★ NAPALM DEATH(ナパーム・デス)ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|常にプログレスを続けるUKグラインドコアシーンのパイオニア…必聴アルバムは?

NAPALM_DEATH_logo_a ◆ M, N

Contents

英国グラインドコアのパイオニアとして80年代からエクストリームミュージックシーンの最前線に立ち、常にリードし続ける実験精神あふれるカリスマグループ!!

NAPALM DEATHは、イギリスのグラインドコアバンド。
80年代から英国エクストリームミュージックの最先端をゆく存在として、英国のみならず世界のシーンをリードし続ける立場にありました。

英国エクストリームシーンの最先端バンド!!

最速最短のノイジーなハードコアミュージックを追求した80年代のNAPALM DEATHは、ハードコアシーンでも特に実験的で先鋭的な様々なミュージシャンが在籍し、単なるファストなハードコアの枠ににとどまらず、プログレッシヴでオルタナティヴなエクスペリメンタル・エクストリームサウンド追求の場でもあったグループです。

NAPALM DEATH出身の重鎮たち!!

最初期のNAPALM DEATHには、後のエクストリームミュージックの超重要アーティストが参加していました。
英国トップのゴアグラインドとしてスタートして、メロディクデスの火付け役やデッスンロールのパイオニアとしていくつもの功績を残した、CARCASSのビス・スティアー(Bill Steer)。
NAPALM DEATHの“最速”サウンドから“最遅”のドゥームメタルへと180度の方向転換を見せ、シーンをリードし続けたドゥームメタルの最大功労者、CATHEDRALLee Dorrian(リー・ドリアン)。
ダウナーでウルトラヘヴィなサウンドでインダストリアルシーンに新風を吹き込み、ドゥーム/スラッジ、ポストメタル/ハードコアなど様々なシーンに影響を与えた、GODFLESHのジャスティン・ブロードリック(Justin Broadrick)。
エクストリームダブからスタートして、ノイズ/アンピエントやEDMを本格的に導入したエクスペリメンタルなインダストリアルサウンドを展開した、SCORNのミック・ハリス(Mick Harris ≠ Mitch)。
いずれも、のちにそれぞれの活動でミュージックシーンに革命を起こすことになるトップミュージシャンです。

ヘヴィメタルへの接近とさらなる進化!!

90年代に入ってメンバーが固定してからは、デスメタル,インダストリアルメタル,グルーヴメタルなどの、ヘヴィメタル/エクストリームミュージックの最先端シーンも視野に入れ、それら周辺ジャンルと混血を重ねがてゆきます。
その中で、わかりやすいダイナミズムや高揚感などのロックミュージックの原初的な魅力と、実験性をや前衛性兼ね備えたスタイルに移行していましたが、その後、ストレートなグラインドコア主体のスタイルに回帰しますが、その枠の中でアルバムごとに異なるアプローチを取って実験的な試みを続けています。

ポリティカルで実験的な信頼のバンド!!

現在、最初期とはメンバーは完全に入れ替わっていますが、現メンバー様々なプロジェクトや他バンドのメンバーとのコラボレーションなどの課外活動も意欲的に行っており、特にベーシストのシェーン・エンバリー(Shane Embury)の精力的な活動は驚異的です。また、NAPALM DEATHの社会的でポリティカルなアティチュードも以前と変わらぬもので、常にメッセージ性が強く音楽的にも信頼性の高い活動を続けています。

NAPALM DEATH|DISCOGRAPHY

Scum|スカム

NAPALM_DEATH_Scum

オリジナルアルバム – 1作目 (1987年)

CATHEDRALのリー・ドリアン、CARCASSのビル・スティアー、GODFLESHのジャスティン・ブロードリック、SCORNのミック・ハリス、といった後に各々のバンドで革新的なアプローチでエクストリームミュージック新時代の扉を開く、気鋭のアーティストが集結したデビューアルバム

わずか1秒の最短のロックチューン『You Suffer』が、「エッ!?何!?短かッ!!ウヒャヒャ(笑)」と何かにつけてネタにされるアルバムで、 他の曲も28曲中で2分以上は3曲のみ、全曲中3分の1以上の12曲は1分以下ですが、これはファストなハードコアとしては標準の範囲内。

やや無邪気ともいえるプリミティヴな実験性は、そんな色物的な見方も避けられない部分はありますが、あくまでもポリティカルで至極まっとうなハードコアが根本にあり、それについてはこれ以降も変わりません。後のゴアグラインドやポルノグラインドなどのような、“ネタ”としてのおバカなスカムサウンドを期待すると肩透かしかもしれません。

グライン度:★★★☆☆|ハーコー度:★★★★★|実験度:★★★★☆
ヘヴィネス:★★☆☆☆|スピード:★★★★★|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 代表作 通好み 実験作

From Enslavement to Obliteration|永続革命宣言

NAPALM_DEATH_From_Enslavement_to_Obliteration

オリジナルアルバム – 2作目 (1988年)

後にNAPALM DEATHの中核をなすシェーン・エンバリーの初参加アルバム、リー・ドリアン、ビル・スティアー、ミック・ハリスが引き続き名を連ねています。

コンパクトなファストチューンをメインにした基本的な作風は前作を踏襲しており、22曲で30分弱というセットリストからもそれはうかがえますが、楽曲は確実にブラッシュアップされています。
また、冒頭のT-01ではGODFLESHやSCORNにも通じるスロー&ダウナー楽曲にも挑戦しており、ただのマンネリズム追求に終わらない今後の展開を予兆させます。

また、この最初期のエクストリームな実験精神と表現方法は、ジョン・ゾーンをはじめとしたフリージャズ, ノイズ, エレクトロニカ, オルタナティヴ/ポストロックなどの、アバンギャルドな志向性のアーティストにも刺激を与え、エクストリームメタルとアバンミュージックのちょっとした蜜月状態が、しばし続くことになります。

グライン度:★★★★☆|ハーコー度:★★★★★|実験度:★★★★☆
ヘヴィネス:★★☆☆☆|スピード:★★★★★|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 代表作 入門盤 通好み 実験作

Harmony Corruption|ハーモニー・コラプション

NAPALM_DEATH_Harmony_Corruption

オリジナルアルバム – 3作目 (1990年)

リー・ドリアンとビル・スティアーが脱退。新たなフロントマンとしてバーニー・グリーナウェイ、ギターにミッチ・ハリスが就任して、現在の鉄壁のラインナップへと一歩近づいています。

メタル的な整合感がアップしたデスメタリックな作風になり、ハードコア的なプリミティヴさが苦手なメタルリスナーにも大きくアピールするようになりました。
曲も大半が3分以上とデスメタルの平均レベルの長さになりましたが、実力者ぞろいだけに、ハードコアからメタルに移行したバンドに多い、「曲の長さを無駄に持て余してダラダラリフを垂れ流すだけ」などということはなく、どの曲も緻密に組み立てたれてよく練りこまれています。

デスメタルとグラインドコアのクロスオーバーとしては、ひとつの頂点とも言えるアルバムの1枚です。

グライン度:★★★★★|ハーコー度:★★★★☆|実験度:★★★☆☆
ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★★★☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 実験作

Utopia Banished |失楽園:ユートピア・バニッシュド

NAPALM_DEATH_Utopia_Banished

オリジナルアルバム – 4作目 (1992年)

ドラムがミック・ハリスからダニー・ヘレラへと代わり、現在まで続く鉄壁の布陣がそろい踏みとなった本作も、引き続きデスメタリックなグラインドコア。

T-15はミック・ハリスのユニットSCORNの初期を思わせる、スローでダウナーなトラックですが、それ以外はほぼファストチューンで占められており、曲の長さも前作と比較すると全体的に短め。作風も初期に近いストレートなものとなっています。

作品としては高水準で一気に聴きとおせる爽快なアルバムですが、やや単調に感じられる面もあり、現状のスタイルとしては手詰まり感も漂っています。次作以降、新たなアプローチを試みて攻めた作品を連発するのも、必然的な流れといえるでしょう。

グライン度:★★★★★|ハーコー度:★★★★☆|実験度:★★★☆☆
ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

入門盤

Fear, Emptiness, Despair|哀歌:フィアー,エンプティネス,ディスペイア

NAPALM_DEATH_Fear,_Emptiness,_Despair

オリジナルアルバム – 5作目 (1994年)

デビュー以来のスピード追求型の作風から、ミッド〜スローテンポのパートを多用したヘヴィグルーヴを導入した、新たなスタイルに移行したやや実験的なアルバム。ドゥーム/スラッジに近いテイストや、次作で顕著となるマシーナリーでスペーシー音づくりも、この時点から確認することができます。

わかりやすい勢いや派手さはないものの曲はよく寝られており、時にはテクニカルでトリッキーな変則展開も顔をのぞかせます。適度なフックの効いたフレーズも多いのですが、やや地味にも感じられる通好みな作風は好みが分かれるところです。

当時は賛否両論で、本作が迷走期への突入とされることもありますが、さらに攻めたアプローチを見せた次作に最強問題作の座を奪われ、相対的に良くも悪くも印象が薄くなってしまいました。
いずれにせよ、本作から数作のアプローチがグラコア回帰以降の作品に果たした影響の重要性は、決して無視できないものです。

グライン度:★★★★☆|ハーコー度:★★★☆☆|実験度:★★★☆☆
ヘヴィネス:★★★★★|スピード:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作

Diatribes|ディアトライブス

NAPALM_DEATH_Diatribes

オリジナルアルバム – 6作目 (1996年)

次作とともにNAPALM DEATH史上最大の問題作とされ、実験性や変化好まないグラインドコア/デスメタルクラスタはもちろん、前作までは許容していたリスナーからも総スカンを食らったアルバム。

グルーヴメタルやニューメタルなどの、当時のUSモダンサウンドを取り入れ…特にFEAR FACTORYあたりに通じるようなモダンインダストリアルのテイストが強まっています。

米国トレンドに接近したようにも思える、ダンサブルなアッパー感やグルーヴに満ちた作風は、当然のごとくリスナーからは批判一色でしたが、そもそものバンドの姿勢や立ち位置を考えれば、そういった偏狭さは鼻で笑われるだけでしょう。
純グラインドコアでもデスメタルでもないとはいえ、独自のセンスに満ちあふれた本作は、NAPALM DEATHにしかつくり出しえない名盤です。

グライン度:★★★☆☆|ハーコー度:★★★☆☆|実験度:★★★★☆
ヘヴィネス:★★★★★|スピード:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 賛否両論 通好み 実験作

Inside the Torn Apart|インサイド・ザ・トーン・アパート

NAPALM_DEATH_Inside_the_Torn_Apart

オリジナルアルバム – 7作目 (1997年)

迷走期四部作の3作目で、問題作とされる前作“Diatribes”を踏襲しつつブラッシュアップしたような作風。定番のグラインドサウンドを押しのけての新機軸や、洗練された整合感の強いサウンドが特徴なため、実験性を好まない保守的なハードコア/メタルクラスタからは前作同様に総スカンを食らいます。

とはいえ、本来が実験性の塊のようなバンドなのでその批判もお門違い。現在に至るま無難な定番サウンドの繰り返しにとどまらず、プログレスしてこられたのもここでの試みがあったればこそです。
何より、前作同様に完成度の高さには目を見張らずにはおれない名盤ですし、グラコア回帰以降にもこの時期のエッセンスは確実に反映されています。

グライン度:★★★☆☆|ハーコー度:★★★☆☆|実験度:★★★☆☆
ヘヴィネス:★★★★★|スピード:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 入門盤 賛否両論 通好み 実験作

Words from the Exit Wound|ワーズ・フロム・ジ・イグジット・ウーンド

NAPALM_DEATH_Words_from_the_Exit_Wound

オリジナルアルバム – 8作目 (1998年)

迷走期四部作のトリを飾るアルバムですが、前2作でのマシーナリーでスペーシーなサウンドとヘヴィグルーヴを踏襲しつつも、グラインドコアへの回帰傾向を予感させるようなファストパートが増えており、ここ数作の新機軸路線の中では、比較的オールドファンにも受け入れやすい作品となりました。

ただし、そのファストチューンも基本的には前作までの延長上にあるスタイルなので、あくまでもストレートなグラインドコアにこだわる向きにはお呼びではないでしょう。
そこがクリアできるなら、品質は高水準安定でストレスなく聴けるので安心してオススメできますが、直近2作がウェルカムなリベラルなリスナーにとっては逆に無難すぎて、変化に乏しく攻めが足りないように映るかもしれません。

グライン度:★★★☆☆|ハーコー度:★★★☆☆|実験度:★★★☆☆
ヘヴィネス:★★★★★|スピード:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

入門盤 賛否両論 通好み スルメ盤

Leaders Not Followers|リーダーズ・ノット・フォロワーズ

NAPALM_DEATH_Leaders_Not_Followers

カバーミニアルバム (1999年)

ハードコアやスラッシュ/デスメタルなどの初期作品を中心に取り上げた、トリビュートカバーミニアルバム。

グライン度:★★★★★|ハーコー度:★★★★☆|選 曲:★★★☆☆
意 外 性:★☆☆☆☆|アレンジ:★★★☆☆|総合評価:★★★☆☆

入門盤 賛否両論 通好み

Enemy of the Music Business|エネミー・オヴ・ザ・ミュージック・ビジネス

NAPALM_DEATH_Enemy_of_the_Music_Business

オリジナルアルバム – 9作目 (2002年)

ファストなグラインドコアに回帰したアルバム。ただし、最初期のスタイルではなく、ここ数作の音づくりで3rd, 4thの頃のデス/グラインドコア路線を展開したような作風で、整合感を重視して曲も平均3分程度と極端に短いわけではありません。
前4作でのヘヴィグルーヴ/インダストリアルテイストの試みの不評を受けての原点回帰は、かなり安易な安パイ戦略とも思えますし、実験性の薄さは物足りなく感じられます。

とはいえ、爽快なほどに圧倒的なスピードチューンに徹して作り込まれたアルバムとして、完成度の高さは否定しようがありません。その影に隠れて目立たないものの、近作で見せたマシーナリーなサウンドやヘヴィグルーヴも活かされています。黒歴史数作での試みは確実にここにつながっており、無意味な路線変更ではなかったことがわかります。

グライン度:★★★★★|ハーコー度:★★★☆☆|実験度:★☆☆☆☆
ヘヴィネス:★★★★☆|スピード:★★★★★|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤

Order of the Leech|オーダー・オブ・ザ・リーチ

NAPALM_DEATH_Order_of_the_Leech

オリジナルアルバム – 10作目 (2002年)

前作に続いて、徹頭徹尾ファストチューン満載のアルバム。しかし、速さ一筋なのは変わらないものの作風には変化が付いており、ここでは、ネオスラッシュ/デスラッシュ風やブラックメタル風など、多様なエクストリームメタルを取り入れたアプローチを見せており、これまでになくメタル度は高めです。

とはいえ、それらをそのままダイレクトに持ち込んだわけではなく、その特徴的なエッセンスだけ取り出して、本来の作風とクロスオーバーしており、さらにひとひねり加えたNAPALM DEATHならではのアレンジを施しています。

好みは分かれる作風ではありますが、クオリティ自体は折紙付の高品質“ナパムデ印”。さすがに毎度これでは飽きますが、1作程度であれば腹変化球としてアリでしょう。

グライン度:★★★★☆|ハーコー度:★★★☆☆|実験度:★☆☆☆☆
ヘヴィネス:★★★★☆|スピード:★★★★★|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤 賛否両論 実験作

Leaders Not Followers: Part 2h|リーダーズ・ノット・フォロワーズ:パート2h

NAPALM_DEATH_Leaders_Not_Followers_Part_2h

カバーフルアルバム (2004年)

ミニアルバムでのカバー集だったパート1に続いて全19曲の特大ボリュームでリリースされたトリビュートカバーアルバム。

やはりハードコア/スラッシュ/デス系中心で、メタラーにも知名度が高いバンドとしては、CRYPTIC SLAUGHTER, HELLHAMMER, ANTI-CIMEX, DISCHARGE, MASTER, KREATOR, MASSACRE, GNOSTIC FRONT…といったところ。
ミニアルバムも同様でしたが、NAPALM DEATHサウンドにアレンジされてはいるものの、良くも悪くも彼らのサウンドにピッタリとハマる曲ばかりなので、こちらの想像を大きいく超えいくことはありません。

その意味では、SLAYERのハードコアカバーアルバムに近い印象があり、ストレートなアレンジながら、強烈な個性で全くカラーの異なるサウンドを自分色に染め上げたPRONGなどとは対局的。カバーアルバムに何を求めるかで、評価が変動するアルバムです。

グライン度:★★★★★|ハーコー度:★★★★☆|選 曲:★★★★☆
意 外 性:★☆☆☆☆|アレンジ:★★★☆☆|総合評価:★★★☆☆

入門盤 賛否両論 通好み

「Hate & Bastard Saints」リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

The Code Is Red… Long Live the Code|ザ・コード・イズ・レッド…ロング・リヴ・ザ・コード

NAPALM_DEATH_The Code Is Red..._Long_Live_the_Code

オリジナルアルバム – 11作目 (2005年)

ブラストの効いたファストチューンが立て続きに繰り出されますが、今回はメタルテイストはやや抑えめな、比較的ストレートなハードコア寄りの作風で、初期のクラスト/ファストコアベースに近いのサウンドが聞聴ます。

ラストの2曲は、過去にも時折見せたGODFLESHやSCORN風のダウナーでアトモスフェリックな曲。アルバムとしてみるとやや無難でフラットな印象があるので、こういった曲を中盤にうまく組み込めばメリハリがつくのですが、ノンストップ・スピードチューンを満喫したいリスナーもいるので、悩ましいところかもしれません。

ゲストヴォーカルとしてHATEBREEDののジェイミー・ジャスタがT-06, T-08、USハードコアの父DEAD KENNEDYSのジェロ・ビアフラがT-07、CARCASSのジェフ・ウォーカーがT-12で参加。短いパートながら、ビアフラとウォーカーはさすがの存在感です。

グライン度:★★★★★|ハーコー度:★★★★★|実験度:★★☆☆☆
ヘヴィネス:★★☆☆☆|スピード:★★★★★|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤

「Hate & Bastard Saints」リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

Smear Campaign|スミアー・キャンペーン

NAPALM_DEATH_Smear_Campaign

オリジナルアルバム – 12作目 (2006年)

元THR GATHERINGのアネクをフィーチャーという、予想外の人選にびっくりのゴシカルシンフォなT-01が予感させるとおり、00年代突入後本格的な攻めの姿勢を見せたアルバム。

ラスト直前まで豪速球一本やりだった前作と比較すると、変化球による緩急がついた表情豊かな作風です。スピードチューンを基調としつつも、定番のクラストベースだけではなくデス/スラッシュ的なリフワークの曲もあり、またミッドテンポのヘヴィグルーヴパートを織り交ぜたり、スペーシーなSEをアクセントとして効果的に用いるなど、平坦にならないよう曲展開に工夫が凝らされています。

また、シェーン・エンバリーのクリーンヴォイスの出番はそれほどでもないものの、メインのバーニー・グリーナウェイとミッチ・ハリスの高音シャウトのツインパートも多めで、これもアクセントになっています。
これをメタルコアを引き合いに語りたい向きもあるかもしれませんが、むしろ、迷走期と呼ばれる時代も含めた過去の総決算と捉えるべきでしょう。

グライン度:★★★★☆|ハーコー度:★★★☆☆|実験度:★★★☆☆
ヘヴィネス:★★★★☆|スピード:★★★★☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 賛否両論 通好み 実験作

「Hate & Bastard Saints」リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

Time Waits for No Slave|タイム・ウェイツ・フォー・ノー・スレイヴ:世界平和を願う。

NAPALM_DEATH_Time_Waits_for_No_Slave

オリジナルアルバム – 13作目 (2009年)

前作と同様に、スピードチューンを基調に過去の全てのキャリアを総括した総決算的な作風ですが、ここではそれを推し進めた上でさらに一歩踏み込んでいます。

デス/スラッシュ/グルーヴ/インダストリアル/アンビエントなどのエッセンスはもちろん、ポスト系プログレに近い変則的な展開を多用した、テクニカルで凝った作風へのアプローチを見せ、これを見事に高いレベルで結実させています。

前作と並んで、後期作品の中でも実験性と楽曲の充実度の両面において、特に突出した完成度を見せる充実の1枚で、エクストリーム/エクスペリメンタルを志向する幅広いリスナーに聴いてほしいアルバムです。

グライン度:★★★★☆|ハーコー度:★★★☆☆|実験度:★★★☆☆
ヘヴィネス:★★★★☆|スピード:★★★★☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 賛否両論 通好み 実験作

「Hate & Bastard Saints」リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

Utilitarian|ユーティリタリアン

NAPALM_DEATH_Utilitarian

オリジナルアルバム – 14作目 (2012年)

前作での、比較的わかりやすいプログレアプローチから、より変則的でフリーキーなエクスペリメンタルな方向へ向かっていますが、様々な展開を挟みつつも冗長さ全くは微塵もなく、テンションとスピード感が一切落ちることはありません。

ときおりどこかで聴いたフレーズも混じってきますが、独特の音づくりやオーソドックスから外れ過ぎた組み立て方がのセオリーが根本にあり、最終的には完全にオンリーワンの“ナパムデ印”に仕上がっています。

なお、本作ではかつてミック・ハリスらとPAINKILLERを結成するなど、エクストリームメタルシーンとも縁の深いアングラフリージャズ/アバンギャルドシーンの大物、ジョン・ゾーンが、T-03でサックスでゲスト参加しています。

グライン度:★★★★★☆|ハーコー度:★★★☆☆|実験度:★★★☆☆
ヘヴィネス:★★★★☆|スピード:★★★★☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 賛否両論 通好み 実験作

「Hate & Bastard Saints」リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

Apex Predator – Easy Meat|エイペックス・プレデター-イージー・ミート

NAPALM_DEATH_Apex_Predator-Easy_Meat

オリジナルアルバム – 15作目 (2015年)

数作おきに揺り戻しを起こしたようにリリースされる、初期に近いハードコア色が強目のストレートなグラインドコアに回帰したようなアルバム。それに合わせてか、サウンドの質感も荒々しくパンキッシュでジャンクなローファイテイストになっており、最初期を以降の作品では特にハードコア色が強い印象を受けます。

デス/スラッシュ系のリフワークを用いるなど、ヘヴィメタルテイストを強めの傾向に不満を感じていたリスナーも少なくないと思われるので、“あえてのこういう音づくり”とはいえ、こういったアングラ風のサウンドを好むリスナー層は間違いなく存在するでしょう。

とはいえ、近年のキャリアの総括的なスタイルも完全に失われたわけではなく、エクスペリメンタルなアプローチやスペーシーなインダストリアルエッセンスなどは、抑え気味ではあるものの健在です。

グライン度:★★★★★|ハーコー度:★★★★☆|実験度:★★☆☆☆
ヘヴィネス:★★★☆☆|スピード:★★★★☆|総合評価:★★★★★

代表作 入門盤

Throes of Joy in the Jaws of Defeatism|ゾーズ・オブ・ジョイ・イン・ザ・ジャムズ・ディフィーティズム:永遠のパラドクス

NAPALM_DEATH_Throes_of_Joy_in_the_Jaws_of_Defeatism

オリジナルアルバム – 16作目 (2020年)

Translate »