★ THE WILDHEARTS(ザ・ワイルドハーツ)ディコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|90年代のブリットポップに先駆けて登場した極上のポップネスとヘヴィネスがからみあうUKロックグループ!!…必聴アルバムは? 

THE_WILDHEARTS _Logo ◆ U, V, W, X, Y, Z

ブリットポップのブレイクに先駆けて極上のポップロックを日本に届け、日本のヘヴィメタルクラスタからの絶大な支持を持つ人気者となったジンジャー率いるヘヴィでポップなハードロックンロールバンド!!

THE WILDHEARTS(ザ・ワイルドハーツ)は、ブルーズロックバンドのQUIREBOYのアルバムデビュー前にギタリストとして短期間在籍していた、ジンジャー(Ginger)を中心としたイギリスのハードロック/ヘヴィロックバンド。

“メタリカmeetsビートルズ”とも“メタリックブリットポップ”とも表現される、メタルエッジなヘヴィネスと耳なじみのいいポップネスが融合したスタイルを最大の持ち味としています。

米国グラムメタルシーンのバッドボーイズ・ロックンロールの流行以来絶えていた、ポップなロックンロールサウンドを好むリスナーの穴を埋める存在として日本で特に高い人気を持っており、それはイギリス本国と並ぶか上回るほどで、恵まれたビジュアルではないにもかかわらず一時期はアイドル的なもてはやされ方でした。

基本的にはオーソドックスなブリティッシュロックですが、ハードロック/ヘヴィメタル,パンク/ハードコア, オルタナティヴロックなど同時代的なオンガゥのエッセンスも取り込んみ、ポップネスを主軸にしつつも多彩な楽曲が並んだ作風が特徴です。

一時期は、アグレッシヴなサウンドを求めるレーベルからの提案に加え、ジンジャーがノイズロック/ジャンクロックなどのエクストリームなサウンドに関心を持っていたことから、THE WILDHEARTSのサウンドもそれを反映したノイジーでジャンクな作風になり、日本では特にオールドファンからの不評を買います。

その後、THE WILDHEARTSと並行して各種ソロプロジェクトを行うようになったことで、THE WILDHEARTSには実験的な音楽性は持ち込まれないようになります。

2度の活動停止期間を経ながらも再始動を果たし現在も活動家族中ですが、英国と日本が主なマーケットという状況に大きな変化はありません。

THE WILDHEARTS|DISCOGRAPHY

Earth vs the Wildhearts|アース Vs ワイルドハーツ

THE_WILDHEARTS _Earth_vs_the_Wildhearts

オリジナルアルバム – 1作目 (1993年)

メタルエッジなへヴィネスと人懐っこいポップネスが絶妙なバランスで共存したサウンドは、“メタリカmeetsビートルズ”と呼ばれるのも納得。
同時期に同じ例えをされていたのが、アメリカのオルタナメタルバンドでプログレ文脈でも語られるGALACTIC COWBOYS(ギャラクティック・カウボーイズ)ですが、実際ややベクトルが異なるとはいえ相通じる部分も見うけられます。
このアルバムのハイライトは、メロディクパンクのリスナーにも後方だったメロディックでラウドな疾走ロックンロールで、THE WILDHEARTS最大のヒット曲T-08で、この1曲のためだけにも手に入れる方があります。その他の楽曲はそれほどのレベルにないとはいえ、単にポップでキャッチーというだけでなくときおりツイストの効いた変則的な展開がアクセントとなって、飽きずに完聴できます。

メタル度:★★★★☆|ロッキン度:★★★☆☆|オルタナ度:★★★☆☆
ハーコー度:★★★☆☆|ポップネス:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

代表作 入門盤

P.H.U.Q.|ピーエイチユーキュー

THE_WILDHEARTS _PHUQ

オリジナルアルバム – 2作目 (1995年)

前作にの特徴的なエッセンスで彼らが注目を集めた要因でもあった、へヴィネスとポップネスのバランスにいくぶん変化があり、メタルエッジなヘヴィネスや疾走感はやや抑えめで、ポップネスとキャッチネスを前面に押し出した楽曲が増えています。この変化には、この当時の英国メインストリームロックシーンのトレンドだった、ブリットポップの一大ブームが影響を応募していると思われます。
ややキラーチューン頼りの印象があった前作と比較すると全体的な楽曲クオリティが底上げされ、キャッチーなサビが印象的で前作のSuckerpunchに迫る名曲T-01以外にも、耳に残る印象的でナンバーが増えています。

メタル度:★★☆☆☆|ロッキン度:★★☆☆☆|オルタナ度:★★★☆☆
ハーコー度:★☆☆☆☆|ポップネス:★★★★★|総合評価:★★★★☆

殿堂入り 代表作 入門盤

Fishing for Luckies|フィッシング・フォー・ラッキーズ

THE_WILDHEARTS _Fishing_for_Luckies

コンピレーションアルバム (1996年)

当初はファンクラブのみでのリリースだったミニアルバムに、さらなる音源を加えて一般流通用のパッケージにしたもので、英国盤と日本盤, アナログ盤では収録曲が異なります。
ポップな作風は従来通りではあるものの、イレギュラーな楽曲がメインということもあってやや実験的で変則的なアレンジが目立ちます。それを熱心なファンが好むかどうかは不明ですが、単なるポップナンバーだけでは飽き足りないリスナーには歓迎されるかもしれません。

メタル度:★★★☆☆|ロッキン度:★★★☆☆|オルタナ度:★★★★☆
ハーコー度:★★☆☆☆|ポップネス:★★★★☆|総合評価:★★★★☆

入門盤 賛否両論 通好み 実験作

Endless, Nameless|エンドレス, ネームレス

THE_WILDHEARTS _Endless,_Nameless

オリジナルアルバム – 3作目 (1997年)

ヘヴィ度:★★★★☆|ハード度:★★★★☆|メロディ:★★★★☆
大作度:★★★★☆|マニア度:★★★★☆|総合評価:★★★★☆
殿堂入り 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作

The Wildhearts Must Be Destroyed|ザ・ワイルドハーツ・マスト・ビー・デストロイド

The_Wildhearts_Must_Be_Destroyed

オリジナルアルバム – 4作目 (2003年)

The Wildhearts|ザ・ワイルドハーツ

THE_WILDHEARTS _The_Wildhearts

オリジナルアルバム – 5作目 (2007年)

Stop Us If You’ve Heard This One Before, Vol 1.|ストップ・アス・イフ・ユーヴ・ヒアド・ディス・ワン・ビフォー,ヴォリューム・ワン

THE_WILDHEARTS _Stop_Us_If_Youve_Heard_This_One_Before,_Vol_1

オリジナルアルバム – 6作目 (2008年)

¡Chutzpah!|チュッパ!

THE_WILDHEARTS _¡Chutzpah!

オリジナルアルバム – 7作目 (2009年)

Renaissance Men|ルネッサンス・マン

THE_WILDHEARTS _Renaissance_Men

オリジナルアルバム – 8作目 (2019年)

Translate »