★ GALACTIC COWBOYS(ギャラクティック・カウボーイズ)ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|メタリカ・ミーツ・ビートルズ!? アメリカ南部が生んだヘヴィなのにポップなオルタナティヴプログメタル!!…必聴アルバムは?

GALACTIC_COWBOYS_logo ◆ D, E, F, G

“メタリカ・ミーツ・ビートルズ”と呼ばれるヘヴィなのにポップなモダン・オルタナプログレサウンドで注目を集めた、“ミュージシャンズ・ミュージシャン”を地で行く通好みの職人バンド!!

GALACTIC COWBOYS(ギャラクティック・カウボーイズ)は、90年代初頭のグランジなどのUSオルタナティヴロック全盛期に登場した、アメリカ南部のテキサス州を拠点とするヘヴィメタル/ハードロックバンド。

ヘヴィグルーヴやグランジに通じる90年代風のヘヴィネスを持ちつつも、明確なメロディを持ちコーラスワークも駆使したポップなサウンドを持ち味としており、その親しみやすくもヘヴィな作風には“METALLICA meets BEATLRS”のキャッチフレーズがつけられ、90年代前半には大きく注目を集めます。

GALACTIC COWBOYSは、90年代突入と共にTHE AWFUL TRUTH(ジ・オウフル・トゥルース)という名でデビューした、新世代プログレハードバンドを母体にリニューアルしたグループ。隠れた名盤の誉れも高いTHE AWFUL TRUTH時代唯一のアルバムは日本盤もリリースされていました。
そのTHE AWFUL TRUTHのメンバーでRAMONESのDee Dee Ramoneの従兄弟として知られるベーシストモンティー・コルヴィンと、ドラマーのアラン・ドスによってGALACTIC COWBOYSは結成されます。

GALACTIC COWBOYSでは、南部ローカルの牧歌的な雰囲気とユーモアが漂うスタイルへと移行。そのキャッチフレーズのとおり、ポップネスと時代性を反映したヘヴィなサウンドが共存したスタイルを持ち味として押し出すようになり、万人が親しみやすい作風となったことで幅広いリスナー層から支持されるようになります。
その作風は、同じCCM(コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック)として交友関係にあるKING’S X(キングス・エックス)に通じるもので、ファンク色こそないもののFAITH NO MORE(フェイス・ノーモア)やJANE’S ADDICTION(ジェーンズ・アディクション)などに通じる、オルタナティヴロック系のプログレアプローチと呼べるものです。

しかし、ハードコアナンバーからポップソングまでこなす器用さと、特定ジャンルに特化しないマーケティングしづらい作風が仇となってか、次第に勢いを欠くようになり2000年台突入とともに活動休止となります。しかし、何度かのリユニオンを挟みつつ2016年には活動再開。寡作ながらアルバムもリリースして活動継続中です。

 

GALACTIC COWBOYSはクリスチャンメタル?

GALACTIC COWBOYSは、やはり米国南部を拠点して交友関係にあり音楽性にも共通点の多いKING’S X(キングス・エックス)やATOMIC OPERA(アトミック・オペラ)らと同様に、CCM(コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック)として扱われることもあります。

CCMはキリスト教をに根ざしたメッセージ性とアティチュードを持ち、時にゴスペル的な役割や布教などを目的とすることもある現代的な音楽を指すジャンル。キリスト原理主義の多いアメリカ南部を中心に存在し、クリスチャンメタルもこれに含まれます。

GALACTIC COWBOYSについていえば、歌詞の一部やコーラスワークを多用した作風にCCMならではの特徴も見られますが、本人たちにクリスチャンバンドとしての意識は薄く、取り立てて宗教色や布教性を押し出すこともないので、背景を意識せず純粋に音楽だけを楽しめるバンドと言えます。

GALACTIC COWBOYS|DISCOGRAPHY

Galactic Cowboys|ギャラクティック・カウボーイズ

GALACTIC_COWBOYS_Galactic_Cowboys

オリジナルアルバム 1作目 – (1991年)

モダンなヘヴィネスとポップネスとコーラスワークの融合を表した、“METALLICA meets BEATLRS”というキャッチフレーズで登場したアルバムで、代表作に挙げられることも多い初期の名盤。
ダーク(Dark), ダウナー(Downer), ドゥーミィ(Doomy)の3Dヘヴィネスの波が押し寄せていた時期に、それに匹敵するヘヴィネスとスラッシーなリフを持ちながら、牛の鳴き声のSEからスタートするような牧歌的なポップネスに彩られた作風で注目を集めたアルバム。叙情的なコーラスワークも聴けることから日本のメタルファンもこれに触手を伸ばしました。
彼らのカタログではもっともヘヴィメタル色の濃いアルバムである一方、明確にわかりやすいプログレ的な曲展開も見られるなど、次作以降とは表面的な印象は同じようでいてその実かなり異なる作風です。

メタル度:★★★★★|ヘヴィネス:★★★★★|ポップ度:★★★★★
プログレ度:★★★★☆|オルタナ度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 代表作 入門盤 通好み

Space in Your Face|スペース・イン・ユア・フェイス

GALACTIC_COWBOYS_Space_in_Your_Face

オリジナルアルバム 2作目 – (1992年)

基本路線は前作同様で、プログレと表現されつつも壮大なドラマ性や技巧優先のスタイルではなく、ツイストを効かせたオーソドックスなハードロックといった作風。
METALLICAのブラックアルバムなどに通じるヘヴィネストグルーヴと彼ら特有のポップネスはそのままで、メタルエッジなギターは十分に主張を見せている反面、コーラスワークは前作よりも抑えめで使いどころをしぼってきた印象で、そのためハードコア/グランジ的な荒々しさと生々しさが増した印象もあります。
ご同輩のKING’S XのファンクテイストやATOMIC OPERAのアーシーな仄暗さなど、明確な独自性は見られませんし、メロディセンスでは明らかにTHE AWFUL TRUTHがピークですが、ここでの泥臭い90年代RUSHとも表現できるストレンジなヘヴィポップサウンドが、ひとつの上質なハードロック/ヘヴィロックであることは確かです。
この時期の流行で、ブランクトラック後のシークレットトラックが仕込まれていますが、デジタル時代にはあまり意味をなしません。

メタル度:★★★★☆|ヘヴィネス:★★★★☆|ポップ度:★★★★★
プログレ度:★★★☆☆|オルタナ度:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 代表作 入門盤 通好み

Machine Fish|マシーン・フィッシュ

GALACTIC_COWBOYS_Machine_Fish

オリジナルアルバム 3作目 – (1996年)

ややダークでストレートになった作風から、当時は「ポップなメロディが減った!」「プログレ色が薄れた!」「グランジ化した!」などの理由で不評を買ったアルバム。
いずれも否定はできませんが、もともとグランジ/オルタナティヴロックの影響を反映したスタイルだけに「グランジ化した」というのは批判は的外れ。基本的な作風は前作から大きな変化はありませんし、ダークでシリアスな作風はそれがリアルであればメタルファンとしては歓迎すべきでしょう。メロディーセンスについては好みの問題はあるとはいえ、むしろ全体的には向上しています。
あえて言うなら、職人バンドはありがちですが、手堅くまとまってそこからはみ出す何かが見られないためやや作家性が薄く感じられることと、アルバム単位での変化や実験性が弱いことくらいでしょう。

メタル度:★★★☆☆|ヘヴィネス:★★★★★|ポップ度:★★★★☆
プログレ度:★★☆☆☆|オルタナ度:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 代表作 賛否両論 通好み スルメ盤

Feel the Rage|フィール・ザ・レイジ

GALACTIC_COWBOYS_Feel_the_Rage

ミニアルバム – (1996年)

The Horse That Bud Bought|ザ・ホース・ザット・バッド・ボウト

GALACTIC_COWBOYS_The_Horse_That_Bud_Bought

オリジナルアルバム 4作目 – (1997年)

At the End of the Day|アト・ジ・エンド・オブ・ザ・デイ

GALACTIC_COWBOYS_At_the_End_of_the_Day

オリジナルアルバム 5作目 – (1998年)

Let It Go|レット・イット・ゴー

GALACTIC_COWBOYS_Let_It_Go

オリジナルアルバム 6作目 – (2000年)

Long Way Back to the Moon|ロング・ウェイ・バック・トゥ・ザ・ムーン

GALACTIC_COWBOYS_Long_Way_Back_to_the_Moon

オリジナルアルバム 7作目 – (2017年)

THE AWFUL TRUTH|DISCOGRAPHY

GALACTIC COWBOYSの中心メンバー、モンティー・コルヴィン(Ba./Vo.)と、アラン・ドス(Dr./Vo.)によって結成された、GALACTIC COWBOYSの前身バンド。
オーソドックスなヘヴィメタル/ハードロックの枠に収まらない、プログレテイストとオルタナティヴなセンスを持っていたことと、コーラスワークを取り入れたポップネスを持ったスタイルという点ではGALACTIC COWBOYSと共通しています。
しかし、THE AWFUL TRUTHでは、メランコリックなエモーションを感じさせるメロディに満ち、時にスラッシーなに疾走しながらも、クールな質感を失わないダーク&シリアスな作風を追求しており、「ダークになった」と言われがちな中期GALACTIC COWBOYSよりも、はるかに暗鬱なサウンドを作り上げていました。

The Awful Truth|ジ・オウフル・トゥルース

THE_AWFUL_TRUTH_The_Awful_Trueth

オリジナルアルバム – (1990年)

THE AWFUL TRUTHとしては唯一の作品となる、セルフタイトルのアルバム。作風は異なるため、それによる好き嫌いはあるものの、確実にGALACTIC COWBOYS時代よりもはるかに強い輝くを発しており、1990年というロック界激動の時代の間に、だからこそ生まれた奇跡の名作。計算された楽曲の展開からメランコリックで個性的なメロディセンスまで魅力にあふれ、中だるみなしの緊張感に満ちた名曲ぞろいという、まさに新人離れした完璧なアルバムです。

メタル度:★★★★☆|ヘヴィネス:★★★☆☆|ポップ度:★★★★☆
プログレ度:★★★★☆|オルタナ度:★★★★☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 通好み 実験作
Translate »