【Wikiに無い!】ドゥームメタル紹介:基礎知識&関連ジャンル 編【ビギナー必見・必聴|ヘヴィメタルジャンル徹底解説】

ヘヴィメタルライヴ中にメロイックサインを掲げるオーディエンスのイメージ グランジ

90年台エクストリームメタルシーンが生んだウルトラヘヴィでスロー&ダウナーな暗黒音楽ドゥームメタルとは?

ドゥームメタルのルーツはBLACK SABBATH(ブラックサバス)

ドゥームメタルの“ドゥーム”とは「破滅」とか「(ネガティブな)運命」といった意味のワード。

ヘヴィメタルの元祖でドゥームロックとも呼ばれていた第1期BLACK SABBATH(ブラックサバス)の音楽性を、現代的に再解釈することで生まれた英国発の音楽です。

引きずるようなウルトラヘヴィなリフを基調に、スロー〜ミドルテンポ中心として重量感,ダウナー感とおどろおどろしいイメージを追求したサウンドが特徴。

近い音楽性を持つ近縁ジャンルとして、ストーナーロック,スラッジコア,70年代リバイバル系などがあり、英国以外でも米国や北欧を中心に盛り上がり互いに影響を与えていました。

ドゥームメタルの誕生とムーヴメント初期の主流サウンド

ドゥームメタルは80年代から存在した?

現在ドゥームメタルとしてカテゴライズされるバンドには、80年代から活動を続けるバンドも多数存在しています。

代表的なものとしては、英国のWITCHFINDER GENERAL(ウィッチ・ファインダー・ジェネラル)ANGELWITCH(エンジェルウィッチ)、アメリカのTROUBLE(トラブル)PENTAGRAM(ペンタグラム)SAINT VITUS(セイント・ヴァイタス),スウェーデンのCANDLEMASS(キャンドルマス)STILLBORN(スティルボーン)、日本の人間椅子などが挙げられます。

これらは今ではドゥームレジェンドとして崇められ名前も広く知られているため、80年代の頃から90年代〜現在のようなドゥームメタルシーンがあったと認識しているリスナーもいますが、これは事実と少々異なります。

80年代のドゥーム系には、ひとつのムーヴメントを巻き起こして新たなカテゴリーとして成立するほどのバンド数もなければ勢いもなく、各地でドゥーム的な“BLACK SABBATHインスパイア系”サウンドを志すバンドが単発的に登場してマニアに愛でらるにとどまっていたのです。

確かに『ドゥーム』と言うキーワード自体は当時から用いられケースもありましたが、今に至るムーヴメントとしてのドゥームメタルは、あくまでも1990年代前半にデスメタル/グラインドコアから枝分かれしてポストデスメタルの流れのひとつとして生まれたものなのです。

ドゥームメタルはデスメタルから生まれた?

80年代から続くドゥーム系サウンドと90年代に登場したドゥームメタルは、今でこそサウンドの共通点も多く同列に括られがちですが当初は大きく異なるものでした。

最も大きな相違点は、80年代ルーツドゥームの主流である’70年代ヘヴィロックや初期のヘヴィメタル/NWOBHMの直接的な延長線上にある音楽性に対し、90年代に黎明期のドゥームサウンドの多くは、デスメタルをはじめとしたスラッシュメタルを経由したエクストリームメタルのメソッドで再構築したものだったということです。

これは、90年代ドゥームメタルムーヴメントの創始者であるCATHEDRAL(カテドラル)が、グラインドコア/デスメタルシーンと直結したバンドであり、ウルトラスローなデスメタル寄りのスタイルからスタートしていることも大きな理由です。このことから当初のドゥームメタルというジャンルは、主にデスメタル系サウンドのままテンポを極端に落としたドゥームデススタイルの音楽を指すものでした。

またその動きには、この時期すでにスピード追求型のオーソドックスなデスメタルは、多くのバンドによってその手法を極められて洋式化/形骸化が進行しており、そのカウンターのひとつとして、スローテンポで重さを強調したスタイルも増えていたという背景も関係しています。

また、のちにゴシックメタルの中核を担うPARADISE LOST(パラダイス・ロスト)ANATHEMA(アナシマ)なども、その初期のサウンドはドゥームデスをベースにしており、“耽美派ドゥームデス”,“ゴシック・ドゥーム・デス”などと呼ばれていました。

パイオニアCATHEDRALとムーヴメントの最高功労者リー・ドリアン

ドゥームメタルというジャンルを確立させ初期のムーヴメントとシーン活性化に尽力した創始者にして最大の功労者が、英国のバンドCATHEDRALとその中心人物のリー・ドリアン(Lee Dorrian)

このCATHEDRALは、グラインドコアバンドNAPALM DEATH(ナパーム・デス)の初期メンバーとして、“最速エクストリーム”を極めたリー・ドリアンが脱退後に結成したバンドで、80年代の“BLACK SABBATHインスパイア系”とは一線を画した、エクストリームメタル時代のドゥームサウンドを作り上げてドゥームメタルというジャンルを確立させた、まさにドゥームメタルのオリジネイターにして代名詞というべき存在。

CATHEDRALはその後も音楽性をアップデートさせながらドゥームメタルシーンを牽引し続けますが、彼らの功績はそれだけだけにとどまりません。

リー・ドリアンは、自らのレーベルRISEABOVE(ライズアバヴ)を立ち上げてドゥームシーンに多くの新人バンドを送り出した他、80年代の先駆的ドゥームバンドを取り上げてリスペクトを示すことで、彼らにもスポットライトを当てて再評価を押し進めました。
まさに、今に至るドゥームメタルムーヴメントの仕掛け人でもあり、ドゥームメタルの歴史の生き証人でもある最重要人物です。

3大ダウナーヘヴィミュージック…ドゥーム/ストーナー/スラッジ

ドゥームメタルとストーナーロックは何が違うの?

ドゥームとストーナーの違いは門外漢にはなかなか理解しづらいものです。それどころか愛聴しているリスナーですらその境界線の定義は曖昧で、カテゴリーの解釈にも個人差があることが珍しくありません。

ドゥームメタルとストーナーロックは90年代に登場したBLACK SABBATHら70年代ヘヴィロックやヘヴィサイケ,ヘヴィブルーズの現代的な再解釈サウンドという点では共通していますが、バックグラウンドや登場した経緯が大きく異なります。

ドゥームメタルは前述の通り、英国を中心とした欧州のエクストリームメタルシーンから生まれ、デスメタル/グラインドコアをバックグラウンドとしたポストデスメタル的なムーヴメントで、音楽的には本来ドゥームデスがベースとなっており、そこにブリティッシュロックやプログレッシヴロックの影響が濃い欧州的な陰鬱さを強調したスタイルが主流でした。

それに対して米国で発生したストーナーロックは、大元のルーツこそドゥームメタルと共通していますが、デスメタルやグラインドコアではなくグランジ,オルタナティヴロック,グルーヴメタルが直接的な源流となっています。
そのため、グランジが受けたガレージロックやパンク/ハードコアなどからの影響を色濃く受け継ぐものも多く、ロックンロール色の強い楽曲も目立ちます。

多くの場合、英国/欧州的な叙情性や湿り気はあまり感じられず、大陸的/開放的で乾いた質感が強い傾向があり、またストーナーというジャンル名が示すようにサイケデリックな酩酊感の表現や再現を重視しているのも特徴的です。

ストーナーロックが内包する音楽性はドゥームメタルよりもはるかに多様性に富んでいて、ドゥームメタルに近い感触を持つものからルーツロック系,サイケポップ系まで、かつてのサイケミュージック同様に様々なスタイルが混在していました。

ドゥームメタルとストーナーロックの邂逅!

当初、ドゥームメタルとストーナーロックは時期を同じくして英国と米国から登場した似て非なるジャンルという位置付けでした。

しかし、ドゥームシーンを牽引するCATHEDRALがエクストリームでグルーミィなサウンドから、レイドバックしたグルーヴやサイケデリアを重視したレトロ感も強いロッキンな作風に移行。単なる“BLACK SABBATHインスパイア”という枠を超えて、もっと幅広い60~70年代の音楽…ヘヴィブルーズ,サイケロック,アートロック/プログレetcといったサウンドまでも取り入れるようになります。

トレンドリーダーたるCATHEDRALの影響力が大きかったことと、彼らがその地位に恥じない名作を続けざまにドロップしたことから、多くのフォロアーたちもこれに追従し同様のスタイルが一気に増殖。その結果ドゥームシーンの主流サウンドは、ストーナーロックに大きく接近してゆきます。
この動きには一長一短があり、ドゥームメタルというジャンルが内包する音楽性が広がった反面、エクストリームメタルをルーツにしたドゥームメタルならではの独自性が薄れることにもなります。

実際に、様式美メタルでもあるエピックドゥームや、ドゥームデス時代のゴシックメタルを再現したフューネラル・ドゥームといったメタル色の濃いスタイルが勢いを増してくるまでは、ドゥームメタルはストーナーロックの下位ジャンルに近いポジションに落ち着いていました。

現在ではそれらの特にメタル色の強いスタイル以外は、ストーナーロックとのクロスオーバーが進んで明確な境界線の無いグラデーション状態となっています。

ストーナーロックに影響を与えたUSルーツロックリバイバル

ストーナーロックが、グランジの影響下にもあることは前項でもふれました。それについてはのちに詳しく解説しますが、ストーナーロックに対する影響としてもうひとつ忘れてはならないのが、1990年前後のUSルーツロックリバイバルです。

さらに、80年代から英米のシーンで見られたオルタナティヴ/ニューウェイヴ文脈でのサイケリバイバル、ネオサイケ/シューゲイザーなどの一連の流れも、これらのルーツロック系やグランジと絡み合ってストーナーロックにつながっています。

これらはグランジと同時発生的に活発化し双方向に影響を与えたムーヴメントで、中にはグランジ同様ストーナーテイストを持ったグループも存在していました。付け加えるなら、PHISHらのUSルーツ系ジャムロックの新世代もこの流れの一環とも言えます。

中でも見逃せないのが、名ブロデューサーリック・ルーヴィンが自らのレーベルデフ・アメリカン(当時)から送り出したルーツアメリカン系ヘヴィロックバンドたち。

その代表格は、ルーツロックリバイバルの代表格としてメインストリームに登りつめたBLACK CROWS(ブラック・クロウズ)ですが、USドゥーム雄TROUBLE(トラブル)もそのひとつで、彼らはリック・ルーヴィンと組んだことで音楽性を大きく広げストーナーシーンのカリスマ的存在になります。

MASTERS OF REALITY(マスター・オブ・リアリティ)は中心メンバーのクリス・ゴスKYUSS人脈のプロデュースを手がけるなど、ストーナー/デザートロックシーンと縁が深いことでも知られていますし、元MISFITSグレン・ダンジグのバンドDANZIGは、この時点でドゥーム,ゴシック,デッスンロールなどの要素を持ったヘヴィロックを生み出した、まさに先駆者たる存在です。

我が道を行くスラッジコア

一方でスラッジコアは、その登場時からドゥームともストーナーとも微妙な距離を置いた独自のポジションを確立しており、音楽性についても良くも悪くもブレがなく大きな変化もありません。

スラッジコアは、ドゥームメタル/ストーナーロックと同時発生的に登場した近似ジャンルで、わかりやすく言えばデスメタルに対するグラインドコア、ニューメタルに対するメタルコアのような存在。以前はスラッジコアと呼ばれていましたが、近年ではスラッジメタルと呼ばれることが多いようです。

基本的には引きずるようなヘヴィリフを主体とした叙情性が薄いドゥームデスに近いサウンドですが、日本でジャンクロックとも呼ばれるUNSANE(アンセイン)16(シックスティーン)、さらにSWANS(スワンズ)MELVINS(メルヴィンズ)TAD(タッド),初期HELMET(ヘルメット)などのヘヴィオルタナティヴロックからの影響も濃厚に感じられ、それを反映して音質はよりラフで生々しいものでノイズ的なアプローチも見られます。

シーンのパイオニア勢にEYE HATE GOD(アイ・ヘイト・ゴッド)らニューオリンズ出身のバンドが多いことから、活動拠点が近いPANTERA(パンテラ)らのサザングルーヴメタル勢とも互いに影響を与えあっていますが、概ねメタル的な整合感やメタルエッジな質感は希薄です。

ドゥームメタルの主要サブジャンル&関連ジャンル紹介

トラディショナル・ドゥーム (BLACK SABBATHインスパイア系)

ドゥームメタルムーヴメントを経てカテゴリーが確立する以前の80年代のドゥーム系サウンドのことを指します。このサイトではより直接的に“SABBATHインスパイア系”とも呼んでいます。

時代を考えれば当然ですが、デスメタル/スラッシュメタルを経由したエクストリームメタル以降のメソッドで再構築した、CATHEDRAL以降のドゥームメタルサウンドとは全く異なるもので、より直接的なBLACK SABBATHサウンドの再現や、そこに初期のヘヴィメタル/NWOBHMからの影響を加えたスタイルが主流。

トラディショナル・ドゥームにカテゴライズされるバンドは欧州よりも米国に多く、その音楽性はBLACK SABBATHサウンドを米国ハード/ヘヴィロックメソッドでアレンジすることで生まれたスタイルとも言え、それはのちのグランジ〜ストーナーにも共通するものです。
BLACK SABBATHMOTORHEADを足した、バイカードゥーム的なサウンドが多いのもある意味米国的です。

当初は好事家向けのマニアックな存在で、決してムーヴメント化するようなスタイルではなかったものの、ドゥーム/ストーナーのブレイクを機にそれらのルーツ的サウンドとして再評価されるようになり、同様のスタイルで活動する新人バンドも登場します。

エピック・ドゥーム

文字どおりエピックメタルのドゥーム版と捉えるなら、ファンタジーなどフィクショナルな世界観や叙事的なテーマを持ったドゥームメタルということになりますが、実際のところはそういったコンセプト云々よりもジャンル名の元にもなったアルバムEpicus Doomicus Metallicusを残したCANDLEMASS(キャンドルマス)をルーツとした、様式美メタル系のドゥームメタルの系譜を指すもの考えた方がいいでしょう。

ドゥームメタルはレイドバック系にしてもエクストリーム系にしても、アンチ様式美メタルのポジションからスタートしているという背景もあって、エピックドゥームは黎明期のドゥーム/ストーナーシーンではあまり注目されるジャンルではありませんでした。
バンドもCANDLEMASSとそのファミリーグループ以外には数える程度でしたが、00年代以降ドゥームメタルの準メジャー化や多様化とともに多くのバンドが参入してシーンも大きくなります。

音楽性で見ると中心となるのはやはりCANDLEMASSフォロアー系で、BLACK SABBATHの影響下にあるのは他のドゥーム系バンドと同様ですが、それらと異なるのは、第1期BLACK SABBATHよりもディオが加入してからの第2期以降の影響が濃いものだということです。
また、近年ではANGELWITCH(エンジェルウィッチ)などNWOBHM系のダークなヘヴィメタルやダークパワーメタルに近いものなど、サウンドが持つダークネスはそのままに作風はいくぶん多様化を見せています。

ドゥーム・デス(デス・ドゥーム)

媒体によってドゥーム・デスと表記されたりデス・ドゥームだったりしますが基本的には同じもので、スローなデスメタルベースにした、あるいはデスメタル色を持ったドゥームメタルを指しています。

あえて言えば、単なるスローなだけのデスメタルで完結しているのか、そこからさらに踏み込んだアプローチを試みているのかというあたりで線を引くこともできるかもしれませんが、実際はデスメタル文脈とドゥームメタル文脈のどちらの中で語られるかで呼び分けらている程度です。

スロー〜ミッドテンポ主体のデスメタル自体は古くから存在していましたが、デスメタルシーンでのスピードと手数の多さの追求がひとつのピークを迎えて以降は、特に主流へのアンチテーゼとしてスローなドゥームデスを試みるバンドが増加します。

ゴシックメタル第1世代のバンドの多くも当初ドゥームデスをベースにしていましたし、何よりドゥームメタルムーヴメントの創始者CATHEDRALがドゥームデススタイルからスタートしていたことから、最初期のドゥームメタルはイコール(=)ドゥームデスと言ってもいいほどでした。

フューネラル・ドゥーム

フューネラル・ドゥームはドゥームデスから発展したジャンルとされていますが、もっと端的に言うならPRADISE LOST(パラダイス・ロスト)ANATHEMA(アナシマ)らゴシックメタル第1世代が活動初期に創り出していたサウンドのリバイバルです。

ゴシックメタル黎明期から活動するグループによる初期の耽美的ドゥームデスサウンドは、単なる過渡期の習作で終わらせるには惜しい魅力にあふれたものでしたが、それらのグループの多くは当初のドゥームデスをベースにしたスタイルから脱却して、よりオルタナティヴな作風に移行していきます。

その結果ほぼ消滅して空白地帯となってしまったゴシックドゥームデスですが、00年代になるとそのブルーオーシャンに新規参入してきたバンドによるリバイバルがひとつのスタイルとして常態化し、フューネラル・ドゥームと呼ばれるようになります。

初期ゴシックメタルとの音楽的差異はほとんどありませんが、あえて言えば耽美性,叙情性は維持したまま初期のゴシックメタルには見られていたダイナミズムや躍動感をスポイスして、よりスローでミニマルなサウンドやアンビエント的なアトモスフェアを追求いているあたりがポイント。結果的にポストハードコア勢にも通じるようになった作風を、オリジンとは異なる新世代ならではの要素としてアピールしています。

グランジ系ヘヴィロック

ドゥーム/ストーナーを語るときに忘れてはいけないのがグランジシーンです。メタルシーンとの折り合いの悪さからか何かと蚊帳の外にされがちですが、グランジにはパンク/ハードコアを通過した70年代ハード/ヘヴィロックのリバイバルムーヴメントという側面があり、ドゥーム/ストーナーと共通点も多いジャンルでした。

グランジシーンでも特にMELVINSTADなどはストーナー/スラッジのルーツとされていますし、SCREAMING TREES(スクリーミング・トゥリーズ)はメンバーのマーク・ラネガンがストーナーシーンと縁が深いことから後年カリスマ視されます。

また、ビッグネームの中でもSOUNDGARDEN(サウンドガーデン)ALICE IN CHAINS(アリス・イン・チェインズ)はストーナーに直結する音楽性を持っていましたし、グランジの代名詞といえるNIRVANA(ニルヴァーナ)もBLACK SABBATHの影響を公言していました。それ以外にも、BLACK SABBATHやその他の70年代ヘヴィロックの影響下にあったバンドは少なくありません。

さらに言えば、ストーナーロック黎明期の第1世代グループ自体が、当初のストーナーというジャンルが確立するまでの時期は、グランジの延長線上にあるポストグランジ的ポジションに位置するものでした。

ヴィンテージ系/70年代リバイバル

CATHEDRALが生み出したドゥームメタルサウンドが他のドゥームデスと大きく異なっていたのは、BLACK SABBATHにとどまらない70年代ヘヴィサウンドを取り入れていた点でした。

これはもちろん80年代のドゥームロックバンドにもグランジシーンにも見られたものですが、ある時期から、それらの現代的なメソッドにやサウンドを用いた再解釈的アプローチとは一線を画した、直接的なレトロ志向の70年代リバイバルスタイルが一気に増殖します。

これらのグループは、ネットで容易にアクセスできるようになった1970年前後のマイナーバンドを参考に、音の質感やから曲調、果ては使用機材までにも徹底的にこだわって70年代風サウンドの再現を追求していきます

ベースとなるサウンドはヘヴィロック,ヘヴィサイケ,ヘヴィプログレ,ヘヴィブルーズと様々で、必ずしも濃厚なドゥーム色を持ったものとは限りませんが、いずれも70年代の空気感の再現を最大の目標として完全リバイバルな作風を競いがちです。

オリジナリティをも追求するなら決して難易度が低いスタイルではありませんし、ややフェティッシュな趣味性も濃いことから評価についても賛否も別れがちではではありますが、ネット時代のひとつのアプローチとして熱心なファンに支持されています。

スラッジメタル

スラッジメタルはスラッジコアとほぼイコールで、スラッジコアの中でもメタル色の強いものを指す場合と、スラッジコアをヘヴィメタル文脈に取り込むために言い換えただけの場合がありますが、どちらにしてもあえて使い分ける必要はあまり感じられません。

ストーナーメタル

ストーナーメタルはとストーナーロックはスラッジメタルとスラッジコアと同様な関係で、ストーナーシーンの中でメタル色の強いものを指す場合と、ヘヴィメタルフィールドに取り込むために言い換えただけの場合があります。

ただし、SPIRITUAL BEGGARS(スピリチュアル・ベガーズ)DOWN(ダウン)のように明確にヘヴィメタルをベースにしたサウンドや、ヘヴィメタルサイドからの転身組など、ドゥームメタルとも呼び難いストーナー風味のヘヴィメタルが多くなったことを考えると、それらをストーナーシーンと一線を画したしたものとして語るために、“あると便利”なカテゴリーかもしれません。

Amazon Music Unlimitedでドゥームメタルの名盤が聴き放題!

Translate »