★ THE OFFSPRING(オフスプリング)ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|多彩なサウンドを武器に覇権を手にした90年代メロコアムーヴメントのトップバンド!!…必聴アルバムは?

THE OFFSPRING_Logo ◆ O, P, Q, R

90年代メロコアムーヴメントを牽引したのシーンの筆頭格は、バラエティに富んだのハイレベルなサウンドで、ジャンルの枠を超えてアメリカンロックのアイコンに!!

THE OFFSPRING(オフスプリング)は、アメリカ合衆国カリフォルニアを拠点とするハードコア/ロックバンド。

メロコアシーン最大の出世頭!?

90年代中期のハードコアブームの中心にあった、メロコア(メロデイィック・ハードコア)ムーヴメントの核をなし、シーンを牽引した代表的グループのひとつ。

メロコアシーンの代表的グループの中でも、一般層を巻き込んだヒットを飛ばして幅広い知名度を獲得するという、異例の活躍を見せた唯一のバンドで、ブレイク時に在籍していたメロコアの名門レーベル『エピタフ』の傘下バンドの中でも、最高のセールスを叩き出したことでも知られています。

THE OFFSPRINGの音楽性は!?

メロコアは近縁ジャンルのメロパン(メロデイィック・パンク)と比較すると、サウンドがヘヴィでアグレッシヴな傾向がありますが、THE OFFSPRINGはその中でも比較的ヘヴィメタリックで、80年代のポップメタルやスラッシュメタル, パワーメタルなどからの影響も見られます。

また、疾走型のオーソドックスなメロコアナンバー以外にも多彩な作風にチャレンジしており、メロコアバンドの中では多様性を持ったバンドとしても知られています。
また、ときおりフィーチャーされるオリエンタルなメロディーも、定番のエッセンスとなっています。

メインストリームのトップバンドに!?

THE OFFSPRINGの人気は、当初はハードコア/パンククラスタが中心で、多くのメロコアバンドと同様に90年代のハードコアブームの収束とともに失速するかと思われました。

しかし、作風の幅を広げてよりオーソドックスなポップロックまでレパートリーに加えたことで、ラジオ/MTVなどでもヘヴィローテーションとなり再ブレイク。メインストリームのトップグループに、名を連ねるまでになります。

また、2000年代には、よりポピュラリズム重視な作風でブレイクしてメインストリームなロックジャンルとなった、『ポップパンク』ブームも追い風となって、それ以降も常に第一線での活動を続けています。

THE OFFSPRING|DISCOGRAPHY

The Offspring|ジ・オフスプリング

THE OFFSPRING_The_Offspring

オリジナルアルバム – 1作目 (1989年)

カリフォルニアのマイナーレーベル『ネメシス・レコーズ』から、アナログとかセットのみリリースされていたデビューアルバム。現在流通してるのは再発バージョンで、ジャケットも変更されています。

メロディを導入したポップでパンキッシュな、絵に描いたような『メロコア』サウンドがこの時点から健在。まだまだポップネス/キャッチネスの追求や洗練では、全盛期には全く届かない発展途上のアルバムですが、この手にありがちな勢いだけで飛ばしているような雑なチープさはありません。
T-07などは、オリエンタルなフレーズを含め、今後花開く彼らの個性が詰まっており、黄金期のアルバムに履いていてもおかしくない名曲です。

同様のバンドの中では曲は比較的長めで、その分アイデアも工夫も凝らされています。また、スラッシーな曲も見られるなど、ヘヴィメタルの影響もうかがえます。

メロコア度:★★★☆☆|メタル度:★★☆☆☆|ロッキン度:★★★☆☆
ポップネス:★★★☆☆|バラエティ:★★☆☆☆|総合評価:★★★☆☆

スルメ盤 実験作

Ignition|イグニション

THE OFFSPRING_Ignition

オリジナルアルバム – 2作目 (1992年)

メロコアの名門エピタフ遺跡第一弾。
まだまだ過渡期のアルバムですが、THE OFFSPRING流メロコアサンドの基本形はほぼ完成されており、黄金期と比較しても見劣りしない曲も少なくありません。

サウンドはMOTORHEADなどにも通じるややヘヴィメタリックでハードロッキンなもの、メロディもダークでメランコリックなものが多く、この手のサウンドに多いチープな薄さや軽さは感じさせません。

多様性はまだまだで金太郎アメ傾向もありますが、その枠の中で飽きずに完聴させるだけのアイデアを凝らされてあり、T-01, T-06, T-12を中心に佳曲も多め。また、ニューウェイヴ要素の濃いエモコア風のT-07は異色ながらも代表曲です。

メロコア度:★★★★☆|メタル度:★★★★☆|ロッキン度:★★★★☆
ポップネス:★★★☆☆|バラエティ:★★☆☆☆|総合評価:★★★★★

通好み スルメ盤

Smash|スマッシュ

THE OFFSPRING_Smash

オリジナルアルバム – 3作目 (1994年)

THE OFFSPRINGが本格的なブレイクを果たした大ヒット作で、THE OFFSPRING流のメロコアサウンドの基本的は完成を見せています。

ポップネス/キャッチネスはひとつの頂点を迎えており、疾走感溢れるストロングスタイルのメロコアから、のちの定番となるオリエンタルなフレーズを取り入れた軽妙なポップチューンまで、楽曲の多用せ雨も大幅に広がっています。

90年代のメロコア/ハードコアブームお代表する作品であるだけでなく、当時のヘヴィミュージック/ストリートミュージックを象徴する1枚にも数えられ、ロック史にも名を残す名盤です。

メロコア度:★★★★☆|メタル度:★★☆☆☆|ロッキン度:★★★☆☆
ポップネス:★★★★★|バラエティ:★★★★★|総合評価:★★★★★+

殿堂入り 代表作 入門盤 実験作

Ixnay on the Hombre|イクスネイ・オン・ジ・オンブレ

THE OFFSPRING_Ixnay_on_the_Hombre

オリジナルアルバム – 4作目 (1997年)

ほぼ前作を踏襲したアルバム。単体で見れば決して駄作というわけではないのですが、何から何まであまりにも前作と変わらな過ぎるわりにはクオリティ面で前作には及んでいないため、定番化というより単なる足踏み気味の印象が強いアルバムです。

事実、バブリーなメロコアブームのピークの収束とも重なったこともあって、それほど話題になるでもなくセールスもかなり落ち込み、当時はこのまま右肩下がりに失速してゆく流れかと思われました。

メロコア度:★★★★★|メタル度:★★★☆☆|ロッキン度:★★★☆☆
ポップネス:★★★★☆|バラエティ:★★★☆☆|総合評価:★★★★☆

入門盤 スルメ盤

Americana|アメリカーナ

THE_OFFSPRING_Americana

オリジナルアルバム – 5作目 (1998年)

前作で失速したTHE OFFSPRINGにとっての、起死回生の一撃となった大ヒットアルバム。

メロコアナンバーは作風/クオリティともに前作から大きな変化はなく、やや手クセ感が否めない面もありますが、T-04やT-11といったより普遍的なアメリカンロックに接近したポップロックチューンが、各国ヒットチャート上位に食い込むほどの大ヒットを記録します。

特にT-04は日本でもテレビをはじめ各シーンでテーマ曲などの起用されたり、カバー曲も作られるなど、一般層を巻き込んで誰でも一度は聴いたことがあるくらいの大ヒットチューンとなりました。

明確なヒット狙いの作風は評価の分かれるポイントですが、バラエティに富んだ楽曲は軒並み高水準で、そのクオリティの高さは認めざるを得ないところです。

メロコア度:★★★★☆|メタル度:★★★☆☆|ロッキン度:★★☆☆☆
ポップネス:★★★★★|バラエティ:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤 賛否両論 実験作

Conspiracy of One|コンスピラシー・オブ・ワン

THE OFFSPRING_Conspiracy_of_One

オリジナルアルバム – 6作目 (2000年)

ヘヴィネス:★☆☆☆☆|スピード:★☆☆☆☆|メロディ:★☆☆☆☆
革新度:★☆☆☆☆|過剰度:★☆☆☆☆|総合評価:★☆☆☆☆
殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作 お布施

Splinter|スプリンター

THE OFFSPRING_Splinter

オリジナルアルバム – 7作目 (2003年)

Rise and Fall, Rage and Grace|ライズ・アンド・フォール,レイジ・アンド・グレイス

THE OFFSPRING_Rise_and_Fall,_Rage_and_Grace

オリジナルアルバム – 8作目 (2008年)

Days Go By|デイズ・ゴー・バイ

THE OFFSPRING_Days_Go_By

オリジナルアルバム – 9作目 (2012年)

Let The Bad Times Roll|レット・ザ・ バッド・タイムス・ロール

THE OFFSPRING_Let_The_Bad_Times_Roll

オリジナルアルバム – 10作目 (2021年)

Translate »