★ MEGADETH(メガデス)ディスコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|USスラッシュメタルBIG4(四天王)No.1の偏屈バンド…必聴アルバムは?

MEGADETH_logo ◆ M, N

Contents

METALLICA初期メンバーとしてデビュー直前まで在籍して名曲の数々を生み出したデイヴ・ムステインがつむぎ出す、テクニカルでクールなヒネクレ知性派メタルサウンド!!

MEGADETHのアルバムレビューだけを読みたい方は【記事下部】か【目次】のリンクからも移動できます!!!

MEGADETH(メガデス)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州のロサンゼルスを拠点とする、スラッシュメタル/ヘヴィメタルバンド。

MEGADETH結成はMETALLICAへのリベンジ?!

MEGADETHの中心人物デイヴ・ムステイン(Dave Mustaine)は、バンド結成前はMETALLICA(メタリカ)に在籍していました。
しかし、ムステインは素行の悪さを理由に、そのデビュー直前にMETALLICAを追放されたてしまいます。

自分を追放したジェイムズ・ヘットフィールドとラーズ・ウルリッヒを見返すというモチベーションを元に、METALLICAを越えるバンドと作品を作り上げるために結成したグループがMEGADETHでした。

ムステインはMETALLICAの名曲の源泉!?

ムステインは、METALLICAにおいては曲作りの中核のひとりだったとされています。初期の名曲には彼の手によるものもあり、ソングライターとしてムステインの名がクレジットされています。

明言は避けられているものの、一般に作曲面でのムステインの貢献度はかなり大きなものだったと見積もられており、「METALLICAの音楽性の路線変更は、ムステインによるアイデアのストックが尽きたことが原因」という説も真実味のある話として囁かれています。

MEGADETHは自称知性派スラッシュ?!

MEGADETHは自らインテレクチュアル(知性的な)・スラッシュメタルを標榜し、ジャズやクラsックなどの素養を持った腕利きのミュージシャンを集めて、プログレ的とも言える複雑で緻密に練りこまれたサウンドを展開を得意としています。

インテレクチュアル・スラッシュのラベリングは、先行したスラッシュバンドとも差別化を図る意味が大きいと思われますが、広く認知されてひとつのサブジャンルとして定着するまでにはなりませんでした。

MEGADETHはポリティカルバンド?!

また、インテレクチュアルを自称するだけあって、リリック面でもメタルバンドに多い“メタル賛歌”や“パーティソング”や“イキリソング”、ヒロイックでエピック的な“ファンタジー”など偏差値の低い歌詞は避ける傾向にあり、ポリティカルな要素を織り込んだテーマを持ち味にしてます。
ただし、基本的にムステイン自身は保守傾向が強く、ソロプロジェクトにMD45では右翼系ハードコアとして知られるFEARのリー・ヴィング(Vo.)とも組んでいました。

近年ではことさら保守傾向が目立つようになり、歌詞の中にはタカ派の攻撃的な政治姿勢や、移民排除などの外国人嫌悪が感じられるとして批判も浴びることもあります。

MEGADETHはムステインのワンマンバンド?!

MEGADETHは、実質的にはムステインのソロプロジェクトと言ってもいいワンマンバンド。

バンドが好調でセールスもあげていた90年代こそ固定メンバーで活動していましたが、その例外的な時期を除くと、ムステインのアクの強い性格もあってか、右腕的存在のジュニアことデイヴ・エリフソン以外のメンバーは頻繁に入れ替わっています。

不安定ながら常にメタルシーンの第一線に定住!?

MEGADETHはバンドとしての全盛期を越えて以降、相次ぐメンバー脱退によるバンドの崩壊、クリエイティヴィティの低下、ムステインの腕の故障などが重なった2002年から2004年までの間は解散状態にありました。

しかし、それ以外は比較的コンスタントな活動を続けており、スタジオフルアルバムについてはスラッシュBIG4の中でも最多の作品数をリリースしています。

ページはMEGADETHのディスコグラフィ&レビューを紹介!!▼リンクはページ下!▼

Translate »