★ EXCITER(エキサイター)ディスコグラフィー ★ このアルバムがスゴイ!?|エクストリームなオースドスクールメタルを追求するカナディアン・ストロングスタイルの覇者!!…必聴アルバムは?

EXCITER_Logo ◆ D, E, F, G

エキサイト必須のエキサイティング・メタルサウンドが熱心なファンに支持をされ続ける、ストロングスタイルのカナディアン・パワー/スピードメタルバンド!!

EXCITER(エキサイター)は、カナダのヘヴィメタルシーンでは古参に属するグループ。バンド名はJUDAS PREASTの名曲のタイトルに由来しています。

◆◇ カナディアンメタルツートップの一角!?

カナディアンメタルシーンの中では、トラディショナルでオーソドックスなスタイルのメタルバンドとしては、ハードロック世代に属するレジェンドのTRIUMPH(トライアンフ)を別書くとすれば、パイオニア的な存在です。同じパワートリオ(3ピースバンド)でもある先輩格のANVIL(アンヴィル)と肩を並べるツートップといえます。

◆◇ EXCITERはスピードメタル?パワーメタル?

トラディショナルなヘヴィメタルのスピードとヘヴィネスを強化したスタイルで、一般的にはスピードメタル/パワーメタルにカテゴライズされていますが、ANVILなどのスピードメタル世代のグループと同様に、初期のファンには“スピードメタル”の名義にこだわる傾向があります。

◆◇ EXCITERはスラッシュメタルでもあった!?

一方で、METALLICAやSLAYERと同年のデビューして、スラッシュメタルのスタイルが確立されていない黎明に、オーソドックスとはいえエクストリームなヘヴィメタルを展開していたことから、初期においてはスラッシュメタルとして扱われることもありました。

◆◇ 結局のところ基本は古典的ヘヴィメタル!?

スラッシュメタルに組み込まれることもあったとはいえ、基本的にはJUDAS PREASTをはじめとした英米独のパイオニア勢やNWOBHMあたりの、オーソドックスなヘヴィメタルサウンドを基盤に置いて、そこからエクストリーム度を増したスタイル。
時代によってマイナーチェンジは行われていたものの、決してその枠に中から逸脱することはありませんでした。

◆◇ 熱心なファンのサポートでサヴァイヴ!?

EXCITERは独自性でも革新性でも特に目立った存在ではなく、全盛期にはサブジャンルの棲みわけや立ち位置の点でもやや曖昧なところがありました。
そのためか、カナディアンメタルメタルシーンの中でも、それほど重要視されたり注目を集めるバンドではありませんが、規模は小さいとはいえ熱心なファンに支えられて活動を続けています。

◆◇ オリジナルメンバーで仕切り直し!?

EXCITERは1988年と1993年に一時的に解散していますが、いずれも3〜4年で活動を再開させています。二度目の再結成時には、オリジナルメンバーはジョン・リッチ(Gt.)のみとなり、バンドも専任ヴォーカルを加えた4人体制になっていましたが、2014年には初期のパワートリオで戻って活動を続けています。(現在はリッチが脱退)

EXCITER|DISCOGRAPHY

Heavy Metal Maniac|ヘヴィ・メタル・マニアック

EXCITER_Heavy_Metal_Maniac

オリジナルアルバム – 1作目 (1983年)

METALLICAやSLAYERのデビュー作と同年のリリースで、まさにスラッシュメタル黎明期という時代性を考えれば、当時ならばそれらと同枠に括られるのも理解できる過剰さ/過激さが感じられます。

ただし、現在の感覚で言えば、初期ANTHRAXなどと同様にスラッシュメタルとして語るにはエクストリミティが足りず、あくまでも限りなく従来のヘヴィメタルに近いサウンドです。

ただし、METALLICAとはセンスやアプローチでが重なる部分もあり、グルーヴィーなT-04やエモーショナルなT-06などは黄金期のMETALLICAに影響を与えたと言われても納得できるほどです。

パワメタ度:★★★★★|スピード:★★★★★|ヘヴィネス:★★★☆☆
スラッシュ度:★★☆☆☆|ロッキン度:★★☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作 お布施

Violence & Force|ヴァイオレンス・アンド・フォース

EXCITER_Violence_&_Force

オリジナルアルバム – 2作目 (1984年)

前作同様に、パワーメタル/スピードメタルの枠に収まるスタイルでありながら、ファストチューンはスラッシュ並の破壊力を持ったアグレッシヴなサウンドを持っています。

そのファストチューンは高水準で、前作をも上回る名曲が並んでいるのですが、ミッドチューンは前作と比較すると今一歩。
それさえクリアされれば、規格外の名盤になれそうなところなのですが力及ばずで、アルバムトータルで見るとそれで相殺されてしまい、前作と同程度の普通の名盤どまりとなっています。

パワメタ度:★★★★★|スピード:★★★★★|ヘヴィネス:★★★☆☆
スラッシュ度:★★☆☆☆|ロッキン度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作 お布施

Long Live the Loud|ロング・ライヴ・ザ・ラウド

EXCITER_Long_Live_the_Loud

オリジナルアルバム – 3作目 (1985年)

ややオールドスクールなヘヴィメタルテイストの強い作風ですが、アルバムとしての傾向はこれまでと同様。熱量あふれるファスト/スピードチューンの輝きと比較すると、ミッドチューンは相変わらず魅力にかけてパッとしません。

それでも、差し引きすればプラスに傾くので、ストロングスタイルのパワー/スピードメタルが好みなら、押さえておいても損はないでしょう。

一般的には代表作とされがちですが、この時期のアルバムはは軒並み高水準で本作が突出しているわけでもありません。メタラー好みのジャケットに、印象が左右されているのかもしれません。

 

パワメタ度:★★★★☆|スピード:★★★★★|ヘヴィネス:★★★☆☆
スラッシュ度:★☆☆☆☆|ロッキン度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作 お布施

Unveiling the Wicked|アンヴェイリング・ザ・ウィキッド

EXCITER_Unveiling_the_Wicked

オリジナルアルバム – 4作目 (1986年)

スラッシーなクランチリフを交えたパワーメタルとなっており、破れかぶれなスピードや突進力は後退したためスピードメタル・フリークからの評価は分かれます。

しかし、これまでのアルバムで大きな穴となっていた、ミッドチューンの弱さがかなり完全されており、トータルでのクオリティは盛り返しています。

バンドのイメージを考えると代表作に推すのはむづかしいところがありますが、早さにこだわるのでなければ、最高傑作と皆せるほどポテンシャルを持つ、特上のパワーメタルアルバムです。

パワメタ度:★★★★★|スピード:★★★☆☆|ヘヴィネス:★★★★☆
スラッシュ度:★★★☆☆|ロッキン度:★☆☆☆☆|総合評価:★★★★★

殿堂入り 代表作 入門盤 賛否両論 通好み スルメ盤 実験作 お布施

Exciter|エキサイター

EXCITER_Exciter

オリジナルアルバム – 5作目 (1988年)

Kill After Kill|キル・アフター・キル

EXCITER_Kill_After_Kill

オリジナルアルバム – 6作目 (1992年)

The Dark Command|ザ・ダーク・コマンド

EXCITER_The_Dark_Command

オリジナルアルバム – 7作目 (1997年)

Blood of Tyrants|ブラッド・オブ・タイランツ

EXCITER_Blood_of_Tyrants

オリジナルアルバム – 8作目 (2000年)

New Testament|ニュー・テスタメント

EXCITER_New_Testament

オリジナルアルバム – 9作目 (2004年)

Thrash, Speed, Burn|スラッシュ, スピード, バーン

EXCITER_Thrash_Speed_Burn

オリジナルアルバム – 10作目 (2008年)

Death Machine|デス・マシーン

EXCITER_Death_Machine

オリジナルアルバム – 11作目 (2010年)

Translate »