★ BIOHAZARD(バイオハザード)ディスコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|90年代ヘヴィグルーヴ世代を牽引したニューヨーク最強のメタリックハードコア!?…必聴アルバムは? 

BIOHAZARD_logo ◆ A, B, C

PANTERAやHELMETとともにニューメタルやメタルコアのルーツとなった90年代ヘヴィグルーヴサウンドををつくりあげたニューヨークハードコアシーンが誇るストロングスタイルのラッピンググルーヴコア!!

BIOHAZARD(バイオハザード)はニューヨークはブルックリンのヘヴィメタリックハードコアバンドで、PANTERAやHELMETとともに90年代初頭のヘヴィグルーヴ/グルーヴメタル黎明期から新世代ヘヴィミュージックをリードしたグループです。

ロックシーンの動乱の時代だった90年代B初期に全盛期を迎えた、BIOHAZARDやPANTERA,HELMETといったヘヴィグルーヴサウンドのパイオニア勢は、バックグラウンドや活動のフィールド、スタイルを形成した音楽などの違いはあるものの、ほぼ同時期にミドルテンポ主体のグルーヴを追求したヘヴィニュージックを完成させ、アメリカのヘヴィメタルシーンのみならず全世界のヘヴヴィミュージックをシーンを塗り替えます。

BIOHAZARDの音楽的なベースは、80年代にニューヨークを中心に一時代を築いたハードコアとスラッシュメタルが融合した『クロスオーバースラッシュ』にあります。そのヘヴィメタリックなグルーヴサウンドに、メタリックなギターとラップ風のヴォーカルスタイル乗る新世代ならではのスタイルが彼らの持ち味で、その音楽性からグルーヴコア/ラップコアなどとも呼ばれていました。

のちに21世紀ヘヴィミュージックのメインストリームとなるニューメタルも、彼らヘヴィグルーグ第1世代が生み出したサウンドを直系のルーツとしたものですし、BIOHAZARDらグルーヴコアのサウンドやそれ続くよりヘヴィメタルの比重を増したNSHC(ニュースクール・ハードコア)は、そのまま現在のメタルコアへとシフトしていきますから、彼らはすべてのメタルコアの原型を作ったグループのひとつでもあります。

彼ら自身はパイオニアとしての役目を終えたこともあって、音楽性をニューメタルサウンドに接近した新展開を試みてゆきます。結果的には、それによってオールドファンを失い新規ファンも獲得できなかったことから、全盛期の面影が見られないほどに失速してゆきますが、それでも彼らの残した功績と歴史的意義は揺らぎません。

BIOHAZARD|DISCOGRAPHY

Biohazard|バイオハザード

BIOHAZARD_Biohazard

オリジナルアルバム – 1作目 (1990年)

プロダクションのせいもあってかやや重量感にかけますが、ヘヴィメタリックなハードコアナンバーに弾きまくりのがギター乗ったグルーヴコアは、この時点でほぼ完成されています。むしろそれ以降の音楽的な上乗せの少なさが、彼らの失速を早めたとも言えます

メタル度:★★★★☆|ハーコー度:★★★★★|ヘヴィネス:★★★☆☆
ミクスチャ度:★★★☆☆|モッシュ度:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤  実験作

Urban Discipline|アーバン・ディシプリン

BIOHAZARD_Urban_Discipline

オリジナルアルバム – 2作目 (1992年)

ヘヴィミュージック大手レーベルのロードランナーからのリリースで、PANTERAと並ぶヘヴィグルーヴ/グルーヴメタルの旗手として世界的に一躍名を挙げた代表作であり、メタリックハードコアのを代表する名盤のひとつです。T-02は看板的な名曲。曲数が多すぎて密度が薄くなりダレ気味になるのは90年代〜00年代の伝統のようなもの。

メタル度:★★★★☆|ハーコー度:★★★★☆|ヘヴィネス:★★★★☆
ミクスチャ度:★★★☆☆|モッシュ度:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 代表作 入門盤

State of the World Address|ステート・オブ・ザ・ワールド・アドレス

BIOHAZARD_State_of_the_World_Address

オリジナルアルバム – 3作目 (1994年)

BIOHAZARDキャリア全盛期の代表作で、こちらもメタリックハードコアの名盤。ギター弾きまくりで彼らのヘヴィメタルサイドを支えたBobby Hambelはこのアルバムを最後に脱退してしまいます。T-04はアンセム的な名曲。
T-05にCYPRESS HILLのSen DogとLIMP BIZKITのDJ Lethalがゲスト参加。

メタル度:★★★★★|ハーコー度:★★★★☆|ヘヴィネス:★★★★☆
ミクスチャ度:★★☆☆☆|モッシュ度:★★★★★|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 代表作 入門盤

Mata Leão|マータ・レオン

BIOHAZARD_Mata_Leão

オリジナルアルバム – 4作目 (1996年)

Bobby Hambel脱退でメタル色や重厚感が薄れて、後続のDOWNSETあたりに近いノリを持ったラップコアスタイルになりました。オールドファンには賛否両論で、ここから失速気味になりますが、モッシュミュージックとしては上々の出来でこれはこれでありでしょう。T-01は文句なしの名曲。

メタル度:★★☆☆☆|ハーコー度:★★★★★|ヘヴィネス:★★★☆☆
ミクスチャ度:★★★★☆|モッシュ度:★★★★★|総合評価:★★★★☆

入門盤 賛否両論

New World Disorder|ニュー・ワールド・ディスオーダー

BIOHAZARD_New_World_Disorder

オリジナルアルバム – 5作目 (1999年)

元HELMETのRob Echeverria(Gt.)が加入してふたたび硬質なサウンドに戻り、ときおりHELMETをも想起せる部分もあります。すでに旬は過ぎていますしキャッチーな決め曲にも欠けますが、音楽的にはブラッシュアップされており、アベレージは確実に上がっています。
T-14ではSEPULTURAのIgor Cavalera,FEAR FACTORYのChristian Olde Wolbersがゲスト参加。

メタル度:★★★★☆|ハーコー度:★★★★☆|ヘヴィネス:★★★★★
ミクスチャ度:★★★☆☆|モッシュ度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 入門盤 賛否両論 通好み 実験作

Uncivilization|アンシヴィライゼーション

BIOHAZARD_Uncivilization

オリジナルアルバム – 6作目 (2001年)

ややニューメタル的な質感の重層的なサウンドへと変化。多彩な豪華ゲストを招いた多彩な楽曲でアベレージも高く、いつものように途中で飽きることなく聴きとおせます。HIOPOHからの輸入かコラボブーム真っ盛りの時期で、メタルアルバムでも“feat.○○○”という表記がよく見られました。
参加ゲストは以下の通り…T-05:Roger Miret[AGNOSTIC FRONT]、T-06:Igor Cavalera[SEPULTURA]、T-08:センドッグ[CYPRESS HILL]、T-09:フィル・アンセルモ[PANTERA]、T-10:Corey Taylor[SLIOKNOT],Jamey Jasta[HATEBREED]、T-11:Andreas Kisser&Derrick Green[SEPULTURA]、T-12:Peter Steele[TYPE O NEGATIVE]

メタル度:★★★★★|ハーコー度:★★★☆☆|ヘヴィネス:★★★★★
ミクスチャ度:★★☆☆☆|モッシュ度:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 入門盤 賛否両論 実験作

Kill or Be Killed|キル・オア・ビー・キルド

BIOHAZARD_Kill_or_Be_Killed

オリジナルアルバム – 7作目 (2003年)

Means to an End|ミーンズ・トゥ・アン・エンド

BIOHAZARD_Means_to_an_End

オリジナルアルバム – 8作目 (2005年)

Reborn in Defiance|リボーン・イン・ディファイアンス

BIOHAZARD_Reborn_in_Defiance

オリジナルアルバム – 9作目 (2012年)

No Holds Barred|ノー・ホールズ・バード

BIOHAZARD_No_Holds_Barred

ライヴアルバム (1997年)

Translate »