★ NIRVANA(ニルヴァーナ)ディスコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|最も有名なグランジバンドとして伝説となった90年代アメリカンロックの重要グループ!!…必聴アルバムは?

NIRVANA_Logo ◆ D, E, F, G

Contents

かつてアンチヘヴィメタル/ハードロックの急先鋒とされたグランジシーンの象徴的グループは、皮肉にもグランジバブルの波に飲まれてメインストリーム最前線のセレブバンドに祭り上げられる!その結末は……。

NIRVANA(ニルヴァーナ)は、アメリカ合衆国ワシントン州出身のオルタナティヴロックバンド。90年代前半に世界的ムーヴメントに発展した、いわゆる“グランジ”と呼ばれる新世代のオルタナティヴなハード/ヘヴィロックを代表するバンドのひとつです。

グランジシーンの中でも、ALICE IN CHAINS(アリスインチェインズ), PEARL JAM(パールジャム), SOUNDGARDEN(サウンドガーデン)と並ぶビッグネームとして、メインストリームでメジャー展開をおこなっていたバンドで、これらを称してグランジBIG4(四天王)と呼ばれることもあります。

その中では最も高い知名度を持ったグランジの代名詞的となっていましたが、それにとどまらず90年代初期アメリカのアイコン呼べるほどの知名度を得ていました。
加えて、ヴォーカリストの自死という事件が世界的な大きなトピックとなった結果、その知名度はロックファンのコミュニティーの枠を超えて、一般層にまでも大きく広がるまでになりました。

バンドはパワートリオ(3ピース)体制で、最終メンバーはフロントマンで中心人物のカート・コベイン(Vo.+Gt.)を中心に、初期メンバーのクリス・ノヴォセリック(Ba.)、デイヴ・グロール(Dr.)の3人。ドラム担当は流動的でしたが、グロールが加入した2ndアルバムからは黄金期は上記の固定メンバーとなっていました。

初期は、デビュー以前から交友関係にあるMELVINS(メルヴィンズ)らの影響下にあるようなヘヴィロックサウンドを点火していましたが、2ndアルバムでのポップネスを持ったメジャー感のあるハードロックサウンドで世界的にブレイク、一躍時代の寵児として祭り上げられます。

続いて、あえてアンダーグラウンドな音作りに変更した内省的な作風の3rdアルバムをリリースしますが、その翌年1994年のコベインの自死によってバンド解散を余儀なくされま。自死の原因は不明ですが、望んでいなかったメジャーシーンでの活動や、かつてヘイトを公言していたアーティストと同じセレブの地位に押し上げられたことなどがストレスとなり、メンタルを病んでいたことも一因とも言われています。

80年代ヘヴィメタル/ハードロックシーンへのヘイト発言

GUNS N’ ROSES(ガンズ・アンド・ローゼズ)やMÖTLEY CRÜE(モトリー・クルー)といった、
80年代の商業主義ロックの象徴だったグラムメタル/パーティロックバンドにして、コベインが批判的限度を繰り返していたことから、同様の発言が目立つFAITH NO MORE(フェイス・ノー・モア)らとともに“アンチヘヴィメタル/ハードロック”の急先鋒ともみなされていましたが、BLACK SABBATH, LED ZEPPELIN, AC/DCなど、それ以前のハードロックについてはフェイヴァリットにあげています。

FOO FIGHTERS(フー・ファイターズ)を結成して再ブレイクするデイヴ・グロールに至っては、解散後にはヘヴィメタルフィールドにも大接近しており、VENOM, MOTÖRHEAD, SEPULTURA, CELTIC FROST, VOIVOD, KING DIAMOND etc…といった、メタルシーンの様々なトップアーティストとコラボレーションを行っています。

NIRVANA|DISCOGRAPHY

Bleach|ブリーチ

NIRVANA_Bleach

オリジナルアルバム – 1作目 (1989年)

USオルタナティヴロックの名門レーベル、『サブポップ(SUB POP)』からリリースされたデビュー作。デイヴ・グロール加入前で、ここでは前任のチャド・チャニングがドラムスを担当しています。
次作と比較するといかにも80年代USオルタナ的なアングラ感が強い、ジャンクでノイジーな作風ですが、ブレイクの要因となったポップネスはすでにこの時点で濃厚に感じられ、すでに初期衝動で楽器をかき鳴らしているだけのバンドとは完全に異なるステージにあります。
BLACK SABBATHなどの70年代ヘヴィサウンドや、それをデフォルメしたBLACK FLUGやMELVINS(メルヴィンズ)からの影響が特徴的な音楽性は、ドゥーム/スラッジにも通じるヘヴィロックであり、ヘヴィメメタル/ハードロックのエッセンスも濃厚。客観的に見るならば、“In Utero(3rd)”よりもはるかに再評価が必要とされるアルバムかもしれません。

オルタナ度:★★★☆☆|ハドロク度:★★★★★|パンク度:★★★☆☆
ダウナー度:★★☆☆☆|ヘヴィネス:★★★★★|総合評価:★★★★★

殿堂入り 通好み スルメ盤

Nevermind|ネヴァーマインド

NIRVANA_Nevermind

オリジナルアルバム – 2作目 (1991年)

グランジ本来のパンキッシュな荒々しさを持った、ハードコアを通過したバンドならではのハードロックサウンドと、メインストリームでも通用するポップネスと陰鬱なエモーショナルなが絶妙に融合した新世代ハードロックとしては、ALICE IN CHAINSの“Dart”、PEARL JAMの“Vs.”、 SOUNDGARDENの“Superunknown”と並んぶ90年代を象徴するアルバム。

そのいずれもが“超”をつけるだけでは足りない規格外の名盤ですが、大ヒットの枠を超えて社会現象にまで発展したのは本作のみ。今でこそグランジ系バンドというとPEARL JAM系がスタンダードになって、そのクローンバンドが跋扈する状況ですが、当時はこのアルバムに影響を受けたアルバムが量産されていました。
かのパロディ音楽の大家アル・ヤンコビックが大ネタとして取り上げたことからも、その桁違いの波及力が知れようというものです。

新世代ハードロックたる90年代グランジ名盤群の中でも本作は、アングラ感とメジャー感が絶妙なバランスで同居しつつ、メインストリームに通用するポップセンスという意味では特に群を抜いたもの。ベクトルこそ違えど、そのフック満載の楽曲は彼らが嫌悪する80年代商業主義の象徴、グラムメタル/ヘアメタルに匹敵するものだったというアンビバレントな事態が、コベインにとっては大きなジレンマだったのかもしれません。

なまじ知名度と評価がバカ高いだけに、期待値を上げたご新規さんからは「過大評価」の声もあるようですが、ハード/ヘヴィサウンドを嗜好する…ましてや(ポスト)グランジ好きを自認するのならば、聴いておかないわけにはいかないでしょう。

オルタナ度:★★★★☆|ハドロク度:★★★★★|パンク度:★★★★☆
ダウナー度:★★★☆☆|ヘヴィネス:★★★★☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 実験作

In Utero|イン・ユーテロ

NIRVANA_In_Utero

オリジナルアルバム – 3作目 (1993年)

アンチメインストリームな姿勢から、前作で最大限発揮されたポップネスや1stのドゥーム/スラッジ的ヘヴィネスといった、本来のアピール要素であるキャッチーな部分を意識して極力抑えたような鬱屈したアルバム。しかし彼らの本質であるのポップネスやヘヴィネスは、薄っすらとではあるものの確実にアルバム全体を支配しており、コベインが抱える“ポップネスの業”を拭い去ることはできず、アルバムをアンビバレントなものにしています。

前作の予想外の大ヒットに対する反発として、アンチコマーシャリズムやコベインの内省性など、作家的な性格いが強く表れたメジャー性の低い作風から評価は二分されがち。コベインの死までを作品の一環としてそのこだわりと作家性、アングラなインディーズ感覚を評価するマニアックな層や、ヒットし過ぎた前作に反発を感じて“通ぶりたい”リスナーなどから特に支持の高いという、なかなか因果な一面を持ったアルバムです。
もっとも、もしこの後もリリースが続いていれば、単なるコベイン鬱時のセラピー作品として“よく言えば通好みなアルバム”程度の位置に落ち着いたかもしれません。

何より本作最大のトピックは、スティーヴ・アルビニ(Steve Albini)を起用して世に知らしめたこと。米国のPIXIES, HELMET, THE JESUS LIZARD, SLINTをはじめ、スウェーデンのUNION CARBIDE PRODUCTIONSや日本のZENI GEVAまで、様々なオルタナティヴ系バンドのプロデュース、エンジニアリングを手がけ、本人もBIG BLACK, RAPEMAN, SHELLACとして活動するアルビニは、これによって一気に仕事も増えカリスマプロデューサーとして活動の幅を広げてゆくこととなります。

オルタナ度:★★★★★|ハドロク度:★★☆☆☆|パンク度:★★★☆☆
ダウナー度:★★★★☆|ヘヴィネス:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 賛否両論 スルメ盤

MTV Unplugged in New York|MTV・アンプラグド・イン・ニューヨーク

NIRVANA_MTV_Unplugged_in_New_York

ライヴアルバム (1994年)

音楽専門ケーブテレビの代表格MTVの名物として人気を博していた、様々なアーティストがアコースティックアレンジで送るライヴ番組企画、『MTVアンプラグド』の音源を商品化したシリーズのひとつ。

From the Muddy Banks of the Wishkah|フロム・ザ・マディ・バンクス・オブ・ウィシュカー

NIRVANA_From_the_Muddy_Banks_of_the_Wishkah

ライヴアルバム (1996年)

Hormoaning|ホルモウニング

NIRVANA_Hormoaning

コンピレーションアルバム (1992年)

当初は日本とオーストラリアのみのリリースで、早くに廃盤になっていたためプレミアが付いていたタイトル。6曲20分足らずのミニアルバムながら一時期は5桁の値もついていましたが、再発されたこともあって相場はかなり落ち着いています。

Incesticide|インセスティサイド

NIRVANA_Incesticide

コンピレーションアルバム (1992年)

主にインディーズ時代のシングルやB面曲, 未発表曲やカバー曲などを集めた企画盤。

 FOO FIGHTERS [フー・ファイターズ]|DISCOGRAPHY

NIRVANAの二作目からドラムスとして加入したたデイヴ・グロールは、解散後は自身がギター&ヴォーカル担当でフロントマンを務めるFOO FIGHTERS(フー・ファイターズ)結成。持ち前の職人的ポップセンスを発揮して再びUSロックシーンのトップグループに登りつめ、現在もパーマントなバンドとして活動を続けています。
またグロールは、その社交的な職人肌というパーソナリティを活かして、様々なプロジェクトやゲスト/サポートでの客演も行っています。NIRVANA解散後はメタル/ハードロックフリークぶりも前面に押しだすようになったこともあり、自身のメタルプロジェクトPROBOT(プロボット)で多数のトップメタルアーティストと共演したほか、他のメタル系のバンドやプロジェクトにも積極的に参加しています。

Foo Fighters|フー・ファイターズ

FOO_FIGHTERS_Foo_Fighters

オリジナルアルバム – 1作目 (1995年)

端々でNIRVANAの“Nevermind”を想起させるグランジテイストのポップなハードロックと、よりオーソドックスなアメリカンロック/ハードポップの折衷的な作風。NIRVANAの残党として期待される音楽性に答えつつも、さらなるポピュラリティを持ったアルバムとしてより幅広い層に支持されました。
FOO FIGHTERS作品の中では最もグランジテイストを色濃く残したアルバムですが、その作風はここまでで。これ以降はヒットアンセムでもあるT-01などで見せるハードポップ/パワーポップがアルバムの大きな核となっていきます。
ポップ志向&職人気質のグロールらしい、耳なじみのよい楽曲が多くソツのないバランスの良いポップロックアルバムですが、アグレッションに欠ける面とあまりの無難すぎる仕上がなため、その破綻のなさが物足りなくも感じられます。

グランジ度:★★★★☆|オルタナ度:★★★☆☆|ロッキン度:★★★☆☆
ポップネス:★★★☆☆|ヘヴィネス:★★★☆☆|総合評価:★★★☆☆

代表作 入門盤 賛否両論 スルメ盤

The Colour and the Shape|ザ・カラー・アンド・ザ・シェイプ

FOO_FIGHTERS_The_Colour_and_the_Shape

オリジナルアルバム – 2作目 (1997年)

グランジテイストはかなり払拭され、グランジ世代のアメリカンロック…特にTHIRD EYE BLINDなどのような“さわやかまろやか系”パワーポップ/ハードポップの比率が大きくなりました。
バラードナンバーも含め、このような大衆受けするポップネスが強化された一方で、FOO FIGHTERSのもうひとつの看板となったメロコア風ハードロックンロールから、ジャンクロック/ノイズロック的な質感をもったナンバーまで楽曲バリエーションはなかなかに豊富で、それはアメリカ版TH WILDHEARTSといった趣も感じさせます。
結果的に本作は、少なくないNIRVANAファンから完全に見切りをつけられつつも、FOO FIGHTERS史上の最大ヒットアルバムとして、彼らをメインストリームなセレブバンドの地位に押し上げることになります。なお、T-02“Monkey Wrench”やT-11“Everlong”は世界的なビッグヒットとなり、日本でもテレビのCMソングやテーマソングに起用されおなじみの曲として知られるようになります。

グランジ度:★★☆☆☆|オルタナ度:★★☆☆☆|ロッキン度:★★★☆☆
ポップネス:★★★★★|ヘヴィネス:★★☆☆☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤 賛否両論

There is Nothing Left to Lose|ゼア・イズ・ナッシング・レフト・トゥ・ルーズ

FOO_FIGHTERS_There_is_Nothing_Left_to_Lose

オリジナルアルバム – 3作目 (1999年)

グランジ度:★☆☆☆☆|オルタナ度:★☆☆☆☆|ロッキン度:★★☆☆☆
ポップネス:★★★★★|ヘヴィネス:★☆☆☆☆|総合評価:★★★☆☆

代表作 入門盤 賛否両論

One by One|ワン・バイ・ワン

FOO_FIGHTERS_One_by_One

オリジナルアルバム – 4作目 (2002年)

グランジ度:★☆☆☆☆|オルタナ度:★★☆☆☆|ロッキン度:★★☆☆☆
ポップネス:★★★★☆|ヘヴィネス:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論

In Your Honor|イン・ユア・オナー

FOO_FIGHTERS_In_Your_Honor

オリジナルアルバム – 5作目 (2005年)

Echoes, Silence, Patience & Grace|エコーズ, サイレンス, ペイシェンス・アンド・グレイス

FOO_FIGHTERS_Echoes_Silence,_Patience_&_Grace

オリジナルアルバム – 6作目 (2007年)

Wasting Light|ウェイスティング・ライト

FOO_FIGHTERS_Wasting_Light

オリジナルアルバム – 7作目 (2011年)

Sonic Highways|ソニック・ハイウェイズ

FOO_FIGHTERS_Sonic_Highways

オリジナルアルバム – 8作目 (2014年)

Concrete and Gold|コンクリート・アンド・ゴールド

FOO_FIGHTERS_Concrete_and_Gold

オリジナルアルバム – 9作目 (2017年)

PROBOT [プロボット]|DISCOGRAPHY

グロールがヘヴィ/ハードシーンのカルト的フロントマンを集めてのコラボで、曲ごとに異なるヴォーカリストと共演するというよくあるパターンです。曲作りと演奏はほぼグロール一人の手によるもので、共作ではありませんが、ヴォーカリストごとにいくらか本来のバンドを意識した作風となっています。
メンツは米国のドゥーム/ストーナー系が多く、楽曲もそれに合わせてドゥーム風のヘヴィロックが中心となっていますが、サウンドはVOIVODを思わせるややマシーナリーな質感となっています。
おそらくる聴き手よりもグロール本人が一番楽しんでいることは伝わってきますが、「ミスター無難」と呼ばれるグロールだけあって、いつも通りソツのないそこそこの仕上がり。曲は悪くなないですが突出したものは無く、本人か無名の若手が歌ったらそれほど注目を集めなかったであろう程度。あくまでお祭り的な企画盤と割り切って期待せずに聴くくことをおススメします。

Probot|プロボット

PROBOT_Probot

オリジナルアルバム – 1作目 (2004年)

ゲストミュージシャン
T-01.:クロノス (Venom)
T-02.:マックス・カヴァレラ (Sepultura, Soulfly)
T-03.:レミー (Motörhead)
T-04.:マイク・ディーン (Corrosion of Conformity)
T-05.:カート・ブレヒト (Dirty Rotten Imbeciles)
T-06.:リー・ドリアン (Cathedral) , キム・セイル (Soundgarden)
T-07.:ウィノ (Saint Vitus, The Obsessed)
T-08.:トム・G・ウォリアー (Celtic Frost)
T-09.:スネーク (Voivod)
T-10.:エリック・ワグナー (Trouble)
T-11.:キング・ダイアモンド (King Diamond, Mercyful Fate), キム・セイル (Soundgarden)
T-12.:ジャック・ブラック (Tenacious D)
メタル度:★★★★★|ゲスト:★★★★★|エクストリミティ:★★★☆☆
ヘヴィネス:★★★★☆|スピード:★★★☆☆|総合評価:★★★☆☆

代表作 入門盤 賛否両論

SWEET 75 [スウィート75]|DISCOGRAPHY

NIRVANAのオリジナルメンバーでベーシストのクリス・ノヴォセリック(Krist Novoselic)と、ベネズエラ出身の女性ヴォーカリストイヴァ・ラス・ヴェガスによるユニット。
オーソドックスなアメリカンロックに近いポピュラリティーを持ったデイヴ・グロールのFOO FIGHTERSとは対照的に、NIRVANAと同時代のオルタナティヴロックテイストが強く感じさせるスタイルです。

Sweet 75|スウィート75

SWEET_75__Sweet75

オリジナルアルバム (1997年)

ポップではあるものの、FOO FIGHTERSが追求するメインストリームのベタな産業ロック的なポップネスではなく、もっとアーバンでスタイリッシュな雰囲気をまとった通好みな“大人のロック”的作風が特徴的です。
収録曲は少なくヴォルーム的にはミニアルバム程度ですが、ヘヴィなグランジナンバーやダークなヘヴィロックナンバーもあれば、変則的なロックンロールやジャンクなノイジーポップ、ラテンテイストやラウンジテイストを感じさせる曲までバリエーションは豊かで飽きさせません

グランジ度:★★★☆☆|オルタナ度:★★★★★|ラテン度:★★★☆☆
ラウンジ度:★★★☆☆|アダルト度:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作
Translate »