★ GALACTIC COWBOYS(ギャラクティック・カウボーイズ) ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|メタリカ・ミーツ・ビートルズ!? アメリカ南部が生んだヘヴィなのにポップなオルタナティヴ・プログレ・メタル!!…必聴アルバムは?

GALACTIC_COWBOYS_logo ◆ D, E, F, G

“メタリカ・ミーツ・ビートルズ”と呼ばれる、ヘヴィながらも親しみやすいポップなモダン・オルタナプログレ・サウンドで注目を集めた、“ミュージシャンズ・ミュージシャン”を地でゆく通好みの職人バンド!!

GALACTIC COWBOYSのディスコグラフィ/レビュー、おすすめアルバムだけをチェックしたい方は【記事下部】か【目次】のリンクからも移動できます!!

GALACTIC COWBOYS(ギャラクティック・カウボーイズ)は、アメリカ南部のテキサス州を拠点とするヘヴィメタル/ハードロックバンド。

『METALLICA meets BEATLRS』と呼ばれたバンド!?

GALACTIC COWBOYSは、スラッシュメタル/グルーヴメタルの流れをくむ、ヘヴィなサウンドとリフワークに、キャッチーでポップなメロディやコーラスワーク、親しみやすい作風を同居させたスタイルが大きな特徴としています。

その作風に対しては、“METALLICA meets BEATLRS”のキャッチフレーズも用いられており、90年代前半のデビュー当初には、ヘヴィメタル界隈のみならず広く注目を集めていました。

そのGALACTIC COWBOYSのサウンドは、一般的には『オルタナティヴ・メタル』、あるいは『プログレッシヴ・メタル』にカテゴライズされています。

幻のプルグレ・メタル・バンドがリニューアル!?

GALACTIC COWBOYSは、1990年代にアルバムデビューを果たした新世代プログレハード・バンド、〈THE AWFUL TRUTH(ジ・オウフル・トゥルース)〉を母体として、リニューアル・デビューしたグループ。

その〈THE AWFUL TRUTH〉の中心的なメンバーで、〈RAMONES〉のディー・ディー・ラモーンの従兄弟としても知られる、モンティー・コルヴィン(Ba.)と、アラン・ドス(Dr.)によって、GALACTIC COWBOYSは結成されました。

〈THE AWFUL TRUTH〉はダークで哀愁漂うサウンドを持ち味としていましたが、GALACTIC COWBOYSでは、南部ローカルの牧歌的な雰囲気とユーモアが漂うスタイルへと移行しており、サウンドのイメージは大きく変化しています。

プログレッシヴ・メタルとしてのGALACTIC COWBOYS!?

プログレッシヴ・メタルの枠で扱われることもあるGALACTIC COWBOYSですが、一般的にイメージされるプログレッシヴ・メタルのスタイルとは一線を画したものです。

技術面ではプログレッシヴ・メタルの必要レベルはクリアしており、音楽的にもその要素はありますが、“過剰な技巧性”、“過剰に複雑で手の込んだ作風”、“過剰にドラマティックな展開”…といった、一般にイメージされがちなプログレッシヴ・メタルの類型的な表現様式とは、適度な距離を置いています。

“楽曲の長尺傾向”や“工夫を凝らした曲展開”は若干ながら見られますが、それも過度な大作主義には陥っておらず、あくまでもコンパクトなポップ・ミュージックの枠組みを基本に置き、そこにツイストの効いた変則展開や、ストレンジなセンスを織り込むというものです。

GALACTIC COWBOYSのバックグラウンドである、『オルタナティヴ・ロック』は、『プログレッシヴ・ロック』の要素をも内包するジャンルであり、GALACTIC COWBOYSの“プログレ的手法”は、グランジの「古典的ハードロックの脱構築」と、ミクスチャーロックの「異ジャンルとのクロスオーバー」が基調となっています。

このように、GALACTIC COWBOYS“プログレ様式”との距離感と音楽的手法は、〈PRIMUS(プライマス)〉などと同様に、『オルタナティヴ・ロック』を経由することで確立された面が強いものとも考えられます。

オルタナティヴ・メタルとしてのGALACTIC COWBOYS!?

GALACTIC COWBOYSは、90年代初頭アメリカのにおいて、グランジなどのオルタナティヴ・ロックがメインストリームにまで進出していた時期に、そのブームを背景に持って登場したグループです。

そのスタイルは、グルーヴメタル,グランジ,ハードコアはもとより、〈FAITH NO MORE〉〈JANE’S ADDICTION〉〈LIVING COLOUR〉〈THE SMASHING PUMPKINS〉といった、ハードロック寄りのオルタナティヴ・ロックの影響下にあるものであり、それが大きな特徴となっています。

特に直接的な影響を受けているのは、オルタナティヴ・ロック/オルタナティヴ・メタルのパイオニアのひとつに数えられ、バンドとしても交友関係にある〈KING’S X〉です。
「プロデューサーのサム・テイラー手によって世に出た『CCM』バンド」…というバックグラウンド(後述)のほか、コーラスワークを多用した、明快なメロディを持つポップな作風などに共通点が見て取れます。

GALACTIC COWBOYSはクリスチャンメタル?

GALACTIC COWBOYSは、『CCM(コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック)』として扱われることもあります。

『CCM』は、キリスト教をに根ざしたメッセージ性とアティチュードを持ち、時にゴスペル的な役割や、布教/啓蒙を目的とすることもある、ロック/ポップスなどの現代的な音楽を指すジャンル。
当然、『クリスチャン・メタル』もこれに含まれ、キリスト原理主義の勢力の強いアメリカ南部では特に盛んです。

やはり米国南部を拠点して交友関係にあり、音楽性にも共通点の多い〈KING’S X〉や〈ATOMIC OPERA(アトミック・オペラ)〉らもまた、同様に『CCM』に含まれます。

GALACTIC COWBOYSに限るならば、歌詞の一部や、“ゴスペル的”とも解釈できるコーラス・ワークを多用した作風に、『CCM』ならではの特徴も見られます。
ただし、本人たちは『CCM』としての意識は無いと公言しており、取り立てて宗教色や布教性を押し出すこともないので、背景を意識せず純粋に音楽だけを楽しめるグループと言えます。

GALACTIC COWBOYSのシーンでのポジションは!?

GALACTIC COWBOYSの音楽性は、本質的な『オルタナティヴ・ロック』や『プログレッシヴ・メタル』として固定するには憚られるもので、あえてに言い表すなら、ヘヴィな「ストレンジ・ポップ・メタル」「オルタナ・ポップ・メタル」あるいは「オルタナ・プログレ・メタル」とでも呼ぶべきものです。

明快なポップロックが基調でプログレ特有のマニアックな印象が薄い反面、ヘヴィメタルやハードコアからポップ・ソングまでこなす器用さと、特定のジャンルに特化しないスタイルは、シーンの中で収まりが悪く“一般向け”とも“マニア向け”とも言い難い面がありました。

そのため、幅広い層からの支持が期待されたにもかかわらず、その個性が仇となって明快なマーケティングが難しく、“ミュージシャンズ・ミュージシャン”として通好みなリスナー主体の支持にとどまるようになります。

GALACTIC COWBOYSは、2000年台突入とともに活動休止となってしまいますが、その後、何度かのリユニオンを挟みつつ2016年には活動を再開しており、それ以降は、寡作ながらアルバムもリリースも含めて活動を継続しています。

次ページはGALACTIC COWBOYSのディスコグラフィ&レビューを紹介!!▼リンクはページ下!▼

Translate »