★ OVERKILL(オーヴァーキル)ディスコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|ニューヨーク・スラッシュメタルのNo.1ハードワーカー…必聴アルバムは?

OVERKILL_A_logo ◆ O, P, Q, R

Contents

ドライヴィンなベースが唸る!パンクシーンからメタルシーンへ殴り込んだ、USスラッシュシーンでも最多作品数を誇る、ヘヴィでパンキッシュなニューヨーク・スラッシュメタル!

OVERKILLのディスコグラフィ/レビュー、おすすめアルバムだけをチェックしたい方は【記事下部】か【目次】のリンクからも移動できます!!

OVERKILL(オーヴァーキル)は、アメリカ合衆国ニューヨークを拠点とするスラッシュメタル・グループ。

NYパンクからスラッシュメタルへ転身!?

OVERKILLは、ANTHRAX(アンスラックス)と並んでニューヨーク・スラッシュ・シーンを代表するバンドで、やはり同郷であるMANOWARと同じく、当初はNYパンク/ハードコアバンドとして活動していたメンバーによって結成された変わり種です。

ヘヴィメタル/ハードロックとパンク/ハードコアをバックグラウンドに持って双方に精通し、ドライヴするベースを中心に据えた適度にポップで猪突猛進になりすぎない、ニューヨーク的な狂気とクールネスを持ち合わせた個性的なサウンドで、スラッシュシーンでも独自のポジションを築いています。

メタルだけじゃない多彩なバックグラウンド!?

OVERKILLは、多くのスラッシュメタル・バンドと同様に、音楽性の背景にはJUDAS PREASTらの初期ヘヴィメタル勢や、NWOBHM(ニューウェイヴ・オブ・ブリティッシュヘヴィメタル)の存在があります。
それに加え、彼らのバックボーンは70年代のハードロック/ヘヴィロックにも及び、それは音楽性にも反映されています。

また、彼らのバックボーンには、当然のように自らのルーツであるハードコア・パンクや、MOTORHEAD(モーターヘッド)などのラウドなロックンロールの存在もあり、それらから受けた影響は絶大です。

初期パンクについては、完全に消化しきって血肉に変えているため、あまり直接的に反映されることはありませんが、カバーソングとして取り上げるなどして明確なリスペクトを示しています。

OVERKILLはBLACK SABBATHリスペクト!?

これらの中でも、OVERKILLのサウンドから特に強い影響が感じられるのは、何といってもBLACK SABBATH(ブラック・サバス)の存在でしょう。

OVERKILLは、比較的古くからハードロック寄りのアプローチも行っており、“SABBATHインスパイア”的なドゥーミーなヘヴィロックテイストも導入していました。

これは、グランジやグルーヴメタルのメジャー浮上に先行したものでもあり、彼らをグルーヴスラッシュのパイオニアのひとつとも呼ぶことも可能な存在としています。

USスラッシュシーンでNo.1のハードワーカー!?

OVERKILLは、スラッシュメタルムーヴメントの黎明期から、現在に至るまで大きなブランクも無くコンスタントな活動を続けています。

USメタルシーンでは異例のハイペースで、アルバムリリースを続けるハードワーカーとしても知られており、アメリカ大陸のスラッシュメタル・シーンの中でも多作として知られるカナダのANNIHILATORやFLOTSAM AND JETSAMをも上回る、北米スラッシュ最多のアルバム数を誇っています。

次ページはOVERKILLのディスコグラフィ&レビューを紹介!!▼リンクはページ下!▼

Translate »