETHのインテレクチュアル・スラッシュメタルを引き合いに出されることも多く、後には、MEGADETHのメンバーだったクリス・ポーランドやマーティ・フリードマンとの、コラボレーションも実現しています。

TOURNIQUETの音楽性は!?:第2期〜

TOURNIQUETは、メンバーの入れ替わりを機に、オルタナティヴロックや、よりオーソドックスなロック,ハードロック,ヘヴィメタルに接近したサウンドを展開するようになりました。

その後は、スラッシュメタルのリヴァイヴァルの盛り上がりによって、スタッシュメタルの再評価と一定のシェアの形成が進んだこともあり、テクニカル・スタッシュ路線への回帰傾向も見せるようになります。

現在は過去キャリアの集大成的なスタイルに加え、メタルコアやポストメタルなどの同時代的な要素も取り入れるており、単なるスラッシュ懐古に頼らないサウンドへと移行しています。

次ページはTOURNIQUETのディスコグラフィ&レビューを紹介!!▼リンクはページ下!▼

Translate »