★ LIFE OF AGONY(ライフ・オブ・アゴニィ)ディスコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|トランスジェンダーのフロントマンミナ=キース・カピュート引きいるド硬派ゴシックハードコアバンド!!…必聴アルバムは?

LIFE_OF_AGONY_logo_01 ◆ H, I, J, K, L
  1. ニューヨークハードコアの脳筋シーンを生き抜くためのマッチョなタフネス強調したスタイルから、トランスジェンダーを公表してポリティカル・コレクトネスを反映したスタイルへと変化を遂げた、伝説のゴシカル・ハードコア・ヘヴィロックバンド!!
    1. LIFE OF AGONY|DISCOGRAPHY
      1. River Runs Red|リヴァー・ランズ・レッド
      2. Ugly|アグリィ
      3. Soul Searching Sun|ソウル・サーチング・サン
      4. 1989-1999|1989 – 1999
      5. Unplugged at the Lowlands Festival ’97|アンプラグド・アット・ザ・ロウランズ・フェスティヴァル ’97
      6. River Runs Again Live 2003|リヴァー・ランズ・ライヴ 2003
      7. Broken Valley|ブロークン・ヴァレー
      8. 20 Years Strong – River Runs Red: Live in Brussels|20イヤーズ・ストロング – リヴァー・ランズ・レッド:ライヴ・イン・ブリュッセルズ
      9. A Place Where There’s No More Pain|ア・プレイス・ウェア・ゼアーズ・ノー・モア・ペイン
      10. The Sound of Scars|ザ・サウンド・オブ・スカーズ
    2. KEITH CAPUTO|DISCOGRAPHY
      1. Died Laughin|ダイド・ラッフィング
      2. Died Laughing Pure|ダイド・ラッフィング ピュア
      3. Perfect Little Monsters| パーフェクト・リトル・モンスターズ
      4. Heart’s Blood On Your Dawn|ハーツ・ブラッド・オン・ユア・ダウン
      5. A Fondness For Hometown Scars|ア・ファンドネス・フォー・ホームタウン・スカーズ
      6. Dass-Berdache|ダス – バーダッチ
      7. As Much Truth as One Can Bear|アズ・マッチ・トゥルース・アズ・ワン・キャン・ビア
      8. Love Hard|ラヴ・ハード
    3. 共有:
    4. 関連

ニューヨークハードコアの脳筋シーンを生き抜くためのマッチョなタフネス強調したスタイルから、トランスジェンダーを公表してポリティカル・コレクトネスを反映したスタイルへと変化を遂げた、伝説のゴシカル・ハードコア・ヘヴィロックバンド!!

LIFE OF AGONY(ライフ・オブ・アゴニィ)は、ヘヴィロックシーンでは稀なトランス・ジェンダーを公表しているヴォーカリスト、ミナ(キース)・カピュート(Mike “Keith” Palmeri)が在籍してることで、あらためて一躍知名度を上げたヘヴィロックバンド。

LIFE OF AGONYはニューヨークハードコアシーンから登場したグループですが、TYPE O NEGATIVEのフロントマンであるペーター・スティールとともにクロスオーバースラッシュバンドのCARNIVORE(カーニヴァ)で活動していた、ジョーイZ.(Joey Z.)とカピュートが中心となって結成され、さらにはTYPE O NEGATIVEのサル(Sal Abruscato)も中心メンバーとして名を連ねていたことから、TYPE O NEGATIVEの兄弟バンドという位置付けでも知られるようになります。

米国エクストリームミュージックの大手インディーレーベル『ロードランナー』からデビューした当初は、レーベルメイトのBIOHAZARD(バイオハザード)などにも通じるタフなイメージを押し出しており、ストロングスタイルのニューヨークハードコアサウンドに、ダークで耽美的なゴシックテイストが内包された、初期のTYPE O NEGATIVEにも通じる独創的なサウンドで、イキリマッチョなハードコアキッズから通好みなヘヴィミュージックリスナーまでを唸らせます。

その後はあ作品を重ねるごとに、グランジやエモ系のポストハードコアに通じる内省的なエモーションを重視した音楽性を強め、ハードコア/ヘヴィメタルのアグレッションやエタルエッジな質感も薄れて、オーソドックスなロックサウンドへとシフトしてゆきます。
現在では、そのオーソドックスなハードロック/ヘヴィロックを根底においた作風自体には大きな変化はないものの、サウンドについては最初の解散時のオーガニックなロックサウンドから、ニューメタルサウンドに近いヘヴィでメタリックなものなり、ソリッドでメタルエッジな質感のポストグランジとでも表すべきスタイルへと変化を遂げ、初期のダークネスとアグレッションもいくぶん取り戻しています。

活動はあまり安定せず、カピュートの脱退が引き金となった1999年と、2012年の2度の解散を経験していますが、比較的m次回スパンで活動を指揮しており2014年の2度目の再結成以降は作品リリースも重ねコンスタントな活動を続けています。

カピュートは2011年にトランスジェンダーを公表し、名も“ミナ”を通名として使うようになり、ステージにも女性の装いで登場するようになりました。

LIFE OF AGONY|DISCOGRAPHY

River Runs Red|リヴァー・ランズ・レッド

LIFE_OF_AGONY_River_Runs_Red

オリジナルアルバム – 1作目 (1993年)

ゴシカルグルーヴコアとでも表現すべきサウンドで当時のシーンで異彩を放った彼らの代表作で、結果的に後にも先にもこれ1作きりの作風となる重要作。
同じルーツと志向性を持ってメンバーも重なることから、サウンド, ヴォーカルスタイル共に初期のTYPE O NEGATIVEと共通する要素は多く見られますが、実際のところはかなりベクトルの異なるのアプローチを狙っています。
この時点では、ダークでゴシカルな作風ながらニューヨークハードコアという出自も表出しており、BIOHAZARDなどに近いメタリックなグルーヴコアが基調で。またビジュアル面でもタフなマッチョイメージを押し出していました。
しかし、フィジカル志向なモッシャーにとってはわかりづら過ぎ、当時のエモ系にとってはメタリックでストロング過ぎたためかやや通好みな支持層が多いく、アク強いのサウンドは裾野の広いものではありませんが、この作品が90年代の個性派メタリックハードコアの名盤であることに変わりはありません。

ヘヴィネス:★★★★★|オルタナ度:★★★★★|グランジ度:★★☆☆☆
ゴスエモ度:★★★★☆|ポップネス:★★★☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作 お布施

Ugly|アグリィ

LIFE_OF_AGONY_Ugly

オリジナルアルバム – 2作目 (1995年)

彼らがグランジに魂を売ったとして、ハードコアなファンからは目の敵にされているアルバム。
確かに、METALLICAのブラックアルバムなどにも通じるALICE IN CHAINS系ダークグランジテイストが濃厚になり、時にC.O.C.あたりを思わせるストーナーロックのエッセンスも感じさせるサウンドは、オーソドックスなハードロック/ヘヴィロックのフォーマットに接近しています。
基本的な曲の作りがオーソドックスなロックスタイルに近づいて、わかりやすいポップ&キャッチーを主張するようになったことで強烈な特異性と存在感が薄れたのは、前作を評価したリスナーには残念なところです。しかし、前作同様のヘヴィネスやアグレッションは健在でハードコアテイストも感じさせ、サウンドの独自性やが曲のクオリティにおいても高水準なものなので、前作にこだわりがなければ純粋に上質な個性派ヘヴィロックとして楽しめるでしょう。

ヘヴィネス:★★★★☆|オルタナ度:★★★★☆|グランジ度:★★★☆☆
ゴスエモ度:★★★☆☆|ポップネス:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作 お布施

Soul Searching Sun|ソウル・サーチング・サン

LIFE_OF_AGONY_Soul_Searching_Sun

オリジナルアルバム – 3作目 (1997年)

もはや完全にオーソドックスなハードロック/ヘヴィロックサウンドに変化しており、今でいうポストグランジのトレンドとは異なる作風だったためシーンの覇権を握ることはありませんでしたが、間違いなくグランジムーヴメントの収束後に登場したそれら新世代グランジサウンドの先駆けにあたる作品のひとつです。
彼らが過去の個性的なスタイルを捨ててまで、あえてを選ぶべきウェrdfgvbn音楽性なのかという疑問がつきまとうのは避けようがありませんが、この作風の中で最上レベルのクオリティを持っていることも確かな事実。
「1stの衝撃を再び!」という向きには積極的にリコメンドしませんが、「ポストグランジ系のサウンドは好物だけど、狙いすぎの“商品”じゃなく作家性の強い上質な“作品”が聴きたい」というリスナーなら一聴の価値アリです。

ヘヴィネス:★★☆☆☆|オルタナ度:★★☆☆☆|グランジ度:★★★★★
ゴスエモ度:★★☆☆☆|ポップネス:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作 お布施

1989-1999|1989 – 1999

LIFE_OF_AGONY_1989_1999

ベストアルバム (1999年)

Unplugged at the Lowlands Festival ’97|アンプラグド・アット・ザ・ロウランズ・フェスティヴァル ’97

ライヴアルバム (2000年)

River Runs Again Live 2003|リヴァー・ランズ・ライヴ 2003

LIFE_OF_AGONY_River_Runs_AgainLive_2003

ライヴアルバム (2003年)

「20 Years Strong River Runds Red: Live in Brussels」リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

Broken Valley|ブロークン・ヴァレー

LIFE_OF_AGONY_Broken_Valley

オリジナルアルバム – 4作目 (2005年)

1度目の解散期間を挟んでの復帰作。やや変則的ではあるものの基本的にはポストグランジと表現可能な音楽性ですが、3rdの頃のオーガニックな質感ではなく、いくぶんメタルエッジなサウンドへと変化しています。
ダークで内省的な作風に変わりはないながら、楽曲はかなり多様性を増しておりゴシック的/エモ的とも言える耽美な叙情性を漂わせた楽曲からオールドスクールなグランジ風、ニューメタルに通じる同時代的なものまで並び、かつてのダウナー路線中心の作風に限らず、アップテンポで躍動感を持ったも6ナンバーも見られるようになりました。
ただし、やや緩急に乏しくメリハリに欠けると事があり、「悪くはないが絶賛するほどでもない」という微妙なラインに落ち着いており、もうひとこえ欲しかったいところです。

ヘヴィネス:★★★☆☆|オルタナ度:★★☆☆☆|グランジ度:★★★☆☆
ゴスエモ度:★★★☆☆|ポップネス:★★★☆☆|総合評価:★★★☆☆

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作 お布施

20 Years Strong – River Runs Red: Live in Brussels|20イヤーズ・ストロング – リヴァー・ランズ・レッド:ライヴ・イン・ブリュッセルズ

LIFE_OF_AGONY_20_Years_Strong_River_Runs_Red_Live_in_Brussels

ライヴアルバム (2010年)

「20 Years Strong River Runds Red: Live in Brussels」リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

A Place Where There’s No More Pain|ア・プレイス・ウェア・ゼアーズ・ノー・モア・ペイン

LIFE_OF_AGONY_A_Place_Where_There's_No_More_Pain

オリジナルアルバム – 5作目 (2017年)

音作りはややニューメタルに接近したものとなっており、ヘヴィネスとアグレッションも増しています。これまで同様グランジ/ポストグランジテイストも感じられますが、それ以上にQUICKSANDに代表されるヘヴィなポストハードコア/初期エココアなどに近い質感があります。
カピュートのエモーショナルな歌唱を活かして、ポップネスを押し出した作風を狙っているようですが、それだけで勝負するにはややメロディにフックが足りず地味。いまひとつメリハリを欠くためフラット過ぎて漫然と聴き流してしまいます。むしろ時折見られるツイストの効いた変則的な曲展開の方がいくらか印象に残るので、こたらを徹底して追求する方が独自の味わいとインパクトを生み出せそうです。

ヘヴィネス:★★★★☆|オルタナ度:★★☆☆☆|グランジ度:★★★☆☆
ゴスエモ度:★★☆☆☆|ポップネス:★★★☆☆|総合評価:★★★☆☆

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作 お布施

The Sound of Scars|ザ・サウンド・オブ・スカーズ

LIFE_OF_AGONY_The_Sound_of_Scars

オリジナルアルバム – 6作目 (2019年)

基本的には前作に近い路線ですがさらにヘヴィメタリックなサウンドになり、リズムはニューメタル系サウンドにものに近く、時にはメタル風のギターフレーズも飛び出、バッキングのみながら怒号系シャウトヴォーカルも聴けます。作風はさらに多様性が増し、疾走感あふれるパンキッシュなロックンロールナンバーまで見られます。
最初期のゴシックコア路線を思わせる部分もありますが、そこに回帰したわけではなく、基本は再結成後から続くポップネス重視の作風。また、過去作につきまとっていた暗さは薄れて、むしろ明るい印象さえ感じさせます。
やや方向性は異なるものの、適度にツイストの効いた曲調や変則的な展開、そして相変わらず微妙にフックに欠けるポップサウンドは、GALACTIC COWBOYSあたりのオルタナプログ/オルタナハードに近い印象もあります。何か吹っ切れたたようで、派手さはないものの久々になかなかの充実度に仕上がっています。

ヘヴィネス:★★★★☆|オルタナ度:★★★☆|グランジ度:★★☆☆☆
ゴスエモ度:★★★☆☆|ポップネス:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作 お布施

KEITH CAPUTO|DISCOGRAPHY

KEITH CAPUTOは3rd発売以降バンドを脱退して自らの歌唱に磨きをかけ、ヘヴィミュージックからは距離を置いたヴォーカル中心のよりパーソナルな内省的スタイルへと移行します。LIFE OF AGONY再結成後もバンドと並行してソロ活動は続けています。
音楽性は、ほぼアコースティックな歌物ロックナンバーによる、シンガーソングライタースタイル。1stの時点ではバンドサウンドによるロック的なダイナミズムも持った楽曲も多く見られましたが、それ以降ははほぼアコースティックな弾き語りに近い作風が増えてゆきアルバムの大半を占めるようになります。

Died Laughin|ダイド・ラッフィング

KEITH_CAPUTO_Died_Laughin_a

ソロアルバム (1999年)

カピュートがバンド脱退後にリリースしたソロアルバム。ポップなグランジ路線に移行していた脱退前のラストアルバムSoul Searching Sun(3rd)の延長線上にあるサウンドですが、それ以上にポップでマイルドにソフィスティケイトされた作風に仕上がっています。
ヘヴィネスやメタルエッジなサウンドは聴けませんが、センシティヴでメランコリックなメロディと、本格的なトレーニングを重ねて表現力を増したヴォーカルが魅力の、上質な歌モノアルバムです。

メタル度:★☆☆☆☆|オルタナ度:★★★☆☆|グランジ度:★★☆☆☆
ゴスエモ度:★★☆☆☆|ポップネス:★★★★★|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作 お布施

Died Laughing Pure|ダイド・ラッフィング ピュア

KEITH_CAPUTO_Died_Laughing_Pure

アコースティックアルバム (2000年)

Perfect Little Monsters| パーフェクト・リトル・モンスターズ

KEITH_CAPUTO_Perfect_Little_Monsters

オリジナルアルバム – 2作目 (2003年)

Heart’s Blood On Your Dawn|ハーツ・ブラッド・オン・ユア・ダウン

KEITH_CAPUTO_Hearts_Blood_On_Your_Dawn

オリジナルアルバム – 3作目 (2006年)

A Fondness For Hometown Scars|ア・ファンドネス・フォー・ホームタウン・スカーズ

KEITH_CAPUTO_A_Fondness_For_Hometown_Scars

オリジナルアルバム – 4作目 (2008年)

Dass-Berdache|ダス – バーダッチ

KEITH_CAPUTO_Dass_Berdache

オリジナルアルバム – 5作目 (2008年)

As Much Truth as One Can Bear|アズ・マッチ・トゥルース・アズ・ワン・キャン・ビア

KEITH_CAPUTO_As_Much_Truth_as_One_Can_Bear

オリジナルアルバム – 6作目 (2013年)

Love Hard|ラヴ・ハード

KEITH_CAPUTO_Love_Hard

オリジナルアルバム – 7作目 (2016年)

Translate »